第1回歴史・時代小説大賞

キービジュアル
キービジュアル

応募方法

長編部門

「ノベルアップ+」に投稿中の作品(完結・未完を問わず)を対象とします。

短編部門

「ノベルアップ+」に投稿した作品(完結のみ)を対象とします。

エントリー方法

  • 作品の設定の公式タグで、「第1回歴史時代大賞」を設定してください。
    「長編」「短編」の作品種別によって「長編部門」「短編部門」それぞれの部門にエントリーしたものとします。

ノベラ賞へのエントリー方法

  • ノベラ賞へのエントリーをご希望の方は「第1回歴史時代大賞」タグの他に公式タグ「ノベプラオンリー」を設定してください。

お願い

  • 選考結果発表まで、選考対象に残っている作品はタグを外されないようにお願いします。途中でタグを外されますと、選考外になってしまうこともあり得ますので、あらかじめご了承ください。
  • 「ノベプラオンリー」タグとはノベルアップ+のみに掲載されている作品につけることができる公式タグです。他サイトで同一作品とみなされるものを掲載しているにも関わらず、当サイト掲載作品に本タグを設定していることが確認された場合、警告・作品削除の対象となり得ますので、あらかじめご了承ください。

ジャンル

ジャンル「歴史/時代」の作品。
歴史上の人物をテーマとする、あるいは歴史上の時代(昭和期まで)を舞台とした作品が選考対象となります。

  • 人物・舞台は日本国内外を問いません。

規定文字数

長編部門

締め切り段階で10万字以上であることが必須。

短編部門

締め切り段階で5千文字~3万字以下であることが必須。

応募資格

プロ・アマ・年齢不問。

選考方法

歴史探訪編集部との共同企画として、ノベルアップ+運営に歴史探訪編集部を加えた審査を行い、作品の内容にて選定。

選考スケジュール

  • 2019年9月30日(月)応募受付開始
  • 2019年11月30日(土)応募締切(23:59まで)
  • 2019年12月1日(日)~選考開始
  • 2020年2月 一次選考通過作品発表
  • 2020年3月 二次選考通過作品発表
  • 2020年4月 結果発表
  • 日程は変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

発表

各選考フェーズ毎に、「ノベルアップ+」サイト上で発表します。

表彰

長編部門

大賞:賞金50万円・出版確約(1作品予定)

ノベラ賞(ノベプラオンリー賞):賞金10万円・出版確約(1作品を予定)

受賞:賞金5万円・出版検討(本数未定)

  • 大賞および、ノベラ賞受賞作品は、ホビージャパン社より出版確約いたします。
  • その他受賞作品についても担当編集者を付け、書籍化を検討いたします。
  • ノベラ賞は他サイトへの掲載がなく「ノベプラオンリー」公式タグを設定している作品の中から選ばれます。

短編部門

大賞:賞金10万円(1作品予定)

受賞:賞金2万円(本数未定)

  • 短編部門の大賞・受賞作品は書籍化に向けた検討を行う可能性があります。

参加特典

本コンテストへの参加特典として、長編・短編問わず応募作品が条件を満たしたすべての方に、限定の「十二単風ノベラ」アバターをプレゼントします。

  • アバター付与後、エントリー作品を非公開状態にしたり削除したりしますと、アバターの付与権利を失いますのでご注意ください。

その他条件

  • 複数投稿も可能です。タグは応募作品ごとに設定してください。
  • 作品が商業未契約の状態で、作品の著作権が明確に投稿者本人に帰属するものであることが必須です。
  • 作品内容に権利侵害などの問題を生じ、第三者に損害を与えた場合は、すべて応募者様ご本人の責任とさせていただきます。
  • 他の公募企画・コンテストとの重複応募も可能です。ただし応募時点から当社の出版優先権を主張することを認めていただき、大賞にて受賞が決定した際は、応募中の他の公募企画・コンテストからはご辞退いただけるよう、お願いいたします。また本大賞の応募中に、他社様より出版打診があった際は、必ず「ノベルアップ+お問い合わせアドレス」(sup_nup@hobbyjapan.co.jp)まで、ご相談ください。
  • 受賞作品に関する出版権及び映像化・コミック化・ゲーム化、商品化などの二次使用権はすべてホビージャパン社に帰属します。その際、既定の二次使用料をお支払します。
  • 賞品お受取後の交換、返却などは受け付けできません。
  • 選考に関してのお問い合わせにはお答えできかねます。あらかじめご了承ください。

歴史探訪編集部より

 みなさんは「歴史小説」「時代小説」ときいて、どんな小説を思い浮かべますか?司馬遼太郎や海音寺潮五郎といった過去の大家たちは、膨大な歴史知識を背景に確固とした物語世界を構築しました。現在にあってもしっかりと研究・検証された歴史の事実をふまえた上で、それを物語化することもたしかに重要です。でもその一方で、あまりに事実にこだわり続けると、どうしても物語が小さく限定されてしまいます。事実にとらわれるすぎることで、物語が持つ自然なダイナミズムが失われてしまうのです。

 近年、その問題を解決するためにさまざまな突破口が試されていますが、この小説大賞もまたそのうちのひとつです。WEBという自由な荒野にこそ、強い物語が育つ可能性があるという仮説は、あながち間違ってはいないと思います。みなさんが胸に温めている印象的なキャラクター、力強い物語を我々は求めています。もちろん深い歴史知識を背景に緻密な小説世界を構築したっていい。でも、何もかも全て兼ねそろえていなくてもいいのです。なにか突出するもの、忘れがたいものがあればいい(……という考え方もありますよ)。
 みなさんの応募をお待ちしています。

『歴史探訪』編集長 笹岡政宏