クトゥルフの呼び声短編コンテスト

クトゥルフの呼び声短編コンテスト クトゥルフの呼び声短編コンテスト

受賞作品発表

2020年8月21日から9月末にかけて開催した「クトゥルフの呼び声短編コンテスト」は、329作品のご応募をいただき、選考の結果、最優秀賞1作品、審査員特別賞1作品、入賞7作品に加え、急遽追加したノベルアップ+運営事務局特別賞1作品の合計10作品が受賞となりました。

はじめに

クトゥルフの呼び声短編コンテストに329作品という多数のご応募ありがとうございました。
クトゥルフ神話、舞台は現代日本、さらにTRPGのネタになりそうな、というハードルの高さを乗り越えた皆さんの心意気には感銘を受けました。しかし、やはりというか全てのお題をクリアするというのは難易度が高かったようで、最終的には優れた作品を選ぶという方針とさせていただきました。しかし新しい世代へのクトゥルフ神話としてはとても良い作品が集まったのではないかと思います。
そして急なお話ながら特別審査員を引き受けてくださった森瀬繚さんに改めて感謝いたします。

ノベルアップ+運営事務局

特別審査員

森瀬 繚(もりせ りょう)

ライター、脚本家、翻訳家。幅広い分野で活躍する一方、クトゥルフ神話に関する著作も多く、『ALL OVER クトゥルー』(三才ブックス)『ゲームシナリオのためのクトゥルー神話事典』(SBクリエイティブ)などのクトゥルフ解説本のほか、ラヴクラフトの『クトゥルーの呼び声』(星海社FICTIONS)をはじめとした翻訳まで手掛ける。

最優秀賞

受賞:1作品

賞金・賞品:30,000円分のAmazonギフトカード

The Music of Little Erich

フジムラ

選評

タイトルの通り「エーリヒ・ツァンの音楽」をモチーフにした作品です。ヒロイン・ムジカを始めキャラクターがとても魅力的で良かったです。シンプルながらも力強さと繊細さがある文章であり、小説としての完成度が高かったです。(ノベルアップ+運営事務局)

最後まで悩んだ候補作です。ラヴクラフトの「エーリヒ・ツァンの音楽」とキャンベルの「異次元通信機」を組み合わせたモチーフ選びの妙もありますが、言葉選びのそこかしこにただならぬセンスを感じました。人の記憶に残る文体は、物書きにとっては大きな財産です。より「恐怖」に踏み込んだ作品も読んでみたいですね。(森瀬)

作品を読む

審査員特別賞

受賞:1作品

賞金・賞品:20,000円分のAmazonギフトカード

テンコウセイ

夜明

選評

日常に挿し込まれた「転校生」という異物を巡る悲喜こもごもを丁寧に作り込み、読者を大いに揺さぶった上で綺麗にまとめているところに、ストーリーテラーとしての高い技巧を感じました。パロディ色の強い作品ではありますが、異形の者達の異形な価値観に向けた目線には、ラヴクラフトのそれに通じるものがあります。(森瀬)

コメディ、パロディ色の強い作品ですが、今現代に読む「クトゥルフ神話」作品として妙な説得力のある作品でした。今回の応募作で最も人気だった「海系」の話の中でも、とても読みやすく楽しめる作品に仕上がっていると思います。(ノベルアップ+運営事務局)

作品を読む

入賞

受賞:7作品

賞金・賞品:10,000円分のAmazonギフトカード

新感覚2.5次元ミュージカル「GREAT OLD ONES」超降臨祭20XX ~大千秋楽公演~

五色ひいらぎ

選評

現代日本ならではという「2.5次元ミュージカル×クトゥルフ神話」。「GREAT OLD ONES」というタイトルロゴや看板を想像するだけで楽しい気持ちになれます。求めていた作品の一つという感じです。一発ネタと思いきや、しっかりとした内容で読ませる作品になっています。(ノベルアップ+運営事務局)

ラヴクラフト作品に見られるエッセンスを既定の文字数に盛り込み、現代的なアレンジ(作者さんの趣味に基づくものでしょうか)を加えた意欲作。お手本のような王道作品になっていますが、その分、展開が読みやすいのが惜しいところでした。終盤にもうひとひねりあると良かったように思います。(森瀬)

作品を読む


堕天少女

蒼 隼大

選評

エログロ百合と何やらピーキーなワードが並ぶ作品ですが、良くできた復讐劇にクトゥルフ神話の要素を上手く取り込んだという作品に仕上がっています。この作品に名前が登場する神格は割とメジャーな方だと思うのですが、応募作全体として登場数が少なかったのでちょっと残念でした。(ノベルアップ+運営事務局)

オカルト復讐譚の王道とも言うべきストーリーに、神話設定をうまく絡めた作品。王道であるが故か、終盤のどんでん返し展開にも予定調和的なものを感じました。黒幕(?)の言動や目的も含め、もうひとひねりを加えて人間の情念を越えた真相が用意できると、より神話小説らしさが増すことでしょう。(森瀬)

作品を読む


月にあらざる彩の女王

円月 おみ

選評

良く分からないうちに恐怖や狂気に巻き込まれていく感じがよく描かれています。姉妹の葛藤や妬み嫉み僻みに忍び寄ってくるクトゥルフ神話的な背景がほどよく挿し込まれています。神話的なキーワードは特に気にせずとも、何かが起こっているのだ的な恐怖感があると思います。(ノベルアップ+運営事務局)

複数の神話的なアーティファクトやクリーチャーを絡めるなど、「TRPGのシナリオのネタ」向きの作品だと感じました。何が進行しているのかわからない不安な状況をうまく姉の目線に乗せているのですが、他の登場人物の感情や行動の動機がわかりにくいところがありましたので、整理した方が良いでしょう。(森瀬)

作品を読む


鬼狼狩り――夢幻街冒険綺譚――

ねこたろう

選評

現代日本要素がほんのおまけ程度のため迷いましたが、その完成された世界観や技量の高さで入賞とさせていただきました。キャラクターもとても良いです。クトゥルフ神話物を書きなれている感がとても高かったです。(ノベルアップ+運営事務局)

単に「小説」としての文章力や語彙を問うのであれば、群を抜いた作品。クラシックな神話小説を意識した文体や、背景素材の取り扱いにも、手慣れたものを感じます。ただ、現代日本が舞台の作品とは言い難い点、さらには独立した短編として読むには読者に求める前提知識が大きい点が気になりました。(森瀬)

作品を読む


酷暑の夏 ぼくを救うために現われるもの

南風

選評

シンプルで読みやすい文体で、ドロドロとしたホラー感は薄いのですが、いつの間にか大いなる意志のようなものに操られていく感が良かったです。総じてゲームシナリオっぽいところがあり、シナリオソースとして優れているのではないかと思います。(ノベルアップ+運営事務局)

わかりやすいワードは出てきませんが、ところどころに神話作品らしさが漂っている不思議な作品。本を入手するくだりや外見、手触りなどの描写を増量すると、さらに「それっぽさ」が増すことでしょう。全てが主人公の妄想に過ぎないという解釈の余地があるところに、ラヴクラフト風味を感じました。(森瀬)

作品を読む


幻影より生まれた者

ふる里 みやこ

選評

探偵が登場するミステリー仕立ての作品も多く応募されていましたが、この作品が際立っていました。キャラクターも良く、展開の妙もあり、シナリオソースとしても優れていると思いました。(ノベルアップ+運営事務局)

ひねったアイディアがあり、それが判明してからもさらにもうひとひねりが用意されている、プロットの優れた作品でした。ちょっとした描写を重ねて、違和感を強めていく構成も良いですね。このテーマならば、より硬質で淡々と事実だけをしっかり描写していく文体の方が似合うかもしれません。(森瀬)

作品を読む


「S」の呼ぶ声

すすき

選評

バーチャルアイドルに古の怪物を重ねるということで、現代日本らしいテーマだと思いました。システムメッセージに乗って狂気がばらまかれる、というのも現代の神話感があります。シナリオソースとしての汎用性が高いのではないかと思います。(ノベルアップ+運営事務局)

興味深いテーマなのですが、電子の海から生まれた情報生命体と太古の生命体の奇妙な相似にまつわる掘り下げがあまりないのと、騒動が起き始めるあたりの描写があっさりしていることもあって、全体的にやや緊張感に欠けるきらいがあります。いっそ、コメディに振り切るのが良かったかもしれません。(森瀬)

作品を読む

ノベルアップ+運営事務局特別賞

受賞:1作品

賞金・賞品:10,000円分のAmazonギフトカード

電子の海に揺蕩うもの

こしあん

選評

このタイプの作品は数多く応募されるのではないかと思っていましたが、意外と少なかったです。とにかく力作なので読んで欲しいということで、追加で選ばせていただきました。(ノベルアップ+運営事務局)

作品を読む

コンテスト概要

「クトゥルフ神話」「クトゥルー」「ニャルラトテップ」「アザトース」「ネクロノミコン」。
ゲームや小説、音楽を始め、多くのポップカルチャー、サブカルチャーシーンに影響を与え続ける「クトゥルフ神話」。
いつの間にかあなたの脳裏に忍び込み、這いより、時には宇宙から、時には深海から、冒涜的な言葉であなたを支配し、あなたを狂気の淵に追いやるかもしれません。

そんな楽しい楽しいクトゥルフ神話ライフを送る皆さんをサポートするために「クトゥルフの呼び声短編コンテスト」を開催いたします!
最近はテーブルトークRPG(以下、TRPG)を中心に盛り上がりを見せる「クトゥルフ神話」。
そのブームを踏まえ、今回のコンテストはTRPGのシナリオのネタになりそうな、現代日本を舞台に限定した短編を募集します。

現代日本にクトゥルフ神話の神々や異形のものどもが現れたらどうなるのか、あなたなりに解釈された新しいクトゥルフ神話をお待ちしております。

クトゥルフ神話とは

1890年生まれのアメリカ出身の作家、ハワード・フィリップ・ラヴクラフトを中心とした作家仲間がお互いの作品に登場する神々やアイテムを共有し、作内品に登場させたことが始まりとされています。
ラヴクラフトが持っていた独特の恐怖感に基づいた一連のホラー小説群は、ラヴクラフトの死後、作家仲間により体系化され「クトゥルフ神話」として知られるようになりました。
その後多くの作家が「クトゥルフ神話」を取り入れた作品を展開し、多くの設定がさらにシェアされていくこととなります。

TRPGとは

皆さんはTRPGで遊ぶ機会はありますか?
TRPGはゲーム機を使用せず、ルールブックに記載されているルールに沿って、ゲームマスターと参加者の会話やサイコロ等ランダム要素を生み出す道具を用いて行なうロールプレイングゲームです。
テーブルトークと言いながら現在ではオンライン・セッションも盛んに行なわれています。
会話の内容やランダムな要素によって、思いがけない展開が生まれることがあり、ゲーム機で遊ぶRPGとは違う楽しみがあります。

応募要項

募集テーマ

「クトゥルフ神話」をテーマに、現代日本を舞台とした短編小説作品。
※オリジナルの神々や生物が登場する作品も受け付けております。

応募条件・エントリー方法

応募条件

  • 2万文字以下の一次創作作品(話数不問、締切時点で「完結済」のもの)
  • ジャンル:SF、現代ファンタジー、ホラーから作品に適切なものをお選びください。
  • 新作である必要はない。他サイトで掲載している作品での応募も可能
  • 同一作者による複数応募も可能

エントリー方法

  • 作品の設定の「公式タグ」で、「クトゥルフ短編コン」タグを設定してください。

お願い

  • 選考結果発表まで、選考対象に残っている作品はタグを外されないようにお願いします。途中でタグを外されますと、選考外になってしまうこともあり得ますので、あらかじめご了承ください。

応募資格

プロ・アマ・年齢不問。

選考方法

ノベルアップ+運営事務局が作品内容、テーマとの親和性をもって選定。

コンテストスケジュール

選考状況は都度サイトにてお知らせいたします。

応募受付開始 2020年8月21日(金)12:00:00
応募受付終了 2020年9月30日(水)23:59:59
結果発表 2020年11月上旬

応募作品数により、日程は変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

表彰

最優秀賞(1作品を予定)

  • 賞金:30,000円分のAmazonギフトカード

審査員特別賞(1作品を予定)

  • 賞金:20,000円分のAmazonギフトカード

入賞(本数未定)

  • 賞金:10,000円分のAmazonギフトカード

参加特典

本コンテストへの参加特典として、応募者全員に限定アバターをプレゼント!

限定アバター「???」
  • 限定アバターは追って発表いたします。
  • アバターの付与は応募期間終了後に行われます。

本コンテストへの参加特典として、応募者全員に限定アバター「クトゥルフ」をプレゼント!

限定アバター「クトゥルフ」
  • アバターの付与は応募期間終了後に行われます。

その他条件

  • 複数投稿も可能です。タグは応募作品ごとに設定してください。
  • 作品が商業未契約の状態で、作品の著作権が明確に投稿者本人に帰属するものであることが必須です。
  • 作品内容に権利侵害などの問題を生じ、第三者に損害を与えた場合は、すべて応募者様ご本人の責任とさせていただきます。
  • 他の公募企画・コンテストとの重複応募も可能です。
  • 賞品お受取後の交換、返却などは受け付けできません。
  • 選考方法に関してのお問い合わせにはお答えできかねます。あらかじめご了承ください。
ページトップへ