KUDEN CHARITY PROJECT

KUDEN CHARITY PROJECT x ノベルアップ+

11月29日まで開催していたクラウドファンディングにて、目標金額を達成しました!
ノベルアップ+で当プロジェクトを知っていただいた方にも多くのご協力を頂き、誠にありがとうございます。
ノベルアップ+では2022年1月以降に原作ストーリーの連載や、コンテストの開催を予定!今後も様々な展開を行っていきます。

来年も海外・国内含めてクラウドファンディングを行いますので引き続きよろしくお願いします。

『KUDEN 口伝 - Samurai Sword Jam -』

チャリティープロジェクト
『KUDEN 口伝 - Samurai Sword Jam -』原作ストーリー

あらすじ

度重なる環境汚染や自然破壊から地球が住めなくなり人類は他の星に移住をした近未来。
人類が移住した星々では、地球とは異なった資源や物質の構成、気候や生態系を持っていて人類は他星の生物とともに、そこに様々な技術で適応していた。
しかし地球ほど豊かな自然や資源がある星ばかりではなく、人々はかつて地球の自然を破壊し住めなくしたという罪を背負うかのように厳しい環境下の中で、それでも逞しく人々は生きていた。

そんな時代のとある惑星の日本人街。日本をルーツに持つ人たちが多く住むエリア。
そこは厳しい自然環境から身を守るために、城塞を中心に栄えた国の話。格差や自然環境の厳しさから治安を守る自警団として「侍団」が組織されていた。
侍はかつて地球、日本の侍の魂、志を継承する存在として人々を守って来たが、さらに荒廃が進むこの星でも次第に本物の侍は姿を消しつつあり、侍の名ばかりで大義も忠義もない荒くれ者が跋扈していた。

そんな侍の一つの象徴である「刀」。刀を作る鋼は、地球にしか存在しない。
そしてこの宇宙空域のどの金属よりしなやかで硬い金属としてレアメタル化していた。
その鋼を鍛える技術はとうの昔に失ったロストテクノロジーであった。

そんな時代のとある場所。
隻眼の男が可愛らしい男の子を連れ鉄屑を集めている。
彼が残された鋼を鍛える技術を持つ最後の鍛冶屋。
しかし彼は一度大きな戦いに敗れ、大切な人々を失い、刀なんて人を傷付ける争いの元だと一切の過去を捨て障害を持つ息子と細々と暮らしている。
そんな親子を中心に、刀をめぐる戦いに巻き込まれていく物語。

いざ、開演でござい!

原作ストーリー・キャラクターデザイン

原作ストーリー キャラクターデザイン

ボイスドラマ

ボイスドラマ 第壱話 ボイスドラマ 第弐話 ボイスドラマ最終話 第参話

KUDEN CHARITY PROJECTとは

KUDENのブランドコンセプトである「誰かを犠牲にしたファッションはかっこいいか?」を根幹に据えて、アニメーターや漫画家、イラストレーター、声優たちが、創作された架空のアニメ原作『KUDEN 口伝 - Samurai Sword Jam -』のキャラクターデザインとボイスドラマに参戦。 そのキャラクターとKUDENのファッションアイテムがコラボレーション。

今回のプロジェクトを通じて生み出されるファッションアイテムの生産の一部を障がい福祉事業所(就労継続支援A型事業所、就労継続支援B型事業所)へ依頼することにより、チャリティープロジェクトから新たな仕事を創出します。

ノベルアップ+は縫製工場と福祉事業所へのチャリティープロジェクトに賛同し、KUDEN CHARITY PROJECTを応援いたします。

ページトップへ