歴史/時代ランキング

  • 1位

    織田家の最盛期を取り戻す戦いか始まる

    ♡4,700

    〇2

    歴史/時代・連載中・11話 ニッケル

    2020年4月5日更新

    織田信長、、その男は尾張(現在の愛知県)一国すら収められなかった、弱小大名であった織田家を、一大勢力にした張本人である。当時の大名は、織田家が天下を手中に収める、と思ったであろう。そうあの時までは、、、、天正十年六月二日織田信長は、明智光秀によってこの世を去った。それからというもの明智を羽柴秀吉が倒し、その他数多の大名を平らげ、天下を取った。その頃には最盛期の織田家の姿は微塵もなかった。あの頃の姿を取り戻すため、戦いが始まる。

  • 2位

    平安末期の哀しい青春群像*全7話

    ♡11,800

    〇12

    歴史/時代・連載中・6話 sanpo

    2020年4月6日更新

    天涯孤独の雪丸は十五歳。従事した〈犬狩り〉で犬と暮らす少年と知り合い、花作りに精を出す落魄した姫君と出会って……平安末期の恋と挽歌

  • 3位

    お江戸の闇に、金の雨が降る……!?

    ♡13,100

    〇0

    歴史/時代・完結済・2話 咲蘭

    2020年4月3日更新

    ある御座敷で太鼓持ちの弥吉が怪談ともとれぬ、不思議な噂話を語った。 『ある神社の御神木で丑の刻参りをすると、人形が血の涙を流す……』 「昼行灯」こと同心の桑原は、最近現れた美貌の深草芸者、花龍(かりゅう)にその座敷の廊下で声をかけたところ……? お江戸で起きた不思議な物語。 ※プラナリア企画。「生きている花粉」北浦様の素材を使用。 ※拙作「あいぼう」の超脇役人物の物語になります。

  • 4位

    心震える歴史IF!最強戦士阿修羅に注目!

    ♡111,105

    〇0

    歴史/時代・完結済・35話 緋桜流

    2020年4月6日更新

    紀元前5世紀ごろ、小国乱立の北インドが舞台の歴史IF 主人公は、『流沙の阿修羅』と恐れられる美形の盗賊、阿修羅。 そして『世界を救う救世主、仏陀となる』 と予言されたカピラ国王子シッダールタの二人。 こともあろうに挙兵し、インドを戦乱の世にしているシッダールタの元に、阿修羅は向かった。 「本物かどうか見極めてやる」 過酷な運命に翻弄されながらも、彼らは自らの想いのままにひたすら進む! この物語はシッダールタが仏陀への道ではなく、 現世を統べる聖王、転輪王への道を選んでいたらどうなっていたかを手繰る歴史ファンタジー小説。 二人の運命と出会い、交差する過去と想い。 彼らが辿る新たな歴史をご堪能ください。 ※この作品は「小説家になろう」さんで完結したものを改稿、転載しております。

  • 5位

    アルファポリスさまで改稿編連載中です

    ♡386,078

    〇14,533

    歴史/時代・連載中・67話 kikazu

    2020年4月5日更新

    西暦1907年ドイツ帝国の重鎮たる軍務大臣が、本格的なバレリーナ姿で変死するというとても悲しい事件が発生した。(一応史実)親衛隊の高官マインシュタイン中佐は、後輩で皇宮警察の幹部ヘップナー少佐のチームへ事件の調査を依頼する。 稀代の美貌を誇りながら女好きで人間のクズ・ヘップナーを筆頭に、彼の副官で実はポンコツ大公令嬢カルラ中尉、美少女の姿でありながら実は魔女のヘルミーナ中尉。そして人外でありながら、チームで一番まともな使い魔クラリッサ少尉らは安定のヘッポコぶりを発揮して、グダグダの大ピンチの連続に……。 イギリスを代表するエージェントで、後にジェームズ・ボンドのモデルとなったシドニー・ライリー中尉、更に大日本帝国の隠し玉・明石元二郎大佐、はたまたサイコパスメイドも登場して、誰が敵か味方なのか、はたまた犯人なのか。騙し合いの奇天烈ストーリーです。 ※アルファポリスさま、ノベルアップ+さまで、改稿編始めました!

  • 6位

    第7回ネット小説大賞 最終選考落選作品

    ♡770,000

    〇2,285

    歴史/時代・連載中・384話 縞守皐駕

    2020年4月6日更新

    20歳の大学生だった栗岡成輝は、気が付くと戦国時代の近江国の小さな国人領主の子供に生まれ変わっていた。寺倉家の嫡男・淀峰丸として生を受けた彼は、前世で得た知識を使って幼少の頃から少しずつ領内を発展させ、民からは“神童”と呼ばれて尊敬を集めていく。 のちに「寺倉正吉郎蹊政」となった彼の元に集ってくる「寺倉六芒星」や「寺倉十六将星」「寺倉六奉行」と呼ばれる家臣達の力を借りて、正吉郎は『日ノ本の民を豊かにし笑顔の溢れる世を作るべし』と壮大な宿志を掲げ戦乱の世を生き抜いていく。

  • 7位

    世界最終戦争後も満洲はまだそこにあった

    ♡213,500

    〇866

    歴史/時代・連載中・28話 ほもさける

    2020年4月4日更新

    世界最終戦争は終わり、日本は敗れた。 石原莞爾の夢、満洲はまだそこにあった。 夢は黒龍江の一滴となり少女態を産んだ。 滅びいく国、終わりいく世界、呪われた大地。 それぞれに生きる少女たちの物語。

  • 8位

    優しいだけの人が歴史を動かす

    ♡70,497

    〇227

    歴史/時代・連載中・191話 橋本洋一

    2020年4月6日更新

    第1回歴史時代大賞、一次選考通過!! この世が乱れ、国同士が戦う、戦国乱世。 記憶を失くした優しいだけの少年、雲之介(くものすけ)と元今川家の陪々臣(ばいばいしん)で浪人の木下藤吉郎が出会い、二人は尾張の大うつけ、織田信長の元へと足を運ぶ。織田家に仕官した雲之介はやがて内政の才を発揮し、二人の主君にとって無くてはならぬ存在へとなる。 これは、優しさを武器に二人の主君を天下人へと導いた少年の物語 ※架空戦記です。史実で死ぬはずの人物が生存したり、歴史が早く進む可能性があります 小説家になろうとカクヨムとセルバンテスとアルファポリスでも連載中です!

  • 9位

    完結しましたー!

    ♡39,200

    〇2,702

    歴史/時代・完結済・39話 カメヒロ

    2020年3月31日更新

    三国志の時代。 何が食されていたかを、趣味的に色々調べています。 一度まとめてみようかなと思い短編小説を書いてみました。 ゆるふんわりした、日常三国志。 登場人物は曹魏。 主人公は、郭嘉と荀彧です。 デイリーランキング:総合5位、歴史1位になりました! マジっすかっ!!!??? 三国志好きの方が多くてうれしいです~☆ ※「小説家になろう」でも掲載しました。こちらではリライト版を掲載します。

  • 10位

    小説家たちよ。文字で、言葉で、たたかえ。

    ♡425,231

    〇15,400

    歴史/時代・連載中・107話 芥生夢子

    2020年4月4日更新

    【大正浪漫×文学×異能力バトル!】 原稿が欲しかっただけなのに、いつのまにか小説家たちの異能力バトルに巻き込まれることに! 舞台は大正時代! 新人編集者・虎丸は、謎の同人雑誌で『狂人ダイアリイ』という小説を連載する幻想文学作家・八雲に原稿を依頼するため東京までやってきた。 たどり着いたのは五人の小説家が暮らす怪しい洋館。彼らの書く文字には不思議な力が宿っており、虎丸は原稿と引き換えにあやかしと闘わされることになってしまう。 やがて、八雲に隠された秘密を知っていき──。 文字と言葉の異能力を操る小説家たちの大正ファンタジー! ※イラストは神風銀さまに描いていただきました。(★のついた話が挿絵入り) ※実在する作家や作品の名称も登場しますが、ストーリーに絡むものはすべて架空です。 ※ノベプラ版は改稿が入っており、以前他サイトで公式連載していたものとは構成や呼称、表記など異なる部分があります。

  • 11

    歴史の小話など^^;完結ですが追加はあり

    ♡65,248

    〇45,500

    歴史/時代・完結済・62話 のの

    2020年4月5日更新

    歴史の小話などになります

  • 12

    他力本願×最弱無双!戦国時代を旅しよう!

    ♡610,550

    〇10,591

    歴史/時代・連載中・101話 くろこん

    2020年4月4日更新

    『どうしてこうなった!?』 戦国時代 日本で起きた修羅の時代、私が知っている戦国時代では織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が世を終結させた。 だが、今私が生きている世の天下人は今川義元。 え、それ兄貴なんですけどぉぉぉぉぉ!? それに、なんだか私の知ってる歴史とは色々と違いすぎて... もう勘弁だ!なんだこの世界は! 権力争い?反乱のチャンス? 知るか!私は旅に出るぞぉぉ! 注・主人公今川輝宗はうどんが大好きです(露骨にノベラ賞に媚びていくスタイル) イラスト:ぴくる様 原作:くろこん

  • 13

    本能寺の変の黒幕を転生者は知る

    ♡731,800

    〇302

    歴史/時代・連載中・95話 吉良山猫

    2020年4月5日更新

    俺の名前は相良正樹しがないアラフォーのサラリーマンだが、歴史オタクであり、趣味は刀剣と城廻り、特技は合気道と居合だ。11月のある日いきなり上司に呼び出され成績不振で会社を首になってしまった。絶望の中で自分探しの旅に出て京都の二条城を見学している時に奇妙な足が三本ある鴉が現れた。何故かその鴉を追いかけているうちに旧二条城跡に迷い込んでしまった。そして運の悪いことに地面が崩落し、深い穴へ落下してしまった。どうやら大昔の井戸の様だ。手や足があらぬ方に曲がっており重傷だ。俺の人生もここまでの様だ…思えばついていない人生だった…死ぬ前に会社で片想いをしていた葵の顔が見たかった…目が慣れてきて、そこには髑髏と一振りの太刀があった。太刀は抜き身であったが古い物であるはずなのにその刀身は錆びていなかった。何処からともかく声が聞こえる『生きたいか?今のままではお主は死ぬ』頭を強く打っていることもあり、どうやら俺は致命傷らしい。『我の無念を晴らしてくれるのならばお前に生きるチャンスを与えよう』「生きたい!」『ならばそこにある星切の太刀で自らを貫け。さすれば道は開ける』どうせ死ぬのならと俺は唯一残った左手で星切りの太刀を握り自らを貫く。『頼んだぞ、我に代わり憎き明智と羽柴と徳川を討ち滅ぼしてくれ』そして俺の意識は深い闇に堕ちていくのであった。

  • 14

    魔都ロンドンをサムライ少女が駆け抜ける!

    ♡389,675

    〇478

    歴史/時代・連載中・62話 MUNNIN

    2020年4月4日更新

    19世紀末、ロンドン。繁栄を極める魔都を、愛刀木花咲耶姫と石長姫を手にサムライ少女が駆け抜ける!

  • 15

    庸の胸には紅の、隆の名渦巻く模様あり。

    ♡41,400

    〇200

    歴史/時代・連載中・36話 Ryuren

    2020年4月5日更新

    古代中国。若くして一人前の犬芸人となった美青年・彪林(ひゅうりん)は、自信家で少々傲慢な性格だった。ある日、そんな彪林が所属する旅芸人の一座に、五人の少女が売られてくる。少女たちに稽古をつけることとなった彪林は、その中でもひときわ異様な雰囲気を放つ龍翠(りゅうすい)という少女に目をつけるが……。 素直になれない捻くれ者が、ひとりの少女に心をかき乱されていくさまと、少しずつ歪んだように変化していく一座を描いた奇譚。

  • 16

    恋も戦も展開も、ツッコミ所過積載!

    ♡451,004

    〇5,485

    歴史/時代・連載中・176話 LED

    2020年4月6日更新

    ※表紙イラストは、あっきコタロウさんに描いていただきました。ありがとうございます! ~脳筋ばかりの騎士物語! 結婚するまで帰れません!?~ 平凡な女子高生・司藤(しどう)アイは、中世騎士ロマンス古典「狂えるオルランド」に登場する女騎士に憑依してしまった。 現実世界に帰るべく、意中の騎士とのゴールインを目指すのだが……!? ・古典の展開にツッコミ入れつつ、8世紀欧州世界の実態に迫る! ・時にコミカル、時にシリアス! 中世騎士の一騎打ち・戦争・怪物や魔女との息詰まるバトル! ・幼馴染の悪友とのジレジレ恋愛も描きます! ※末尾に★がある話は挿絵つきです。 ※小説家になろう、アルファポリス、カクヨム、マグネット!にも掲載しています。 ※MAGNET MACROLINKの元・公式連載作品です。 ※WEBアマチュア小説大賞・一次選考通過作品です。

  • 17

    曹昂生存していたらという話です

    ♡766,994

    〇1,110

    歴史/時代・連載中・153話 正広海竜

    2020年4月4日更新

    生まれた時から難病で|白河《しらかわ》|脩《しゅう》は成人まで生きられないと医者に診断されていた。 その為、毎日を病院で本を読んで過ごしていた。病状が悪化しあっけなく死んでしまう。 気が付くと自分が赤ん坊になっており、更に自分が曹操の息子の曹昂になった事に知る。 本を読んでいたので、自分が宛城の戦いで死ぬ事を知る。そんな未来を回避する為に前世の知識を活かして生き残る事を決める。 この話は三国志演義に準拠します。 参考文献 秘密三國志 著者陳舜臣 三國志 著者吉川英治 三国志 著者横山光輝

  • 18

    三国時代の食生活が気になりませんか?

    ♡158,200

    〇9,309

    歴史/時代・連載中・71話 カメヒロ

    2020年3月24日更新

    「第1回歴史時代大賞」短編部門用に書き下ろした「曹操の料理人」。 書き終わったにも関わらず、キャラ達への愛着が収まらなかったので、もう少しだけ書くことにしました。 「続編」ではなくて「リライト」ですので、短編版を読まなくて大丈夫です。 三国志の時代。 何が食されていたかを、趣味的に色々調べています。 その豆知識をふんだんに盛り込んだ、ゆるふんわり日常三国志。 登場人物は曹魏。 主人公は、郭嘉と荀彧です。 『連載版』でもデイリーランキング:総合5位、歴史1位になりました! ありがとうございます!

  • 19

    地元美濃に伝わる戦国時代の悲話

    ♡8,600

    〇0

    歴史/時代・連載中・4話 風羅 真

    2020年4月4日更新

    尾張から織田信長が攻めてくる! これまでの美濃守護・斎藤家は盤石であったが、近年は代替わりによって弱体化しこれに対抗しがたい。美濃の国衆は己の身の振り方について考えを巡らせます。 生きるか死ぬかの瀬戸際で、彼らが選んだ生き方を史実に従い描きました。 登場人物 (佐藤紀伊守)加治田城主。信長にいち早く内応し、一族の生き残りを願う。 (八重)佐藤紀伊守の娘。 (崖良沢)佐藤家の軍師的存在で、紀伊守に信長への寝返りを勧める。 (岸勘解由)蜂屋城主。美濃斎藤家に忠義を尽くし、信長にあくまでも対抗しようとする。 (長井隼人佐)美濃斎藤家の重臣。斎藤道三の弟。 (織田信長)美濃を乗っ取ろうと画策しているが、長年負け続けている。

    タグ:

    信長 岐阜 美濃

  • 20

    歪められた英雄の歴史が、ここに。

    ♡368,600

    〇2,735

    歴史/時代・連載中・141話 さくも

    2020年4月5日更新

    源平合戦。 平安時代の終わり、源氏と平氏の戦いと言われる戦乱の時代である。 その時代を、必死に生き抜いた一人の男がいた。 彼の名は、源義仲。 木曽の山中から挙兵し、圧倒的兵力差の中でも戦い抜き、京の都から平家を追い落とした希代の英雄である。 彼は、どこまでも人間らしい英雄であった。 そして誠実に生き抜いた。どこまでも誠実に、ひたむきに生き抜いた。――そんな男だった。 【おしらせ】 12/3 登場人物一覧ページ移植しました。 12/13 1月いっぱいはおやすみします。連載再開は2/1になります。 2/1 連載再開します。改めてよろしくお願いします。 2/29 数字と漢数字と、誤字脱字などの修正を行いました。 3/30 肆(4章)を、「肆」(4章)と「伍」(5章)に分割しました。 挿絵・表紙絵:九藤 朋 様 ツイッター:@kudou_tomo ノベプラ:https://novelup.plus/user/510700127/profile

  • 21

    その男の生きた時代を『戦国』と呼ぶ

    ♡12,200

    〇200

    歴史/時代・連載中・53話 藤瀬 慶久

    2020年4月6日更新

    ある日、目が覚めたら転生していた。 時は戦国乱世の真っただ中。 織田信長が生まれる十六年前。管領細川家の家督を巡り、『両細川の乱』の最中にある日本で一人の転生者が六角家の家督を継いだ。 後に近江六角佐々木氏の全盛期を築き上げ、天下人として畿内に覇を唱えた男。 その名は六角定頼 「これは……人生バラ色じゃあないか」 無敗の王者に転生した男は、明日をも知れぬ乱世の中にあって勝ち残り確定ルートにほくそ笑む。 舐めプで一生を送る事を決意した男には、果たして天下統一に乗り出す気はあるのか!? ※この小説は『小説家になろう』『カクヨム』『アルファポリス』『ノベルアップ+』に掲載しています。

  • 22

    春秋戦国の名将・楽毅は紅毛碧眼美少女⁉

    ♡211,300

    〇12,600

    歴史/時代・連載中・185話 チーム奇人・変人

    2020年4月6日更新

    諸葛孔明が人生の手本とした名将・楽毅(がくき)は 実は美少女(しかも紅毛碧眼)だった⁉ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 中華大陸の覇を競い、七つの強国・七雄がしのぎを削る、春秋戦国時代── 中山国の少女・楽毅は、紅毛碧眼という外見ゆえに不遇の日々を送り、人生に何の目的も見出せないでいた。 そして楽毅は中山国を出たい一心で大国・斉へ留学し、天(そら)の様に何物にも囚われない広い心を持つ謎の少女・齋和(さいか)と運命的な出逢いを果たす。 それは、楽毅の人生を大きく変える運命の邂逅── やがて彼女は宝珠の輝きに導かれるように、悲壮の戦いへと身を投じてゆく。 これは、運命と向き合う少女達の野心の物語── 歴史とファンタジーの融合が織り成す、美少女架空戦記。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ※当作品はマグネットマクロリンク様にも掲載されております。

  • 23

    平家物語『木曽の最期』のオマージュ作品。

    ♡12,800

    〇0

    歴史/時代・完結済・1話 芹沢紅葉

    2019年10月1日更新

    巴は二人の兄のように強くなりたいと願うあまり、封印されていた鬼である酒呑童子と契約をしてしまう。 力を手に入れた巴は戦に出るようになり、義仲への恋心を募らせていった。 だが義仲は追われる身となってしまい……。

  • 24

    安芸・石見の統一編 開始

    ♡208,100

    〇0

    歴史/時代・連載中・110話 那田野狐

    2020年4月6日更新

    信号が青に変わって横断歩道を渡っていた俺はトラックにはねられて死んだ。 つぎの瞬間に真っ白な世界に飛ばされて現れたのはギリシア神話に出てくるゼウスによく似た老人。 なんでも日本の戦国時代と日本のWeb小説がとても大好きな異世界の神さまだということ。 で、神さま。毛色の変わった戦国モノのWeb小説みたいな大河ドラマが視たくなったらしい。 小説でもなく漫画でもなく大河ドラマ。しかも台本なし。 そして白羽の矢を立てたのが、Web小説ではイマイチ人気の低い毛利元就(神さま調べ)。 毛利元就に転生でないのは、勢力が拡大したとき元就では自由度がなくなるからだそうだ。 よく意味が解らない・・・

  • 25

    弱者よ今立ち上がれ!

    ♡153,800

    〇115

    歴史/時代・完結済・55話 安東門々

    2019年10月31日更新

    「おらたちは耐えた! でも限界だ!」 幾多も重なる税金に、不作続きの世の中、私腹を肥やしているのはごく一部の人たちだけだった。 領主は鷹狩りや歌に忙しく、辺境の地であるこの『谷の村』のことなど、一切知る由もない。 ただ、搾取され皆がその日を生き抜くのが精いっぱいだった。 そんなある日、村一番の働き手である 弥彦は 村はずれにある洞窟である箱を見つけた。 そこには、言い伝えでその昔に平家の落ち武者が逃げて隠れていたとされた洞窟で、刃の無い刀がいくつか土に埋まっている。 弥彦は箱を調べ、その場で開けてみると、中にはいくつもの本があった。 彼は字が読めないが村に来ていた旅の僧侶に読み書きを習い、その本を読み解いていく。 そして、時はながれ生活は更に苦しくなった。 弥彦の母は病におかされていた。 看病のかいもなく、他界した母の現場に現れた役人は告げた。 「臭いのぉ…。 悪臭は好かんので、ちと税を払え、皆の迷惑じゃ」 それを聞いた弥彦含め、村人たちの怒りは頂点に達し、どうせ今生きていても死ぬだけだと、自分たちの人生を賭け蜂起を決意した。 そして、村長が指名した村人たちを束ね導く存在に弥彦を。 そんな彼らの想いが駆け巡る。 歴史の中で闇に消えた物語。 ※ これは架空の話です。 人物や地名など現実の世界とは一切関係ございません。 時代背景は鎌倉幕府が滅びる直前の時代となっております。 ※ 表紙絵 hashiyaさん ツイッターアカウント⇒ @hashiya18

  • 26

    塩商人から武将に成り上がった塩屋秋貞の話

    ♡2,300

    〇0

    歴史/時代・連載中・5話 黒坂わかな

    2020年4月4日更新

    塩屋秋貞は、飛騨と越中、二国の主となることを目指していた。 しかし、商人にも武将にもなりきれず、お山の大将のままの塩屋は、いろいろと失敗を繰り返し…。

  • 27

    中世フランス、愛と覇道の叙事詩

    ♡26,559

    〇330

    歴史/時代・連載中・39話 谷守 紗季

    2020年4月5日更新

    脆弱な王権の上に立つカペー家と、広大な大陸領土を誇るアンジュー伯家が対立する12世紀フランス。 北方の片田舎に住む少女アリスの元に、王宮からの密使が訪れていた。 【汝、アデライード・ドゥ・フランス。王命により、直ちに帰還せよ…】 権力闘争と謀略が複雑に絡み合う最中、王女アデライードの前にかつての許婚が姿を現す。 【百合の王冠】を巡るブリテンとの戦いの果てに、フランス王国正史から消された【男の子御子名の女王フィリップ・オーギュスト】と、【獅子心王リシャール・ドゥ・プランタジネ】の愛憎と覇道の叙事詩が始まる。

  • 28

    北の地で武士、アイヌ、蒙古、騎士達が激突

    ♡232,850

    〇1,380

    歴史/時代・連載中・76話 大澤伝兵衛

    2020年3月27日更新

    大陸の大半をモンゴル帝国が支配し、そのモンゴル帝国が日本の南方である九州に襲来してきた時代、日本の北にもモンゴルの手が迫っていた。 御家人の十四男である撓気時光(たわけときみつ)は北条時宗の命を受け、北の大地に住まう民であるアイヌと共にモンゴル軍を迎え撃つ。、兄弟が多すぎて相続する土地が無い時光は、勝利して恩賞を得られなければ未来がない。 しかし、迫るモンゴル軍は、モンゴル人だけではなく、漢民族の将軍、ノヴゴロドの騎士、ペルシャの技術者など多種多様で、一筋縄で勝てる相手ではない。 強敵を打ち破り、時光は見事に自らの土地を獲得することが出来るのだろうか?

  • 29

    サリエーリとモーツァルトのお話です。

    ♡132,800

    〇2,415

    歴史/時代・完結済・46話 寿甘(すあま)

    2019年11月16日更新

    ※表紙はあっきコタロウさんから頂いたファンアートです。ご本人から表紙に使う許可を得ております。 サリエーリはモーツァルトの才能に嫉妬した。 サリエーリはモーツァルトの楽曲を盗作した。 サリエーリはモーツァルトを毒殺した。 どれも、何の証拠もない悪意ある風説でした。 サリエーリの没年前後、ヨーロッパ中で語られたこの噂は、後年発表される彼等を題材にした戯曲によって、あたかも真実であるかのように世界に広まってしまったのですが、近年ではサリエーリの再評価の流れも生まれております。 これはサリエーリとモーツァルトの関係を、いくらかの事実を基にして筆者が大いに脚色を加えた、完全なフィクションの物語です。決して史実ではないという事をどうかご了承下さい。 物語の都合上、モーツァルトとの交流がかなり多くなります。 モーツァルトの独白に始まり、 第一幕 若き宮廷室内作曲家の誕生 第二幕 かつて神童と呼ばれた男 第三幕 苦悩の日々と友の急死 第四幕 彼の後悔と突然囁かれる噂 という内容でお送りします。

  • 30

    江戸時代? の大江戸にコボルトあり

    ♡82,100

    〇100

    歴史/時代・連載中・35話 風楼

    2020年4月5日更新

    時は貞享、天下の名君、徳川綱吉の時代。 空が割れて異界の門が開かれる。 門より溢れし犬小人の「こぼると」を一目見た綱吉は深く愛し、直ちに保護せよとの命を発す。 以後もえるふ、どわあふなどが次々に現れ、綱吉はこぼるとと同様に友好関係を築くことに注力す。 ―――そうして異界の知識と技術を得ることになった江戸の世は、異界の力による文明開化を迎えることになる。 それから時が流れて、享保。 八代将軍徳川吉宗の時代となり、江戸の世は飢え知らず、病知らずの太平の世を謳歌していた。 ……が、それはあくまで江戸の世だけの話。 海の向こうにある諸外国は、異界文明と接触したことによる混乱と対立と、異界からの侵攻を受けて大いに荒れてしまっていた。 そんな状況を打破すべく将軍吉宗は、海を渡っての平和を主眼とした介入を決意し、その為の技術と資源を得る為に、異界の門の残滓である『異界迷宮(ダンジョン)』の攻略の命を発す。 その命を拝領することになった御庭番であり武芸百般に通じていた『犬界(いぬかい) 狼月(ろうが)』は親友であるコボルト『ポチ』と共にダンジョンに挑むことになるのだった。 ※他サイトでも掲載しています。

  • 2019年10月20日更新

    劉禅ではない『劉備の嫡子』である、真の後継者『劉操』が活躍?する人間の感情剥き出しの新感覚三国志 彼は後漢末・三国志の時代に生を受けるも『高尚ではない劉備』・『インテリヤクザで下衆な関羽』・『普段はまともだが酒乱の張飛』・『自分自身の設定が細かい厨二病の趙雲』・『毒舌で胡散臭い諸葛亮』など周りの人間たちが濃すぎて『ステルス系主人公』として生き残らざるを得ない。 ◇◇◇ 劉操の父、劉備・字は玄徳。 彼は激烈な人生を送ってきたためか、土地にも妻子にも執着することがなかった。彼は前漢の高祖の行動を倣っていたこともあり、何か逃げることがあれば妻子は置き去りにされ、そしてそのたびに虐殺された。 その結果、蜀漢という国は劉禅という三国志でも不人気1、2を争うボンクラに相続され、そして滅亡に至る。 『もし劉備に適齢の息子が居れば蜀漢は滅びず、天下統一していたのではないのか?』 転生してきた劉操は現代知識のチートを持って、歴史を変える…… 変えようとするも、どうやらこの時代は現代とあまりに違って知識だけでは生き残れないみたい…… 蜀漢を生き残らせるための『たったひとつの冴えたやり方』を求めて劉備の嫡子である現代からの転生人・劉操が後漢末期・三国時代に挑む! 『横山光輝三国志』・『宮城谷昌光三国志』を基調に描いています。 参考文献・引用・出典 陳寿・裴松之「三国志」:横山光輝「三国志」:宮城谷昌光「三国志」:小出文彦監修「三国志人物事典」:シブサワコウ監修「三国志Ⅲ事典」

  • 32

    中華風の御話

    ♡1,200

    〇0

    歴史/時代・連載中・3話 のの

    2020年4月5日更新

    侍妾として月花は公主(王女)に共に 元敵国へとやって来て・・

  • 33

    異世界日本の明治時代は混沌としていました

    ♡84,600

    〇500

    歴史/時代・完結済・84話 F。

    2020年3月22日更新

    舞台は異世界の日本、列強の一角となった明治四十七年。 清王朝が残り、北米は英国と仏国の二重帝国が支配し、欧州はプロイセンの拡張がロシアまで及んで止まらなくなっている国際情勢、世界地図は目まぐるしく、刻々と変わっていっていた。 そんなとき、日本の天使侯爵家へ縁談が舞い込む。相手は英仏二重帝国四大公爵家が一つ、コートランド家次男、セドリック・ユージーン・コートランド、十七歳。日本政府はこれを最大限援助し、太平洋同盟締結の足掛かりとしたい謀略まで渦巻いていた。 しかし——肝心の天使侯爵家令嬢、年齢が釣り合う三女の篤子はとんでもないドジっ子で、お稽古から逃げ出そうとした庭で異世界転移してきた女子高生日波悠と頭をぶつけ、記憶喪失になってしまう。 そしてその場面を目撃していた家令見習いの礼次郎と女中の駒は、篤子と悠がそっくりであることから、すぐに篤子と悠の入れ替わりを手配する。 果たして何の関係もない悠が婚約を成功させるため、篤子になりきることができるのか。 ※この作品は「小説家になろう」「アルファポリス」「pixiv」「カクヨム」でも掲載しています。

  • 34

    どうして、きみが先に逝ってしまったのか…

    ♡10,700

    〇5

    歴史/時代・連載中・6話 あい

    2020年4月6日更新

    咲蘭さんの『プラナリア~読みたい、書きたいをRebirth~』企画作品です。 こちらの素材を使用させていただいております。 https://novelup.plus/story/410559014 あらすじ きみを失ったその場所で、ひとつの卵を見つけた梅原一太郎。持ち帰って温めてみると…… 不思議な卵から孵ったその生き物と、一太郎は暮らし始める。 * * * 需要が無さそうだけど、江戸時代でもOKというありがたいお言葉を賜わったので、書かざるを得な~いヘ(^o^)ノ 長編の連載が停滞しているのに何はじめたしという感じですが、これは、まあ、息抜きに書くヤツ。ノープラン、ノープロットです(え;) というわけで、この作品に関しては、時代考証とか一切気にしないで下さい。何も調べず書きます(ええっ;;;) 更新は、亀ですが、取りあえず、タマゴから何が出てくるのか、乞うご期待です!?

  • 35

    曾祖父の許嫁に転生した曾孫の歴史恋愛物語

    ♡1,000

    〇0

    歴史/時代・連載中・11話 一九三七

    2020年4月5日更新

    昭和十一年(1936年)の二・二六事件首謀者として処刑された曾祖父 勇武の許嫁に転生した曾孫の舞。許嫁は舞の曾祖母だった。 勇武との間に子供が生まれなければ、舞も未来にいる家族も消えてしまう。だが勇武は許嫁に対し固く心を閉ざし、忌み嫌っていた。 自分の家族を救うため、勇武との恋を成就させるため、彼を死なせないため、舞は未来の知識で歴史を変える。 純粋無垢で甘酸っぱいIF歴史純愛物語。 ※作中の夜継勇武は架空の人物です。彼の人間関係、経歴等に関する記述は全てフィクションであり史実や実際の歴史人物とは一切関係ありません。

  • 36

    王国の危機を救うのは誰なのか

    ♡200

    〇0

    歴史/時代・連載中・1話 さざなみ

    2020年4月3日更新

    かつて大陸随一の大国として繁栄を謳歌していたアルトリア王国は、四方から迫る外敵と内部の軋轢により、衰亡の危機に瀕していた。 危急存亡のさ中、伝説の天才軍師バルガスを招聘すべく、王女カタリナは側近の女騎士アイシアを遣わすのだが… 第1章 8話構成 毎週投稿 第2章は少し間を開けて投稿開始予定

  • 37

    平安×ファンタジーが好きな方は是非。

    ♡800

    〇1

    歴史/時代・完結済・1話 芹沢紅葉

    2019年10月1日更新

    平安時代を舞台に、五十年前に姿を消した女御・千代の失踪についてを知る物語。 内裏で働いていた千代は自分と同じ女御でありながら才能に溢れる朝霧という女性と出会う。 朝霧と共に過ごしていくうちに千代は彼女のしたたかさを知っていった。 ある日、彼女を助ける為に千代は妖狐に自分の存在を差し出すのだが、それが朝霧の誤解を招いてしまう。 弁解する間もなく朝霧と別れることになり、人間を辞めた千代は五十年の時を経て再び人間の世界へと戻ってきた。 朝霧の墓標に辿り着く千代。最期に朝霧が残していた言葉は……。

  • 38

    時代劇やりたかったからVRMMOにした

    ♡200

    〇未参加

    歴史/時代・連載中・1話 雨紫彩杜

    2019年11月3日更新

    中世の日本を思わせる世界で、人々はゆっくりと流れる時間のなかに憩いを求め、ここにやってきた。似代劇(にだいげき)というVRMMOが流行る近未来。そこであるものは侍となり、あるものはそば屋を経営し、あるものは農業に従事するなど現実では不可能な仕事に就くことを愉しんでいた。だがその世界はいま、危機にさらされていた。公儀(運営)はこの事実を隠蔽し、噂ばかりが人々の間に流れていた。そんなとき、とある少年剣士のもとに公儀より依頼が届く。 本作で使用している技のいくつかは実際に再現できる。それらの技は松聲館の甲野善紀氏と陽紀氏が発見されたものをお借りした。それ以外にも黒田鉄山師範の著書からの引用も含まれている。 「暁」にも同時掲載中。

  • 39

    信長再臨! 今度こそ天下布武完遂へ!

    ♡24,800

    〇105

    歴史/時代・連載中・114話 松岡良佑

    2020年4月2日更新

    天正10年『2回目』の本能寺――― 信長は『またしても』自刃で果てた。 「歴史の改変がこれ程厄介だとは……!」 自刃から1億年先の遥か未来で復活した信長が見たその世界は、常軌を逸した正に血で血を洗う凄惨な世界であり、その遠因は己が本能寺で討ち死にした事だと信長は知る。 「本能寺の先へ行く為、世界の為、ワシは負けん! 新しい歴史はワシが作る!」 こうして信長の『3度目』の人生が始まろうとしていた。 信長Take1⇒史実 信長Take2⇒序章(0話)をご覧ください。 注:小説家になろうにて転載しております。

  • 40

    古代日本と古代ローマ、二つの点がつながる

    ♡700

    〇0

    歴史/時代・連載中・5話 哈密

    2020年4月6日更新

    平安時代中期。羅生門に一匹の鬼が棲んでいた。 その鬼は人を喰らうでも、野に火を放つでもなく、ただひたすら物語を書いていた。 どことも知れぬ異界の物語を―――

  • 41

    暴君武田信虎に転生す

    ♡51,300

    〇0

    歴史/時代・連載中・39話 なんじゃもんじゃ

    2020年4月4日更新

    甲斐の虎として有名な武田信玄。なぜかその父である武田信虎に逆行転生してしまった末裔。 甲斐は貧しい土地であり、毎年のように餓死者が出る始末である。そんな甲斐で生産量を増やしてもすぐに頭打ちになる。だから足りない米は他所から買えばいい。 米を買うには金が要る。だったら売れるものを作り、売ればいい。 板垣信泰とその息子信方を側近にした信直(信虎)は人を集めて生産に乗り出す。 まずは甲斐統一。そして海を得る! 海を得たなら関東平野を得て天下に名乗りを上げるとする。 足利? 足利が将軍をしているが、天下は荒れ放題だ。こんな将軍家は要らないし、ないほうがいい。 だが、すぐに足利に反旗を翻すわけにはいかない。なんと言っても、甲斐は貧しく武田は内戦状態なのだ。天下を望む前にやることは山積みである。

  • 42

    鬼のような若者と月のような娘の話し

    ♡1,900

    〇0

    歴史/時代・連載中・8話 石川織羽

    2020年4月4日更新

    子爵家の嫡男である相内柾樹は些細な理由で癇癪を起こし、駿河台の屋敷から家出した。たまたま転がり込んだ元門番老人の長屋で、奇妙な娘の世話を頼まれる。やむなく柾樹は娘を連れて、悪友二人が下宿している両国の古道具屋へ向かうことにした。 小鬼と呼ばれる乱暴者と、女に触れられないという青白い娘。世間知らずのお人好しと、世渡り上手な苦労人。古道具屋『数鹿流堂』へ引き寄せられるように、この世ならぬ何か達と、四人の不思議な同居暮らしが始まった。 時は世事変遷と呑気悠長が折り重なっていた明治の中頃。帝都のとある片隅で宿命の針は動き出す。 ※小説家になろうで完結済み。改稿投稿中です。更新は遅いです。

  • 43

    鎌倉武士はヤクザ。はっきりわかんだね

    ♡17,500

    〇100

    歴史/時代・完結済・1話 LED

    2019年11月12日更新

    短編シリーズ「莉央ちゃんとタイムスリップ!」第一弾。 俺は歴史好きの高校生・下田(しもだ)一郎(いちろう)。 クールな幼馴染・莉央(りお)ちゃんと共に、気がついたら過去の日本(鎌倉時代)にタイムスリップしていたぜ! そこで俺たちが見たものは、鎌倉武士団という狂気の戦闘集団だった……! コワイ!! ※ 最新の研究学説に基づいて、元寇の描写をしています。たぶん。 ※ 参考文献:「蒙古襲来」 服部英雄/著(山川出版社)

  • 44

    稀代の副将武田信繁が生きていたら……?

    ♡145,000

    〇10

    歴史/時代・連載中・103話 朽縄咲良

    2020年3月23日更新

    【歴史小説ランキング日間7位にランクイン(2020年2月8日)!】 【総合ランキング日間88位にランクイン(2020年2月26日)!】 戦国の雄武田信玄の次弟にして、“稀代の副将”として、同時代の戦国武将たちはもちろん、後代の歴史家の間でも評価の高い武将、武田典厩信繁。 永禄四年、強敵上杉輝虎との雌雄を決する“第四次川中島合戦”で討ち死にするはずだった彼は、家臣の必死の奮闘により、その命を拾う。 信繁の生存によって、甲斐武田家と日本が辿るべき歴史の流れは徐々にずれてゆく――。 この作品は、ひとりの武将の生存によって、史実とは異なっていく戦国時代を書いた、大河if戦記である。

  • 45

    史実を基にしたオムニバス形式大河小説です

    ♡800

    〇0

    歴史/時代・連載中・1話 oNion

    2020年4月3日更新

    史実を基にした大河小説を目指していきます! 歴史には様々な解釈が存在すると思いますが、あくまでこの小説は私個人の解釈であり、皆様にもふわっと楽しんでいただけるような小説にしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

  • 46

    『くノ一』サギと忍びの猫にゃん影の活躍!

    ♡217,300

    〇10,219

    歴史/時代・連載中・230話 薔薇美

    2020年2月9日更新

    時は江戸中期。若き富羅鳥藩主が何者かに暗殺され富羅鳥城から盗み出された秘宝『金鳥』『銀鳥』。 『銀鳥』は年寄りの銀煙、そして、対の『金鳥』は若返りの金煙が吹き上がる玉手箱であった。 そう、かの浦島太郎が竜宮城から持ち帰った玉手箱と同じ類いのものである。 誰しもが乞い願う若返りの秘宝『金鳥』を巡る人々の悲喜こもごも。忍びの『金鳥』争奪戦。 『くノ一』サギと忍びの猫にゃん影がお江戸日本橋を飛び廻る。

  • 47

    両国柳橋には狐芸者と呼ばれる芸者がいた

    ♡13,100

    〇0

    歴史/時代・完結済・1話 五十鈴りく

    2019年10月13日更新

    両国柳橋界隈で町芸者をしてる紺(こん)は、得意の三味線で評判を取っていた。そんな紺を座敷に呼んだとある客との出会いにより、紺の音は次第に変わっていく。

  • 48

    里見八犬士の子孫。はたしてそのいくすえは

    ♡6,000

    〇0

    歴史/時代・連載中・3話 地辻夜行

    2020年4月3日更新

    里見八犬士。 安房里見家においてその名を知らぬ者がいない一騎当千の強者達。 しかし、それも今は昔の物語。 謀叛の罪を着せられ、一所に押し込められ、今や八犬家は風前の灯。 立ちあがるは、五代目八犬士筆頭犬坂生野種智。 彼が新八犬士に与えしは、犬坂家が誇る智をもって融合させた、失われた初代八犬士の呪いの力と宣教師から得た技術と知識の混合物『呪言』。 命を代償に行使しする『呪言』をもって狙うは、北条氏康が居城小田原城。 八匹の狂犬の牙が、難攻不落の居城小田原城に喰らいつかんとする。 だがしかし、この動きを北条の子飼いの乱波集団風魔衆よりも先に察知する者達がいた。 名を一夜衆。 美と知をもって、夜の帳に生きる、情報を切り売りする諜報特化の忍びの一族 一族の中から、八匹の獣の前に立つのは妖艶に微笑む魔性の娘乙霧ただ一人。 一族の更なる発展の為、彼女は風魔衆の中から、自身と子宝の相性の良い男を婿に迎え入れるべく、風魔が氏康より与えられし使命八犬士討伐に力を貸す。 一族の存亡と発展を懸け、いま呪いと忍びの技が火花を散らす。

  • 49

    「小喬」「はい」「義兄弟になりましょう」

    ♡3,600

    〇105

    歴史/時代・完結済・1話 カメヒロ

    2020年3月9日更新

    「百合フェア」用に執筆した、「曹操の料理人~軍師祭酒・郭嘉 異聞~」の外伝です。 本編とは関係ありません。

  • 50

    時の彼方に駆けた蒼き雄叫びを聴け

    ♡49,800

    〇370

    歴史/時代・連載中・69話 書捨御免

    2020年3月18日更新

    四百三十年前。 涙と魂が絶え間なく舞い散る天正年間。 若者たちはみじかい命を激烈に燃やし、愛を熱くたぎらせた。 われ心武く、慈悲深重にして正直であらん―― 為すべきを為し、成らぬならば、これもまた天命。 この抗いを愚かしいと嗤いたければ、醜い顔で嗤えばいい。 だが己は、この手槍を信じ、時の彼方まで一直線に駆けてやろうぞ―― 天下で織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が名を轟かせ、南奥羽で伊達政宗が暴れた謀略上等の時代。 戦国の世の片隅で人の記憶から消えゆく数多の名が在った。 遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にも見よ―― 時は戦国、地は陸奥国、時の早瀬を辿る歴史大河ロマン。

  • 51

    応仁の乱前後のお話です。

    ♡1,800

    〇0

    歴史/時代・完結済・3話 野暮天

    2020年1月13日更新

    時は室町時代。応仁の乱の少し前。春林寺殿は細川勝元のもとに嫁入りに来た。しかし義父の山名宗全に命じられ不本意な輿入れであった。次第に惹かれあい結ばれていく二人の悲しくも切ない物語。マグネットさまで掲載している作品です。

    タグ:

    応仁の乱

  • 52

    平安時代を舞台にした和風ファンタジー。

    ♡37,200

    〇0

    歴史/時代・完結済・58話 あつき@涼月

    2020年2月25日更新

    十四歳の少年、賀茂浅葱は都一の陰陽師と謳われる存在であった――。 平安時代を舞台にした和風ファンタジー。十四歳の陰陽師と彼に従う人型の式神たちとの日常、愛の形や葛藤などを描いた物語。 陰陽師的な要素はあまり前面に出してはいません。キャラクターの内面と成長に重点を置いた物語です。 (おそらくはNL寄りのBLです。血の描写など生々しい表現もございますので苦手な方はご注意を。) ※2019年4月、完結いたしました。全五章です。 ・なろう、カクヨム、エブリスタ、pixivにもアップしております。

  • 53

    室町時代を舞台にしたファンタジー作品です

    ♡20,450

    〇1,300

    歴史/時代・完結済・34話 金暮 銀

    2019年11月16日更新

    十三湊の歴史を研究し、安東氏、南部氏の歴史の丁寧に掘り起こしてくれた先人たちに感謝を表します。 【参考図書】著者名,発行年,書名、発行所 〇嘉蔵森山,2006・3・31,『安東氏―下国家四百年ものがたり』,無明舎出版 〇涌沢二三雄,2009・1⒈・1,『安東一族の戦い』,文芸社 〇渋谷 鉄五郎,1988・4・1,『秋田「安東氏」研究ノート』,無明舎出版 〇井上 暉堂,2005・9・15,『イラスト図解 お寺のしくみ』,日本実業出版社 〇永原 慶二,2006・6・1,『室町戦国の社会―商業・貨幣・交通 (歴史文化セレクション)』,吉川弘文館; 復刊版 〇脇田 晴子,1985・9・20,『室町時代 (中公新書 (776))』.中央公論新社 〇千田 嘉博 (編集), 青森県市浦村 (編集),2004.9、『中世十三湊の世界―よみがえる北の港湾都市』,新人物往来社 〇村上 元三,1990・9,『足利尊氏(上)〈下〉』 (徳間文庫),徳間書店 〇国立歴史民俗博物館,1994・12,『中世都市十三湊と安藤氏―歴博フォーラム』,新人物往来社 また、この他、室町時代、安東氏、南部氏、十三湊について教えてくれた方に御礼申し上げます。

  • 54

    舞台は古代日本。歴史の一コマを妄想。

    ♡13,530

    〇100

    歴史/時代・完結済・1話 東郷しのぶ

    2019年12月12日更新

    7世紀日本、近江大津宮。ある男の病床にて。 ※槻とは、ケヤキの古名です。神聖視され、その樹の下は清浄な場所とみなされました。 ※「MAGNET MACROLINK」様にも投稿しています。

  • 55

    たとえ神でも無理なものは無理。

    ♡8,500

    〇100

    歴史/時代・完結済・1話 LED

    2019年11月11日更新

    日本神話でも有名な、スサノオのヤマタノオロチ退治。 強い酒を大量に用意して、オロチに飲ませて酔わせて倒す。その筈だったが…… 「スサノオ。その酒は無理。造れないから」 「!?」 スサノオの兄ツクヨミの無慈悲な宣告。果たして彼らは、造れない酒をどうやって用意するのか……?

  • 56

    雨続きの江戸に現れた、雨降小僧の正体は?

    ♡18,500

    〇100

    歴史/時代・完結済・6話 あい

    2019年10月15日更新

    梅雨時とて、連日雨の降り続く江戸で、とりたてて何をするというわけでもないのだが、人々の心胆を寒からしめる、妖怪雨降小僧の噂。 剣術道場の食客、岡部作之助は、道場主の息子にけしかけられて、気は進まぬながらも、妖怪退治に付き合うことになる。 そして、ついに遭遇した、雨降小僧の正体とは…… ※こんな題と表紙ですが、ホラーではありません…… ※某所に投稿した物、ほとんどそのままです(少し修正しています) ※予約公開機能を試します。全六話。毎朝六時に公開。

  • 57

    血の色に咲く桜花の下で――

    ♡35,000

    〇111

    歴史/時代・完結済・18話 あい

    2019年10月7日更新

    血の色に咲くこの桜を、土地の者は、呪いの花だと言う。 咲き誇る緋桜のもと、一人の男が斬られて命を落とし、一人が姿を消した。 道場の跡目争いか、美しい娘に寄せる儚い慕情か、はたまた桜の呪いか―― 姿を消した弥之介の剣友で、見習い同心の庄太郎は、納得がいかず、密かに事件を調べ始めるのだが…… ※後半大幅に加筆した結果、某所に投稿した物よりも、文字数1.5倍以上になりました。 大事なとこ、どんだけすっ飛ばしてたのよという感じです; これで内容も、そのくらい良くなっていると、いいなぁ……

  • 58

    史書から読み解く物語。

    ♡137,600

    〇0

    歴史/時代・完結済・116話 結城

    2020年1月28日更新

    独孤伽羅(どっこ から)は夫に側妃を持たせなかった古代中国史上ただ一人の皇后と言われている。 美しいだけなら、美女は薄命に終わることも多い。 しかし道士、そして父の一言が彼女の運命を変えていく。 妲己や末喜。楊貴妃に褒姒。微笑みひとつで皇帝を虜にし、破滅に導いた彼女たちが、もし賢女だったらどのような世になったのか。 皇帝を操って、素晴らしい平和な世を築かせることが出来たのか。 太平の世を望む姫君、伽羅は、美しさと賢さを武器に戦う。 *中華ドラマ『独孤伽羅~皇后の願い』より前に、史書を参考に書いた作品であり、独孤伽羅を主役としていますが肉付けは全くちがいます。ご注意ください。

  • 59

    もし秀吉と寧々の間に嫡子が居たら?改訂版

    ♡122,300

    〇550

    歴史/時代・完結済・93話 室士郎

    2019年12月17日更新

    『戦国武将の異常な愛情』改訂版! 豊臣秀吉と正室・寧々の間に産まれた嫡子『豊臣秀繁』の活躍を再度ご覧あれ! 豊臣家の子孫・豊臣秀繁は父親によって火事に遭い、そこで戦国時代に『豊臣秀吉と正室・寧々の間に産まれた嫡子』として遡行転生する。 秀繁は未来知識を活用して、将来的に落ちぶれた豊臣家の命運を変えようと奮闘する。 秀繁の室に〇〇〇〇の娘を迎え入れ、〇〇家臣を配下に加えて活躍させていたり、本来討ち死にしていた武将が秀繁に助けられたり、逆に史実であれば勝利を収めるはずだった武将が敗退したり…… ◇◇◇◇◇ 20xx年、一家心中に巻き込まれた秀繁は息を吹き返すと戦国時代にタイムスリップしていた。 そこで告げられる『あなたは豊臣秀吉さまと御正室寧々さまの間にいたはずの嫡男である』と。 秀吉の真の後継者『豊臣秀繁』が秀頼を差し置いて、歴史のある一定以上のことをなかったことにする、死んだ人間を死ななかったことにする物語

  • 60

    以前公開してたプレイレポの焼き直しです

    ♡75,370

    〇1,510

    歴史/時代・連載中・86話 紺碧七

    2019年10月28日更新

    お気楽攻略とは歴史改変を主目的に日本軍に有利な結果になるまで何度でもリロードを繰り返す邪道プレイです。そのためノーリロード縛りプレイヤーの攻略の参考には全くなりません。 このプレイレポは2004年5月27日から足かけ1年かけて拙blogに投稿した(株)ジェネラルサポート社が発売しているPC用戦略SLGの「太平洋戦記2(現:太平洋戦記2文庫版)」Win版のシナリオ「ライジングサン」のプレイレポを元にしています。blogと言う媒体での公開は時系列が逆になっているため読みにくいことこのうえないため、この際この場をお借りして再公開することにしました。 当面毎日18時に更新します。 なお、このお話の題材として「太平洋戦記2」の名称の使用については(株)ジェネラルサポート社の許可はいただいております。 1941年12月7日黎明、シンガポールの司令部にほど近い官舎にいたサー・トーマス・フィリップ中将は幕僚からの電話に叩き起こされた。 「なんだ? どうした?」不機嫌そうに電話に出る中将に対し 「閣下、大変です! 戦艦が攻撃を受けています!」 「なんだと!? まさか?? 演習ではないのか?」 「違います! 翼に赤丸をつけた航空機が乱舞しています! 日本機です」 「わかった! すぐ司令部へ向かう!」中将は急いで着替えを済ませ司令部差し回しの車で司令部へ向かった。 『くそ、何てことだ。これは小説ではなく、ただの実践記録じゃないか! こんなものを小説投稿サイトに投稿するとは? 作者は読者をナメてるのか!』中将は思わず毒づいた。 小説と思って来た方、これはゲームのプレイレポです。 なお、第4話以降のあとがきで執筆用BGMについても語っています。

  • 61

    8世紀の西域が舞台の戦記ファンタジー

    ♡136,250

    〇1,555

    歴史/時代・連載中・26話 哈密

    2020年3月19日更新

    722年から763年までの中央アジアを描く群像劇 唐(古代中国)・吐蕃(チベット)・大夏(トハリスタン)が織りなす西域三国志 ◆第1部 西域演義 長安出身の商人・李春が戦乱に巻き込まれながらも、己の歩むべき道を見つける物語 ◆第2部 翠緑の蹄鉄 中央アジアの騎馬民族と唐の争いがメイン。ほか、阿倍仲麻呂や若き日の安禄山も登場する 【舞台となる地域】 日本、中国、雲南地方、チベット、モンゴル、パキスタン北部、アフガニスタン北部、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタン、カザフスタン、トルクメニスタン 表紙絵は第2部主人公・吐火仙(とかせん)です 表紙・挿絵←匿名の絵師様からいただきました ★←挿絵あり

  • 62

    花のお江戸の秋祭り!三者視点の物語

    ♡3,100

    〇0

    歴史/時代・連載中・6話 咲蘭

    2020年3月4日更新

    花のお江戸の秋祭り。 時は元禄。 岡ッ引きの佐吉は田舎から出てきた男と梅竹座の前で出会うが、直後殺人事件が起こり……! 佐吉と「あいぼう」との物語。

  • 63

    原始時代に飛ばされた主人公!

    ♡37,300

    〇140

    歴史/時代・連載中・113話 相馬颯

    2020年2月28日更新

    もし、原始時代に飛ばされたら、、、 現代チートしよう! はっちゃけよう! 最悪な未来を変えるために、今日も主人公は働きます

  • 64

    上杉謙信×天才軍師=戦国ファンの夢!

    ♡6,150

    〇0

    歴史/時代・連載中・114話 友理潤

    2019年10月1日更新

    軍神、上杉謙信。 戦国最強と謳われた彼の軍は、足利将軍家復権の為に、京を目指したがついにその夢は叶わなかった。 そんな彼に足りなかったものの一つに『軍師の存在』があったと言われております。 この物語は、上杉謙信がもし神算鬼謀の天才軍師と運命的な出会いを果たして、天下を目指していたら…… そんなもう一つの上杉謙信の物語です。 宿敵、武田信玄との決戦。 北条氏康との壮絶な関東覇権争い。 そして織田信長との天下を巡る激闘… といった強敵たちと激戦を繰り広げて天下を目指していく、そんなお話になります。 ※この物語はフィクションです。

  • 65

    狂々と廻り、血腥く演じよ、戦国の世の鬼を

    ♡10,200

    〇100

    歴史/時代・連載中・29話 陸 理明

    2020年3月25日更新

    織田信長によって「鬼武蔵」という異名をつけられた若き武将・森長可。主君の命により敵味方に恐れられるべき鬼として振る舞い続ける猛将の人生は、本能寺の変という歴史的大事件の発生によって激変していく。寄りかかるべき大樹であった主君と愛する実弟・蘭丸を喪い、生きる意味を見失いかけた彼であったが、偶然見つけた槍の好敵手に狂気そのものの執着をすることで自らを奮い立たせ再び修羅の道へと突き進んでいく。 狙うべきは―――かつて織田軍団の僚友であった、岩崎城の丹羽氏次とその美貌の弟・氏重兄弟の首のみ!! 鬼の如き魔槍の達人が凄愴たる戦場を駆けていく!!

  • 66

    実は割とガチな史実です

    ♡9,400

    〇0

    歴史/時代・完結済・30話 藤瀬 慶久

    2019年11月24日更新

    時は江戸時代後期 幕藩体制の歪が露呈し、徳川政権の基盤が大きく揺れ始めた時代 財政難に苦しむ幕府や諸藩は、『蜜に群がる蟻の如く』商人達へ次々とカネを要求していった 徳川家康から受け取った『諸役免除』の御朱印状を巡って繰り広げられる陰謀の数々に、敢然と立ち向かった町人達の流血無き革命の物語 一体、公儀は何を持って公儀足り得るのか この物語は、近江商人達が自治独立を賭けてカネとコネを武器に武士の公権力と戦った足かけ百年に渡る闘争の記録である ※この物語は『小説家になろう』『カクヨム』『アルファポリス』で連載中の拙稿『近江の轍』の中のエピソードを大幅に加筆・再構築した物語です

  • 67

    大正伝奇物@女学校 ※GL・百合注意です

    ♡263,031

    〇13,228

    歴史/時代・連載中・27話 鳥越ホクト

    2020年2月9日更新

    大正九年東京市。鳥の異能を持つ少女が、女学校でお姉様やら妖怪やらにほっとかれない話です。 カラスの翼を持つ少女――飛鳥きふ(愛称Q)は人生の岐路に立たされていた。 札幌での家族四人の暮らしはもう続けられない。 第七師団の父はシベリアに出兵した。母は妖憑のせいで神戸に行ったきり帰って来られない。 そして兄が獣憑との共学校の寄宿舎に入ってしまった。もう家族は誰もいない。 Qはひとりぼっちになったのだ。 そして決めた。帝都に居る祖母からの勧めで耶蘇教の女学校を受験することに。 叶わなかった家族との生活の代わりに心ときめくS(ほぼ百合)が待っている女学校への入学を目指すQ。 だが、その前に障害が立ちはだかる。 帝京には結界が張られていて妖怪の侵入を防ぐようにはなっているが、結界内で死んだ人が悪霊や動物霊になってしまうのは防げない。 そいつらは生前の記憶を持たず、ひとびとに悪さをする存在となりさがる。 ひとに憑き、その人と周りを不幸に陥れてしまう。 そんな良からぬものに対処できる大人は戦争や抗争にかかりっきりだ。 誰が帝京にはびこる妖憑を撃ち祓うえようか? 「武蔵七宮廻れば七里、空は七空、七迦楼羅。太陽の化身たる高知能な烏さん。神烏と家都美御子大神を守護神とする飛鳥きふです。ちからを貸してください。高周波活性旭光耽極《サンライズ レイヴン》」 数え十四の鳥憑乙女がやるしかない。 妖憑の元となる浮遊霊や動物霊の発生を防ぐために、夜な夜な帝都上空を巡回し。 動物霊に憑かれた妖憑たちを時には扶け、ときには滅す。 もちろん女学生たちとの憩いのひとときは無碍にはしない。当然だ。 そして三年と半年ちょっとののち、帝京に襲いかかるは未曾有の大災害である関東大震災!!! これは非情な運命に抗い、数々の障害を打ち破り、楽しい女学校生活(百合の園)を確保したらんとする飛鳥きふ(Qちゃん)の物語である。 (プレオープン時より『鳥憑処女奇想譚』のタイトルで連載していましたが、令和元年10月20日に改題しました)

  • 68

    三国志なのに「交州(ベトナム)」が舞台?

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・41話 久保カズヤ

    2019年11月28日更新

    僕は、人を応援するのが大好きだ。 そうやっていろんなとこに投資してたら、案の定、破産。 それでも懲りずに、投資するお金を稼ぐために働いていたら、過労死しました。 ちくしょう! 僕が投資できてない紛争地帯がたくさんあるっていうのに!! まだ、まだ僕は死にたくない!! 転生したのは、百万単位で人が死ぬ、戦乱の「三国志」時代。 その歴史の片隅、ド辺境流刑地「交州」を支配する「士一族」の「士徽」って、誰が知ってんだよ。 ただ、辺境過ぎるせいか、平和過ぎてめちゃんこ裕福な土地だ。 あぁ、そうだ。この土地で金を投げてりゃ、不労所得で楽に暮らせるかもしれない。 みんなを応援できるし、僕も楽だし、みんな幸せ! なんて思ってた。 ────最初だけはね。

  • 69

    幕末動乱に切支丹の神、復活?

    ♡42,600

    〇1,615

    歴史/時代・完結済・61話 猛士

    2019年10月17日更新

    戦国時代、イエズス会の宣教師の手により、織田信長のもとに献上された秘宝「聖月杯」 そして時は流れ幕末……政局混迷を極める京の都に頻発する呪術儀式的な殺し。現場に残された娘たちの腹に残された「黒いまりあ観音」は何を意味するのか。 紅い瞳をもつ美しき芸妓。事件現場に現れる巨漢。洋行帰りの美麗の貿易商人…………ひとり調査を進める、新撰組副長・山南敬助。彼の前に次々と現れる謎多き人物たちは敵か味方か? 剣風吹き荒れる幕末京都に甦る切支丹の秘宝を前に、山南敬助の“将門流陰陽術”は人々を護ることができるのか!

  • 70

    残酷な戦国恋愛小説です

    ♡17,900

    〇5

    歴史/時代・完結済・146話 早川隆

    2019年10月5日更新

    戦国時代、西の京として繁栄を極めた山口において、一本気で剛直な武家の娘かなは、その一途な愛を、海の向こうから来た男、氷上太郎へと捧げる。互いに寄る辺なき、孤独なふたつの魂が触れ合い、たまゆらの幸せ、そして別れ。ふたりはその後の乱世に翻弄され、そして思わぬかたちで再会する・・・。手を伸ばせばとどくところにありそうな、しかし月より遠い愛と幸せを掴むため、かなの孤独な戦いが幕を開けます。 <作者より> ラブストーリーですが、戦国時代の話です。多くの人が死にますし、残酷な描写もございます。また、いくつか創作した部分はありますが、作中、起こる歴史事件の大半は、実際の史実を踏んでおります。こんなことが、あったかもしれない戦国ラブストーリー、どうかお楽しみください。

  • 71

    「第1回歴史・時代小説大賞」応募作品

    ♡42,000

    〇25

    歴史/時代・連載中・49話 ロータス

    2019年10月19日更新

    沖縄に就職祝い旅行で訪れた鈴木叡弘(スズキ アキヒロ)は、交通事故によって元いた世界からかけ離れた場所へバイクと共に転移したが、本人は旅行の延長として楽しむことにした。彼のたどり着いた先とは……? 本作品はフィクションですので実在の人物・団体・事件・事故とはいっさい関係ありません。作中に挿絵画像が多いためWi-FI接続でのご拝読をお勧めします。ノベルアップ様企画の「第1回歴史・時代小説大賞」へ応募するためにこちらへ通算49話まで掲載させていただいています。 各話タイトル末尾記号の◇は……挿絵イラスト入りです。 表紙イラストは気分次第で時々入れ替えもありますよ( ´ ▽ ` )☆ 作品および画像の無断引用・転載を禁止します。©️ロータス2018

  • 72

    時代劇でござりまする

    ♡26,300

    〇0

    歴史/時代・完結済・27話 S.U.Y

    2019年11月23日更新

    時は江戸初期、出島という人工島があった。かつてポルトガル人たちが居留していた、鎖国政策の中の例外的地域。しかし、島原の乱によってカトリック教徒が追放され、そこは無人の島になっていた。 渡り中間の杢兵衛は奉行により行方不明の侍捜索の命を受けて、出島に赴くこととなる。 赤樫の木刀一本を差料に、杢兵衛の激しくも奇妙な異形との戦いが、ここに始まる。 侍VSエイリアン、異色の死闘の幕開けを、しかとご覧あれ。 ※大体こんな感じのチャンバラ時代劇ですので、肩の力を抜いて、リラックスしてお読みください。

  • 73

    音速を突破せよ!

    ♡1,500

    〇0

    歴史/時代・完結済・8話 大月クマ

    2019年10月23日更新

    日本があくまで負けなかった世界線……冷戦下で始まった兵器開発の一環、音速の壁を破るレースに挑んだある日本人のお話。 1997年10月14日、人類が史上初めて、音速を突破した記念式典に呼ばれたある老夫婦。 チャック・イエーガーの音速突破イベントを見つめる彼らの思いは、50年前にさかのぼる。 カクヨムにも連載していました。

  • 74

    飛燕の啼聲を聞いた者は生きて帰らぬと云う

    ♡13,900

    〇0

    歴史/時代・完結済・14話 書捨御免

    2020年3月26日更新

    天明年間。 大飢饉は現世に地獄絵図を描いた。 陸奥国仙台藩領。 とあるのどかな農村に、似つかわしくない浪人姿の男が一人舞い降りる。 男の名は円治。 それは十三年ぶりの孤独な帰郷だった―― 人が善人と決めた者を斬れば己は悪か。 また悪人と決められた者を斬れば己は善か。 違う。何れも違う―― 終わりなき無間地獄で、剣気と最愛が弾ける剣劇時代小説。

  • 75

    これはあの一条兼定が、覇王となる物語

    ♡17,900

    〇5

    歴史/時代・連載中・71話 結城直人

    2020年3月24日更新

    戦国一の無能者、一条兼定(いちじょう・かねさだ)は、ある晩に頭を強く打って超絶有能な大名へと覚醒した。 しかし、既に追い詰められた状況下にある一条家を取り巻く現状は非常に厳しい。 四国の雄、長宗我部元親。 強大な勢力を誇る三好家や毛利家。 そして天を握りつつある織田信長―― そんな彼らに対抗しつつ、数々の策略に満ちた戦乱の世を、熱い男達が駆け抜ける。 時に淡い恋の物語りを挟みつつ、 史実と異なる一条兼定が贈る、もう一つの歴史の物語。 ※アルファポリスにも掲載していますが、ルビの問題でこちらが推敲版となっています。いずれ、揃えようかなと。

  • 76

    ユーラシア最強VS獰猛すぎる鎌倉武士団

    ♡224,000

    〇1,312

    歴史/時代・連載中・33話 中七七三

    2020年3月19日更新

    ユーラシア大陸の覇王、クビライハーンは黄金の国ジパングを狙う。 征服した高麗を尖兵として日本に向かう未曾有の大艦隊。 精強無比、大陸を席巻した蒙古の兵団。そして抑圧され鬱屈しまくった高麗兵。 迎え撃つは、騒乱の中で武を磨き続け、殺しの技を極めつくした鎌倉武士団。 重装騎馬弓兵の突撃が蒙古・高麗軍を蹂躙する。殺戮する。殺しまくる。 なぜ、クビライは日本を狙ったのか? 通説を完全無視したエンタメ「元寇」小説。 ■参考文献■ 戦争の日本中世史 呉座勇一 異国合戦 岩井三四二 日朝中世史恨みの起源 室谷克実/監修 アンゴルモア・-元寇合戦記- 1~10巻 たかぎ七彦 井沢元彦の激闘の日本史 北条執権と元寇の危機 モンゴル襲来と国土防衛戦 北岡正敏 蒙古襲来の真実 北岡正敏 モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島 森平雅彦 本当に悲惨な朝鮮史 麻生川静男 時宗の決断 北条氏と鎌倉幕府 細川重男 鎌倉武士の実像 石井 進 モンゴル襲来と神国日本 三池純正 蒙古襲来 新井孝重 蒙古襲来と北条氏の戦略―日本国存亡の危機 「蒙古襲来絵詞」を読む 大倉隆二 襲来上下 帚木蓬生 鎌倉時代医学史の研究 服部敏良 悪党 小泉宜右 世界史のなかの蒙古襲来 宮脇淳子 モンゴル帝国の興亡 上下 軍事の日本史 本郷和人 北条時宗 川添昭二 中世社会の基層をさぐる 勝俣鎭夫 歴史群像 2014年8月号「蒙古襲来」中西豪 歴史群像 2016年6月号「武者の世①弓矢と騎馬」樋口隆晴 渡辺信吾 歴史群像 2016年8月号「武者の世②大鎧」樋口隆晴 渡辺信吾 戦争文化論 上下 マーチン・ファン・クレフェルト 新時代「戦争論」 マーチン・ファン・クレフェルト 兵器と戦術の日本史 金子 常規 戦争の世界史上 ウィリアム・H・マクニール 戦国の軍隊 西股総生 錯覚の心理トリック 清田予紀 暴力の人類史 上下 スティーブン・ビンカー 世界史の新常識 文藝春秋/編

  • 77

    平安時代の暗部を今、紐解く。

    ♡196,960

    〇13,210

    歴史/時代・連載中・67話 豚ドン

    2020年3月4日更新

    時は平安、日ノ本は荒れ魑魅魍魎が跋扈し乱が起こり崩壊しかけた。 煌びやかな京の外は魔境。 血風が舞い、悲哀と怨嗟が渦巻く闘いの連鎖ーー陰謀深く、妖は定命の者を嘲笑う。 そんな時代に後世にて英雄と呼ばれる、源満仲公、頼光公、藤原秀郷公、平将門公らが妖怪怪異、悪漢を相手取り熾烈な闘いを繰り広げる物語。 史実や伝承を骨組みにさらにファンタジー要素を盛り込んだ話となっています。

  • 78

     実は犬の屍ではなく人間の髑髏…

    ♡12,300

    〇22

    歴史/時代・完結済・6話 sanpo

    2020年2月4日更新

    計六回の(偽)古今著聞集因縁譚。京の鴨川の河原で懐に犬の死骸を入れている若い男のことが噂になった……

  • 79

    とある文学作品を巡る、作者と読者の物語

    ♡13,800

    〇300

    歴史/時代・完結済・57話 淡月悠生

    2019年11月5日更新

    「ここに記したことこそが、私が目にした真実である。」 その物語は、19世紀フランスで執筆されたものが原典だろう。 時には分岐し異なるストーリー展開をしながら、心惹かれた者達によってあらゆる言語に翻訳されてきた。 その物語はなぜ記され、何を記したかったのか。 誰に愛され、何を遺したのか。 名もなき文学作品と、その読者たち。 ……そして、激動の時代に生きた人々を繋ぐ物語。 《注意書き》 ※ほか投稿サイトにも重複投稿しております。 ※現実世界のあらゆる物事とは一切関係がありません。『咲いた花、そして空の鳥へ捧ぐ物語』という文学作品も架空の作品です。 ※この作品には舞台背景の都合上暴力的および差別的な表現も含まれますが、犯罪や差別を助長・肯定するような意図は一切ございません。 ※特殊性癖や一般的でない性的嗜好の表現もちらほらあります。キャラクターそれぞれの生き方、それぞれの愛の形を尊重しています。

  • 80

    アステカ帝国滅亡の裏に実在した少女の物語

    ♡104,480

    〇1,700

    歴史/時代・完結済・38話 なつの真波

    2019年11月4日更新

    1519年、春。 栄華を極めた黄金帝国アステカ。 そこへ訪れたのは、エルナン・コルテス率いるエスパニャからの探検隊だった。 奴隷の娘マリナリは、ある夜、コルテス軍の修道士ヘロニモ・デ・アギラールと出逢う。 それは、ひとつの文明が滅びる足音でもあった…… これは歴史の裏に刻まれたひとりの少女の物語。 ※この物語はアステカ時代に実在した少女マリンチェをモデルにしておりますが、 創作を多々含んだフィクションです。 史実とは異なる部分もありますので、ご了承ください。 illustration by 裏花火

  • 81

    我々の知らない明治時代、戦争を生き残れ!

    ♡96,200

    〇325

    歴史/時代・完結済・142話 ELS

    2020年3月25日更新

    激動のメイジ時代。 極東の小国は、列強によって滅亡の危機を迎えていた。 北海道の猟師(マタギ)として輪廻転生を果たした元自衛官は、帝国の侵略から日本を守る為に再び銃を持つ。 しかし、前世の記憶を持つ転生者は一人ではなかった。 各国の転生者の目論見によって戦況は、歴史は思わぬ方向へ進んでいく。 鉄と火と、泥と雪。 地獄の塹壕戦をくぐり抜け、未曾有の国難を乗り越え、彼は皇国の危機を救えるのか。 (元幹部自衛官 S氏 執筆協力) ※この物語はフィクションです。登場する人物、団体及び名称などは架空であり実在のものとは関係ありません。 ※極限状態のサバイバル描写があります、残酷な表現に耐性の無い方は閲覧をご遠慮下さい。

  • 82

    真田信之はこの引っ越しを楽しんでいる。

    ♡10,900

    〇0

    歴史/時代・完結済・3話 神光寺かをり

    2019年12月29日更新

    最後の大戦から二十有余年。 徳川家が鬼門と嫌い、完膚なきまでに取り壊された「上田城」。 更地の城の城主となった真田信之は再三修築の願いを出すのだが、許可は降りない。 その信之に、改封の沙汰が下った。 この城は父の形見、この町は己の故郷。 信之は城からある物を運び出し、新しい領地に運ぶことにした。 上田の城に伝わる「伝説」、真田石の物語。

  • 83

    松山銘菓「たると」の歴史

    ♡5,100

    〇0

    歴史/時代・完結済・6話 偽教授

    2019年11月20日更新

    伊予松山藩の藩主、松平定行は、長崎奉行としての職務のために乗り込んだポルトガルの船の上で、「たると」と呼ばれる南蛮菓子に出会い、これにいたく感銘を受けた。定行は何とか松山でこの味を再現した菓子を作れないかと考え、松山藩に仕える料理人、水野安左衛門に特命が下される。実物を見た事すらない菓子への挑戦という難行の末、見事安左衛門は大命を遂げ、以後、「たると」は松山の銘菓として定着するに至ったのであった。

  • 84

    終戦後の日本人の物語

    ♡173,610

    〇2,270

    歴史/時代・完結済・40話 F。

    2019年11月29日更新

    八月十五日正午、その日を境に日本は敗戦国となった。 あらゆる人々の運命がかき乱され、酷薄な時代の幕開けとなった。 これは終戦後の日本の歴史の一部である。 この物語は史実を基にした「フィクション」です。人物名、階級などは実在の人物名や階級とは異なるものを使用しております。 ※表紙画像は猫巳屋様に描いていただきました。

  • 85

    武田信玄が人生やり直しで、天下統一!?

    ♡2,000

    〇5

    歴史/時代・連載中・65話 氷室 龍

    2019年11月19日更新

    時は戦国時代。 甲斐国(現在の山梨県)に一人の英傑がいた。 武田太郎晴信 源義家の弟・新羅三郎義光を始祖とする甲斐源氏の嫡流、武田家の十九代当主。 父を追放し、妹婿を殺し、嫡男を廃嫡し、更には北条に嫁いだ娘を離縁されても野望に燃えた漢。 だが、その野望も病の前に潰えた。 そんな晴信が御先祖様の力で人生やり直し?! 時を遡って、今度こそ天下統一を果たす? 強欲生臭坊主を返上して一家のために奮闘します。 *史実に沿って進めますが、細部は作者の創作です。徐々に歴史改変が進みます。あしからずご了承ください。 表紙画像は月乃ひかりさんよりの頂き物です。

  • 86

    歴史・時代小説大賞2次選考通過作品!

    ♡91,100

    〇2,860

    歴史/時代・完結済・26話 綿涙粉緒

    2019年9月3日更新

    お江戸永代橋のたもとに、夜な夜な店を出す屋台の蕎麦屋が一つ。 「仕合せ屋」なんぞという、どうにも優しい名の付いたその蕎麦屋には一人の親父と看板娘が働いていた。 ある寒い夜の事。 そばの香りに誘われて、ふらりと訪れた侍が一人。 お江戸の冷たい夜気とともに厄介ごとを持ち込んできた。 冷たい風の吹き荒れるその厄介ごとに蕎麦屋の親子とその侍で立ち向かう。

  • 87

    後漢末期を駆けよ、封の刃は天下へ轟く!

    ♡198,300

    〇38,840

    歴史/時代・完結済・87話 アキラル

    2019年12月8日更新

    【歴史IFあり】 この小説はフィクションです。 三國志をベースにした歴史系小説です。 【作者】アキラル 【素敵な表紙・挿絵の絵師様】陸一じゅん様 https://novelup.plus/user/283839594/profile 挿絵:86.第4-28話 烏林の決闘!(5) 【劉備一行】 *主人公・李封《リホウ》:劉備に、徐州大虐殺の折、救われた少女。少し頭が軽い直情的な性格。 *麋竺《ビジク》:徐州の名家、麋家の次女。李封の朋友。 *劉備《リュウビ》:義勇兵団のリーダー。人徳がある。 【曹操陣営】 *曹操《ソウソウ》:漢の衰退を見て、自分なりの華北制覇を目指す男。 *曹丕《ソウヒ》:曹操の息子。絶望の淵から救ってくれた、封に対する異常な執着欲がある。 *張遼《チョウリョウ》:主君が呂布→曹操。最強の武を求め生きる求道の者。 【その他】 *陶謙《トウケン》:徐州牧。昔は戦自慢だったご老公。 *呂布《リョフ》:天下無双の武人。訳あって、流浪の狼となっている。 *袁紹《エンショウ》:曹操と腐れ縁。名家なので、威風堂々とした戦いを好む。 *劉表《リュウヒョウ》:荊州刺史。仁者という優しい顔の裏で、闇社会と繋がる計算高さを持つ。 *孫権《ソンケン》:孫呉の将軍さま。孫家3代目。すごく優柔不断。怒ると、とても怖い。 *周瑜《シュウユ》:孫呉の家臣、大都督。すごい美形な青年男子。 第1章:荒廃した大地、徐州!〈1頁から!〉 第2章:狼将軍と赤いお嬢さま!〈14頁から!〉 第3章:英雄を縛る鎖!〈44頁から!〉 第4章:赤壁炎上!!!〈59頁から!〉

  • 88

    「さよなら」――吐息のようにつぶやいた

    ♡4,500

    〇0

    歴史/時代・完結済・8話 馳月基矢

    2020年3月9日更新

    新選組三番隊組長、斎藤一。 剣の腕を無敵と謳われる斎藤は、表立った活躍の陰で、粛清や偵察の任務もまた課されていた。 右手の儀礼の剣で人を欺き、左手の戦闘の剣で人を殺す。 嫌いではないものを斬ること、走狗として遣われること、仲間を欺き裏切ること、何のために戦うのかがわからぬこと、己の存在価値が見出せぬこと。 そうした全てに苦悩し、胸に葛藤を抱えながら、若き剣士、斎藤一が闇深き幕末の京都を駆け抜ける。

  • 89

    更新は不定期です(;´・ω・)

    ♡1,200

    〇0

    歴史/時代・連載中・7話 ℚℚ

    2019年10月4日更新

    惨たらしいのが苦手な方にはお勧めできません。 この話はルーマニアで実際に起きた悲劇を基にしたフィクションです。「子供を殺してはならない」ルーマニア初の大統領は、利益だけを追求し、自分勝手に政策を進めていく中で、不用意に子供を増やし、国民を貧困へと陥れていきます。そんな時代の中に生きる孤児院の子供たちを描いた作品です。 台本形式を混ぜたような書き方にしています。その辺ノールックな方はそのままお楽しみいただけるかと思いますが、もし読みにくければご指摘頂けると幸いです。

  • 90

    ともに笑い、ともに泣き、それでも前を向く

    ♡40,300

    〇5

    歴史/時代・連載中・192話 ゆーちゃ

    2020年4月3日更新

    意図せずタイムスリップしてしまった主人公・春が出会ったのは壬生浪士組、のちの新選組だった。 剣術など全く経験のない春だったが、なぜか不思議な力が備わっており、流されるまま隊士になると男装して彼らと生活することに。 現代にいた頃は全く興味もなかったはずが、実際に目にした新選組を、隊士達を、その歴史から救いたいと思うようになる。が、春の新選組に関する知識はあまりに少なく、極端に片寄っていた。 そして、それらを口にすることは―― それでも。 泣いて笑って時に葛藤しながら、己の誠を信じ激動の幕末を新選組とともに生きていく。 * * * * * ※一時的にタイトルに副題をつけています。 タイトルは硬いですが、本文は緩いです。 事件等は出来る限り史実、通説を元に進めていくつもりですが、ストーリー展開上あえて弱い説を採用していたり、勉強不足、都合のよい解釈等をしている場合があります。 どうぞ、フィクションとしてお楽しみ下さい。 この作品は、小説家になろう様、カクヨム様にも公開しています。

  • 91

    銭は剣よりも強し。商人無双と時々恋愛

    ♡110,000

    〇2

    歴史/時代・連載中・72話 シュロしん

    2020年3月18日更新

    戦国時代、尾張一の商業地・津島で一番の大店を仕切る商人『吉乃』はふとしたことで織田家の兵糧が横流しされる事件に巻き込まれてしまう。 その勝ち気な性格のせいで吉乃は織田家の侍たちに立ち向かうのだが、その時一人の若武者が吉乃の前に現れる。それは、家督を継いだばかりの織田信長で…… 後に信長の側室となる、生駒吉乃。彼女はどのような人で、どのような人生を送ったのか。 信長最愛の女性とされるその謎多き人物像を、史実とフィクションを織り交ぜながら描きます。 信長の妻として有名なのは濃姫。でも他にも側室はいるんだよ!!むしろ濃姫よりも魅力的で信長に愛された女性がいるんだよ!!みたいな気持ちを小説にしてみました。

  • 92

    炎を纏って闇へと迫る

    ♡42,930

    〇320

    歴史/時代・完結済・76話 東雲アリス

    2020年3月16日更新

    時は明治。 ある日突然家族を殺された少女、迦具土 朝緋。彼女は犯人を突き止め、必ずや復讐をすると誓った。 強くなるために刀を手に取った。 訓練の最中、千年に一度産まれる、特別な力を持った能力者だということを知った朝緋はその力を駆使し、家族を殺した闇へと迫る。 様々な能力者との出会い。別れ。裏切り。 果たして朝緋は自らの手で復讐を果たすことができるのか。 炎を纏いし少女の復讐譚が今、始まる!

  • 93

    明智光秀、祝大河記念応援作品

    ♡5,200

    〇2

    歴史/時代・連載中・6話 轟幻志郎

    2019年12月30日更新

    明智光秀の隠し子、山岸光重の新たなる戦国時代のif歴史活劇。 拙い小説ですが、以前、アルファポリス様で書いていた作品です。 令和元年12月27日23時、歴史ジャンル日間13位達成。

  • 94

    三国志でクリスマスをしたらという感じの話

    ♡9,300

    〇0

    歴史/時代・完結済・1話 正広海竜

    2019年12月25日更新

    『年の瀬フェア』用に執筆した本作の外伝物です。 本作には関係ありません

  • 95

    二丁ドスで斬り咲かす、博徒一匹地獄花

    ♡5,500

    〇0

    歴史/時代・完結済・5話 矢倉

    2019年12月15日更新

    時は大正。上州からの流れ者である関根藤八郎は全国を旅しながら絵師という建前で皿や壺の絵付けなどをしながらも博徒として賭場に通う日々。そんな彼のいかさま博奕と二丁ドスで切り開く、義理人情と修羅の道。 "所詮、畳じゃ死ねぬ身よ。死に花くれぇ派手にやらせな"

  • 96

    先生に恨みは無いよ(釘バットを構えながら

    ♡6,400

    〇400

    歴史/時代・完結済・4話 みずのえ

    2019年11月30日更新

    絵に描いたような平安顔の中学生、藤原美子(ふじわらよしこ) 見た目のせいで小さい頃からイジメを受け続けていた美子は、ある日ついに自殺を決意する。 学校の屋上から飛び降りたはずだったのに、眼が覚めるとそこには平安の都が広がっていた……。 突如現れた絶世の美人として祭り上げられた美子は慣れない平安時代で何を想うのか。

  • 97

    歴史モノですが、SFっぽくもあります。

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・完結済・25話 きもとまさひこ

    2019年11月30日更新

    武田修一郎はお嬢様好きの大学生である。 合コンでゲットしたお嬢様と一夜を明かしたものの捨てられてしまい呆けていると、ホテ ルの部屋に少女の幽霊が現れた。 「本物のお嬢さまに会いたい? だったら、大正時代にタイムスリップすればいいわ」 なんだってーっ! 幽霊の力でタイムスリップしてみたら、本当に大正時代だった。 しかも目の前にはお嬢さまとしか表現できない美少女がいるではないか! 大正時代のお嬢さまと出会った修一郎は、果たして無事にゲットして現代に帰れるのか!

  • 98

    信長VS秀吉のif戦記

    ♡15,000

    〇100

    歴史/時代・連載中・36話 友理潤

    2019年11月30日更新

    もし本能寺の変で、織田信長が死んでいなかったら……。 何もかもを失った信長が『下克上』を目指したら……。 時は豊臣秀吉が天下人に王手をかけた頃。 全国の大名たちが関東へと集まる中、突如として歴史の表舞台に舞い戻ってきた信長は、電光石火の奇襲で、とある城を制圧する。 彼が目指すのは「日本の天下布武」ではなく「世界の天下布武」。 領地も兵もない彼が、とある天才軍師と無双の戦乙女の二人と出会ったことを機に、世界の覇王となるべく下剋上を目指す。 ※この物語はフィクションです

  • 99

    架空のジャズピアニスト「コナー」の記録

    ♡114,250

    〇5,150

    歴史/時代・完結済・22話 田宮U

    2019年11月27日更新

    1950年代から60年代にかけてニューヨークで活躍した架空のジャズピアニスト、コナー・マクファーリンとそのトリオのメンバーと当時のジャズミュージックシーンを様々な記録から切り取った作品。 この作品には実在の人物が出てきますがあくまでフィクションです。 歴史/時代ランキングにて月間一位を達成しました。ありがとうございます。

  • 100

    劉備に武勇を愛された魏延の「真実」の物語

    ♡2,100

    〇100

    歴史/時代・完結済・6話 久保カズヤ

    2019年11月6日更新

    裏切者「魏延」 三国志演義において彼はそう呼ばれる。 しかし、正史三国志を記した陳寿は彼をこう評した。 魏延の真意を察するに、北の魏へ向かわず、南へ帰ったのは、単に楊儀を除こうとしただけである。 謀反を起こそうとしたものではない、と。