文芸/純文学ランキング

  • 1位

    料理屋

    世の中には不思議なことがあるものです

    4,800

    100


    2022年5月22日更新

    しばらくぶりに会った下川は、病気のおかげで痩せてしまって見る影もない。主人公はそんな彼と一緒に食事をするのだが……。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 2位

    【 にかのせかい! 】~種山の140字小説集~

    誰にも言えないこともあります。

    1,900

    60


    2022年5月23日更新

    140字で綴られた物語を集めました。 解釈の幅は無限大。 好きなように捉えて頂いて結構です。 ちょっとしたスキマ時間にでもお読み下さい。 Twitterに載せた作品以外の、オリジナルも出していく予定です。 毎日更新しますので、どうぞよしなに。 ※表紙絵の無断転載及び無断利用はおやめください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 3位

    私と車とスズメバチ

    命の危機に瀕している。

    3,000

    100


    2022年5月22日更新

    高速道路を走っている最中、車中にスズメバチがいるとわかった。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 4位

    猫の夢

    猫と人間の、少々スパイシーな日常の一コマ

    86,900

    333


    2022年5月22日更新

    おかえりなさい。 日々に隠れてるあれこれを一緒に旅しましょう。 基本的に一話完結、独立しています。 お好きな話からどうぞ。 ⭐︎エピソードが増えてきたので、章に分けました。 これまでいらっしゃってくださった方々には、エピソード順が前後してしまい、御免くださいませ。 ⭐︎2021.9.26 「中国」章のエピソード。 元ネタがあるものは、後書の最後に追記しました。 併せお楽しみくださいませ。 ⭐︎システム上仕方がないのですが、「最新話を読む」から飛ぶエピソードは、必ずしも最新のお話ではないようです。

    読了目安時間:1時間39分

    この作品を読む

  • 5位

    幼馴染兼恋人のヤンデレが幽霊になって帰ってきました

    シリアス×ホラー×BL青春ドラマ

    178,000

    655


    2022年5月13日更新

    ※スランプに陥りました(><) 更新まで暫くお待ちくださいm(_ _)m 『雅、俺のこと愛してる?』 そう問い掛ける相手は、生死の狭間を彷徨っていた。 ─​─────── 伊瀬雅は、兄の住むアパートに、半ば居候として暮らしている。 通う高校が近いからという理由で、親を説得して実家から転がり込んできていた。 しかし、本当の理由は別にある──。 夜の十時過ぎ。 風呂上がりの雅がリビングへ向かうと、今日もまた、いつもと同じようにスマートフォンの通知音が鳴った。 そろそろ来る頃だと予想していた。 チャットアプリを立ち上げて、『夜宵』とのトークを開く。 『雅』 『ねぇ、』 『無視しないで』 数分と経たない勢いで、コメントが並んでいる。 一番下の文章は、 『連絡くれないなら死ぬから』 その次に目にしたのは、幾重にも刻まれた手首の傷。 また一つ、増えていた。 静止画像に残されている滲む赤は、鮮やかに零れ落ちそうだった その全てに動じることなく、雅は返事のコメントを打つ。 『今すぐ行く』 ─​─────── 夜宵は雅に固執している。 それは、中学生の頃。 二人の間に起きたとある出来事が切っ掛けだった。 手首に刻むようになったのもその頃から。 だから、いつものこと。 その日も、いつものように返事をしていた。 しかし、夜宵の元へ向かって目にしたものは──。 病室で意識が戻らない身体から、魂だけが抜け出して雅の元へとやってきた。 その日から、不可解な出来事と共に、雅へ好意を寄せる者たちが次々と不幸に見舞われる事件や事故が勃発する。 ※軽微なホラー要素があります。 ※各セルフレイティングを設定しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間1分

    この作品を読む

  • 6位

    ネムリヒツジ

    お気に入りの羊が、いなくなった。

    1,600

    0


    2022年5月22日更新

    お気に入りで毎日一緒に寝ていた羊がある夏の日突然いなくなった話です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 7位

    化け猫

    猫は怖い

    2,300

    0


    2022年5月21日更新

    すんでのところで狐に喰われるところだった化け猫の話。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 8位

    アストラの夜空

    初めての創作物。強くて弱い、男の子の物語

    100,990

    1,127


    2022年5月18日更新

    このストーリーは実際に作者が小さな頃見た夢が元となっています。 そのまま中学生の頃にその夢の内容を元に小説として下書きし、それが発掘されたので投稿に至りました。 当時書いた文章をあえてあまり変えないようにして投稿しているので拙い部分など多々あると思いますがそれでも良ければ。(書き出しの部分は変更しました) ※奴隷制度のお話なので不快に思われる方は戻るボタンを押すことをおすすめします。 また、内容に1部暴力的なシーンや不適切な単語が含まれておりますが決してその様な行為を強要しているわけでは御座いませんのでご了承ください。 誤字脱字等は指摘して下さると助かります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間7分

    この作品を読む

  • 9位

    あえあおお

    会話とは……思いやりの形なのかもしれない

    6,900

    250


    2019年10月18日更新

    妻、文江の退院の日。 夫と妻の、春のほんの一瞬を切り取った物語。 会話とは……言葉とは、大切な思いやりの形なのかもしれない。 他サイトの会話コンテストというものに応募した作品です。 ですので会話のみで書きました。 被災した方々の一日も早い復興を願っております。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 10位

    痕の境

    殺して埋める主従BLです

    25,000

    560


    2020年11月22日更新

    天使のような美貌を持つ使用人のユウは、 主人であり愛する人であるキヨヒコに殺され壁に埋められた。 「愛するあなたに殺された私は、なんと幸運なのでしょう」 人の破滅と欲望を引き寄せる青年の、幸福な生涯と独白。 【BLフェア2020参加作品】 表紙画像:自作(藤はフリー素材を加工しました)

    • 性的表現あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 11

    『今までも、これからも。』

    想いは言葉にしなきゃ伝わらない! 

    99,200

    4,663


    2022年5月20日更新

    両親、妹と4人家族で、親友や家族にも恵まれ、ごく平凡で平安な日々を過ごしている主人公。 穏やかに暮らしたいと思いながらも、彼女の気持ちを上手く汲み取れず、彼女との行き違いすれ違いに一喜一憂する。 しかし自分の気持ちに正直になり、誤解も解け、また彼女と楽しい日々を過ごしていた。 5年後のある日、クリスマスにプロポーズをしようと家を出た主人公は、公園から飛び出した少年を助け、自分は車に……。 幸い怪我は無かったが、ある記憶だけがなくなってしまう。 ――全てが真っ白な世界――で、〈女神のような差し出した手〉を追いかける夢を、毎日見ている主人公。 『平穏な日々を送りたい』と願う彼が、なかなか平穏にはいかない日常と格闘しながら、大好きな彼女と幸せになれるのか……。 ラブラブだけどじれったい、甘くてちょっと切ない物語です。 登場人物には、敢えて名前を付けていません。 ラストまで書けていますので、安心してお付き合い下さると嬉しいです。 よろしくお願いします! ジャンル別日間 2021年12月13日 5位 2021年12月17日 1位 2021年12月20日~22日 2位 2021年12月22日、23日、24日、27日 2022年1月3日、5日 1位 2022年3月9日、19日、25日、30日 1位 2022年4月18日、24日 1位 2022年5月8日 週間 2021年12月19日 4位 2021年12月23日、24日 2位 2021年12月25日、26日、27日 1位 月間 2021年12月24日 7位 2021年12月27日 5位 2022年1月5日 3位 2022年1月7日、8日、9日 1位 ありがとうございます!

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

  • 12

    小槻先生の秘密

    ヒューマンドラマ

    986,810

    18,781


    2022年5月14日更新

    人見知りの中年作家・小槻健司は、年中自宅に引きこもって小説を書くだけの生活を送っている。彼にとって「作家」は職業というより、もはや生き方といえた。 ある日、「たまには......」というほどの気持ちで外に出てカフェに入った彼に大学生の野上萌が声をかける。偶然にも彼女は作家・小槻健司の大ファンだった。健司は咄嗟に自分の正体を隠すが、「自分の小説を読んでほしい」という萌の強引な頼みを断れずにUSBメモリを受け取る。 萌との関わりを億劫に感じながら、「実は作家・小槻健司その人である」という秘密を守ろうとするたびに意外な一面を発揮する健司......。 唯一の親友であり恩人でもある玉置恭介、その息子の幸一など、まわりの人々を「秘密保持」のために巻き込みつつ、彼は人生のターニングポイントを迎える。 書くこと以外には趣味も楽しみもない。ある意味で人生の終局までを見通せてしまっているような健司。彼は一つの出会いをきっかけにして過去と向き合い、新たな境地に挑んでいく。そして「秘密」に関わる人々もまた各々の置かれた立場で人生を懸命に生きていく。 互いに影響しあいながらそれぞれの失敗、苦手、弱み、課題、壁に立ち向かい、答えを探していくヒューマンドラマ。

    読了目安時間:12時間15分

    この作品を読む

  • 13

    A few sentiments

    1995年、結婚直前、彼女の過ち

    99,800

    320


    2022年3月17日更新

    「男の子を二人殺した」。文香は最期にそう呟き、病死した。高校からつきあい、大学を出て文香と結ばれた雅雄は、長年連れ添った妻が残した言葉の意味を考える。出会ったころ、二人には元也という親友がいた。元也の事故死を「殺した」と言ったのだろうか。もう一人は誰のことだろう。文香を見送った斎場で、雅雄は古い記憶を手繰り寄せる(「A few sentiments~1985」)。 あれから10年。文香は雅雄に求婚される。仕事にくたびれ切ってはいるけれど、やり残しがあるようにも感じてる。このまま雅雄と結ばれていいのだろうか。戸惑う文香は、年下の同僚である真司に相談する。刻々と結婚の段取りが進む中、ついに文香は一線を超えてしまう。(「A few sentiments~1995」) ※・別の場所で公開していた作品を改稿、改題しました。 ・普段は「掌編小説」名義でTwitterで140字小説を投稿しています(https://twitter.com/l3osQbTDUSKbInn)。 ・イラストは絵師のイトノコ(ミカスケ)さんからお借りしました(https://twitter.com/misokooekaki)。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間44分

    この作品を読む

  • 14

    火曜日の幻想譚 Ⅳ

    掌編集。

    184,467

    347


    2022年5月22日更新

    2000字以下という条件で、書かれたものたち、その4。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間13分

    この作品を読む

  • 15

    渚にて

    渚に座る自分は、陽の輝きに魅入られる…

    600

    0


    2022年5月22日更新

    悩みを抱えた自分は渚に座って、未来に思いを馳せます。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 16

    燃やして、離れて、溜めて、変わって

    第2回勉強会:あることに気づいた男の話

    18,800

    440


    2022年5月14日更新

    「ノベプラ文芸部 小説勉強会(仮)第2回お題:主人公の名前の出し方」エントリー作です。 内容はタイトルそのままです。 初めて文芸/純文学ジャンルを選んでみました。 こんな内容で良かったでしょうか……? ↗↗↗ 表紙画像は個人で作成(加工)したものです。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 17

    ラ・シルフィード La Sylphide

    少女は馬に乗り、風になる

    35,700

    68


    2022年5月21日更新

    常にヒトの側にいる動物、馬。 時に荷を運び、時に散歩の足となり、狩やスポーツの際にも、ヒトとの見事なコンビネーションを見せてくれます。 悲しいかな戦争の歴史においても、言うに及ばず。 機械化が進み、現代の生活のほとんどにおいて馬力を必要とはしなくなったものの、多くはスポーツや趣味の分野において、乗馬クラブや牧場、イベントなどで、彼女たちと深く関わることができます。 そんな馬たちに敬意を表して、この作品をお届けします。 乗馬には様々なスタイルや流派があります。 その中で本作は、和式馬術に則っています。 和式馬術: 日本において、武士たちにより発展したと言われる馬術です。 馬は、小型の在来馬。 重い甲冑をつけていても馬に負担をかけず、かつ、戦闘に適した乗り方です。 なお、拙作「スケーティング弓術部ニーケ」のスピンオフ、クロスオーバーではありますが、本作だけでも楽しめるかと存じます。 SF的要素あり。

    読了目安時間:55分

    この作品を読む

  • 18

    母が呼ぶ名を明かすとき【勉強会】

    真名を明かすということ。

    1,900

    0


    2022年5月21日更新

    真名を明かすことは、人生を明け渡すこと。 「ノベプラ文芸部 小説勉強会(仮)」第2回『主人公の名前の出し方』参加作品。 冒頭のみです。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 19

    おとうさんだいきらい

    不器用な親子の物語

    1,300

    0


    2022年5月21日更新

    お父さんはいつも私を馬鹿にした お父さんは私の大切なものを奪った 私はお父さんが大嫌いだ

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 20

    塔の勇者は生きている

    それでも、物語は続く。

    600

    0


    2022年5月21日更新

    神のいなくなった世界で贖罪のために塔を積んでいた勇者が塔を積むのをやめた話です。低温純文。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 21

    女神回収プログラム ~三回転生したその先に~(第2回お題:主人公の名前の出し方参加版)

    年内予約投稿分込65万文字の長編小説より

    1,300

    0


    2022年5月10日更新

    第2回お題:主人公の名前の出し方 参加作品です。 このサイトにも投稿している長編小説(年内までの予約投稿分込みで約65万文字)『女神回収プログラム ~三回転生したその先に~』から冒頭を抜粋、プロローグを意識して入れた部分を除外した450文字くらいのものです。 ※『女神回収プログラム ~三回転生したその先に~』は群像劇ですので『主人公』の定義は難しいと思いましたが、ストーリーの中心となり物語を牽引していく登場人物であることに相違ないと判断し、シーンを抜粋しました。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 22

    日刊ソメヂメス劇場

    ある町の日常

    307,768

    957


    2022年5月23日更新

    古い街並みと新興住宅が混在する箱園町ここには様々な人々が暮らしています、中には人では無いモノも混じっていますが。これはそんな街の住人達の日常のお話、誰が主人公かって? 其々の人生の中では誰もがみんな主人公なんです。 五色ひいらぎ様の鍛錬企画「毎日書き物メソッド」は終了しましたがネタが続く限り続けさせていただきます。 さらっと読める文字数ですのでお付き合いいただければ幸いです。 都合により毎日更新出来なかったらごめんなさい。

    読了目安時間:6時間54分

    この作品を読む

  • 23

    六線譜

    完全新作。どこにも出してないものです。

    199,250

    0


    2022年5月23日更新

    ありもしない。あってはならない。あり得ない話。虚像。 しかしながら、近い未来、起こりうる話。

    読了目安時間:7時間25分

    この作品を読む

  • 24

    傀儡といしの蜃気楼

    夢の世界に囚われた王女を救いに行く物語。

    266,370

    3,622


    2022年2月26日更新

    これは、現実の裏側に存在する、≪夢の世界≫のものがたり。 殺された妹、その無残を乗り越えられずにいた冒険者ラトス。 死の真相を探るべく足掻いた先で、行方不明となっている王女の捜索依頼を受けることになる。 王女の従者メリーを連れて森に入ったラトスは、王女が消えたその場所から夢の世界に迷いこむ。 奇妙がうずまく夢の世界に王女も囚われていると知り、ラトスたちは救出に向かう。しかしそのためには、怪物が巣食う悪夢の回廊を通り抜けていかなければならないのだという。 ラトスは旅の途中で出会った協力者たちの助力を得て、様々な困難を乗り越えていく。 現実とつながっている夢の世界は、様々な思想、感情などで構成されている。 広大な草原に浮かぶ、巨大な岩山。 岩山の中には、現実世界に生きるすべての人間が持つ、個人の夢の世界がある。それらはすべて、個人の記憶、思想、感情で盛衰しつづけている。 個人の夢の世界をつなぐ悪夢の回廊は、悪しき感情で満ちている。 悪から生まれた怪物たちは、悪夢の回廊を通り抜けようとする者に襲いかかる。 さらに、七つの大罪の元となる「八つの悪徳」から生まれた怪物は、猛る爪と牙をラトスたちに向ける。 現実感のある不思議がうずまく、夢幻。 誰もが感じ、夢想した世界が、このものがたりで形となる。 ◆◇◆ 現在、第一部全体の推敲作業中です。 2022年3月末に、7章「悲嘆」まで推敲し、再投稿しました。 4月末までに、8章「雪に閉じ」の推敲と再投稿をする予定です。 推敲した部分のみ読みたい方は、ブックマーク等していただき、月末時にまとめて読むことをお勧めします。 ご迷惑おかけしますが、ご容赦ください。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:12時間43分

    この作品を読む

  • 25

    15分で書く即興小説

    1話完結でパパっと読めます

    10,350

    120


    2022年3月25日更新

    タイトルの通り15分で即興小説書いてます。 http://sokkyo-shosetsu.com/ こちらの即興小説トレーニングを使用しています。 設定は15分、必須要素は無しで書いてます。 加筆した場合は【加筆】と付けます。 しおばなさん応援レビューありがとうございます!励みになります!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

  • 26

    Tの哀悼

    性と罪の青春ラブコメコメディー抜き気味

    8,200

    0


    2020年12月3日更新

    まっすぐで賢い少年堀川隆人が、まっすぐで賢いゆえに性に躓き、生きることに戸惑っていく物語。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間33分

    この作品を読む

  • 27

    一片の痕

    死体埋め主従BL『痕の境』の番外掌編など

    49,000

    200


    2022年5月21日更新

    「あなたに殺された私は、なんと幸運なのでしょう」 死体埋め主従BL『痕の境』のスピンオフ集。 ツイッターに投稿した掌編などを載せていきます。 主にユウとキヨヒコの過去編などになります。 『痕の境』 https://novelup.plus/story/959120579

    読了目安時間:1時間13分

    この作品を読む

  • 28

    彩<ヒカリ>

    バッタが見たい、と彼が言った――

    5,000

    52


    2022年5月13日更新

    父が亡くなって2週間―― おさない息子と散歩に出た。 ノベプラ文芸部 勉強会(仮) 第2回「主人公の名前の出し方」参加作品です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 29

    アルトボイス

    きみの声だけは、僕の耳に残っている

    1,200

    0


    2022年5月21日更新

    あの時に見た、波間に漂う真っ赤なスカーフを、僕は忘れない。 主題イラスト『海をまとう』短編コンテスト応募作。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 30

    140字小説の罠

    とんちを凝らして作ってみました。

    21,650

    60


    2022年5月19日更新

    Twitterにて投稿した140字小説の作品集です。 *表紙画像は伽沃さま@kayoudark0にお願いしました

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 31

    星雲珈琲店のはなし

    架空の喫茶店のおはなしとイラストです。

    82,800

    725


    2022年5月21日更新

    架空の喫茶店の星雲珈琲店や奇妙なカクテルを出すバーを中心に土星頭の店主や少年探偵が登場する一話300字程度の少し不穏で不思議な怪奇な日常の話。 イラスト@さかきちか

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 32

    少年。

    愉快そうだね。

    1,400

    0


    2022年5月22日更新

    「愉快そうだね」 あの人は、皮肉交じりにいつもそう告げた。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 33

    桜降る青空の下【勉強会2】

    ノベプラ文芸部小説勉強会(仮) 第2回

    9,905

    4


    2022年5月11日更新

    ノベプラ文芸部小説勉強会(仮)第2回。お題は『主人公の名前の出し方』 文字数制限400~1200文字です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 34

    短編集

    障害を持つ人々

    400

    0


    2022年5月13日更新

  • 35

    姉妹の血

    R15の6万字ほどの中編です

    51,900

    0


    2022年5月15日更新

    「血の繋がった姉妹なのに」。幼いころから幸代は一つ上の美香と比べられてきた。勉強も運動もできる美香。対する幸代は何一つとして誇れない。必要とされたい。他人から求められたい。渇望を抱えた幸代は思春期に差し掛かり、あることに気づかされる。自分の容姿と肢体は男たちを引きつける――。平凡な顔立ちの美香との違いは、心の穴を埋める武器だった。必要とされる必要を求め、幸代は多くの異性に抱かれていく。ある日、幸代は美香が恋をしていることに気づく。やっと見つけた自分の領域まで、美香に侵されてはたまらない。幸代は決める。お姉ちゃんから奪い取ろう、と。 ※イラストは絵師・漫画家のミカスケ(イトノコ)さんの作品です(https://twitter.com/misokooekaki)。 ※普段は「掌編小説」の名義でツイッターに毎日140文字小説を投稿しています(https://twitter.com/l3osQbTDUSKbInn)。この作品も140文字小説がベースです。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間1分

    この作品を読む

  • 36

    僕らは数字に踊らされている

    前代未聞、数字を使った異能バトル!

    1,098,550

    16,885


    2021年11月13日更新

    近未来。数字が偏重され「番号持ち」と呼ばれるごく少数の特異な人間が優遇される社会。 高校に通う蓮森数美は文学を愛し「番外」と目されて軽んじられていたが。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間33分

    この作品を読む

  • 37

    藍の海と星屑の雨

    藍。青より濃く、紺より淡い。

    422,200

    2,760


    2021年1月30日更新

    蝦夷梅雨も終わりかけの北の大都会・札幌。休学中の美大生である宇津木詩音はこの街で酒と性に溺れる生活を送っている。ある日、詩音は不倫相手の内田恭子に連れられて行った居酒屋で浅村佳澄と出会う。そこで忘れてしまったライターを返され会話をした日からしばらくの後、土砂降りの中で傘も差さずに立ち尽くす喪服姿の佳澄を見つける。 詩音は幼少期に一冊の画集を手にしてから降り頻る雨の中でキャンパスに描かれる少女性を見つめ続けていく。佳澄、恭子、妹の詩乃、そして真珠の耳飾りの少女。 これは宇津木詩音が画集を手に入れてから手放すまでの、そして詩音が描く少女たちの物語。 「君と見た夏の海」 第一景 ※作中には一部、未成年者の飲酒・喫煙・不純異性交友シーンが含まれますが、それらの犯罪行為を助長する意図はありません。あくまでも小説上の演出であることをご理解ください。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間57分

    この作品を読む

  • 38

    闇の鳳蝶(アゲハ)外伝 傀儡編

    化け物の傀儡ニーチェのお話です

    938,797

    4,243


    2021年4月18日更新

    ~命など取るに足らぬ~ ~救いは精神が欲する~ 常人(つねびと)に弾かれ力を得ても何も救われない。 生き永らえたところでいったい何になる。 利用され苦しみの果てにいったい何がある。 命を救われても永遠の苦しみから逃れられないなら、いったい何をもって救いと言わんや。 これは虐げられた者たちの醜い争い。 欲にまみれた者と闘う人でなし達の物語。 この作品はエンターテイメントではありません。文字によって動的な表現を如何にして文学、或いは文芸として描くかを念頭に書いた作品です。物語自体は在り来たりな構成です。 エブリスタとは違うオリジナルストーリーです。 尚、現在エブリスタに掲載していた作品はすべて非公開とさせて頂いています。

    読了目安時間:12時間3分

    この作品を読む

  • 39

    落葉する言の葉たち

    零れ落ちた棘が、誰かに刺さりますように

    200

    0


    2022年5月22日更新

    『杯』、『他人の自我を吸って生きている』、『六等星の双子座.mp4』、『無神論者のアズラーイール』等様々なジャンルの短編作品を取り揃えております。 タイトルが気になった方はぜひともお取りください。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • 40

    想ひ出のアヂサヰ亭

    大正時代の洋食屋で働く双子のお話です。

    31,400

    125


    2022年5月21日更新

    令和の大学生、平塚恭志は突然明治時代の少年の蕗谷恭介となってしまう。彼の双子の妹柊乃と母のそよを、何よりも自分の身を護る為この知らぬ明治時代の地で暮らす事になる。 歴史を変えないように、動き始める恭介。生活のため、アルバイトをしていた洋食屋の経験を生かして店を開こうと、先祖代々語られていた『宝の場所』を捜索すると、そこには―― 近所の陸軍駐屯地にいる、華族の薬研尊とその取り巻き達や常連たちとの、『アヂサヰ亭』での日々。恭介になった恭志は、現代に戻れるのか。その日を願いながら、恭介は柊乃と共に明治時代と大正時代に生きて『アヂサヰ亭』で料理を作る。 どこか懐かしく、愛おしい日々。思い出の、あの料理を―― この物語はフィクションです。時代考証など、調べられる範囲できちんと調べています。ですが、「当時生きてないと分からない事情」を「こうだ」と指摘するのはご遠慮ください。また主人公目線なので、主人公が分からない事は分からない。そう理解の上拝読して下さるようお願いします。 表紙イラスト:カリカリ様 背景:黒獅様(pixiv) タイトルフレーム:きっち様(pixiv) 参考文献 日本陸軍の基礎知識(昭和生活編):藤田昌雄 写真で見る日本陸軍兵舎の生活:藤田昌雄 日本陸軍基礎知識 昭和の戦場編:藤田昌雄 値段の明治・大正・昭和風俗史(上・下):週刊朝日 三百六十五日毎日のお惣菜:桜井ちか子 洋食のおけいこ:メェリー・エム・ウヰルソン、大町禎子 明治大正史 世相篇:柳田 国男 鬼滅の刃をもっと楽しむための大正時代便覧:大正はいから同人会 食道楽:村井弦斎、村井米子

    読了目安時間:1時間16分

    この作品を読む

  • 41

    金木犀のアーチの向こう

    秋の匂い、日常寄りの不思議な世界へ。

    30,300

    0


    2021年10月3日更新

    短い秋に贈る不思議なお話。何話かに分けて更新していきます。

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • 42

    私は。

    錯乱。

    45

    0


    2022年5月21日更新

    思春期にいっぱい悩む話。 いつも具体的ではないがそれ以上に抽象的。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 43

    ひとひらの夜風にふかれながら

    コンテクストは地平線の向こう側です。

    1,500

    0


    2022年5月21日更新

    ある夏の日――ぼくと彼と彼女の関係は、線分ではなく三角形であることを知った。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 44

    海と私

    某団体からのお題『海』で書きました。

    2,900

    0


    2022年5月10日更新

    誰にも構ってもらうもんか

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 45

    雉白書屋短編集

    ショートショートです。ジャンルは色々です

    20,200

    0


    2022年5月23日更新

    一話完結のショートショート・短編・掌編。 ジャンル・長さは色々です。不穏なものが多いです。 数が増えたのでオススメに◆をつけました。 お役に立てたのであれば幸いです

    読了目安時間:6時間30分

    この作品を読む

  • 46

    四月一日の探偵事務所

    彼は誰より嘘が得意

    800

    0


    2022年5月20日更新

    学校の隅、小さな探偵事務所に一つの依頼が舞い込んだ。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 47

    名前の出し方

    初心者が頭捻りながら考えた結果です。

    300

    0


    2022年5月19日更新

  • 48

    金魚と青年

    可愛らしい金魚を縁日で見つけたのです。

    4,800

    0


    2020年12月2日更新

    殺人事件を起こした青年と、精神科医の会話。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 49

    インスタントフィクション

    現代的ほのぼのデストピア

    500

    0


    2022年5月21日更新

    江戸川乱歩と谷崎潤一郎を足して2で割り、漱石を乗じたイメージ。200 字~ 5000 字の超短編小説集。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 50

    恋のビートは鳴り響く

    百合文芸小説です。

    2,000

    0


    2022年5月21日更新

    マリアンナはフレデリカと同棲生活をしている。 ある時、マリアンナは自分の担当編集であるフレデリカが浮気しているのではないかと疑う。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 51

    それが弾けるまでは

    ほろ苦い、BLを扱った小説です

    300

    0


    2022年3月20日更新

    初投稿です。 BOYSFANコン用、お題フリー。 プロローグ+6話 とある年のゴールデンウィーク初日、新宿駅西口で俺・森山浩斗(21)は今日は『何をやっても上手くいかない日』なんだと覚悟を決めるほど、不運なことが何度とも起こった。 新宿のカフェでバイトをしている俺は、連休初日の激務をひたすらこなす同い年の女子・坂井の白目を剥いた姿と、先輩・加瀬さんのかなり焦った姿に心配する余裕もなくミスを連発。 普段は冷たい店長ですら苦笑いをする程、俺は酷い顔をしていたらしい。 そんな時、新人として入ってきた同い年の彼・宮田アンヘルと痛い初対面を交わす。 ペルーと日本のハーフである彼の、羨ましい程の高い鼻と愛らしいタレ目のギャップに吸い込まれた。 内側に充満する泡に自覚し、それが一目惚れだと確信した時、彼が俺の背中を擦り、 ーー「よろしくね」と丸い笑顔で言ってきた。 それから彼とは、映画を見に行ったりご飯を食べたりする仲になった。 そしてバイト先皆での忘年会で、知りたくないことに触れそうになって、 俺はトイレに逃げ込んで声を殺すしかできなかったんだ…… 「俺の知らない彼の顔は、まだまだ沢山あるんだと改めて思い知った」 俺と彼が出会ってから栃木での出来事までの、9ヶ月の物語。 BLはおろか小説は初めて書くので、易しい目線でお楽しみ下さい!

    読了目安時間:50分

    この作品を読む

  • 52

    アル中と天才と名探偵

    Jカーブ="適量"のお酒は体によいこと

    3,900

    0


    2022年5月15日更新

    異国の土地で探偵業を営む、酒と謎を愛する天才の話。 ノベプラ文芸部小説勉強会の第2回参加作品『主人公の名前の出し方』。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 53

    アノニマス ἀνώνυμος

    名前を当てよ、さもなければ。

    9,000

    0


    2022年5月15日更新

    「ノベプラ文芸部 小説勉強会(仮) 」への参加作品です。 第2回お題:主人公の名前の出し方

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 54

    老年

    現在進行形の私小説です

    2,400

    0


    2022年5月14日更新

    勤めている会社が倒産しそうです。 これからどんなことが起こるのでしょうか。 現在進行形で書いてみようと思います。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 55

    余る親切

    ほのぼのと救われる。勉強会(仮)企画用。

    3,700

    35


    2022年5月6日更新

    人には時々、穏やかに肯定してもらう事が必要だと思います。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 56

    うどん屋の娘

    なんとなく書いた作品です

    3,200

    10


    2021年10月15日更新

    父親を亡くした娘に残されたものは……。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 57

    Long distance love ーあなたがくれたものー

    40代女性が主人公の大人百合小説です

    0

    0


    2022年3月31日更新

    元予備校教師とその生徒が、長い年月にわたり想いを交わしていく。 そんな百合小説です。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 58

    箱入り忌み子

    神童と化け物は紙一重

    35,400

    150


    2021年11月13日更新

    稀で特異な体質のせいで、ある一定の範囲から出ることができない少年のおはなし。 ほの暗くてカビ臭く、時代錯誤なシリアス。 それでも最後は幸せな気持ちになれるはず。 ◇◆◇◆ fukamiyuu様の『少し偉そうな感想文』にてご紹介いただいております。 (599項 Episode 639になります) fukamiyuu様、ありがとうございます!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 59

    おらの母ちゃん

    おっ母はいつも男のくせにって言う。

    400

    0


    2022年5月21日更新

    ほのぼのとした家族のお話。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 60

    微笑う死神の追憶

    それは、果てのない無限の旅路

    88,700

    520


    2022年5月12日更新

    およそ20万年。途方もない年月を歩き続けた不老不死の女性、エドナがいた。 エドナは幾多の出会いと別れを繰り返していくうちに、いつしか人々から『死神』と呼ばれるようになるが、それでもエドナは微笑いつづける。彼女は、この世界の全てを愛していたからだ。 そんな彼女が旅の途中、ふとした拍子に頭の中に浮かんだ声が誰のものか、記憶を辿ってみることにした。彼女は思い出す。愛しい人が生きていたこの世界を。愛しい人が生きていくこの世界を。 家族を失った者、家族を置いていく者。 夢を叶えた者、夢に殺された者。 欲望のままに生きた者、夢のために生きた者。 何もかも失った者、何かを手に入れた者。 あらゆる『人』が、彼女の記憶の中で生きていた。

    読了目安時間:3時間0分

    この作品を読む

  • 61

    20-1(ナインティーン)

    世界が滅びる時、何をしていますか?

    258,050

    4,590


    2019年12月19日更新

    そう遠くない未来。 巨大な隕石が地球に落ちることが確定した世界に20歳を迎えることなく地球と運命を共にすることになった少年少女達の最後の日々。 諦観と願望と憤怒と愛情を抱えた彼らは、最後の瞬間に何を成し、何を思うのか。 「俺は」「私は」「僕は」「あたし」は、大人になれずに死んでいく。 『20-1』それは、決して大人になることのない、子供達の叫び声。 ジャンル『純文学』日間、週間、月間一位、総合日間4位の経験あり。

    読了目安時間:3時間22分

    この作品を読む

  • 62

    やがて海へ還る

    綺麗な文章を書きたかった

    4,214

    0


    2022年5月11日更新

    私と彼女が、星と海に挟まれた暗がりで出会う。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 63

    春の定義は

    女子大生鬱屈モラトリアム

    25,900

    0


    2022年5月20日更新

    春の定義は? オオイヌノフグリ。ヒメオドリコソウ。カラスノエンドウ。 覚えてる? 小学校で習ったでしょう。 そういうね、誰のものでもない野花たちがひっそりと息づき始める頃かなあ。 それが春。 日照時間とか平均気温とか、地球の公転周期、そういう話じゃない。 私たちの思い描く春、それは何っていう話。 あの子の答えはというと、いつも想定のずっと斜め上。 ※「小説家になろう」と重複投稿です。

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • 64

    生ハムメロン

    3分で読めるショートショート

    3,200

    0


    2022年5月17日更新

    生ハムメロンが好きだ。 好きで好きでたまらない。 メロンの甘ったるさに脳みそがとろけてしまう。 みかん、かき、りんご、グレープフルーツ、なしもあるのだけれど、メロンがいちばんだ。 食べ応えというか、生ハムと相性はよい。 生ハムのためのメロンだし、メロンのための生ハムだろう。 生ハムメロン専門店に足しげく通う僕は、疑う余地なしに生ハムメロン好きなのです。 安らぎというか、生ハムメロンは僕に癒やしを与えてくれる。 なぜメロンなのかは知らないが、おそらく僕の素性だろう。 未熟か完熟か、むろん青さも新鮮でよいがむしろ僕は完熟し切った芳醇さにやられてしまう。 なぜ熟れたメロンが好きなのか当然ながらわからない。 同じメロンといえども、生ハムメロンはやはり完熟メロンだと無自覚に指名する僕がいる。 病的だと最近は思う。 生ハムメロンが頭から離れない。 仕事中だというのに、僕は常に生ハムメロンを頭の片隅に置いて、客先で商談を笑って進めるのだ。 先方に商談中なのに、生ハムメロンですか、と責められたら正直謝るしかない。 街を歩いていてもどこそこ構わず僕の頭の中には生ハムメロンが浮かんでおり、気を許せばすれ違う人たちに生ハムメロンがだぶって嘔気を覚える。 自宅に着いても気を抜けず、抜けば日用品から生ハムメロンに変わり、気付けば僕は生ハムメロンに囲まれ、吐き気を催して急いでトイレに駆け込み、便器の中に吐瀉するが、吐瀉物までもが生ハムメロンに変わり、からっぽの胃のまま僕はしばらく嘔吐をくり返すのだ。 生ハムメロンが好きだ。 好きだが好きだからこそ僕はこれほど苦しむのだろうか。 幼き日に読んだ芥川龍之介の『芋粥』を思い出す。 けれども氏の掌篇とちがって僕は生ハムメロンを自力で手に入れ、生ハムメロンに浸っていたはずで、まさか生ハムメロンが僕に災難を降りそそぐとは解せない。 あくまで僕は生ハムメロンの主であって従ではないのだ。 金を払って生ハムメロンを愉しんでいるわけで、生ハムメロンに金を払えと強要されたわけではない。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 65

    愛よかなたへ、愛よかなたに

    観念的、抽象的、不鮮明な小説です。

    1,300

    0


    2022年5月14日更新

    整合性がとれないことに苦しんでしまうのは、どうしても避けられないことなのだと思います。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 66

    仁奈

    現代版猿蟹合戦

    167,200

    未参加


    2022年5月14日更新

    澤賀仁奈。親友・山岡似昼を傷つけられた彼女は、復讐に出る――。 ※第一話「仁奈」は凪沙帳さん主催の企画「Who remade the fairy tale?〜誰のお伽噺だゲーム〜」で書かせていただいたものです。

    読了目安時間:5時間1分

    この作品を読む

  • 67

    赤を囲う

    その日、兄が飛び降りた。理由は知らない。

    100

    0


    2022年5月22日更新

    登校拒否の女子高生が、兄の自殺未遂をきっかけに外へ出ていく『眼下の緑』。 プロポーズ四連敗中の新米警察官が、原因を探して奔走する『祈りは純白』。 スランプの作家が、ファンを名乗る有名人に家まで押しかけられる『桜色ポラリス』。 生まれつき茶髪の教師が、職員間いじめに巻き込まれていく『青い教室』。 二十九歳無職の青年が、見知らぬ女に心中を持ちかけられる『赤を囲う』。 感性。出生。性愛。外見。疾病。「普通」でないから「世間」から隔たれるのか。自問し続ける人たちが、自分の色と在り様を見つけていく短編集。

    読了目安時間:1時間46分

    この作品を読む

  • 68

    あなたの半分

    あの日の答え合わせは、二度目の離別の誘因

    4,100

    0


    2022年2月14日更新

    都内のスーパー銭湯を訪れていた水村優奈だったが、見覚えのある女と遭遇する。 彼女は高校の卒業式前日、そっと姿を消してしまった大崎杏花だった。 長い間、くすぶり続けていた恋愛感情。 想いを告げた優奈に対し、杏花は――?

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 69

    300文字の物語

    300文字で綴る掌編集です

    102,400

    70


    2022年4月27日更新

    300文字で綴る掌編集。 さくっと読み終わりますので、お気軽にお楽しみください。

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 70

    血の吹き出すマシュマロ

    短編集

    200

    0


    2022年4月25日更新

    短編集:公衆電話、自動販売機、さんかく屋根の家々 ただの人生メモ

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 71

    それでも僕らは今を生きる

    闇深シリアス×純文学系青春ドラマ×BL

    708,849

    13,434


    2022年2月26日更新

    事情を抱えた少年たちの物語へようこそ。 心に響くシリアスな展開をお届けいたします。 ─​─────── 一乃瀬恭介は、高校二年生。 寡黙で文武両道。 一見完璧な彼だが、他人には分からない事情を抱えている。 それは、誰にも踏み込まれたくない事情。 だから、他人とは深く関わりたくない。 幼馴染である結羽を除いて​───。 その日は、とても暗い雲が広がっていた。 雨が降りそうな、灰色の空。 恭介は、急いで帰路に着いた。 夜、友人から着信があった。 「一之瀬! ……園原が……!」 電波の影響なのか、直ぐに通話が途切れてしまった。 ──結羽の身に、一体何が​? 胸騒ぎを感じながら、恭介は家を飛び出した​────。 世の中には色んな人がいて、色んな経験を積み、それぞれの道を選びながら、未来に向かって進んでいく。 未来は自分が積み上げてきた過去の遺物。 今という瞬間も過去に変わり、また、過去の遺物として、今という未来がある。 人間は、今を選択しながら生きている。 しかし、自由に選択しているようで、選択せざるを得ない今も時に存在する。 明るい未来に向かっていても、その結末が保証されることはない。 それまで明るかった未来が、突如として暗闇に襲われることもある。 それでも、生きているのは過去でも未来でもなく、紛れもない『今』。 立ち止まっても振り返っても、やがては前を向いて進まなければならない。 これは、主人公の恭介を始めとした、目には見えない今という時間を生きる高校生たちの物語。 ※作品画像は全てピツメーカーで作成しております。 ※一部、医療表現もありますが、医療モノではないのでわかりやすい程度の表現に留め、詳細は省きます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間25分

    この作品を読む

  • 72

    咎の痕

    愛してくれた人を殺して埋める主従BL

    12,000

    50


    2020年12月4日更新

    自分の容姿に劣等感を持つ男は、愛していると告げてくれた美しい男を殺して壁に埋めた。 ※『痕の境』第二幕、キヨヒコ視点です。 【BLフェア2020参加作品】

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 73

    800字の短編小説集

    17の短編小説があります。

    9,300

    0


    2020年10月26日更新

    2020.08.18 日間4位 閲覧ありがとうございます! 800字程度の作品を、できる限り書いてみます。 テーマも内容も統一しません。注意が必要な作品は、各作品タイトルとの前書きでお知らせします。 Twitterで見かけたものを、自分なりのやり方とペースでやってみます。 17作品で終了します。 自サイト「さくらの森 別館」へ転載するため、「ノベプラオンリー」タグを削除しました。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 74

    One Cool

    ワン・クール = 3ヶ月。

    0

    0


    2022年5月22日更新

    どこぞの山奥の精神病院に入院をした、ナレーター・・・。 とりあえず、退院(脱出?)は出来るのか!? それとも・・・??

    読了目安時間:44分

    この作品を読む

  • 75

    留守番電話

    お名前と、ご用件を……。

    800

    0


    2022年5月10日更新

    「お名前とご要件をお伝えください」

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 76

    我が名は……

    第二回勉強会用。名を名乗る話

    2,600

    3


    2022年5月10日更新

    第二回勉強会用。 名をどうせ名乗るなら、適切な相手にこそ名乗りたい。そーゆうはなし。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 77

    来てしまったゼラニウム

    サークル星藍の本棚 活動作品 試験的文章

    1,700

    0


    2022年4月20日更新

    菜食主義者に対して並々ならぬ嫌がらせを繰り返す永田は、ある日一人の女子を見つける。 音楽に興味を惹かれている女子に惹かれた永田に、友人の木岡は愛想をつかす。 知識も無い永田だったが音楽を始めれば女子と関われるのではと、短絡的発想に至り楽器屋に向かうのだが、運悪く女子と出くわすのだった。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 78

    雪月夜~雪降る夜の短編集~

    雪降る夜のような600-800字の短編

    1,000

    0


    2021年4月22日更新

    毎日一つ、600-800字の短編を書く。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 79

    老いらくの夢は、暁の如く

    老いらく者が見た未来(ゆめ)とは?

    9,700

    0


    2020年8月24日更新

    面白い小説は、売れるのか? 売れた小説が、面白いのか? 面白い小説でも、売れなかったら、続巻出ずに打ち切りだよね(理想は優しく、現実は厳しく世知辛いよね)? 理想と現実のバランスを、結果で全て覆す男の【覚悟と行動】の物語。ショートストーリー作品コンテスト【テーマ:夢】の応募作品。●八月二十六日の文字数カウントの仕様変更により、文字数に余裕が出来ました。其処で、応募終了まで、常時修正加筆していきました。日々進化(退化も有り得る?)する短編小説が在っても、良いじゃないか!? スットボケな作者は、作品に愛を注ぎ続け、大輪の華(受賞)を咲かせる事が、出来るのか、乞うご期待下さい! 完結しているのに、レベルアップするって、完結詐欺だと作者が思っている事は内緒です(スットボケ)! 【九月三十日の三十六段階最終進化完了済!】

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 80

    島高へようこそ

    初心者ですがよろしくお願いします。

    1,250

    0


    2020年7月23日更新

    A県立島崎高等学校、通称”島高”は、懲戒処分を受けた教員が飛ばされ寄せ集められるいわゆる”島流し”の学校だった。 体罰、セクハラ、盗撮、パワハラ…ここにいる教員は心に闇を抱えたものばかり。幼なじみの鈴木林檎と一緒に島高へ入学した主人公の助川仁介は、ここで人生を変える経験をすることになる。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 81

    ペニス・グランプリ

    性器の話です。

    1,500

    0


    2020年2月15日更新

    「これより第○回、ペニス・グランプリを開催します」

    • 性的表現あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 82

    もゆ

    高貴にして清純なるは

    3,500

    0


    2022年5月14日更新

    名前が嫌い 第二回勉強会参加作品です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 83

    平凡さん今日もゆく

    第2回勉強会 参加用

    2,800

    103


    2022年5月14日更新

    ある男の奮闘記

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 84

    今日はとてもいい日でした

    であればこれはハッピーエンドなので。

    3,900

    0


    2022年5月2日更新

    空の色は■。ブロック塀はぐにゃぐにゃ。少しおかしな春だった。けれども「とてもいい日」だった。……そうでしょう。 春にぐにゃぐにゃになる低温純文。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 85

    白昼夢

    久しぶりに帰郷した女性の話。

    3,400

    0


    2022年3月1日更新

    夏真っ盛りの日差しに誘われ、「私」は紋白蝶の影を追う。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 86

    翠雨(すいう)

    雨にも名前があります。これはそのひとつ。

    20,400

    60


    2022年2月16日更新

    雨が好きだという人がいました。その人は名前も生き方も美しい人でした。自分に正直に生きた彼女の人生とほんの少しすれ違っただけの私ですが、忘れられない人になりました。私の経験を元に書いた作品です。

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 87

    30日の某

    「先生、どこにいるんですか?」

    7,200

    0


    2021年12月30日更新

    師弟の闇系BL、バッドエンド。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 88

    僕はまた金魚鉢の夢を見る

    PVつけました。

    143,807

    837


    2021年11月5日更新

    大学二年生の夏休み、大人になり切れない青年、糸川紡(いとかわつむぐ)は五年ぶりに故郷に帰る事になった。その町は紡にとって思い出したくない思い出の町。だから彼はずっとその場所を避けていた。五年ぶりに見たその町は昔も今も豊かな自然に包まれていて何も変わらない。けれどそこには一つだけ足りないものがあった。欠けてはならない大切なモノが…。五年間の空白。埋まらない溝。後悔という名の悪夢。それら全てを乗り越えた時、人はきっと大人になる。これはそんな子ども以上大人未満の糸川紡が紡ぐ人生の物語。

    読了目安時間:10時間49分

    この作品を読む

  • 89

    きんいろ飴玉、瞬いて

    架空の民間伝承を題材にしたお話です。

    3,200

    0


    2021年11月2日更新

    旅先で寝過ごし、電車のダイヤに絶望した私は彼に出会う。 彼の語る、あやかしの物語。 それは作り話かもしれないし、かつてあったことかもしれない。 私は綴る。きらきらとした、飴玉の話を──

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 90

    虎の子図書館

    過去に書いた短編をまとめています

    2,100

    0


    2021年10月20日更新

    青春モノから童話風の物語まで、ジャンルを分けず過去に執筆した短編をまとめていきます。 暇潰しにお立ち寄りいただけたらうれしいです。 基本的に、別投稿サイトにて公開した作品の転載になります。

    読了目安時間:1時間39分

    この作品を読む

  • 91

    悪を問う

    自主企画『悪の祭典』賑やかし枠その2

    11,800

    11


    2021年3月25日更新

    ソメヂメスさんの自主企画『悪の祭典』賑やかし枠作品です。 ジャンルが正しいかは不明。 問おう、偽るは悪なりか?

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 92

    ドラゴンの絆 ドラゴンの子と従者が紡ぐ物語

    ドラゴンの子と従者が紡ぐ物語り

    49,600

    200


    2021年1月14日更新

    かつて、巨大なドラゴンに祝福されし世界があった。やがて、ドラゴンの死とともに世界は混沌が蔓延する。 そんな中、一匹のドラゴンが孵化した。その子ドラゴンは必死に生きようとする。母となる獣、付き従う従者、兄弟となる狗。少しずつ増えていく家族。 子ドラゴンと付き従う従者、家族が紡ぐ物語である。 表紙は美風様よりいただきました

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:48分

    この作品を読む

  • 93

    背中に翼の痕があった

    孤児院で会った天使のような少年の話

    14,800

    0


    2020年12月4日更新

    ヨウタが孤児院で同じ部屋になったのは、三つ年下の、天使のような美貌をした少年だった。 夜な夜な「先生」の寝室に呼び出される彼には、それを厭う素振りすらない。 不快感と同情から、ヨウタは同室の少年の世話を焼く。 ※『痕の境』の第三幕。前日譚にあたります。 【BLフェア2020参加作品】

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • 94

    AIは知っていた

    それはもう少し、未来の話。

    11,000

    20


    2020年9月7日更新

    「あなたは医者」 「あなたは教師」 「あなたは小説家」 今よりもう少し未来、少年少女の夢は、AIによって決められたいた。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 95

    横顔

    4分で読めるショートショート

    1,900

    0


    2022年5月18日更新

    「横顔」しか、それは左側半分だったり、右側半分だったり、日によって変わるのだが、出会ってから私は、半分それぞれ揃った完璧な妻の顔を拝んだ、というのは、結婚して十年来ない。向かい合って、むろん向かい合って食事をとった──、たとえば会話を交わすのは基本、というか例外なしに妻の「横顔」越しだった、居間のソファで寛ぐラフな恰好の、無防備にスナック菓子をつまむ、録画予約した連ドラを週末に消化する妻だって、日中天日干しにした敷き布団に洗い立ての清潔なシーツを被せてベッドに横たわる僕が鏡台越しに覗く妻だって、薄明かりの中でセックスに溺れる妻だって、朝起きた時にキッチン越しにコーヒーを淹れる妻だって、それは右側、左側半分の妻の「横顔」だった。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 96

    夜更けのアリア

    呪われた子と呼ばれた少女は、光を歌う。

    133,600

    0


    2022年5月14日更新

    白い髪を持って生まれたことを理由に親族から迫害を受けていた少女・アリアは、彼女を案じた実の母親に孤児院に入れられ、そこで育てられた。幼少の頃から歌の才能に秀でていた彼女は、やがて歌の道を志すようになる。しかし、髪色を理由に迫害された記憶は、彼女の心に重たい影を落としていて……。 架空の都市で展開する、少女の成長物語。 現在月一程度で更新していますが、都合により遅れることがあります。長期の連載になりますが、お付き合いいただけたら幸いです。カクヨムにも掲載しております。

    読了目安時間:3時間22分

    この作品を読む

  • 97

    「国の借金は税金で返す必要がある」という嘘を暴こうぜ

    ノベプラ文芸部員小説勉強会(仮)の第2回

    5,700

    6


    2022年5月12日更新

    第2回勉強会用に書き下しました。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 98

    【短編】ハイド&シーク

    酒と煙草の紫煙香る作品を書いてみたかった

    33,250

    396


    2022年4月6日更新

    Let's play hide and seek! (さあ、かくれんぼをしよう) 失くしたモノを見つけたいなら、あいつらに頼むのが一番いい。 一度でも耳にしたことがないか? 『Hide & Seek』 このスラム街じゃその名で通ってる二人組。便利屋だよ。 窃盗、探し物、殺しはどうかな……。とにもかくにも、金さえ払えば何でも受け持つ野郎でね。 もし力を借りたいなら呼べばいい。ガキの頃にやったあの遊びと同じさ。 ――「かくれんぼする者寄っといで」 ※自分の技量では到底カッコいい作品なんて書けないので、今回は肩慣らしという意味で短編を書かせていただきました。 二人称という初の試みです。曇の練習ですので、応援ポイント&ノベラポイントはどうか皆さんの琴線に触れた作品にお使いくださいませ。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 99

    あなたと共に Mein Schatz

    泣かないで。これはお別れじゃないのよ。

    6,600

    0


    2022年3月5日更新

    前後篇の2話完結です。 拙作「スケーティング弓術部ニーケ」スピンオフですが、本作だけでも楽しめるかと存じます。 『炎』の属性たるアイファ・サイードのお話。 拙作「森の城」ともクロスオーバーしています。 「百合短編小説コンテスト2022」応募作品です。 Mein Schatz マイン シャッツ 直訳すれば「私の宝物」。 転じて恋人や子どもに呼びかける時に用いたりします。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 100

    希バloきぉ5rosもk7望いじaskfhきつあ??

    希望は見つけられるんか?

    10,600

    450


    2021年10月8日更新

    孫に送る最期の言葉。 じじいは人生の最期にどんな言葉をプレゼントしたのか?

    読了目安時間:2分

    この作品を読む