文芸/純文学ランキング

  • 1位

    殺した幼馴染の弟に、脅迫されてます。

    ♡41,600

    〇30

    文芸/純文学・連載中・29話・85,104字 氷ロ雪

    2021年3月3日更新

    ある秋晴れの空の下、赤々と燃えるような紅葉を掻き分け、私は死んだ幼馴染の亡骸を埋めている。 違う。これは事故なのだ。 中学一年生の私は墓穴を掘り、喉に大きな穴の空いた幼馴染を埋葬した。 けど、その現場を見られていたのだ。 彼そっくりの顔をしたドッペルゲンガーに。 高校卒業を目前に控えた私の未来は恐ろしく不透明で。 歳下男子に弱みを握られた私になす術は無し? これは大好きな人を失った二人の喪失を埋める悲恋の物語、なのかも知れない。

  • 2位

    初めての創作物。強くて弱い、男の子の物語

    ♡11,350

    〇551

    文芸/純文学・連載中・28話・45,522字 あひなり。

    2021年3月3日更新

    このストーリーは実際に作者が小さな頃見た夢が元となっています。 そのまま中学生の頃にその夢の内容を元に小説として下書きし、それが発掘されたので投稿に至りました。 当時書いた文章をあえてあまり変えないようにして投稿しているので拙い部分など多々あると思いますがそれでも良ければ。(書き出しの部分は変更しました) ※奴隷制度のお話なので不快に思われる方は戻るボタンを押すことをおすすめします。 また、内容に1部暴力的なシーンや不適切な単語が含まれておりますが決してその様な行為を強要しているわけでは御座いませんのでご了承ください。 誤字脱字等は指摘して下さると助かります。

  • 3位

    むらもんたさんに脅されて書きました!

    ♡20,200

    〇91

    文芸/純文学・完結済・1話・1,486字 MUNNIN

    2020年8月22日更新

    むらもんたさんに脅されて書きました!(笑顔) タイトルもむらもんたさん指定です!(笑顔) こ、これでいいですよね…? いじめられませんよね、ぶたれませんよね。

    タグ:

    むらもんた

  • 4位

    さあ、おもしろくなってきた!

    ♡37,100

    〇255

    文芸/純文学・連載中・71話・83,658字 seokunchi

    2021年2月27日更新

    小槻先生のまわりで繰り広げられる様々な人間模様。 人は完璧じゃない。だからドラマが生まれるんだ。

  • 5位

    あらゆる困難を乗り越えて

    ♡40,600

    〇1,600

    文芸/純文学・連載中・4話・5,319字 文月伶架

    2021年3月2日更新

    自分を貫くことが難しいこの国で、私達は個性を殺されてしまう。 坂田陽奈もそのうちの一人だった。学生時代は尖っていたのに、いつの間にか「出る杭は打たれる」に従って丸くなっていたのだ。 しかし異端と呼ばれたある人との出会いによって徐々に自分らしさを取り戻してゆく。

  • 6位

    沈んでいく街でわたくしは手紙を書き続ける

    ♡1,000,000

    〇10,035

    文芸/純文学・連載中・37話・20,680字 紫乃

    2021年1月14日更新

    拝啓 親愛なる先生 カミサマからのお告げで、街が水没することになりました。 丘の上にあるこの家で、わたくしは最後の日まで貴方に手紙を書くことにしました。 表紙→椿木るり様(@ruri_tubaki )よりいただきました 二次創作→ https://novelup.plus/story/301483406

  • 7位

    企画もの第6弾

    ♡2,500

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・842字 暁月暖書

    2021年3月2日更新

    うめぇ~~~

    タグ:

  • 8位

    明けてほしくない夜もありますよね

    ♡9,100

    〇0

    文芸/純文学・連載中・10話・24,120字 幕(まく)

    2021年3月2日更新

    零時のイルカ。それは毎晩零時に開かれる、夢の世界への扉。 扉の向こうには管理AIのイルカさんや、昼間の世界で生きづらさを抱えた人達がいる。 現実では残せない生きた証を、ここに託していく人たちがいる。 そんな世界で「私」は今日も、息継ぎをする。 ※物語の都合上自殺などの表現が出てきますが、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

  • 9位

    呪われた子と呼ばれた少女は光を歌う。

    ♡5,300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・8話・40,910字 藍沢紗夜

    2021年2月20日更新

    稀有な白髪を持って生まれたこと理由に親族から迫害を受けていた少女・アリアは、彼女を案じた実の母親によって孤児院に入れられ、そこで育てられた。幼少の頃から歌の才能に秀でていた彼女は、やがて歌の道を志すようになる。しかし、髪色を理由に迫害された記憶は、彼女の心に重たい影を落としていて……。 架空の都市で展開する、少女の成長譚。カクヨムにも掲載しております。

  • 10位

    なにかを残せたらなと思います🌱

    ♡3,400

    〇110

    文芸/純文学・連載中・29話・51,781字 ウタ

    2021年3月3日更新

    「こんなにも何もない人間になるなんて思っていなかった」 生きづらさを抱え、希死念慮に押しつぶされそうになる日々。 親からの搾取に耐えかね、東雲海愛(しののめみあ)は風俗業界へと足を踏み入れた。 そこでも生きづらさは変わらず、海愛を支えるのは中学生の時に付き合っていた彼との思い出のみ。 彼と会えなくなった今、過去の悪夢と彼との思い出を行き来する。 そんな時、高校の同窓会が開かれることになり……。 「僕らみたいな人間は、いつまで誰かのサンドバッグでおればいいんやろうな」

  • 11

    家族大好き

    ♡32,200

    〇10

    文芸/純文学・連載中・42話・87,194字 レシェフ

    2021年3月3日更新

    当サービスをご利用の際の注意点は以下となります。 1つ、性的なサービスは一切行いません。 2つ、未成年キャストへの飲酒や喫煙などの助長。 3つ、キャストの個人情報の詮索。 4つ、感染症等を発症しているゲストへの対面でのサービス行使。 5つ、キャストへの暴力やサービス時間を越えての執拗な粘着、ストーカー行為。 6つ、当方が判断致しかねる希望設定でのサービスの行使。 7つ、法令に触れるような行為をキャストへの強制。 8つ、危険行為、キャストへの人権を無視したような発言や扱い。 9つ、高額すぎるキャストへのプレゼント等、サービス終了後にお返しさせていただく場合があります。 最後に、キャストを家族だと思わない方へのサービスの行使。 以上、これらの禁止行為の発覚、キャストからの報告があった場合、即刻サービスの中止、十倍の違約金の支払いを命じます。尚、注意点を侵した事により起きうるいかなる問題も当方は責任を一切負いません。あらかじめご了承下さいますようお願い申し上げます。

  • 12

    少年の感受性を追求した純文学

    ♡1,500

    〇0

    文芸/純文学・連載中・1話・1,403字 みらいつりびと

    2021年3月3日更新

    イギリスから新大陸アメリカへの旅立ちの物語。移住をめぐって家庭内が揺れ動きます。少年は未来に希望を見い出せるのか。令和3年3月3日から毎日連載します。全11回。

  • 13

    おっさん+カップ麺=純文学

    ♡102,800

    〇505

    文芸/純文学・連載中・21話・23,802字 檜慈里 雅

    2021年2月11日更新

    (表紙絵……夜叉姫様) おっさんはカップ麺に湯を注ぐ。今日も明日も。

  • 14

    愛詩輝は作家になれるのか。長編私小説。

    ♡43,000

    〇755

    文芸/純文学・連載中・35話・60,173字 みらいつりびと

    2021年3月3日更新

    愛詩輝は作家志望。私小説を書き始めた。

  • 15

    最近の世相に一言言いたいために書きました

    ♡28,300

    〇2

    文芸/純文学・連載中・188話・160,537字 Ash

    2021年3月3日更新

    つぶれかけの出版社(印刷会社)にある一通の手紙が来たところから、この作品は始まります。様々な人物が入り組むお話。昔はやった「携帯小説」が少しエッセンスとして入ってきます。よろしくお願いします。

    タグ:

    星座 携帯小説

  • 16

    この世で唯一の女として生きることは……

    ♡44,150

    〇330

    文芸/純文学・連載中・330話・490,654字 竹比古

    2021年3月3日更新

    今から一六〇年前、有害宇宙線により発生した新種の癌が人々を襲い、性染色体〈XX〉から成る女は絶滅した。 男だけの世界となった地上で、唯一の女として自らの出生の謎を探る十六夜司――。 わずか十九歳で日本屈指の大財閥、十六夜グループの総帥となり、幼い頃から主治医として側にいるドクター.刄(レン)と共に、失踪した父、十六夜秀隆の行方を追う。 司は一体、何者なのか。 司の側にいる男、ドクター.刄とは何者なのか。 失踪した十六夜秀隆は何をしていたのか。 柊の口から零れた《イースター》とは何を意味する言葉なのか。 謎ばかりが増え続ける。 そして、全てが明らかになった時……。 ※2012年1月4日~別PN別タイトルで小説家になろうに掲載していたものです。 ※現在はエブリスタ、アルファポリス重複投稿。 ※一部性描写(必要描写です)があります。苦手な方はご注意ください。

  • 17

    21

    私の処女作です。

    ♡8,200

    〇0

    文芸/純文学・完結済・21話・91,902字 吹田栞

    2021年3月2日更新

    【2021/03/02 21:00「第二十一章 21」をもって完結】 「死後の世界って信じますか」 急死した叔父さんのお葬式に、失意の中参列した佐々木康平、高校二年生。 そこで康平は、同じく高校二年生の上村栞と出会う。 栞に振り回されながらも、楽しいひと夏を過ごすことになる。 だが、夏はそれだけで終わらない。 死後の世界、魂の存在、生、そして死。 康平はやがて、深い深い闇にその手で触れる。 果たして闇に光が照らされることはあるのだろうか。 この夏は、きっと忘れられない夏になる。

  • 18

    手帳持ちによる手帳持ちの為の手帳持ちの話

    ♡67,000

    〇250

    文芸/純文学・連載中・34話・80,079字 生きるの辛之

    2021年2月25日更新

    ~障害者だって生きている。だいたい楽しく、時には寂しく~ 頭のネジを置いてきてしまった癲狂院乱子(てんきょういん らんこ)お嬢様と介護人のセバスチャンの日常系コメディです。 本作は手帳持ちによる手帳持ちの為の手帳持ちの小説でございますが、障害者でない方々にも楽しんでいただけたら幸いです。 精神障害者福祉手帳を活用したお得ライフや、障害者とそれを取り巻く人々の悲喜こもごもを明るくお伝えできればと思います。 「心と身体」フェアの為に書き始めた作品です。 「闘病の体験談を綴ったブログやエッセイ」と「病気や健康をテーマとした小説や詩などの一次創作作品」が悪魔合体しました。 本作品は障害当事者である作者の実体験を脚色したものであり、障害者を差別する意図はないことを前もってお断りさせていただきます。

  • 19

    デス・ゲーム開催!

    ♡5,600

    〇0

    文芸/純文学・完結済・37話・47,860字 桃太郎

    2020年10月20日更新

    こんなラノベ俺でも書ける。そう言う連中を100人集めて行うデス・ゲーム

  • 20

    輸送方法などに関しては諸説あります

    ♡2,500

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,509字 小欅 サムエ

    2021年2月7日更新

    バレンタインデーが行われるために必要なこと、ありますよね。

  • 2021年3月3日更新

    ▼旧タイトル名・風の気まぐれ、天のいたずら────《七重宝樹編》▼ 昨今、色々と思うところがありまして、この度、改題いたしました。 尚、空行あり・改訂版も、同時に継続連載中です。お好みでどうぞ。 ▼あらすじ▼ ほぼタイトルどおりの内容ですので、それほど書くことがありません。 鍛冶職人の長男として生まれ、テレビも無ければ未だに黒電話という、 驚愕に値するほど時代錯誤な家庭に育った立花天松(りっかてんま)は、 全国屈指の進学校・私立聖開学園高等部に通う、成績は下の下、卒業すら 危うい三年生。 ある日、天松は祖父の使いっ走りで、依頼主の屋敷を訪れた。 そこで予期せぬ人物と邂逅し、突然、昔ばなしを語られる。 内容は、日本人ならば誰もが知るであろう桃太郎。 が、始まって直ぐに、物語は支離滅裂な展開へ。さらに聞き進むうち、 それは旧家・西園寺に古くから語り継がれてきた【妖鬼】に纏わる伝説と 知る。 伝説。故に不明な点が多く、聞けば聞くほどに胡散臭い。 しかし、そこへ正体不明な美女六人が顕われたことで、そうした眉唾な 伝説が、一気に信憑性を帯びるのだった。 紆余曲折。妖鬼の世界へ乗り込むことを余儀なくされた天松は、頼れる 仲間と共に【七重宝樹】の顕現を目指す、怪異譚、歴史ミステリ(?)、 SFにファンタジーまでも盛り込んだ、何ともジャンル不明な小説です。 因って、ジャンルは文芸・純文学の、【文芸】を主とさせて頂きます。 ▼当作品について(※是非、ご一読ください)▼ 某出版社公募新人賞に、主題《風の気まぐれ、天のいたずら》を応募。 その一年後の舞台を《七重宝樹編》として連載開始。主題・本編を読まず ともお楽しみ頂けますよう、遅筆ながらも、全力で執筆しています。

  • 22

    力の抜ける話です。

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・2,644字 井端茶漉

    2021年3月3日更新

    喫茶店でモーニングを注文し、はたと気付く。金が無い。どうして金が無いのか。それをぐるぐる考える話です。

  • 23

    400字の掌編集です。

    ♡1,200

    〇0

    文芸/純文学・完結済・12話・4,818字 サトウ・レン

    2021年2月10日更新

    去年の終わり頃、【特定のワード】と【都道府県】を作中に入れて、旅をテーマ(これは絶対ではないらしい)にした400字以内のショートストーリーもしくはエッセイを書く、というコンテストに応募していて、その結果が先月頃に発表されました。惜しかったのか惜しくなかったのかは分かりませんが、とりあえず落選になってしまったので、こちらにも掲載することにしました。

  • 24

    僕はゲイで、彼はノンケで。

    ♡2,900

    〇0

    文芸/純文学・完結済・22話・96,761字 憂木 ヒロ

    2021年1月8日更新

    入学した高校で、僕は初恋の男の子と運命的な再会を果たした。 「同性愛者」の僕と、「異性愛者」の彼。 この恋は叶わないものだと理性では分かっている。けれど、僕の感情はどうしようもなく彼への恋慕を訴えてしまう。 これは僕の彼への恋についての記録。 「同性愛者」と「異性愛者」との関係について自分なりに考えた、一つの可能性である。 ◆主人公はめちゃめちゃ悩みまくります。途中、しんどいと感じられるような描写もあります。ただ、爽やかな読後感の残る最終話となっておりますので、どうか最後まで追っていただければ幸いです。皆様が「同性愛」を取り巻く現状について考える一助となれば、と願っております。

  • 25

    2021年1月4日更新

    日本のノストラダムスとも呼ばれる『預言者』は、偉大な真実の『預言』をして来た。 (個人情報保護の観点から実名削除。『預言者』とは、コードネームである。) 『預言者』によれば、世界の破滅は近いと言う。 しかし、恐れる事なし。我らには、『救世主』がいる。 勿論、『救世主』こそが、主人公だ。 そこで、世界連邦は、『救世主』に、護衛を付ける事にした。 が、世界連邦などと一括りに呼んでいるが、実は派閥争いが、絶えない。 そして、各派閥から1人ずつの護衛が、推薦され、充てがわれる。 結果、強制同棲生活が、始まった。 さぁ! 世界の破滅とは? 主人公の『能力』とは? 物語が、今始まる。

  • 26

    異能×女子高生。死神の目の使い方。

    ♡397,880

    〇2,912

    文芸/純文学・完結済・56話・239,777字 木立 花音

    2021年1月28日更新

    加護咲夜(かごさくや)、高校一年生。 彼女には、不思議な能力があった。それは、他人の寿命が〝年数〟で見えること。彼女には大きな未練があった。それは、寿命一年である事を知りつつ見過ごしたことで、とある女性を救えなかったことだ。 咲夜は高校の入学式の朝、屋上から空を見上げる男子生徒の姿を見かける。なんとなく視界の隅に入った彼、今泉京(いまいずみきょう)の寿命は──〝一年〟だった。 先輩が来年までに死んでしまう運命を変えられた時、私が背負った罪の十字架も下りるのかな? 次々現れる寿命一年の人物を救いながら辿り着いた世界で、ついに咲夜は彼の死の間際に直面する。 「先輩──!」 伸ばしたその手は届くのか──。 偽善か──それとも贖罪か。死神の目の使い方。 ※アルファポリス主催、第三回ライト文芸大賞最終選考作品。 ※読み手のネコ様のレビュー企画で、長編一位の評価を頂きました。 ※小説家になろうさんで、ジャンル別日間三位頂きました。 ※表紙用のイラストは、『SKIMA』を利用してmu様に、タイトルロゴは草食動物様に作って頂きました。 ※Part51の挿絵として、ミカスケ様のフリーイラストを使わせて頂きました。

  • 27

    色が見えない私が、しあわせの色を探す話

    ♡1,800

    〇0

    文芸/純文学・連載中・19話・59,337字 真愛

    2021年3月2日更新

    幼い頃に海難事故で姉を亡くし、色盲になってしまった不登校がちな少女、愛。精神的療養とモノクロな日常から離れる気分転換を兼ねて、母と担当医から海沿いの田舎町へ夏休みの間だけ移住することを提案される。 諦め半分、渋々承諾して訪れたのは、茄子紺色の髪が特徴的な三兄妹が住む家だった。容姿端麗で母性溢れる長女 古凪、人見知りだが活発な妹 涼風、そして無愛想に見えて実は面倒見のいい弟の涼が迎え入れる。 人付き合いも苦手で一日中緊張していた愛は、せっかく都会を離れたので夜に一人で散歩に出かけてみることに。そこで、古凪たちの友人だという男に出逢う。 色盲で色が見えないはずの愛の目に映ったのは、エメラルドグリーンに煌めく男の双眸だった。

  • 28

    3分であなたは何を思う?

    ♡400

    〇0

    文芸/純文学・連載中・3話・2,425字 かみひとえ

    2021年3月3日更新

    3分で読めるお話を集めた短編集です。 3分で読めるけど、あなたはお話を読み返さずにいられるでしょうか。 カップ麺の待ち時間に読んで、あなたのカップ麺が湯伸びすることを願っています。 この作品の一部は、『Prologue』にも掲載しています。

  • 29

    日常を書いてみました

    ♡23,500

    〇0

    文芸/純文学・連載中・19話・53,590字 daemon-bomb

    2021年3月2日更新

    何気ない日常。日常を文章にしてみたら。そんな気持ちで書いてみました。

    タグ:

    現代日本 日常

  • 30

    あたしは乳房を搾ってみた。これって一体?

    ♡300

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・523字 John 

    2021年3月3日更新

    あたしの下腹部がぽっこり突き出してきた これって妊娠 それとも想像妊娠 あたしは両手を這わせてそっと乳房を搾ってみた…

  • 31

    心を削り続けた人たちの人生

    ♡7,800

    〇105

    文芸/純文学・連載中・3話・12,861字 千鳥 涼介

    2021年3月1日更新

    心削れた時に、思い出してごらん―― 動物になぞらえた、心削る人たちの人生。 そして…… ※本作は超不定期更新です

  • 32

    愛されたくて淋しくて、自分がキライ。

    ♡100,100

    〇1,415

    文芸/純文学・完結済・59話・61,283字 春奈さくら

    2020年7月15日更新

    お兄ちゃんのことが好きで、尊敬しています。 パパとママのことはどう思っているのか分かりません。 自分のことはキライです。 いつも心配です。 お兄ちゃんに嫌われたらどうしよう。 冷たくされたらどうしよう。 誰からも愛されなかったら、どうしよう。 心が寒いので、温かいものを下さい。 ※不定期更新です。

  • 33

    絶世の美青年は惚れた男の傍で眠りたかった

    ♡32,200

    〇102

    文芸/純文学・連載中・249話・229,267字 静山 花輪

    2021年1月9日更新

    ※読者の皆様、これから読まれる皆様へ いつも、たくさんの応援スタンプ、メッセージ、応援ポイントやノベラポイントありがとうございます。皆様の優しさや心配りにいつも感謝し、また原動力になっております。もし、貴方様が私が貴方の素晴らしい小説を読んだ、そのお返しに無理に読もうとしている場合は、その必要は一切ございませんのでご安心ください。是非、執筆にそのお時間をお使いくださいませ。私は貴方様の小説の続きが公開された方がよっぽど嬉しいのです。 ※公開したまま編集・誤字訂正しています。 10/5 ※120ページまで編集しました(∩´∀`∩) ※今後の予定 12月は毎日更新します。ブックマーク登録してる方で通知不要の方は、『トップページ』→『マイページ』→『ブックマーク』→『通知OFF』を選択して下さいね~(●^o^●)毎日通知が来てうるさいかも~ 大手芸能事務所『光屋芸能企画研究所(光屋企画)』の光屋花太郎社長の引退に伴い、最後の仕事として若手俳優軍団『光花苑』を結成させる大規模プロジェクトが始まる。 『光花苑』に選ばれた6人のそれぞれの劣等感と渇望が絡み合い、ついには自我を失った美青年は悲劇に遭う。 社会には見目麗しい美青年を装い、振り返れば悲劇の青年の呪いの中を生きていかねばならなかった彼らは、逃げていたことから立ち向かうことでしか救われないと気付く。 『舞い落ちる美青年を見たのは誰か?』 『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』よろしくー!

  • 34

    前代未聞、数字を使った異能バトル!

    ♡220,700

    〇7,085

    文芸/純文学・連載中・30話・82,726字 九藤 朋

    2021年2月27日更新

    近未来。数字が偏重され「番号持ち」と呼ばれるごく少数の特異な人間が優遇される社会。 高校に通う蓮森数美は文学を愛し「番外」と目されて軽んじられていたが。

  • 35

    家出の原因はアポロチョコ

    ♡200

    〇0

    文芸/純文学・連載中・2話・4,991字 ぽんたしろお

    2021年3月2日更新

    母の静子が約束を破ったことに腹をたて、智子は家出した。家出して向かったのは、汽車で二駅のところにある祖父母の元に向った。一人で切符を買い、汽車に乗り、祖父母の家まで智子はたどり着く。祖父母の家は、文房具をやっている店舗付き住宅だった。 土間から居間に上がると、振り子時計、ちゃぶ台があり、菓子折りには煎餅が入っていた。

  • 36

    魔法社会で「あえて魔法を使わない」珈琲店

    ♡9,200

    〇0

    文芸/純文学・連載中・19話・45,950字 五水井ラグ

    2021年3月3日更新

    大企業の社長を父親に持ち、国立学園に首席で入学、誰が見ても幸せな少女はその日飛び降りるためのビルを探していた。 導かれるように偶然見つけたのは、悩みを抱えた人々がふらりと集まってくる不思議な珈琲店だった。 ――魔法を使うのがあたりまえになった世界で、「あえて魔法を使わない」レトロな珈琲店。詩のようなファンタジーです。 ◆ 【キャラクター設定協力】 ・水玉風花さま(ユアン) ※本作は自殺や自傷行為を推奨するものではありません。 【参考文献】 ・田口護、旦部幸博『コーヒーおいしさの方程式』NHK出版 ・丸山健太郎『珈琲完全バイブル』ナツメ社 ・山田栄『知る・味わう・楽しむ紅茶バイブル』ナツメ社

  • 37

    2人のアンドロイドの少女が恋を知るまで

    ♡33,800

    〇20

    文芸/純文学・連載中・22話・36,574字 法田波佳

    2021年3月1日更新

    できる限り人間に似た、自分を一途に愛するアンドロイドを作って欲しい。そんな購入者の要望を聞き作られたアンドロイド・ソニアは、主人亡き後、開発者に引き取られ、研究所で暮らしている。 ある日、いつも通り所内の掃除に勤しんでいたソニアは、いつもは閉まっている部屋の扉が開いていることに気づく。立ち入りを禁じられた部屋。そこには、水槽の中で揺蕩う白い少女がいた。客の要望で、感情を持たないただの美しい少女として作られた彼女は「エンプティー」と名付けられ、納品の日を待っている。 埋め込まれた亡き主人への恋心に悩む少女と、感情を持たない空っぽの少女の恋の物語。 ◎百合要素を含みます。 エブリスタ、小説家になろうにも投稿しています。 毎週月曜日の夜に更新予定です。

  • 38

    文字の魚のコンテスト・海と船の発表会

    ♡6,900

    〇20

    文芸/純文学・完結済・1話・1,799字 船長

    2020年9月22日更新

    函館時代の実体験

  • 39

    大切なあなたへ

    ♡8,300

    〇110

    文芸/純文学・連載中・2話・4,474字 日暮なずな

    2021年2月28日更新

    大好きな親友へ贈る手紙。 母と子が迎える夜明け。 あの夏の日に飲み干したラムネ。 百人一首をモチーフにした、いつかの時代のだれかのお話。 これは、あなただけに贈る物語です。 △▽△▽ 毎週水曜日と日曜日、20時更新予定。

  • 40

    なぜ生きるのか?

    ♡36,800

    〇85

    文芸/純文学・完結済・28話・24,033字 人形使い

    2020年10月18日更新

    そこは「激霊の島」と呼ばれている。 現代文明から隔絶されたとある村では、島の激霊を鎮めるための儀式を密やかに行っていた。儀式の一切を決して他言してはならない。決して村外に知られてはならない。村の中だけの秘密の儀式である。 今年の大役を委ねられた玄と桜は、来る日に向けて儀式の準備を粛々と進めていた。 儀式の秘密を、それぞれの秘密を胸に抱えながら・・・

  • 41

    仮初めの恋人から──真実の愛へ

    ♡86,100

    〇3,480

    文芸/純文学・完結済・31話・148,901字 木立 花音

    2020年5月2日更新

    『怠惰』にして『無感情』。 他人に対して一切の興味、関心を示さない高校生、高畠智也(たかはたともや)。彼は、繰り返し同じ夢を見ていた。 それは、二年前、犯罪に巻き込まれて命を落とした”仮初の恋人”、藤堂栞(とうどうしおり)と海で過ごした最後の日の夢だ。 どうして同じ夢ばかり見るのか……。首を傾げる彼の前に現れたのは、藤堂と瓜二つの外見を持つ転校生、柚木栞(ゆずきしおり)だった。 柚木は彼に、『また、運命の人と出会えるといいね』と告げた。 柚木と出会った日の翌朝。自分が二年前の世界にタイムリープしている事実に気が付いた智也。 藤堂栞がまだ生きているその世界で彼は、彼女との恋人関係をやり直し、彼女が死ぬ運命を回避する方法が無いか、と模索を始める。 彼女は何故絞殺されなければなからなかったのか? 何故、二度目の世界で藤堂栞の行動にだけ変化が生じているのか? 数々の謎をはらんで始まった二度目の平成28年、夏。 ──それは、数奇で残酷な運命によって彩られた、長い、長い、夏の始まりだった。決戦の日は、藤堂栞の命日──八月四日。 ※表紙イラストは、西畑様に描いて頂いた藤堂栞です。最高に可愛いです。ありがとうございました!

  • 42

    現役介護士が、介護士の日常を描きます。

    ♡78,400

    〇597

    文芸/純文学・連載中・79話・135,296字 初雪奏葉

    2021年3月1日更新

    「新卒の子を一人前にすることができたら、辞めて良いわよ」 『給料が低い』『割に合わない』――。 そんな思いから辞職を申し出た浩司に、上司はそう言った。 春、介護に夢を抱く新卒社会人、駿介と、介護の厳しさを知る介護士、浩司が出会う。 二人の出会いが、お年寄りたちの運命を変えていく。 重度の認知症を患うお年寄りとのコミュニケーション……。 お年寄りの送り迎えを行う『送迎業務』の難しさ……。 お風呂嫌いなお年寄りとの闘い……。 人手不足と言われる介護職の日常を、現役介護士が描きます。 ※残酷な表現等はなるべく避けますが、『介護』が苦手な方はご遠慮ください。 2021年1月4日より、第二部開始です。 第二部、『結ーユウー、夏編』 お楽しみに!! (小説家になろうでも公開中です)

  • 43

    父の告白に娘も告白で返す。怖い純文学。

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,691字 宵野暁未 Akimi Shouno

    2021年3月1日更新

    キーワード「恐怖」「告白」「チョコレート」第5弾、恐縮です(^^ゞ 敦子は、幼い頃から父の暴力を受けていた。 母は行方不明。 父のコーヒータイムには好物のチョコレート。 或る日、父は1本のビデオテープを残して姿を消した。

  • 44

    LGBTQのG。憎からずな二人について。

    ♡1,250

    〇0

    文芸/純文学・連載中・20話・3,763字 もペ

    2020年7月26日更新

    さく、さく、さくっと掌編ですらなく一口サイズでひたすら描写です。恋愛というより、定義へのささやかな反発というかんじでしょうか。 LGBTQというか、性別・男がふたりってだけかもしれません。 (追記)せっかくなので、いずれはLについても書いてみようと思います。

    タグ:

    性的倒錯

  • 45

    SSの集まり。

    ♡18,600

    〇0

    文芸/純文学・完結済・10話・17,299字 御 一

    2021年3月2日更新

    ぽっと浮かんだり、昔のから引っ張り出してきたり、短いものの集まり。 ※連載没頭中の為、一度完結にしておきます。

  • 46

    初投稿。何卒。

    ♡100

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,983字 左右田

    2021年3月2日更新

    これは、ただの日記にすぎないもの。

    タグ:

    全オン祭小説

  • 47

    旅涯ての 彼岸より見る「生」の曙光

    ♡118,440

    〇3,330

    文芸/純文学・完結済・78話・363,408字 八野 歩

    2021年2月27日更新

    「夢」に縛られた不老不死の人々『イモータル』が織りなす、古代から現代へまたがる時を超えた群像劇。 ※改行が少なめなので、お読みの際は縦組み表示の方が読みやすいかもしれません。 《あらすじ》 紀元前の古代ギリシャ。暁の浜辺で、物憂げな青年は不思議な赤毛の娘と出逢う。惹かれ合った二人は夜明け前の一時だけそこで語らい、次第に心を通わせていく。 時は下り現代のアメリカ。永遠の眠りに就いていたはずの『イモータル』の女が突然に覚醒する。再び目覚めた理由を探し求めながら、彼女は数奇な巡り合わせの中で異能の人々『ギフテッド』の若き娘に自らの不死の血を分けることになる。 ある老賢は若き娘に言う。不死の者達に安息が訪れるには、「満ちる」か「尽きる」か、二つに一つと。夢叶い満ちる者、夢破れ尽きる者。永遠の夢追い人となる定めの中でもがき続けてきたイモータルたちの終わらぬ夜は、東の水平線に新たな暁光を待つ。 永遠にも思える平穏な日々の中で、ひそかに暗い影が揺らぐ。各地の予言者達が世界の終焉を不吉に告げる中、過去と現在を伸びる二本の糸が時を越えて交わり、もつれ、やがて一つとなって未来を紡ぐ。

  • 48

    無力な「私」は、海の底へと死に沈む。

    ♡10,800

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・540字 n00ne

    2021年2月24日更新

    或る絵から着想を得て。 ※こちらは、船長さんの自主企画『海と船の発表会』参加作品です。ありがとうございました! ※また、別の企画への参加作品でもあります。詳細は後日に発表致します。 ※純文学ジャンル日間で2位になりました!お読み頂き、何かを感じて下さった皆様、ありがとうございました!

  • 49

    私は一体何者なのだろう。

    ♡200

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・468字 カフェインザムライ

    2021年1月23日更新

    姉妹百合です。誰がなんと言おうと姉妹百合です。

  • 50

    自分の記憶と引き換えに…

    ♡119,504

    〇285

    文芸/純文学・連載中・280話・354,439字 伊志田ぽた

    2019年10月16日更新

    大学入学を機に、田舎から都会へと越して来た神前真。 履歴書も面接もなく、助手という肩書でのアルバイトとして雇われることになったそこは、他人のツギハギな記憶を繋ぎ合わせて提供する、記憶堂なる隠れたお店。 加えて店主の桐島藍子も、見た目特徴は穏やかながら、一度見たもの聞いたものなら、記憶の奥底に潜んでいるものでも自在に引き出すことの出来る“図書館”の持ち主だった。 感心する真だったが、そんな人並み外れた能力にも『自身に関する記憶』を一つ忘れるという鍵がかかっていることを知ってしまう。 依頼、という形で人助けをする内、少しずつ記憶を失っていく藍子に、まことは……?

  • 51

    1つの物語にされた物語達のはけ口

    ♡5,600

    〇0

    文芸/純文学・連載中・47話・80,204字 神秋路

    2021年2月27日更新

    こちらはこれまでの人生で書いてきた小説の中で、没にされたもの、また没にされて1つの物語にされてしまった物語達の溜まり場です。 息抜きに少しずつご賞味あれ。

  • 52

    同期の人たちがどんどん辞めてっちゃう…泣

    ♡200

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・600字 たいせー

    2021年2月28日更新

    社会人ってなんなんだろう。 自動的にそれにされるのに、なったらなったでいきなり重たい枷を背負わされる。 本当にふざけてるよね。 あなたもそう思うでしょう?

  • 53

    チョコレート。あなたと同じ。

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・完結済・2話・7,541字 メロ

    2021年2月12日更新

    ある日、兄に犯された妹のお話。 ・過去作の転載。 ・「チョコ」「恐怖」「告白」をストレートには使用しておりません。 ⚠︎この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

  • 54

    すこしの引っ掛かりの、でもその大きさとか

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・6,621字 海乃うに

    2021年3月1日更新

    アンティークの指輪、蝉の抜け殻、ネクタイピン、万年筆……。言い訳展示室に並べられた物にはそれぞれメッセージが込められている。そのメッセージと向かい合い、ふさわしい場所に並べるのが、ここで働く私の仕事だ。 ある日、言い訳展示室に職場体験の中学生がやってきた。彼女の見事な仕事ぶりに、私はこれまでずっとひとりで抱えていた言い訳を聞いてもらおうと決意する。 ◇ ◆ ◇ ◆ 別サイトの企画用に書いたものです。 企画の開催期間が終了したので、こちらにものせてみようかと思います。

    タグ:

    日常

  • 55

    今日は何の日?

    ♡2,600

    〇0

    文芸/純文学・連載中・26話・24,605字 胡桃ゆず

    2021年3月2日更新

    Twitterで毎日書いている空想日記をまとめたもの第二弾です。 今回は、その日の記念日に沿って掌編を書いています。

  • 56

    貴女は私を壊す。貴女は私が壊す。

    ♡26,000

    〇15

    文芸/純文学・連載中・18話・51,304字 Soakage

    2021年2月15日更新

    愛と呼ぶには息苦しく、恋と呼ぶにはときめかない。 友情にしては敵意が過ぎ、絆であるなら断ち切りたい。 憎悪の割に親しみ深く、殺意を以ても未練が残る。 心の余りに多くを占める、苦しく、醜く、愛おしい感情。 そんな名前のない感情に振り回される女たちの物語。 Twitter企画「#殺伐感情戦線」投稿用の殺伐百合掌編集。

  • 57

    藍。青より濃く、紺より淡い。

    ♡372,400

    〇2,160

    文芸/純文学・完結済・42話・118,589字 椿木るり

    2021年1月30日更新

    蝦夷梅雨も終わりかけの北の大都会・札幌。休学中の美大生である宇津木詩音はこの街で酒と性に溺れる生活を送っている。ある日、詩音は不倫相手の内田恭子に連れられて行った居酒屋で浅村佳澄と出会う。そこで忘れてしまったライターを返され会話をした日からしばらくの後、土砂降りの中で傘も差さずに立ち尽くす喪服姿の佳澄を見つける。 詩音は幼少期に一冊の画集を手にしてから降り頻る雨の中でキャンパスに描かれる少女性を見つめ続けていく。佳澄、恭子、妹の詩乃、そして真珠の耳飾りの少女。 これは宇津木詩音が画集を手に入れてから手放すまでの、そして詩音が描く少女たちの物語。 「君と見た夏の海」 第一景 ※作中には一部、未成年者の飲酒・喫煙・不純異性交友シーンが含まれますが、それらの犯罪行為を助長する意図はありません。あくまでも小説上の演出であることをご理解ください。

  • 58

    マジック・ナイフのエンマ

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・3,561字 文野麗

    2020年11月26日更新

    賞金稼ぎのジョゼフが酒場で出会った有名な女エンマは不思議なナイフを持っていて……。

  • 59

    老いらく者が見た未来(ゆめ)とは?

    ♡5,200

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,588字 虎口兼近

    2020年8月24日更新

    面白い小説は、売れるのか? 売れた小説が、面白いのか? 面白い小説でも、売れなかったら、続巻出ずに打ち切りだよね(理想は優しく、現実は厳しく世知辛いよね)? 理想と現実のバランスを、結果で全て覆す男の【覚悟と行動】の物語。ショートストーリー作品コンテスト【テーマ:夢】の応募作品。●八月二十六日の文字数カウントの仕様変更により、文字数に余裕が出来ました。其処で、応募終了まで、常時修正加筆していきました。日々進化(退化も有り得る?)する短編小説が在っても、良いじゃないか!? スットボケな作者は、作品に愛を注ぎ続け、大輪の華(受賞)を咲かせる事が、出来るのか、乞うご期待下さい! 完結しているのに、レベルアップするって、完結詐欺だと作者が思っている事は内緒です(スットボケ)! 【九月三十日の三十六段階最終進化完了済!】

  • 60

    短編集です 

    ♡16,900

    〇5

    文芸/純文学・連載中・50話・143,759字 押利鰤鰤

    2021年2月16日更新

    いろいろなところに投稿した作品集 2021/02/16 第14回文藝マガジン文戯杯 「花言葉」参加作 第50話 「クローバー」追加 第13回文藝マガジン文戯杯 「結晶」 第二位 第49話 「ほろ苦く、甘酸っぱい」更新

    タグ:

    短編 文戯

  • 61

    ごめんね。私の涙は恥ずかしがり屋なんだ。

    ♡56,200

    〇1,980

    文芸/純文学・連載中・18話・30,206字 亜房(あぼう)

    2021年2月14日更新

    貴女の掌に踊らされる画家のお話。 『貴女の掌の上で踊っても良いけれど、釈迦の掌より、貴女の掌は気持ちよく踊らせてくれるのかな?』 イラストは探求快露店さんから頂きました。

    タグ:

  • 62

    ふたりの彼と純粋な愛を貫く物語

    ♡55,400

    〇500

    文芸/純文学・完結済・30話・63,896字 桜 透空

    2020年4月28日更新

    【あらすじ】 高校3年生の小波は、太陽の陽ざしを浴びようと一生懸命に顔を上げる向日葵たちが咲く校庭の花壇にいた。同じ学年の彼、水瀬彗は小波の隣でロングの黒髪をすくうようにして撫でている。朴訥で口下手な彼の一風変わった愛情表現だ。小波を中心に大きく動き出す波。愛することを決してやめなかった小波。幾つもの世界が織りなす恋愛ファンタジー小説です。 【主な登場人物】 〇奏 小波(かなで こなみ) 大手ホテルのスイーツ部門にてパティシエとして働く、25歳独身女性。 無類のスイーツ好き。 〇水瀬 彗(みなせ すい) 身長186cm、普段は朴訥で口下手。趣味はカメラ。 好物はフライドポテトとブルーベリータルト 〇愛田 彗(あいだ すい) 身長180cm、20歳。 カフェmy preciousでアルバイトする製菓専門学生 〇姫野 紡(ひめの つむぐ) 水瀬 彗の親友。 持ち前の明るさで人気者。誰よりも彗のよき理解者でもある。 〇南 真白(みなみ ましろ) 小波の高校時代の親友。 明るくて頼りにされ、男女問わず人気がある。 〇藤間 雪夜(とうま ゆきや) 小波と真夏と同期入社し、同じスイーツ部門で働く、25歳独身男性。 普段はおっとり癒し系。小波に密かに想いを寄せている。 〇倉田 真夏(くらた まなつ) 小波とは製菓専門学校時代からの級友で、同じスイーツ部門にてパティシエとして働く、25歳独身女性。 星矢先輩に密かに好意を抱いている。 〇星矢 悠陽(ほしや ゆうひ) スイーツ部門の小波や真夏達の二つ年上の先輩パティシエ、27歳独身男性。 後輩の小波を気にしているが、その振る舞いは誰にも悟られていない。 「短編・中編集 恋音~koioto~」 こちらには章ごとにまとめていますので、一気読みしたい方はこちらからどうぞ。 https://novelup.plus/story/382264702 twitterアカウント @_a_cherry_tree 桜 透空

  • 63

    「いみじき」の訳は皆様が付けて下さい😖

    ♡2,493

    〇0

    文芸/純文学・連載中・3話・45,442字 野神 真琴

    2020年4月7日更新

    長ったらしい短編集です( *´艸`) ①春青 妄想少年の正念場 ②逐電 不道徳的逃亡のすゝめ とりあえず、この2つをアップします。 一応、⑤までは用意しております😾

  • 64

    毎日書いて練習するのだ

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・連載中・14話・14,942字 KKK

    2021年3月3日更新

    毎日千文字の文章を書くだけ。でも毎日続ければ36万5千文字だ!

    タグ:

  • 65

    夏が終わらない、理由はわからない

    ♡2,100

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,939字 Wkumo(湖無カー)

    2021年3月1日更新

    もうとっくに大人なのに夏が終わらない話です。

  • 66

    愛されなくていい。必要として欲しい。

    ♡400

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・400字 淡月悠生

    2020年10月23日更新

    新アカウントフォロワーさん400人記念の作品です。 400文字で綴る、ある失恋のお話。 なお、登場人物の性別は特に決めておりません。

  • 67

    夏っていうのは、思い出がありすぎるんだ。

    ♡7,200

    〇22

    文芸/純文学・完結済・1話・4,423字 Trevor Holdsworth

    2020年8月19日更新

    【ののあ様主催の自主企画「あの夏コン」参加作品】 最初から、なかったはずの夏の到来を誰にも止められはしなかった。 空白の夏を過ごすとき、夏の思い出が溢れ出てきた。滴いっぱいの記憶が。 夏っていうのは、思い出がありすぎるんだ。

  • 68

    令和日本版・『あしながおじさん』です。

    ♡6,800

    〇0

    文芸/純文学・連載中・11話・82,977字 日暮ミミ

    2021年3月1日更新

    現代の日本。 山梨県のとある児童養護施設に育った中学3年生の相川愛美(あいかわまなみ)は、作家志望の女の子。卒業後は高校に進学したいと思っていた。でも、施設の経営状態は厳しく、進学するには施設を出なければならない。 そんな愛美に「進学費用を援助してもいい」と言ってくれる人物が現れる。 園長先生はその人物の名前を教えてくれないけれど、読書家の愛美には何となく自分の状況が『あしながおじさん』のヒロイン・ジュディと重なる。 春になり、横浜にある全寮制の名門女子高に入学した彼女は、自分を進学させてくれた施設の理事を「あしながおじさん」と呼び、その人物に宛てて手紙を出すようになる。 慣れない都会での生活・初めて持つスマートフォン・そして初恋……。 戸惑いながらも親友の牧村さやかや辺唐院珠莉(へんとういんじゅり)と助け合いながら、愛美は寮生活に慣れていく。 そして彼女は、幼い頃からの夢である小説家になるべく動き出すけれど――。 (原作:ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』)

  • 69

    これは、愛よりも深い愛の物語

    ♡51,799

    〇146

    文芸/純文学・完結済・65話・108,473字 レモン香ノ蘭

    2021年2月21日更新

    腐り切った僕の前に現れたのは、僕のことをよく知るストーカー少女でした。 貴方の前に現れた私をストーカー呼ばわりする貴方は、まだ何一つ真実を知らない。 私が真実を話したとき 僕が彼女の真実を全て知ったとき―― 世界で一番純粋な呪いと、切なくて優しい魔法が解かれる。 ※8年越し~(以下略)というタイトルから 『ぷりんの真実〜呪いと魔法が解けたとき、キセキが僕等を包み込む〜』に変更しました。こ

  • 70

    只の日本人(自称)、草薙悠弥。ゆるい。

    ♡7,600

    〇0

    文芸/純文学・連載中・10話・5,586字 仮名・ザ・フリーダム

    2021年2月7日更新

    草薙悠弥、飯を食べる

  • 71

    女の子たちが生きる話です

    ♡1,500

    〇0

    文芸/純文学・連載中・5話・21,060字 横山すなお

    2020年8月31日更新

    みんな別々の人生を歩んでいます。違う価値観で、異なる景色を眺めています。だから知らないこともたくさんあるのです。 この作品は「小説家になろう」でも掲載中です。

  • 72

    夢コン中間選考通過作

    ♡6,200

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,599字 縞杜コウ

    2020年8月21日更新

    探偵を志す在松智恵華との交流を経て、夢を見つけた主人公のお話。

    タグ:

    探偵 AMG夢コン

  • 73

    彼女の言葉は、僕の花を変えてくれた。

    ♡50,350

    〇100

    文芸/純文学・連載中・10話・43,154字 ちづこ

    2020年8月6日更新

    ――時代は1939年 (昭和14年) 葉月のある日、主人公である菊之助は四年前に亡くなった幼馴染で許嫁である、みよ子が何故か見えるようになる。 菊之助は亡くなった彼女が現れたことを戸惑いながらも、昔のようにみよ子に接していく。――自分の所為で彼女は死んだと自身を責めながら。一方、みよ子はそんな菊之助に想いとひとつの願いを抱いていた。 葉月に長月。霜月に師走。弥生に卯月。 月や時間が過ぎ去ると共に、やがて時代は戦争時に移り変わり、菊之助も兵隊として戦うことになってしまう。 ――四年前に止められていた二人の間を繋ぐ花が、今ゆっくりと開いていく。 * 時代背景は昭和時代ですが、昭和時代の知識はあまり深く問いません。 * 新しく書き直しました。ご迷惑をおかけします。 * 更新をお休みしています。勝手な話ですが、ご理解宜しくお願いします。申し訳ないです。

  • 74

     

    ♡700

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・4,531字 Jy

    2020年7月18日更新

    自宅のアパートが面した川沿いの道から東に五、六〇メートル行ったところの一軒家にひとりの死に損ないの老人が暮らしている。

    タグ:

  • 75

    いろんな作品があります。

    ♡300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・7話・14,998字 吹田栞

    2021年3月2日更新

    こんにちは、吹田栞です。今後はこちらの方で活動したいと思っています。ですが、今までの作品を投稿しないのはもったいないので、短編集という形にしました。ごちゃまぜですし、一個のアイデアを伸ばしたものも多いですが、楽しんでいただけるなら幸いです。

    タグ:

  • 76

    僕は何をすればいいのだろう

    ♡12,000

    〇0

    文芸/純文学・完結済・2話・3,640字 キノハタ

    2021年2月27日更新

    死ぬ勇気があればなんでも出来る。 なるほど。なんでも出来るのか。 じゃあ、死ぬか。

  • 77

    過去の罪に似た赤ん坊を拾う(BLフェア)

    ♡11,600

    〇0

    文芸/純文学・連載中・4話・13,780字 孫野ウラ

    2021年2月27日更新

    【BLフェア2020参加作品】 ※『痕の境』、『咎の痕』の後日譚にあたります。 雪の森で拾った赤ん坊の顔には火傷があった。 キヨヒコはかつて人を殺し、その死体を隠した屋敷に引きこもっている。 他人を遠ざけてきたキヨヒコだが、孤児院に引き取られた赤ん坊が10年後、ここで働かせて欲しいと訪ねて来る。 キヨヒコを無邪気に慕う少年は、どこか、かつて殺した青年に似ていた。

  • 78

    鳥籠の中の鳥は飛ばない。

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・44字 かみひとえ

    2021年2月25日更新

    鳥籠の鍵は開いている。でも鳥は飛び立たない。

  • 79

     陰キャ青春コメディです

    ♡2,900

    〇0

    文芸/純文学・連載中・9話・26,188字 甲野

    2021年2月21日更新

    「童貞臭きついです」 大学の文芸サークル「蓼食う虫」の感想箱に寄せられた一行の感想。このたった一行の文章に僕たちは悶絶した。誰一人この言葉に反論できなかったのだ。何故なら僕たちは足立以外はみんな童貞だったし、足立は文学部の文芸サークル部員のくせに絵しか描かない男だった。 童貞の文芸は女の子に受けない。この残酷な現実を突きつけられた僕たちはついに立ち上がる。童貞臭を消してよりよい作品を描くために、新入生をサークルに勧誘するために、そして何より童貞を捨てるために。

  • 80

    一期一会

    ♡20,300

    〇340

    文芸/純文学・連載中・18話・21,980字 seokunchi

    2021年1月29日更新

    メディアには一切露出しない隠れ家的なカフェ『ラ・フォレ(la forêt)』は、その名のとおり森の中にある。 このカフェでそれぞれが過ごす時間......。 短編集です。

  • 81

    その死は幸福だったのか

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・3,571字 淡月悠生

    2021年1月21日更新

    死にたくなったので書き殴りました

    タグ:

  • 82

    純文学的なものに挑戦したいです。

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・連載中・5話・11,646字 猿戸柳

    2021年3月2日更新

    小さい皿の様な緑色の蓮達を眺めていると、一つだけ、白い色をした皿が彼の目にとまった。 短編の予定で書いていきます。小説家になろう、エブリスタ、ノベルアップ+で掲載させて頂いております。

  • 83

    ある、冴えない男の雨の夜

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・6,180字 朝枝 文彦

    2021年2月28日更新

    スポットライトを浴びる事に憧れる中年男。 はからずもステージに上がる事になってしまうが・・・。

    タグ:

  • 84

    雪降る夜のような600-800字の短編

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・連載中・7話・4,581字 染井雪乃

    2021年2月19日更新

    毎日一つ、600-800字の短編を書く。

  • 85

    一番最初に書き始めた長編小説です。

    ♡41,000

    〇5

    文芸/純文学・完結済・209話・596,563字 谷内 朋

    2020年8月28日更新

    半世紀の歴史を受け継ぐ若者たちの奮戦記です。 創業五十年を迎えたものの、経営者の高齢化によって閉館が決まっていたペンション『オクトゴーヌ』 そこに最後の客としてやって来た若い男性に興味を示し、閉館を撤回して後継を託す。 それから一年半後、先代経営者が亡くなって程なくリニューアルオープンを迎え、様々な人々と関わり合いながら少しずつ地域に根付いていく。 *2020/08/28/17:00をもって完結致しました。 他サイトでも掲載中です。

  • 86

    妹がバレンタインチョコをあげる姉妹百合

    ♡1,921

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・4,745字 神薙 羅滅

    2019年7月28日更新

    お姉ちゃんのことが大好きな妹が、手作りチョコレートにこっそり血液をまぜまぜして、バレンタインのプレゼントに! 妹血液の深い味わいに、お姉ちゃんが知らず知らずに夢中になっていくおはなし。

  • 87

    人生は甘くて苦くて辛い

    ♡2,200

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・7,341字 片栗粉

    2021年2月21日更新

    ぐちゃぐちゃだったあたし達は、二人一緒にいて初めてその形を保っていられたんだ。 チョココン滑り込み突貫作品です。 ダークでしんどい描写があります。

  • 88

    蔵書を貸し借りする、そんな仲。

    ♡13,000

    〇0

    文芸/純文学・連載中・5話・11,862字 ちょろけ

    2021年1月9日更新

    同じくらい活字狂いで、同じくらい潔癖な二人は、今日も互いの本を貸し借りしている。 全年齢BLのつもりでしたが、男×男でも女×女でも成立する作品に仕上げました。キャラクターの性別はお好きなようにお考えくださいませ。

  • 89

    それは一瞬の出来事で、美しく残るもの。

    ♡54,400

    〇620

    文芸/純文学・連載中・31話・54,194字 ななさん

    2021年1月7日更新

    それは一瞬の出来事で、美しく人々の心に残るもの。 この短編集は、どこかで暮らす人々の、日常の中の一瞬を切り取った作品が集まります。 時に漣に消えゆくように、朝焼けの儚い光に照らされるように、か細い音色が織りなす音楽のように、そんなお話を載せていく予定です。 ※こちらは独立した物語の掌編集となっていますので、気になったタイトルからお読みくださって大丈夫です。 ※過去にノベルアッププラスに投稿した作品を、加筆修正し再掲する作品もございます。

  • 90

    1~3分で読みきれる朗読作品集

    ♡100

    〇0

    文芸/純文学・連載中・23話・7,675字 樹(いつき)@ituki_0505

    2020年12月15日更新

    動画・音声投稿サイトに使用して頂ける場合は、性別変更(作品によって変更不可)や方言などの多少のアレンジはokですが、大幅なアレンジや台本の世界観をぶち壊すようなアレンジやエフェクトなどはご遠慮願います。 かなりの人数の方からDMやメールで「台本お借りして良いですか?」という問い合わせを頂きますが、台本の使用許可・使用報告は不要です。 ご一報頂けるのでしたら事後報告で充分です。(15時~25時) その際は読み手様のお名前、ツイッターアカウント、投稿して下さったサイト名とURLを明記の上、 私のツイッター(@ituki_0505 )のDMか ituki_505@yahoo.co.jp にご一報下さい。聞きに伺います。 私のツイッターアカウントから宣伝ツイートやリツイートもさせて頂きます。 またYoutube等の動画投稿の際には、樹のツイッターアカウント@ituki_0505 を記載して頂けると嬉しいです。 ツイキャス、Lispon、spoon、nana、Youtube、Writone(ライトーン)、HEAR等にて多数ご利用頂いております。

  • 91

    17の短編小説があります。

    ♡9,200

    〇0

    文芸/純文学・完結済・17話・13,484字 櫻居 惠

    2020年10月26日更新

    2020.08.18 日間4位 閲覧ありがとうございます! 800字程度の作品を、できる限り書いてみます。 テーマも内容も統一しません。注意が必要な作品は、各作品タイトルとの前書きでお知らせします。 Twitterで見かけたものを、自分なりのやり方とペースでやってみます。 17作品で終了します。 自サイト「さくらの森 別館」へ転載するため、「ノベプラオンリー」タグを削除しました。

    タグ:

    800字

  • 92

    練習用に書いた掌編小説を纏めました。

    ♡100

    〇0

    文芸/純文学・完結済・14話・10,181字 未楽/みらく

    2020年10月18日更新

    文章の練習に書きました。ショートショートよりも短い掌編小説です。 必ず原稿用紙2枚の中に収めています。

    タグ:

    練習用 掌編

  • 93

    伝われ、同志よ。同じ悩みを持つ者へ……

    ♡50,400

    〇0

    文芸/純文学・完結済・30話・45,908字 高柳神羅

    2020年4月18日更新

    鳴かず飛ばずの作品ばかりを書いている万年底辺作家の川崎類。彼は六条葵という名前でWEB小説投稿サイトで活動していた。 彼が普段の通りに小説を書いていると、突如として頭の中に響く声が── 「そんなに気を張ってないでさ、肩の力を抜きなよ」 彼の中に現れた、もう一人の自分、アオイ。 彼はアオイに「何故自分は小説を書いているのか」と問いかけられ、それまでの小説家としての行動を振り返ることになる。

  • 94

    第一回百合文芸小説コンテスト最終選考作品

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・完結済・4話・6,854字 ヒダマル

    2019年10月2日更新

    お母さんが自殺した。 お父さんは家出した。 タチの悪い両親がいなくなったことにより、むしろ生活が楽になった女子高生の椎名そら。自分が彼らのようになる前にと、誰にも言わずに首吊り自殺の準備を進めていた。 秋の半ば、場所の下調べのため夜の公園にいたところ、不可思議な喋り方をする女の子に声をかけられる。 コミック百合姫×pixiv「百合文芸小説コンテスト」最終選考作品。

  • 95

    だから、私達は増殖し続ける。永遠に。

    ♡6,200

    〇0

    文芸/純文学・連載中・99話・10,471字 高橋末期

    2021年3月3日更新

    ツイッターで書いていた大体百文字ぐらいの即席百合です。CM感覚でご覧ください。

  • 96

    芸術家が崩壊し、再生していくまでの記録。

    ♡9,200

    〇14

    文芸/純文学・完結済・14話・35,597字 岸谷メルカ

    2021年2月28日更新

    はっちゃん。 俺にとっては憧れで、理想で、全てを持っていた男だった。 ゲイバーで拓哉は高校時代の友人 三木 春光(はるみつ)と再会する。 懐かしさから再び交流を重ねる事になった拓哉だが 芸術家となった春光は高校時代とはうってかわって変貌していた。 二人は交流を重ねるごとにだんだんと共依存的な関係になっていく。 これは壊れた男 はっちゃんの記録だ。 BLです。軽度発達障害の生きづらさみたいなものもここで書いています。

  • 97

    全オン祭応募作品です。

    ♡200

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・2,402字 天ノノノノ

    2021年2月28日更新

    全オン祭応募作品です。

  • 98

    ドラゴンの子と従者が紡ぐ物語り

    ♡41,500

    〇200

    文芸/純文学・連載中・20話・23,750字 猫野たま

    2021年1月14日更新

    かつて、巨大なドラゴンに祝福されし世界があった。やがて、ドラゴンの死とともに世界は混沌が蔓延する。 そんな中、一匹のドラゴンが孵化した。 その子ドラゴンと付き従う従者が紡ぐ物語である。 表紙は美風様よりいただきました

  • 99

    こだわりは、人に押し付けるものではない。

    ♡125,101

    〇0

    文芸/純文学・連載中・17話・54,148字 千鳥 涼介

    2020年11月8日更新

    ※全て1話完結。どこからでも読めます。 この物語に非日常は無い。 男は、日常に少しだけこだわりを持つ。 彼は誰にも語らず、淡々と、自身のこだわりを日常に持ち込む。 そんな物好きな男の、モノローグと生活録。 ※表紙:入鹿なつさん🐬

  • 100

    羨ましいと思ったから、私は書いた

    ♡2,900

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,521字 瀬戸晴海

    2020年9月26日更新

    小説家になりたいと言ったら笑われた。 それをきっかけに物語を書くことを諦めたが、SNSである出会いをし――。 書く勇気と書く楽しさを得た小説投稿者のSSです。 (この物語の主人公は私ではありません)