レビュアー

ネタバレ

児童小説と侮ることなかれ!本格ホラー/オカルト作品!

♡

1,000

〇

50

本当に色々な要素を高いレベルでまとめた作品だなあと素直に感心しながら拝読させていただきました。 主人公深月ちゃんの少女らしい柔らかな語り口で進行しますが、不思議な夢や教室で流行する怪しい占いに始まり、教室内の人間関係で不穏さが確かな恐怖へと変わっていく。そして本物の怪異であるメイズさんが、得体の知れない力で日常を飲み込んでいく。道士の子孫ユーシャンが切り札かと思えば、主人公深月の機転と意思によってピリオドが打たれる。お見事でした。 ストーリー運びやキャラ描写もさることながら、設定の作り込みやホラー演出のレベルも高かったです。前半の人間ドラマで幅を利かせていた勢力の子たちが死んでいくシーンや後に遺体で発見されるシーンはあまりに痛々しく、前半の報いを越えるレベルで徹底されるとは思いませんでした。また陰陽道として日本流にアレンジされた後の姿で描かれがちな道教が本場の中国・台湾の純粋な姿で登場したり、メイズさんの名前が英語でなく台湾語というミスリードだったりといった部分も、本作に強い個性を与えていました。 賞への応募作として完成した作品を小出しに連載ということで、日々の公開が楽しみでした。作者様の次回作に期待しております! 余談:女王の転落という章が、地位ではなく物理的な転落だったのには読みながらツッコミしてしまいました。

2

投稿日:2020年3月29日 00:21

最終更新日:2020年3月29日 00:30