ここは天才たちの集まる場ですか?

♡

1,000

〇

0

 どうも、甜菜(てんさい)です。  甜菜とはサトウダイコンの別称で、雑に説明すると砂糖が取れる野菜です。砂糖を得るために人類は、実に様々な方法を模索したということなのでしょう。  本作は上記の甜菜とは一切関係ない、天才による天才のための天才エッセイです。  アメリカ大統領のエイブラハム・リンカーンは「人民の人民による人民のための政治」の演説を行ったとされますが、本エッセイは天才が書いており、それを読んだ人はもれなく天才です。  しかし天才は少しだけシャイな一面があるようで、本作の一言紹介には次のように書かれています。 【読んだら私のこときっと嫌いになりますよ】  この一文から、わりと身構えた後に読み始めました。ただ読み進めていくと多くは1,000字より短くまとめられ、そのどれもが天才たちの頭脳を刺激し、新たなる高みへと導いてくれるようでした。  自分は天才じゃないからと自信のない方でも、ぜひ【018 一方通行が当たり前】は目を通してみることをオススメします。 「いくら書いても反応がない! もしかして……そんなあなたに! Let's Click!」  そんなWeb広告があるか知りませんけれど、悩んでおられる方は多いのではないでしょうか。  該当するエピソードの内容について、わりと類似の主張を見聞きします。ただ最後に記された部分が印象的で、この考えを共有できたら天才も増えるのかもしれないと思ったのでありました。 【私はリアクションをしてくれない方々もきっと最高に楽しんでくれたと思うようにしている。そうすれば、皆幸せになれるだろう?】

7

投稿日:2020年10月17日 19:58

最終更新日:2020年10月17日 19:58