ネタバレ

忌み子と呼ばれる私めを不幸のどん底から救い出してくれたのは、大魔女アメルダ様の優しさです。

♡

500

〇

0

これは『無魔力の忌み子』と呼ばれた主人公の少女が、不幸のどん底から少しずつ這い上がっていく成長物語です。 彼女を救い出すヒーローは『大魔女』と称されるアメルダ。 アメルダは誰もが認める大魔女なのだが、家事全般がからっきしダメで、身の回りの世話を任せる付き人として、主人公を忌み子と知りながら金貨100枚という大金をはたいてオークションで買う。 どうです? この設定、とってもワクワクしてきませんか? 物語の大部分は主人公の一人称語りで進んでいくのだが、特徴的なのはその一人称が『私め』であること。 『忌み子』として人並みの人生を歩むことを諦めていた彼女は、自身を卑下しまくるところから、少しずつ前向きな気持ちを芽生えさせていく。 アメルダから受けるほんの些細な気遣いも、彼女にとっては大きな驚きであり、喜びをどう表現して良いか戸惑う。 そんな二人のやり取りを読んでいくと、自然とこちらまで幸せな気分になってくること請け合いです!

1

投稿日:2021年3月6日 22:44

最終更新日:2021年3月6日 22:44