殴りプリは特殊か? いや! RPGでは一般的だ!

♡

1,000

〇

100

 皆様はファータジー作品においてのプリーストと言えばなにを想像するでしょうか? 司祭や聖女等の聖職者、冒険の仲間としてはヒーラーや神の加護で仲間を助ける役割が一般的な認識だと思います。  ですがゲームにおいてはどうでしょうか? 例えばドラクエ(特にIII)だと一番使うコマンドは間違いなく「たたかう」でしょう。ボス戦以外では余程のことが無い限り、戦闘中に回復魔法を使うことは皆無だと思います。  D&Dやソードワールド等のTRPGにおいてもプリースト系はプレートメイルまたはチェーンメイルにシールドが装備出来、使用武器に制約がある(基本刃物は使えないので鈍器)他は戦士系と遜色の無い戦闘力を発揮します。  現実世界の僧侶も戦闘こそはしませんが(僧兵や拳法については見逃して下さい)長時間の祈りや読経、巡礼の旅や修行などでかなりの体力があると思います。  この物語はそんな戦う僧侶である「殴りプリ」に焦点を当てた作品であり、「殴りプリ」の他にもどんな大怪我をしても一晩眠れば全快する騎士など現実ではありえない……しかしRPG(特にコンピュータRPG)では当たり前のことをキャラクターや世界観に昇華した作品です。  一度でもRPGをプレイしたことがある方は是非とも読んでみて下さい絶対に「殴りプリ」の世界にハマると思いますよ!

4

投稿日:2021年9月9日 20:03

最終更新日:2021年9月9日 20:19