きっと恋をしたくなる

♡

100

〇

0

 恋って何だろう、愛って何だろう。辞書とか本とか物語とかを調べてみれば結構分かった気持ちになる。でもそれじゃあ本当の恋愛にはたどり着けない。そんな些細だけど大切なことをこの作品は教えてくれます。  これはある国の崩壊と再生の物語……ではなく。複数の愛の物語。  1人の青年が本当の愛を知ろうとする物語であり、1人の男が自分の義を果たす物語でもあり、1人の男が過ちを繰り返さないための物語でもあります……。その一見交わらないはずの彼らの物語が、ある少女の歩みによって絡まり合うように大きな流れとなって1つの完成された物語に昇華する。そんなストーリーです。  それぞれの言動から滲んでくる苦悩、過去。それに合わせて変わりめく状態・様相・展開に「ほわっ!?」としていたら、背筋も凍るような凄惨な場面に「ほわわわぁ(震」と戦慄し、いつの間にか綺麗に着地していて「ほわぁ……」と癒されている。  1人の物語を見ていたはずなのに気づけば大きく世界は変わっている、本当に人の行動が世界を変えていっているということが伝わってくる本作。私が一番伝えたいことはですね…………この作品は本当にキャラクターがいい……!  ほわほわ系メルヘン少女、破天荒にしてガスマスクにして天才のマッドサイエンティスト、スラムでマフィアだけどメッチャナイスなお兄さん、コンプレックスが祟って圧政を敷く王、そして無言残虐系暗殺者etc……。何度も言いますけど、彼ら一人一人が主役と言ってもいいくらいの個性と活躍を繰り広げるんです。これだけでも凄いんですけど、ふと視線を変えてみると見えてくる名脇役(きっと彼らも主役級)たちも最高にいいんです!!  貴方のお気に入りが必ず見つかるくらいにはキャラがみんなよきです!!  さてさて、これ以上は本当にネタバレになってしまう!!私が最後の言いたいことは一つ。  この作品を読んだ後、きっとあなたは恋をしたくなる。

good

2

投稿日:2019年10月6日 10:47

最終更新日:2019年10月6日 10:47