レビュアー

始まりと終わりがひとつに重なってゆく物語

♡

1,000

〇

0

ひとつの事件から始まったストーリーが、同じ場所へと収束して物語は結末を迎えます。 そこへ至るまでの描き方は、各人物が与えられた役割を演じきって、より結末を盛り上げておりました。 いじめという、社会の歪みを受けて、主人公の心が病んで荒んでいく姿も、実に生々しく痛ましかったです。 それゆえに真実味を帯びておりました。 いじめ被害者である主人公の激情もまた、終盤に至るにつれて激しさを増して、結末に彩りを添えています。 ストーリーを盛り上げることに関して、巧みな描写力と、人物の心理描写にも説得力があります。 そこもまた非常に好感が持てました。 また、襲いかかる怪異に対して、小物を使った解決法も実に面白かったです。 そこは伏線として適切に描かれているので、ぜひご自分の目でお楽しみください。 最初の事件で起きた謎が、いかに周囲を巻き込んで劇的な結末を迎えるのか? ホラーとしての不気味さもさることながら、読者は主人公の選択に視線が集中します。 最後に、生と死の描かれたこの物語には、教訓めいたものをも示唆されておりました。 一夏の怪談めいた読書体験を通して、稀代のミステリー作家が描くホラー作品の面白さに触れてみてください。

4

投稿日:2021年2月26日 15:56

最終更新日:2021年2月26日 16:39