レビュアー

ネタバレ

キャラの捉え方に捻りがあって素敵

♡

500

〇

0

レビューの作成は経験が少なく未熟ではありますが、はるひのさんの作品を読んでとっても素敵だと思いましたので、ここに記させて頂きます。 私がこの作品を読んで受けた一番の衝撃は、レビュータイトルにもあるように「文学少女」のキャラに対する捉え方です。 作品公式タグを検索して色々な二次創作を読ませて頂きましたが、文学少女をホラー展開として作り上げた作品ははるひのさんが初めてです!(私が読んできた作品の中で) このキャラクターはこういった特技をもっていて、このように活躍するのです!といった作品が多い中、キャラクターの生活や性格、活動に焦点を当てるのではなく、キャラクターがこうなってしまった理由に着目しているのが斬新で、私の心は大きく動かされました。 全部読み終わった後にタイトルの意味が分かるのも素敵で、ホラーというジャンルにもマッチしているように感じられました。 また、スマートフォンが流行った現代で、本もネットで閲覧できるようになり、図書館の利用者数が減っている事を示す一文があるのも、現代風潮の表みたいで好きです。 文章の感覚が適度に空けられていて、文字が重なることもなく、目が疲れずに読みやすかったです。

2

投稿日:2020年8月14日 04:27

最終更新日:2020年8月14日 04:27