恋する女の子は可愛いと決まっている! たとえ恋する相手が誰であれ――。

♡

1,000

〇

0

 このお話は、恋する主人公の「ワタシ」が努力をし、自分を磨き、そしてチョコレート作りに挑戦し、愛する人に告白をする、というお話です。  ただし舞台は、蒸気機械と上流階級の人間が支配する世界。  「ワタシ」は蒸気機械以下の価値しかない労働階級の人間。仕事に遅刻したり、少しでもルールを破ったりすれば廃棄・焼却処分される身分。  そして「ワタシ」が恋をしたのは『IW779さん』――粗大ごみを圧し潰す「プレス機」です。  過酷な環境にいる「ワタシ」。  けれども愛する人と仕事する彼女は、とても生き生きとしていて、読んでいて非常に可愛らしく思えます。機械に恋をして、この絶望的な環境を喜んで受け入れている「ワタシ」は、普通の人から見れば狂っているとしか言いようがないでしょう。けれども非常に溌剌としていて、読んでいるこちらも楽しくなってきます。  そしてこの「ワタシ」はとても努力家でして、告白の練習をする様子をはじめとした一生懸命なところが、また可愛らしく、愛おしいのです。  さて、そんな恋する「ワタシ」は、書物から「愛する人にチョコレートを贈って愛の告白をする」という行事について知ります。  ぜひとも『IW779さん』にチョコレートを贈って告白したいと思う「ワタシ」。  果たして彼女は、どうやってチョコレートを用意するのか。  チョコレートに必要なラズベリーはどうするのか。  そして告白は成功するのか。  ぜひ読んでいただきたいと思います。  狂っているとは思えないほど狂っていて、元気でまっすぐな女の子が好きな人にオススメです。  もはや「狂っている」というのが失礼なのではないかと思うほどに、彼女は素敵ですから。

3

投稿日:2021年3月13日 20:19

最終更新日:2021年3月13日 20:19