ネタバレ

ようこそ、重積層迷宮都市ラトレイアへ!

♡

100

〇

50

幻想と科学を併せると世界観が崩壊する事も多い中、かなりの完成度で独自の物語を綴る本作品は素晴らしいと感じました! 雑多で広大な重積層迷宮都市を徘徊する機械の化物と、其処に潜り込んで異世界から流れつくテクノロジーを求める獣人やエルフなどの幻想種達が活き活きと描かれています!! 神代の遺構、軌道エレベーター、機動強襲巡洋艦などかつての文明を彷彿とさせる要素には浪漫が詰まっているのです。 そんな世界に流れ着いた主人公は鉄棺種と呼ばれる機械仕掛けの怪物に恐れてしまいますが、角の折れた竜種の姫に助けられて重積層迷宮都市ラトレイアに辿り着きます。 三位一体の偽神や、過去の遺物、世界の成り立ちなど、物語の深さを感じます、そして主人公が熱い!! 以下、は序盤からの抜粋になります。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 弱いからこそ、力を持たないからこそ、微に入り細を穿つ思考が出来る。考えに考え抜いて、誰も至らなかった境地にまで辿り着き、今まで決して覆らなかった条理を覆す。 それこそが人間だ。弱者であっても、強者足り得る存在だ。 ならば、やってやる。 今まさに、目の前で奪われようとするものがあるのなら、その不条理、僕が覆す。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― しっかりと書かれた描写と世界観が好きなので、レビューを送らせて頂きます!!

6

投稿日:2019年10月8日 21:04

最終更新日:2019年10月8日 21:04