ネタバレ

周回遅れのレビューだけど、まぁ大目にみて頂戴。

♡

1,000

〇

0

 今更レビューする必要も無さそうな、ノベプラの顔とも言える作品中の一作。  タイトルにある「境界線」と呼ばれる不可思議な現象により大陸は分断され、本作における重要な二律する世界観である、人類の生存も難しいとされる向こう側に主人公が旅立ち、消息を断ってしまうところからが導入となる。  人々が主人公の生還を諦めた頃、戻ってきた彼は――異質とも言える存在に変貌を遂げていた。  情感たっぷりに描かれるシーンの数々は、作者の筆致によって独特な空気を醸成し、登場する瑞々しいキャラクターたちの躍動は、惜しみもなく投じられた私費によって随所に用意された、イラストと併せて物語を彩っている。  あらゆるものが度外視され、創作にかけられた熱量と献身によってのみ成立する、インディーズ作品のあるべき姿を垣間見ることができる、紛れも無い良作。

6

投稿日:2022年5月26日 12:53

最終更新日:2022年5月27日 18:40