ほのぼのグルメ小説

♡

1,000

〇

0

話数が多いですが、それは短い文章で進めているからです。 千字程度で章が進むため、スパンスパン読んで行けます。 文章も丁寧でわかりやすく、難しい表現もありません。 ほのぼのと温かい文章が絶品です。 料理の描写やそれにまつわる物語が面白く、作者さんの研究熱心さが伝わります。 自分で作ったり、しているのかな。 また、食べる方々が魔王だったり、大天使だったりしますが、普通に料理を美味しそうに頬張っているのが面白いですね。 キャラクター的にはカインが話数を重ねて増えていくたびに、キャラの濃さを増していきます。 良い意味で。 アップルパイから幕の内弁当、カレーまで何でもござれの楽しいグルメ小説です。 作っている描写から既によだれが出てしまうので、お腹が空いている時には気を付けてくださいw 是非、ご一読してみてはいかがでしょうか。

0

投稿日:2021年2月12日 19:00

最終更新日:2021年2月12日 19:00