ネタバレ

弓を引くは、たおやかなる巫女

♡

0

〇

0

 主人公は、大学四年生の矢坂くん。  就活中ですが、内定を掴めないまま時間だけが過ぎています。    季節は、うだるような暑さの夏。  憂鬱な気持ちで散歩に出ると、不思議な場所に辿り着きました。  まるで、導かれるように。  目の前に建っていたのは、『願矢』と書かれた道場です。  不思議な縁で結ばれ、矢坂くんは道場に足を踏み入れることとなりました。  道場を取り仕切るのは、巫女のアマヤさん。  ここは、彼女が弓を引き、的に中てて来訪者の願いを叶える場所でした……。  冒頭にある通り、矢坂くんは就職先を探しています。  彼の願いはアマヤさんによって叶えられ、願矢道場に就職することになります。    この物語の見どころは、弓の描写だと思っています。  引き方だけでなく、矢の説明が丁寧で、美しい。  悩みを抱える来訪者に出すお茶請けも、読んでいて楽しいです。  そして。  幻想的なアマヤさんの正体が徐々に明かされ、物語は和ファンタジーへ。  読むと、凛とした気分になれます。

1

投稿日:2022年2月14日 11:54

最終更新日:2022年2月14日 11:54