時空を超えて人とモノを繋ぐ鑑定士

♡

1,000

〇

0

これは、不思議な物品を鑑定する素敵なお姉さんのお話。 普段は博物館の学芸員として働く素敵なお姉さんは、とっても美人なのに少し残念()な一面がありそうなキャラクター。そこがまたイイ。 独特の雰囲気と、学芸員のお姉さんがとってもステキな作品です。すごく魅了されました。 しかし、このお姉さんは「魔女」という噂がありました。 どういうことだろうと思って読み進めていくと、お姉さんは鑑定士としての一面もあることを知ります。 鑑定に持ち込まれる物品は、摩訶不思議なモノばかり。 僕がこのレビューを書いた時点ではまだ2つしか登場してませんが、この物語で描かれなかった物品も摩訶不思議なモノだったことが分かります。 ここまでは、「ああ、摩訶不思議なアイテムを鑑定するお話しなのね」と思ってました。 でも、さらに展開は広がりました。お姉さんが「魔女」と呼ばれる本当の理由は、まさに物品の鑑定の現場を見て判明しました。 鑑定を依頼されたモノが、どのような歴史をたどったのか。前の持ち主は、どんな思いでモノを使っていたのか。そして、モノはどのような思いで依頼者の元へ来たのか。 それを、時空を超えて丁寧に紐解いていきます。 人とモノを繋ぐ物語と、それを解き明かす学芸員のお姉さん。 もっともっとたくさんの、鑑定事例を見たいです。

2

投稿日:2021年1月13日 13:18

最終更新日:2021年1月13日 13:18