ネタバレ

純愛の鎖は狂おしい程に長大で、強固である……【そして、また悲劇が一頁】

♡

500

〇

0

 きっかけは健やかで運命的な出会いに過ぎなかった。    だが、運命とは残酷な物で繰り返す悲劇はいつも愛の傍らに……  とある見習い兵士がある日出会った少女の為に強くなりたいと直向きに思った。心から救いたいと思えた。兵士として旅たち、隠された真実を知ってなおも会いたいと願った。  そんな美しい愛情が、狂おしい程に悲惨な現実に歪められる。まさに悪魔に所業と呼ぶべきこれを嘆いた者は皮肉な事に悪魔だった。少年と少女の清らかな感情を蝕むは、世界、いや、社会。その感情の透明度が高いが故に、足元を構成する現実の醜さが浮かび上がっては、彼らまでをも醜く変える。  繰り返す物語、人の愚かさ、人の無力さを痛感しながらも愛と勇気に溢れた物語。この物語はこれだけでは、終わらない。次もまた、その次も、この空は黒く淀み、周りの人々の感情が赤く錆びる残酷な世界で、1ページ、また1ページと累々と紡がれて行く。その悲劇を尊ぶか、その愛に涙するか、そんな貴方も、この世界では1ページ。繰り返す歴史の闇は手を子招いて、そんな感情を貪る物だ。  悪魔が願う物はいつも一つ。悪魔の所業に抗いたいと、ただそれだけの誰しも思う正しい欲求。  誰が悪魔かは貴方次第。

3

投稿日:2019年12月1日 15:50

最終更新日:2019年12月1日 15:51