レビュアー

ネタバレ

妖怪たちの織りなす物語!

♡

500

〇

0

 きっかけは、Twitterでの募集である。 「新作でフォロワー様をモチーフにした妖怪を書かせていただきます」  いの一番に見つけた私は、あっという間に「どうぞ、私をお使いください」と書いていた。  私こと有原ハリアーは、乳の親(ちーのうや)こと“茅野宇谷(ちのうや)アリア”というキャラクターで参加させていただいている。普段の性格にぴったりの妖怪だ。性別が反転しているのはご愛嬌、というかそれもまた一興。  一番の座を掴んだ私ことアリアは、最初のエピソードで取り上げていただいている。      ***  さて、自分語りはこのくらいにして。  美しい人魚の館に、たくさんの妖怪が訪れ、さまざまな事件が巻き起こる。まさに「百鬼夜行」というべき数だ。冒頭で取り上げた募集でも、私含めて100名ぴったり集まっている。  そして、全ての妖怪……もといフォロワー様に、それぞれの個性が反映された特徴がある。100名ものキャラクターを管理する、これだけでも偉業と呼ぶべきではなかろうか。  時には真剣に、時には楽しく。妖怪ならではの掟や厳しい事実を目の当たりにすることもあれば、妖怪らしさを感じさせない楽しい姿も書かれている。  どうぞ、あなたも――人魚の館へ。

4

投稿日:2021年2月27日 12:57

最終更新日:2021年2月27日 12:57