検索結果:2,891件

  • なっちゃんとほよみ ~JKふたりが話すだけ~

    10びょうで にこにこできます

    287,800

    260


    2021年4月13日更新

    「なっちゃん」と「ほよみ」は仲良し女子高生。今日も謎の会話を繰り広げます。 各話5~30秒程度で読める会話文のみのSS集です。 表紙イラストはますこ(https://novelup.plus/user/989375984/profile)さんからいただきました。ありがとうございます。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 放課後活動 俺と、時康と、坂やんの。

    男子高校生がわちゃわちゃする楽しい日常。

    0

    0


    2021年4月13日更新

    俺こと利彦と時康、坂やんは幼馴染で仲良し。 高校になってもなんとなくつるんでいて、いろいろ面白かったりつまんなかったり、そんな毎日だ。 でも今日はちょっとおもしろいことがあってだな。 聞きたい?

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • おーばー!〜弱小女子野球部の監督に元最強選手の男子高校生が就任してハーレムになった件〜【明鈴高校女子野球部編】

    自分の限界を超えていけ!

    6,000

    0


    2021年4月13日更新

    【自分の限界を超えていけ】 「ようこそ、明鈴高校女子野球部へ」 全てはこの一言から始まった。 ────やっぱり野球が好き。 怪我で野球を辞めた高校生、藤崎巧は監督としてグラウンドに戻っていた。 巧が高校に入学して数日、中学時代の知人、明鈴高校女子野球部の『大星夜空』と再会した。 「アドバイスだけでもお願い!」 「夜空さんがやればいいじゃないですか」 「私感覚派だし、明日の練習試合を見てアドバイスをくれるだけでいいから!」 「それくらいなら……」 夜空のお願いを巧は渋々引き受ける。 そして翌日、練習試合の途中で夜空はとんでもないことを言い始めた。 「監督やってみない?」 一試合限りの監督をすることとなった巧は見事勝利を収めることに成功した。 そして試合後も勧誘を受け続ける。 監督を引き受ける気のなかった巧だったが、女子野球部のしつこい勧誘にうんざりしていた。 「私たちが勝ったら監督をする。負けたら勧誘はもうしない。だから勝負してよ」 「嫌だ」 「もしかして自信ない?」 同じクラスで女子野球部の神崎司の策略(挑発)よって、今後のしつこい勧誘をしないことを条件に女子野球部と対決する。 ──そして、 明鈴高校女子野球部の監督として藤崎巧はチームを導いていくこととなる。 派手なプレーとは裏腹にどこか闇を抱える全国総合力ナンバーワンワンのキャプテン、大星夜空。 怪我で野球を辞めたが、マネージャーとしてチームを支える、かつての全国ナンバーワンヒッターの本田珠姫。 県内トップクラスのピッチャーで巧にライバル心を抱く、クールで負けん気の強い瀬川伊澄。 煩くチームのムードメーカーながら繊細な守備でオールラウンダーな姉崎陽依。 地味で清楚な見た目からは予想とつかない嫌らしいリードを得意とするキャッチャーの神崎司。 高身長で豪速球を投げるがプレーはまるでど素人な豊川黒絵。 美少女だらけの明鈴高校女子野球部に巧は半ば強引に入部させられることとなる。 独特な個性を持つチームメイト、美少女の中に一人の男子。 美少女に囲まれながらハーレムとはほど遠い野球漬けの毎日。 明鈴高校女子野球部は、高校野球の全国大会、甲子園を目指す。

    読了目安時間:12時間41分

    この作品を読む

  • リンカーネーション・メモリー

    失われた記憶の中で笑う、彼女の影

    5,500

    0


    2021年4月13日更新

    大学生の上村紘斗は、毎日のように同じ夢を見ていた。 それは、高校時代の記憶。 休み時間の教室。 毎回同じ女の子が自分に話しかけてくる。 顔には黒い影が落ちていて、誰なのか分からない。 彼女について、どうしても思い出せない。 君は一体、誰なんだ。 その一方で世の中では、記憶に関する新たなシステムが導入されようとしていた。 紘斗は様々な人間と関わり、少しずつ自分の過去の記憶に近づいていく。 夢の中の彼女は。 そして、自分は一体誰なのか。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 奇跡なんかいらない

    私は師匠の書く小説がたまらなく好きだった

    1,500

    0


    2021年4月13日更新

    「私」はご近所に住むご老人の小説仲間「師匠」と創作談義をするのが、たまらなく好きだった。「私」が大学進学して、地元を離れ、長期休暇に帰省してみると、師匠はすでに亡くなっていた。「私」は、師匠の墓前でただ泣くのであった。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 情熱冷めるまで

    同じものを好きになれたら嬉しい

    0

    0


    2021年4月13日更新

    同じ高校の音楽科の男子生徒が美術科の男子生徒と知り合う話

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • あなたの言葉を知りたくて

    青春×戦争

    23,100

    20


    2021年4月13日更新

    第3次世界大戦の終結から9年。 白石沙耶、樫原瑞希、間野春樹の3人は美術部で活動していた。 高2の秋、文化祭に向けて沙耶は、瑞希とともに「戦争」をテーマとした合作を試みる。 しかし瑞希は、「普通」になれない自己との葛藤を抱えており、明るく強気な沙耶に対して、複雑な感情を抱いていた。 合作の準備を進める中で、すれ違う2人。 もう一人の美術部員、間野春樹は、そんな2人を見ながら、自分にできることがないかを考える。 三者三様の想いを乗り越えて、描き出されたものは――? ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※この作品は、『彼と○○』の姉妹作です。NOVEL DAYSにて先に完結しています。 ※3月15日から4月15日にかけて連載します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間48分

    この作品を読む

  • 三十六日間の忘れ物

    僕は君に恋をした――だけど全て忘れていた

    76,211

    1,173


    2021年4月13日更新

    三月六日。その日、僕は事故にあった――らしい。 そして三十六日間の記憶をなくしてしまった。 なくしてしまった記憶に、でも日常の記憶なんて少しくらい失っても何もないと思っていた。 記憶を失ったまま幼なじみの美優《みゆう》に告白され、僕は彼女に「はい」と答えた。 楽しい恋人関係が始まったそのとき。 僕は失った記憶の中で出会った少女のことを思いだす―― そして僕はその子に恋をしていたと…… 友希《ともき》が出会った少女は今どこにいるのか。どうして友希は事故にあったのか。そもそも起きた事故とは何だったのか。 この作品は少しだけ不思議な一人の少年の切ない恋の物語です。 毎日16:00に更新中です。 最後まで書いてありますので、必ず完結しますっ。

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

  • BBS戦士たまきちの奮闘

    楽しい作品を目指しました

    1,000

    0


    2021年4月13日更新

    ADHDの主人公、田堂たまきちはじっとしてられない性格。 今日もあれやこれやで奮闘中。 なかなか報われないけど成り上がる為に頑張る!

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 同級生を彼女にしたら、世界最古の諜報機関に勤務することになりました

    なろうで10kPV/d超えたサーガです。

    43,500

    10


    2021年4月13日更新

    犬並みの嗅覚を持つ俺は、高校で同級生になった彼女に一嗅ぎ惚れした。 それは、普通の高校生が決して踏み込んではならない世界への入り口だった。 歴史、世代、国境を超えて話は進みます。 こちらでも連載させていただきます。 なお、この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間26分

    この作品を読む

  • 絶対守護神くるみちゃん

    頑張れ女子野球!誰よりも応援してます!

    2,300

    0


    2021年4月13日更新

    大学野球の日本一を目指す女子大生の物語 中学生の時、某シニアリーグにて女子選手ながら最優秀選手に輝いた天才投手咲坂久留実。全国屈指の名門校創世学園に進学したが、周囲からの背負いきれない大きなプレッシャーに押しつぶされ、全国レベルの女子選手たちに自分の限界を感じていた。そんな彼女の心の支えだった大好きな祖父が亡くなったことによって久留実は逃げるように創世学園を去った。 野球を諦めた彼女だったがこの春入学した光栄大学の野球グラウンドから普段聞こえてこない女の子の声が聞こえてくる。その声に手招きをされ顔を出したグラウンドで天真爛漫のあんこ(安城こなつ)に見つかってしまい……

    読了目安時間:1時間35分

    この作品を読む

  • 「わたしの周りの人々」沖縄人ヒロイン+韓国人宣教師+LGBT中国人の二重三角関係をつづります

    風俗バイトで始まる恋物語、実れ!

    300

    0


    2021年4月13日更新

    ***小説「わたしの周りの人々」 略称「わたまわ」へようこそ!*** 沖縄県の県庁所在地であり国際レインボー都市でもある那覇市を舞台に、外国人やLGBTの人物が活躍するラブコメを書きたい一心で誕生したものがたりです。2020年4月、沖縄・那覇。学校は休校。ひとり親世帯の女子高生サーコには参考書を買うこともインターネットを見ることも難しい。医療従事者の母親は病院で寝泊まりするようになってサーコはひとりぼっち。友人にも会えず図書館にも行けない、お金さえあれば……。思い詰めたサーコは風俗のバイトを始めてしまいます。ストーカーと化した客の男からサーコを助けたのは、喫茶店「聴きまスポット」の店員である韓国人留学生・トモと中国人・リャオのカップルでした。。 車でサーコの家まで送る途中、リャオは自分が男性だとサーコに打ち明けます。中国人のリャオは母親の再婚に伴い沖縄へ来たのですが、母親が死去してから養父と折り合いが悪くなり、リャオが女装するようになると養父は彼女(?)を勘当。しかし彼女は養父の経営する会社の経理を請け負っているようです。 やがてサーコは韓国人留学生・トモと交際をスタート。緊急事態宣言解除後も3人は何かにつけてリャオの住む牧志の事務所で集まるようになります。サーコの家庭教師を自認するトモ、サーコに毎日弁当を持たせるリャオ。サーコは兄姉のように彼らを慕う一方、外国人を好奇の目で見る人々の目を慮って母親や級友らには牧志の事務所と彼らの存在を伏せ続けます。 自身のジェンダーを女性と思い込むリャオはまずトモに告白。ですが、心理学専攻のトモはリャオが「女性」であることに常々疑問を持っていました。トモはサーコとつるんでリャオの心を根本から揺さぶる作戦に出ます。 一方、リャオは養父から見合いの話を持ちかけられ、サーコを彼女として養父へ紹介します。ところが、サーコに対するリャオの態度に嫉妬したトモはリャオへ宣戦布告! 2人は派手なサーコ争奪戦を展開しはじめます。 しかし韓国人男性のトモはやがて韓国軍に徴兵されることに。サーコは遠距離恋愛を決意するのですが、トモにもサーコにも特別な感情を持つリャオの心は複雑に揺れはじめて……。 果たして恋の二重三角関係、終幕はいかに? exblog公開済み作品を再編集してお届けします。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間37分

    この作品を読む

  • 花に触れ、鳥を愛で、風を呑み、月を描き、

    花を待ち、晨を望み、月を呪い、夕を抱く。

    11,900

    0


    2021年4月13日更新

    花に触れたい彫刻家。鳥を愛でる物書き。風を呑む歌唄い。月を描く絵描き。そして、××に燃える人。 愛し、足掻き、信じ、見つめ、生きていく。 これは、そんな物語。 ※ この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    読了目安時間:3時間34分

    この作品を読む

  • 牛日記 〜牛ときどき猫、ところによりネズミ〜

    元酪農従業員が描く、酪農ライフ小説!

    25,300

    10


    2021年4月13日更新

    〜元酪農職の作者が書く酪農小説〜 アラサー女子ササキは、前職を辞め心機一転。 酪農職についた。 スローライフでささくれた心も癒やされる。接客業なんてもうやらねぇ! と思っていたけどどっこい。 現実はかくも厳しい。 早起き必須で、力仕事で、汚れ仕事で、牛には蹴られる。酪農はちっともスローじゃない。 発達障害もちで記憶力と注意力が足りないから、トラブルの連続。後悔してももう遅い。あとに引けないから根性で牛たちに食らいついていく。

    読了目安時間:1時間0分

    この作品を読む

  • お茶を飲みながら ー季節の風にのってー

    様々な出会いを通し、主人公の成長を描きま

    26,300

    21


    2021年4月13日更新

    les quatre saisons フランス語で 『四季』 と言う意味の紅茶専門のカフェを舞台としたお話です。 主人公茉莉香は、ふとしたきっかけで、ここでアルバイトをすることになり、いろいろな人に出会います。 全編を通して、美味しい紅茶と甘いお菓子が登場し、読者の方も、ほっと一息ついていただけると思います。 ぜひ、お立ち寄りください。 ※なろう、カクヨムにても連載中です。

    読了目安時間:6時間17分

    この作品を読む

  • #手抜きごはんから生まれるストーリー 140文字SS三作まとめ

    Twitterで参加した作品のまとめです

    1,750

    0


    2021年4月13日更新

    Twitterで参加した企画『#手抜きごはんから生まれるストーリー』。 140文字SS三作品のまとめ、短編集です。 あとがきに呟いたURLと頂いた賞(結果発表)のURLをつけておきます。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 雨にも負けず

    デコボコ三人組の奇妙な日常。

    2,900

    0


    2021年4月13日更新

    「失っても失っても、希望はある。だから、前を向いて生きるしかないんだよ」 NYの満員電車から逃れる為、常盤霖雨は、同居人を募集していた同い年の青年、神木葵の家に転居した。快適な生活に安心した頃、ひょんなことから蜂谷和輝を拾い、三人での奇妙な生活が始まった。 理想と現実の間でヒーローを目指す和輝。異世界の妄想に取り憑かれて疑心暗鬼の霖雨。そして、家主である葵は凄惨な過去を抱え、ある事情から他人との交流を絶っていた。 過去の因縁や生きていく意味を問い掛ける、希望と救いのお話。 ※『小説家になろう』にも投稿しています。 ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間41分

    この作品を読む

  • ギリシャの贈り物

    チェスの盤上に描かれる、二人の想い

    100

    0


    2021年4月13日更新

    チェスを題材にした青春ものの短編小説です。 高校生になった白城塔子(しろき とうこ)は、チェス部のない学校にチェス部を作ろうとしました。ですが、なかなか塔子の思うようにはいきません。 人数合わせに幼なじみの黒騎守(くろき まもる)を無理やり引っ張り込みはしましたけれども、チェス部にするにはまだまだ人数が足りませんでした。 塔子はチェス部を作ることができるのでしょうか。 このお話は、チェスに青春を捧げた少女と、それにつき合わされた幼なじみの少年の、二人の物語です。 表紙のイラストは、ツイッターで、とある方からいただきましたファンアートを使わせていただいております。 この場を借りてお礼を申し上げます。とても素敵なファンアートを作ってくださいまして、本当にありがとうございます。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • ちょこっとチョコ定を

    甘さ=美味しさ

    0

    0


    2021年4月13日更新

    コメディの短編です。 完全にコメディとして書きましたので、少しでも楽しんでいただけましたら幸いです。 とある地方にチェーン展開する某ファミリーレストラン。 そこでは、季節ごとに期間限定のフェアメニューがあります。 全四品からなるそのフェアメニューには、うち一品を社内コンペで決めるという会社の習わしがありました。 商品開発部・商品開発課に新しく配属された新人のオカヤマくん。 彼にとっては、今回の春フェアが初めての社内コンペです。 でも、安心してください。 商品開発課には、料理の開発を担当しているヤマグチさんという心強いセンパイがいます。 ヤマグチさんとともに、商品開発課の代表として、オカヤマくんは社内コンペに挑みます。 ヤマグチさんとオカヤマくんのチームが狙うのは、もちろん優勝です。 試行錯誤の末に、二人が開発した料理とは。 はたして、二人は優勝できるのでしょうか。 二人の奮闘を見守りつつ、お楽しみいただけたらなと思います。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • きみが知るうちで一番陳腐な

    シスターフッドの物語

    500

    0


    2021年4月13日更新

    女同士って苦手、男子と居るほうがずっと楽。そう考えていた大学生の真実(まみ)は都内の有名私立大学のバンドサークルに所属していた。 容姿にも学力にも楽器の技術にも自信のある真実だが、人間関係に満たされないものを抱いていた。幼馴染みであり同じ高校から進学した才花(さいか)は真実と正反対の性格で、なにかと世話を焼こうとしてくるのが鬱陶しい。 徳用チョコレートを齧りながら不健康な生活を続けるが、偏りすぎた食生活でも容色は衰えない。才花が無理に差し入れしてくる料理は炭水化物と脂質が過多で、弱った胃腸には厳しい。 ある日、真実がサークル内で浮気を繰り返すことに耐えかねた彼氏の勇人に殴られ、警察沙汰の醜聞になる。そんな真実への周囲の反応は──

    読了目安時間:22分

    この作品を読む