検索結果:1,000件以上

  • 寄生虫研究の第一人者になった近未来の日本

    ♡600

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・18話 MK マッチー

    2020年7月10日更新

    「夏の大地に雨が必要なように、この国には指導者が必要です!」 白衣を着た男が演説をしている。 「全てにおいて日本はアメリカや中国に先を越され世界的に立場は低い。しかし彼らの進化は終わりを告げた。 進化無き国に繁栄はあり得ない! 今こそ立ち上がる時です!!」 そうだ そうだ と同意するヤジが聞こえる 「偉大な国日本を取り戻し、国々の脳髄に日本という名の楔を打ち放て!! 世界に下克上を!日本に栄光なる永遠の繁栄を!!」 少年は息をするのも忘れ、テレビに釘付けになる 「同志諸君、時は満ちました。本当の革命を始めましょう!!」 憧れの眼差しでテレビの向こうのにいる男をみる少年は、この時はまだ知る由もなかった。 万雷の拍手の中で___世界の終わりが始まった事を___

  • 2020年7月10日更新

    流星雨が降り注いだ夜、モンスターが徘徊するダンジョンが、世界中に出現した。 平和な日々は終わりを告げ、ダンジョンに潜り、モンスターを狩る事は、人々の義務となった。 最低ランクの能力しか持たない僕は、馬鹿にされながらも、強者の荷物持ちとして、ダンジョンに潜る日々を送っていた。 希望も何も無いそんな日々は、偶然手にした一枚の紙によって、終わりを告げた。 これは、最弱だった僕が、最強を超えて、二つの世界を救うまでの物語。 イラストは、ココナラのちろりるら様に描いて頂きました。 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムでも公開中

  • 有名からマイナーの妖怪を登場させています

    ♡7,400

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・88話 妃宮咲梗

    2020年7月10日更新

    日本古来から人間と何らかの関わりや繋がりを持つ物の怪、妖怪の類。長い時間を生きる彼らとは違い、人間の命は儚いもの。そんな一世の人生ならば、刺激ある美しい恋をと願う一人の日本の美を兼ね備えた少女。そんな彼女の言葉を、ある妖怪が聞き逃さなかった。前世の記憶を失っている彼女を取り戻そうとする、獣なる妖の帝を語る男が取った行動は。

  • 人間の処女を喰う、大蛇の話です。

    ♡466,970

    〇1,815

    現代/その他ファンタジー・連載中・481話 狭山直人

    2020年7月10日更新

    さまざまな時代での人と化け物のかかわり合いを綴った短編連作です。 『喰われるも地獄、喰われぬも地獄』 主人公は、あくまでも人。 人の内なる狂気こそ、真の化け物ー。

  • —規格外な彼女に翻弄され、惹かれていく—

    ♡3,600

    〇150

    現代/その他ファンタジー・連載中・3話 ノイ

    2020年7月10日更新

    設定・プロット検討段階の【お試し版】になります。 追って正式に編集・改稿し、投稿開始いたします。 至らぬ箇所が多いかもしれませんが、 ご拝読頂けますと大変嬉しいです! ※不定期連載になります。

  • 異世界の力で異世界と戦う物語

    ♡6,100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話 透吉 太夫

    2020年7月10日更新

    ある日、学校に悪魔のような化物が現れた。 そいつらは人々を食いあさり、殺しまわった。 俺は生きている人を守ためにその魔物を倒した。 すると、天使のような女が現れた。 「驚いたな。こんなところに『覚醒者』がいるなんて」 そう言って、その女は俺を拉致した。 そして、俺は学園に連れ去られ、そこで魔法を使う人間やエルフ、亜人などと出会う。 「ここは・・・・」 「ここは、君がこれから通うことになる学園であり、檻であり、楽園である場所さ!」 どうやらこの学園には特別な力を持つ『覚醒者』とやらが集まる学園らしい。 『覚醒者』たちはこの世界を異世界から守るために存在しているらしい。 そして、俺にも『覚醒者』たる力を感じるためにこの学園に呼んだのだと女は言った。 確かに、俺は特別な力とやらは持っている。 しかし、それはこの学園には相応しくない力だ。 なぜなら、俺に力は渡り歩く力。 つまり、俺はいくつもの異世界を渡り歩いた者だからだ。

  • 守りたいものを守るための強さを…。

    ♡13,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・47話 名鈴真生

    2020年7月10日更新

    霊能力という力を持つ者たちが支配する世界。 何の力も持たない『無能』の少女、天宮楓は、なぜか霊能力者を育成する高校に入学させられた。 その上、右も左も分からない楓に護衛として付けられたのは、かつて『孤高の天才』と呼ばれた少年、相川光希だった。 何も持っていなくても、武術に秀でた才能を持つ楓にとって護衛は無用の長物で、光希は護衛任務を毛嫌いする始末。 もちろんそんな二人が仲良くなれるわけもなく……。 しかしそれでも運命は動き出す。 それはずっと前から仕組まれていた運命。二人の出会いを起点に組み込んだ陰謀は、ここから始まるのだ。 これは壊れた世界で異端の少女と異端の少年が出会い、仕組まれた運命に抗う物語ーー。

  • ミステリーとサスペンス、あとファンタジー

    ♡2,800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・10話 新名 新

    2020年7月10日更新

    ある年の冬、北海道沖に浮かぶ小さな離島が一晩で無人島と化した。 この出来事に関する情報は一切伏せられ、半年以上経っても何が起こったのか明かされていない――。 ごく普通の生活を送ってきた小鳥遊蒼《たかなし あお》。 彼女の仕事はゴシップ誌のライターだが、ある時この事件に興味を持つ。 政治的な陰謀があるのかと思いきや、事件について調べる蒼の前に現れたのは件の島の生き残りを名乗る若い男。 男は人智を超えた力を操り、蒼に協力を求める。 そして次々と現れる島の生き残り達。 彼らはそれぞれの思惑を持って、蒼に近付いていく。 誰が敵で誰が味方か。 一度信じた相手すら、時折見せる不審な言動。 事件とは無関係だったはずの蒼の前に示される、自分との繋がり。 受け入れがたい現実を前に、蒼の心は揺さぶられる。 そんな彼女が、最後に選ぶのは――。 ※作中に登場する地名には架空のものも含まれています。 ※痛グロい表現もあるので、苦手な方はお気をつけください。 ※本作はカクヨムで掲載している完結済作品の改稿版です。 1話が2〜3000字程度になるよう分割しているため話数が増えて各話タイトルも変わっていますが、ストーリーに変更はありません。 □■7/1〜31は毎朝07:07に更新予定■□

  • 最強の念動力と影遣い

    ♡100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・5話 ヤグチ

    2020年7月10日更新

    こんな内容↓ ・主人公真白は10人しかいないレベル6で、序列第10位 ・一緒に住んでいる黒江の能力レベルは測定不能 ・超能力者が集められている都市 ・その都市を中心に、企んでいる研究者や世界征服しよう画策している悪の組織が存在 能力紹介↓ 真白:影から黒い手を操る能力 黒江:念動力を操る能力 イチャイチャしているところだけを読みたい方は『幕間』だけをどうぞ。 あらすじ↓ 本城真白は最高位のレベル6だった。 1946年、アメリカ合衆国で始まった異能者隔離政策。 日本もその政策に従い、小笠原諸島周辺は埋立地にされ、人工的な都市にされた。 そこは異能者開発島、人形島などと呼ばれており、東京23区分ほどの広さがある小さな島。 住民は7割型中高生と大学生であり、異能力開発及び研究のために親元から離れて住んでいる。 大部分はレベル0の一般人なのだが「神からの贈り物(ギフト)」を持つ人間は、異能力者とされる。 本城真白は、12歳の頃に両親に捨てられたレベル6の異能者だった。 同じ境遇の月詠黒江と一緒に生活していたのだが、とある日に発見した「人形島登録学生ランキング」。 そこには『序列第10位 本城真白』と書かれていた。 真白を含む序列10位までのレベル6達には、賞金がかけられ、賞金首リストにされてしまった。 2人はこの島に潜む闇や、レベル6超能力者と戦う!! 応援よろしくお願いします!

  • 近未来舞台のメカアクションファンタジー!

    ♡73,900

    〇246

    現代/その他ファンタジー・連載中・55話 アリステスリア

    2020年7月10日更新

    西暦2100年、総人口100億人を超し地球全域を欲しいままにしていた人類は、突如現れた謎の黒い結晶生命体“アビス”により、その生存圏を脅かされていた。物言わぬ彼らに現代兵器は有効打とならず、同時期に発生した“晶気”により国を隔てた長距離通信は衛星通信も含めて絶たれ、国家間の交流は寸断された。人類は各地に孤立したまま、有効な打開策も見出せず、衰退の一途をたどっていた━━

  • 怪奇事件×美少女探偵が織り成す異聞録!

    ♡900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・46話 卯月響介

    2020年7月10日更新

    バチカンの教授が、怪奇事件発生に関する理論、通称アカシックレコードを公表して半世紀。 科学文明が発展しても、神秘や怪異は存在し続け、人々を脅かし、欺き、魅了し続けていた。 それによる事件もまた、世界各国で発生し、警察ですら手に負えないことも――。 ポルトガルの首都、リスボンには、そんな世界中で起きる怪奇事件を、調査解決する唯一無二の探偵社があった。 その名を、ノクターン。 小さな事務所にいるのは、3人の美少女探偵。 元バチカン特殊諜報員リーダー エリス。 半妖、巫女、探偵のトリプルフェイス あやめ。 魔術師の遺伝子を持つ元FBI捜査官 リオ。 怪異に関する膨大な知識と、銃に車のテクニック、そして歴史上の遺品を宝具化した、魔法の武器「アトリビュート」が、彼女たちの強みだ。 ロンドンと韓国で、不審死を伴う大事故が発生! 被害者はいずれも、突如として成功者となり、謎の瓶を現場に残していた。 同様の事件が各国で起きていることを突き止めたICPOは、ノクターン探偵社に、事件の黒幕についての捜査を依頼する。 全ての被害者が、ラスベガスにある同じホテルに宿泊していることを突き止めたエリスたちは、過去が一切不明というナゾのホテル王ゲイリー・アープと、幸運を生み出す禁忌の妖怪 ケサランパサランの存在にたどり着く。 ホテル王の目的とは何か。 そしてケサランパサランの正体が暴かれるとき、砂漠のエルドラドに危機が迫る! エリス達は、更なる惨事を防ぐことができるのか! 彼女たちは、世界中を駆け巡り、あらゆる奇奇怪怪に立ち向かう。 怪奇事件を解き明かし、自分たちの人生を狂わせたアカシックレコードを、誰よりも早く見つけ出すために! ハリウッド映画のように、ド派手でスケールの大きい話や、厨二チックなディープ設定がお好き? 結構。では、ますます好きになりますよ(某シュワ映画風に) 舞台は全世界! 主要キャラは全員可憐な女の子! 妖怪あり、宝具あり、都市伝説あり、銃も車も刀剣もあり! なんでもありの、現代ファンタジーサスペンスアクション誕生! これは、誰も知らない近くて目の前の過去。 混沌の中を生きる、少女たちの怪奇譚! ノクターンの電撃作戦に刮目せよ!

  • 私達はこころがあればどこまでも強くなれる

    ♡31,400

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・60話 水野ぴえろ

    2020年7月10日更新

    ※※ふたりぼっちの死霊術師はこんな人にオススメ※※ ・紙の本のように地の文が読みたい人 ・金色のガッシュのように純粋でまっすぐな人に憧れている人 ・日常に疎外感を感じている人 ・わんこのラッキーすけべを見たい人 ・魅力的なキャラに会いたい人 ※※あらすじ※※ この世にある全てのものは世に出回り、認知されることで初めてその存在意義を得る。誰も見向きしなければ価値はない。誰も見向きしないものには価値はない。 そのような考えを持つ中学三年生の少女「足立灯」は常に孤独だった。平凡過ぎて誰も構ってくれない人生を過ごしているが故に、自分の無価値さに苛まれてていた。 無価値である故に発生した「価値がないものは存在してはならない」という脅迫概念やかかわりのない人生から生まれた孤独から逃れる為に、灯は自殺の名所から飛び降り自殺を図った。 しかし、すんでの所で彼女を助けたものがいた。 ――そんな彼女を助けたのは半透明の幽霊だった。 孤独のまま死んだ幽霊は今まで何度も自殺するものを救おうとしてきたが、実体のない体ではそれは不可能だった。そんな彼が唯一救えたのは足立灯だった。 何故灯だけを救えたのか。幽霊はその答えを探し、彼女の孤独を消し去ることを誓い、行動を共にする。 その答えとは、灯たちにかかわりのある「こころ」の問題だった。 こころとは何か? 抽象的で答えのない問いに彼女たちは答えを見つけ出せるのか。 この物語は孤独な少女と幽霊が手を取り合って、こころを駆使して戦い、養いながら、それぞれの答えを見つけ出す現代ファンタジーである。 定期更新日:月・水・金・土曜日 他不定期更新 〘注意事項〙 本作はフィクションです。実在する地名・人物が作品内に登場しますが、実際の地名・人物とは一切関係がありません。 本作には幾つか物理法則が出てきますが、それらは「ふたりぼっちの死霊術師の世界観」でのみ通用する法則であり、現実では通用しない法則・現象が多数出てきます。それを踏まえて、「現実ではありえない」などの誹謗中傷はご控えください。

  • 微力ながら笑顔をお届けできたら……

    ♡11,650

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・35話 平野晴蘭

    2020年7月10日更新

    元ヒーロー志望のヘタレ高校生の岡崎翔太は、一緒に悪党を成敗する相棒となったお米の妖精、「米子」と共に、日々、大奮闘します! ドタバタコメディーのなかに、心がほっと温かくなる作品を目指しました。 ヘタレ度 100% ヒーロー度0% 恋愛経験0% 何処にでもいそうな少年が少しずつ変わっていく所を見守って頂けますと幸いです。 ♪~~~♪~~~♪~~~♪ こちらの表紙はニコ動にて お借りいたしました。 イラストタイトル じゃれゃれ 絵師様 まったり春兎 様 が描かれたものです。 ♪~~~♪~~~♪~~~♪ ※ OKOME~本日も、ヘタレな米粒ヒーローマンと妖精が町の平和を守りますっ!!~ という作品のリメイクバージョンです。 主人公の設定を高校生に変更しました。 前回は応募締め切り奮闘でいっぱいいっぱいでしたが、今回はキャラ愛やシーンや新キャラを増やしています。 米粒ヒーローマンとお米の妖精が本日も町の平和を守ります!

  • 超能力系女子がてきとーに過ごします

    ♡141,750

    〇583

    現代/その他ファンタジー・連載中・64話 すすき

    2020年7月10日更新

    超能力を使える系の女の子達が超能力を使ったり使わなかったりしながらのんびり暮らしています。 あんまり重たくないすっきり爽やか系のお話を目指したいと思います。

  • 宝石食べるカエルなんて聞いてねぇ。

    ♡4,200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・17話 藤和

    2020年7月10日更新

    パワーストーンのお店で働きながら、高校に通う女子高生。 ある日突然目の前に喋るカエルが現れて、ごはんに石をくれなんてどうしたらいいの! カエルのごはんを確保しながら過ごす毎日はそれでも楽しい。

  • 感想等いただけると嬉しいです。

    ♡6,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・11話 朝霧 夜宵

    2020年7月10日更新

    純白の髪と肌を持って生まれたが故に悪魔の烙印を押され、十六年を地下牢で過ごした少年。 全てを失った彼の元に、「神」を名乗る女が現れて……

    タグ:

    異能 ダーク

  • 10月に完結します。

    ♡1,600

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・56話 さんまぐ

    2020年7月10日更新

    前作、サンドボックス ガーデン完結17年後の世界の物語。 サンドボックス ガーデンで主人公の1人だった東の勇者ツネツギ。 ツネツギやツネツギの子供ツネノリ、チトセの新しい物語になります。 極力前作を読んでいなくても楽しめるようには書いていきたいなと思っています。

  • 小さな島に潜む大きな悪意

    ♡10,200

    〇350

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話 未季央

    2020年7月10日更新

    日本の離島である楠ノ恵島<くすのえじま>。その島では巨大な楠が神木として祀られていた。 五年前、自然豊かなその島に隕石が落ちた。それがきっかけで、神木を中心とした一帯が奇怪に変貌してしまう。 植物の姿が変わったその現象は『変異』と呼ばれ、調査が進められたが、現在も原因は分からないでいる。 時間が経ち島に残った人々も過去から立ち直りつつあると思われていたが 別の悲劇の種が、人知れずその島の中で渦巻いていた。 松野京介達は自分の故郷を守るために芽吹いた悲劇に立ち向かっていく。 人が作り出した種が、花を咲かせ実を結び、別の種を落とす ◇フィクション。ファンタジー。実在の人物や団体などとは関係ありません。 ◆残酷な表現があります。物語が進むにつれ(2章以降)暴力描写も増えていきます。苦手な方はご注意ください。

  • 私はどうしても死にたいの

    ♡17,850

    〇140

    現代/その他ファンタジー・連載中・8話 桃口 優

    2020年7月10日更新

    生きることの尊さと生まれてきた意味がテーマです あらすじ かんかんと踏切の音が鳴り響く。 私は躊躇わず踏切の中に進んでいく。 やっと解放されると思った。 私には、どうしても死にたい理由があった。 しかし、ある男に自殺を阻止させる。 それから、その男とかかわっていくようになり、私は自分の死にたい理由について話していくようになる。 一方で、その男には私の自殺をどうしても止めたい理由があったのだった。

  • 砕けた硝子が映した、使い道のない風景たち

    ♡2,000

    〇300

    現代/その他ファンタジー・連載中・7話 空気イヌ

    2020年7月10日更新

    割れて、砕けてしまった硝子たちが散り際に映した、様々な風景。 誰かたちの、いつかだったり、どこかだったり。 今日すれ違った人々にとって、私がそうだったように、 私たちは多くの始まりも終わりも知らないままでも、変わらずに生きていける。 砕けた硝子たちは、継ぎ接ぎされて一枚の絵になるのかもしれない。 川を流れて、海を流れて、どこかの砂浜で小さなシーグラスになるのかもしれない。 刺さって、誰かに痛みを残すのかもしれない。 そのいずれにしても、私にとって始まりも終わりもない風景を映す硝子の破片たちは、 使い道のない、額縁なのでしょう。