検索結果:774件

  • ついにオレは「ワトスン」になった。

    ♡0

    〇0

    ミステリー・完結済・6話 山吹あやめ

    2020年7月14日更新

    ついにオレは、探偵助手らしく、記録を残すことができるようになった。 これで憧れの「ワトスン」になれるわけだ。シャーロック・ホームズ役はもちろん、小学生の頃から今日の日を約束していた、相棒の久地(くじ)叶一(きょういち)だ。 中学校に入って初めての事件は「部室」にまつわるものとなる。 (この作品は「エブリスタ」にも掲載していますが、少し変えてあります)

  • 児童を虐殺したのは君なのか、それとも。

    ♡100

    〇0

    ミステリー・完結済・1話 Yukari

    2020年7月14日更新

    人は何かに溺れています。溺れていないとやっていけない。自分が渇望し夢に描き手元に手繰り寄せておきたいと思う大切な何か。 そして、その相手が人間であったとき。 狂った非道の人間に溺れその人のためなら命だって尽くすことが出来ると思ったとき。 人は命を投げ捨てその人の下に溺れに行くのでしょうか。 これは、平凡に飽き、何か非常識を求め歩いていた彼女が見つけた一つの狂った物語。 これは、死と信じることと愛を騙って語った一人の狂人と一人の狂信者の物語。 児童を虐殺したのは君なのか、それとも...。 PS. 書いてる途中に思ったのですが日常の謎コン目指して書いたのに日常の謎ではない気がします...。

    タグ:

    日常の謎コン

  • ホントは書くのが怖いです。

    ♡0

    〇0

    ミステリー・連載中・1話 佳純

    2020年7月14日更新

    小学生の頃の体験談です。 当時はその時間にその場所に行けば聴くことができました。

  • これはただの悪夢ではない。予知夢だ。

    ♡368,800

    〇2,959

    ミステリー・連載中・51話 Guru

    2020年7月14日更新

    主人公の大学生、“知念 誠人”は、ある日を境に頻繁に悪夢を見ることになる。 しかし、その悪夢はただの悪夢ではない。 夢の中身が正夢となる──“予知夢”だったのだ。 散々悪夢に悩まされ続けた誠人は、その苦悩を友人に打ち明けるが、そこで信じられないことが起きる。 集まった友人の全員が、誠人と同じように悪夢──予知夢を見ていた。 この面子から考えられるのものは、もう“あれ”しかない。 昔みんなで見た、大きな流れ星…… その時に起こった不思議な現象……きっかけは、この“流れ星”に違いないはず。 あの星が墜ちた夜から──物語はすでに始まっていたんだ。 基本シリアス、時々ギャグ。 ヒューマンドラマに、青春あり。 あわゆる要素を兼ね備えた──SFミステリー(サスペンス)作品、ここに開幕。 悪夢を未然に防ぐために、誠人達が立ち上がる。 ※こちらの作品は、小説家になろう、ステキブンゲイにも掲載しております。 タイトルロゴは、紅蓮のたまり醤油様に作って頂きました。

  • 怪しいモノたちの正体見たり枯れ尾花

    ♡0

    〇0

    ミステリー・連載中・4話 キナ

    2020年7月14日更新

    現代に潜む妖怪たちの物語。

  • それだけは解いてはいけない謎だった。

    ♡3,700

    〇30

    ミステリー・連載中・5話 kirinboshi

    2020年7月14日更新

    俺の友達、久保田君はちょっとヘン。だけど、隣にいるとホッとできる唯一の友達。 平凡な大学生活から久保田君をルームシェアに誘ったことから「久保田君」の「謎」に 触れてしまった俺は―――。 ―――日常の謎が「友達」でも構わないでしょうか? ※「小説家になろう」「カクヨム」でも連載中です。

  • 日常の謎コンにチャレンジします。

    ♡1,500

    〇0

    ミステリー・連載中・2話 戸嶋トモ

    2020年7月14日更新

    放課後、高校1年生の「僕」はゆっくり落ち着いて過ごせる場所を探していた。 やっと見つけた立入禁止のそこには、先客の「先輩」がいた。 その日から、僕と先輩は放課後そこで読書をしたり、他愛もない話をしたり。 まるでラブコメのような展開だが、これはあくまでも僕と先輩の日常の物語。

  • 第2話は「密室を破る"魔弾"」

    ♡1,100

    〇0

    ミステリー・連載中・24話 安藤啓太

    2020年7月14日更新

    ファンタジー×青春×ミステリ!? 自分の適性と才能を自覚しながら<勇者>を目指す天才<占い師>の冒険と彼が出会う難事件とは 騎士団の≪勇者≫に憧れる少年ローラン・ヒルベルトとケータ・アンドウは実践経験を積むため探索者として日々戦いに身を投じるが、ある日の護衛任務でクレアという美しい少女と運命的な出会いをする。自分達や彼女らが何者かに追われていることに気づき、犯人を捜すこととなる。 (この物語はファンタジーメインのちょいミステリで、魔術を使ったトリックを扱っていきます。探索者ローランと探偵アンナのダブル主人公で、数人のメインキャラ主観と時々三人称視点で進めます。単位・暦はわかりやすさのため現代日本に合わせることにします。第一章はローラン少年の挫折まで。第二章はローラン青年が学院時代に巻き込まれる事件、第三章はローランが他国に行ったりする展開を予定してます。) ※ この作品はカクヨム,小説家になろう/小説を読もうでも掲載しています

  • 高校七不思議を書いてみます。

    ♡0

    〇0

    ミステリー・連載中・10話 猫之実優

    2020年7月14日更新

    登場人物 近野美愛(こんのみあ)鴨野川高等学校に通う高校1年生。 安藤沙希(あんどうさき)美愛のクラスメイト。怪談好きの少女。 木ノ内麻弥(きのうちまみ)隣のクラスの女子。沙希とは中学校の頃からの友人で、霊感が少し強い。 佐倉結衣(さくらゆい)麻弥の腐れ縁。 クラサトさん――〝エレベーターの少女〟。 あらすじ もともとは病院だったという鴨野川高等学校。 友人から聞いた学校七不思議を試してみるべく、美愛たちは夜の高校へ侵入。 夏と言えば肝試しだよね、という軽いノリで肝試しをする美愛たち。 霊感が強いというクラスメイトが、七不思議の一つであるエレベーターに閉じ込められた少女の亡霊を見たという。 噂話なのか真実なのか……、美愛たちは推理をしながらエレベーターに閉じ込められた少女の真相にたどりつけるのか。 ハラハラドキドキする学園ミステリー。

  • 梅雨晴れの夏、熾天使が僕に落ちて来た。

    ♡13,000

    〇10

    ミステリー・連載中・4話 氷口雪

    2020年7月14日更新

    『真理を探求するには、生涯に一度は全ての事について、出来る限り疑うべきである。』(デカルト著、哲学原理より) 僕の幼馴染、大路留徒(おおじ ると)はそんなデカルトの哲学の根本的思想が具現化した様な美少女だ。 つまり、異常に疑り深い厄介な性格なのである。 そんな面は普段は隠しているものの、彼女のフラストレーションが限界を迎えると、僕にそれをぶちまけるのだ。 僕は傍観者。彼女という天才の受け皿に過ぎない。 どうやら大路留徒は最近頻発しているらしい小さな紛失事件が気になるようで……って!外!外見て! 天使が自殺を図ろうとしてる!? 梅雨明けの季節、猛暑を間近に控えたその日、僕に天使が落ちて来た。 これは僕の日常が目紛しくその様相を変える天国と地獄の様な一日についての青春黙示録である。 ※字数制限の為、一部内容を修正する可能性があります。

  • 予知夢を見る作者が予知夢について語ります

    ♡11,065

    〇50

    ミステリー・完結済・9話 CMZO

    2020年7月14日更新

    ノベプラで「日常の謎コンテスト」が開催される事になり、私なりに「日常の謎ってなんだろうなぁ」と考えてみました。 なかなか思い浮かばなかったのですが「──あ、そうだ。日常の謎ってわけじゃないけど、長年の謎ならあるな」と思いました。 それが予知夢です。 私は予知夢を見るのですが、ずっと「これってなんなんだろう?」と思っていました。 というのも、世の中には予知夢に関して色んな情報が溢れていますが、その99%は間違いです。 私は予知夢を見る人間として、その事を断言出来ます。 なので、この機会に皆さんと「正しい予知夢の情報」をシェアしたいと思います。 日本語で「予知夢」と検索しても、英語で"prophetic dream”と検索(私は多少英語が出来る)しても的外れな記事しか出てこないので、自分で言うのもなんですが、多分この記事は世界的に見ても貴重な資料になると思います。 普通、ミステリーとは謎と真相がセットで初めて「ミステリー」と呼べるのだと思います。 が、先に言っておくと、このお話は解決しません。 予知夢を見る私自身もこれ(予知夢)がなんなのかまるで分からず、目下超混乱中だからです。 なので、そもそもミステリーと呼べず、きっと賞(?)の選考対象外だと思います。 ですが、私からしたらそんな事どうでも良いのです。 「私は予知夢を見ますよ」という話題提起さえ出来れば100点です。 もしこれを読んで、予知夢に関して何か情報を知っている方がいればコメントで是非教えて下さい。 それは私にとって、amazonの3万円分カードの何十倍もの価値があります。 ──まぁ色々書きましたが、基本的には私が普段投稿している小説と同じように、少しでも楽しんで頂けたら幸いです。

  • "異常"なのは事件ではなく"彼ら"だった

    ♡700

    〇0

    ミステリー・連載中・15話 月ノ羽ルナ

    2020年7月14日更新

    東京都・警察署にある刑事課、特別部署ーー【異常調査部】異常なのは事件ではなく所属しているその3名。 ハサミを常に持ち歩き奇抜なファッションを好む黎ヰ(くろい) 一定の感情で、人離れした馬鹿力を発揮する曳汐(ひきしお) 死体が大好きで解剖員になった芥(あくた) そんな彼らの監視員をする事になった蔡茌 紾(さいし めぐる)は、事件を通して、誰も知ろうとしなかった彼らの本当の素顔にふれていく。

  • ミステリー短編小説コンテスト投稿作品です

    ♡400

    〇0

    ミステリー・完結済・1話 ののあ

    2020年7月13日更新

    日常に潜むレイテンイチパーセントの謎について。 ふたりのJKが解き明かそうとするのですが、 その先に待っていたものは……。

  • 電脳世界が好きな”一般人”なのです。

    ♡400

    〇0

    ミステリー・連載中・67話 北きつね

    2020年7月13日更新

    簡単に自己紹介をしておこう。 俺は、高校生だ。確かに、親父に騙されて、会社の取締役社長をやっているが、俺だけしか・・・いや、幼馴染のユウキも社員になっていた・・・と思う。 俺の親父は、プログラマとしては一流なのだろうが、面倒なことはやらないとという変わり者だ。 そんな親父に小学生の頃から、プログラムやネットワークやハードウェアの事を叩き込まれてきた。俺が望んだと言っているが、覚えているわけがない。 俺が、パソコンやネットワークに詳しいと知った者からお願いという名の”命令”が届くことが多い。 プログラムを作ってくれとかなら、まだ話ができる。パソコンがほしいけど、何がいいくらいなら可愛く感じてしまう。パソコンが壊れた、辺りの話だと、正直何もできないことの方が多い。 嫌いな奴が居るからハッキングしてくれや、元カノのスマホに侵入してくれ・・・犯罪な依頼も多い。これは、”ふざけるな”断ることができるので気持ちが楽だ。それでも引き下がらない者も多い。その時には、金銭の要求をすると・・・次から話にも来なくなる。 でも、一番困るのは、”なんだだかわからないけど動かない”だ。俺は、プロでもなんでもない。 ただただ、パソコンが好きで、電脳世界が好きな”一般人”なのです。 そんな”一般人”の俺に、今日も依頼が入ってくる。

  • 事実に基づき書かれた所期をどう読むか?

    ♡500

    〇0

    ミステリー・連載中・18話 照宮一咲

    2020年7月13日更新

    高校生の探偵部。その部室で起きる事実を綴った所期の話。

    タグ:

  • 初投稿で日常の謎コン応募作品です!

    ♡8,900

    〇0

    ミステリー・完結済・7話 りの

    2020年7月13日更新

    ミステリーや暗号が大好きな主人公明智京子(あけちきょうこ)が謎のない平凡な日常に退屈をしていた。 何か事件でも起こらないか思っていると、友人の金田一朱里(きんだいちじゅり)からラブレターをもらったと報告が飛び込む。 朱里が告白されたり、ラブレターをもらうのは日常茶飯事で恋愛に興味のない京子は聞き流そうとすると、 友人はラブレターを読み上げると、京子の態度が急変する。 「これが僕の気持ちです。OKなら返事を下さい」と書かれているも伝えたい内容がほぼ暗号となっている。 朱里への気持ちが京子の好きな暗号で書かれていた。 退屈していた京子は暇つぶしに手紙の暗号解読を開始する。 京子は暗号に書かれた本当の意味を解読できるのか。

  • 小さな匣庭の連続殺人。真実を貴方の手で。

    ♡5,900

    〇0

    ミステリー・連載中・43話 至堂文斗

    2020年7月13日更新

    出題篇PV:https://www.youtube.com/watch?v=1mjjf9TY6Io それこそが、赤い満月へと至るのだろうか―― 『満ち足りた暮らし』をコンセプトとして発展を遂げてきたニュータウン、満生台。 更なる発展を掲げ、電波塔計画が進められ……そして二〇一二年の八月、地図から消えた街。 鬼の伝承に浸食されていく混沌の街で、再び二週間の物語は幕を開ける。 古くより伝えられてきた、赤い満月が昇るその夜まで。 オートマティスム、鬼封じの池、『八〇二』の数字。 ムーンスパロー、周波数帯、デリンジャー現象。 ブラッドムーン、潮汐力、盈虧院……。 ほら、また頭の中に響いてくる鬼の声。 逃れられない惨劇へ向けて、私たちはただ日々を重ねていく――。

  • 殺人犯は、小学生の息子だった——

    ♡12,700

    〇100

    ミステリー・連載中・38話 ぼなぁら

    2020年7月13日更新

    「それで、お隣の殺人事件についてでしょう?」 誰もが羨む理想的な家庭で起きた惨劇。鋭利な刃物によって刺殺された夫婦。犯人と目されたのは夫婦の息子の小学生であった。 関係者の口から語られるのは、惨劇の理由か、それとも……。 夫婦はなぜ殺されたのか。何が少年を犯行へと駆り立てたのか。幸せな家庭の真実が、今明かされる。 2020年7月15日完結予定 毎日21時頃更新! この作品は「小説家になろう」「アルファポリス」「カクヨム」にも掲載しています。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

  • モリアーティの右腕対ホームズの助手の戦い

    ♡500

    〇0

    ミステリー・連載中・2話 ヴィギンス

    2020年7月13日更新

    ライヘンバッハの滝から英国犯罪界のナポレオン、ジェームズ・モリアーティ教授を救出した教授の右腕、セバスチャン・モラン大佐はモリアーティ教授を敗北に追いやった「機械仕掛けの」名探偵、シャーロック・ホームズへの復讐を持ちかける。一方モリアーティ教授は、ホームズの助手でかつて盟友だった医師、ジョン・H・ワトスンを攻撃するよう大佐に命じて?

  • 目を覚ますと、そこはなにもない世界だった

    ♡500

    〇0

    ミステリー・連載中・16話 開屋

    2020年7月13日更新

    学校に友人も居らず孤独な少年は度々奇妙な夢を見た。その夢は果たして少年にとって意味を成すものなのか、それとも......

    タグ:

    学園 現代日本