検索結果:648件

  • 軍事国家×女軍人×百合。

    ♡1,000

    〇0

    歴史/時代・連載中・19話 橘こっとん

    2020年8月1日更新

    かつて戦争に敗北した軍事国家。そこにはたったひとつの女性小隊がある。 女軍人として白眼視されるヴィルヘルミナと、望まぬ結婚生活に鬱屈する高官夫人シャルロッテ。ふたりはかつて「戦友」として約束を交わし、女性を軽視する祖国でともに戦うことを誓った間柄だった。一通の脅迫状により、彼女たちは約10年ぶりの再会を果たす。 シャルロッテを守りぬくため、ヴィルヘルミナは隊を率いて敵に立ち向かう。ヴィルヘルミナに光を見、シャルロッテは夫の支配に抗い続ける。 しかし軍や国家、テロリストたちの思惑が否応なしに彼女たちを巻きこんでゆく。それはいつしか、国を揺るがす陰謀へと発展してゆき―― これは強くて弱い女たちが、それぞれの信念を貫いてゆく物語。 ちょっぴりミリタリ風の百合です。百合です。 当作品は小説家になろう・カクヨムにも掲載しております。

  • 江戸時代が舞台のファンタジーです

    ♡17,100

    〇100

    歴史/時代・連載中・26話 猫野たま

    2020年8月3日更新

    頃は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸の浅草浅草寺・・そこから、江戸を舞台としたファンタジーが生まれる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々に現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。新しい月をめぐる争いに四神たちはどう抗い月詠を守るのか? そして、月詠とは何者であるのか。 今、物語りがはじまる。

  • 2020年8月3日更新

    【あらすじ】忍術闘技会「カンラカグラ」まで一か月となった秋のある日。忍術学園「神楽」に水鏡チャチャが転校してくる。 人気者であった上月スズマルは、彼女によって「ある秘密」をクラスメイトにバラされてしまう。(Hな秘密だよ!) どーも!ぬくぬくはらまきです! 今回は忍者!くのいち!最高だぜ!oh yeah! ごゆっくりお楽しみください(^o^)

  • 里見八犬士の子孫。はたしてそのいくすえは

    ♡11,600

    〇0

    歴史/時代・連載中・15話 地辻夜行

    2020年8月3日更新

    イラストはIris(イリス)さん作品 キャラクター名 乙霧 里見八犬士。 安房里見家においてその名を知らぬ者がいない一騎当千の強者達。 しかし、それも今は昔の物語。 謀叛の罪を着せられ、一所に押し込められ、今や八犬家は風前の灯。 立ちあがるは、五代目八犬士筆頭犬坂生野種智。 彼が新八犬士に与えしは、犬坂家が誇る智をもって融合させた、失われた初代八犬士の呪いの力と宣教師から得た技術と知識の混合物『呪言』。 命を代償に行使しする『呪言』をもって狙うは、北条氏康が居城小田原城。 八匹の狂犬の牙が、難攻不落の居城小田原城に喰らいつかんとする。 だがしかし、この動きを北条の子飼いの乱波集団風魔衆よりも先に察知する者達がいた。 名を一夜衆。 美と知をもって、夜の帳に生きる、情報を切り売りする諜報特化の忍びの一族 一族の中から、八匹の獣の前に立つのは妖艶に微笑む魔性の娘乙霧ただ一人。 一族の更なる発展の為、彼女は風魔衆の中から、自身と子宝の相性の良い男を婿に迎え入れるべく、風魔が氏康より与えられし使命八犬士討伐に力を貸す。 一族の存亡と発展を懸け、いま呪いと忍びの技が火花を散らす。

  • 遊女が楽しく生きようとする物語です

    ♡17,500

    〇0

    歴史/時代・連載中・11話 青丹よし

    2020年8月3日更新

    三崎島の玉洗いの港で”沖の遊女”として働くお千代の物語です。 自由に生きようとする彼女には様々な試練が待ち受けています。 捨て去った過去、遊女としての現在、そしてこれからの未来。 さて、お千代はどんな道を歩んで行くのでしょうか―――――。 ※この作品は他の投稿サイトにも掲載されています。 毎日20時に更新したいです。

  • 幕末時代伝奇。忍法帖バトル!

    ♡11,200

    〇25

    歴史/時代・連載中・3話 伊賀谷

    2020年8月3日更新

    時は幕末。 薩摩藩が江戸に総攻撃をするべく進軍を開始した。 江戸が焦土と化すまであと十日。 江戸を救うために、徳川慶喜の名代として山岡鉄太郎が立ち上がる。 ここに時代伝奇バトルが開幕する!

  • 新発田重家転生【なろう500万PV】

    ♡70,500

    〇0

    歴史/時代・連載中・88話 今川幸乃

    2020年8月3日更新

    社会人三年目の俺は新潟近海の妖精を自称するよく分からない存在の導きで五十公野治長(いじみのはるなが、後の新発田重家)という無名の武将に転生した。チートなどはなく、もらえたのは一袋のコシヒカリだけ。 確か御館の乱の恩賞に不満で反乱を起こし、景勝に滅ぼされる人物だった気がする。反乱は起こさずにのんびりと領国経営だけして過ごそう。 でも当時の越後の中心は春日山城で、新潟はほぼ何もない街。せっかくだから妖精にもらったコシヒカリを育てて新潟港を発展させて他国に売り出そうと思う。 絶対に反乱も起こさず天下統一などもってのほか、ゆったり内政を行おうとする俺。しかし戦国時代はそれを許してはくれず、やむを得ず周辺との戦いに乗り出していく。 ※チート・歴史改変要素薄め、元の戦国時代の雰囲気が比較的残っています。 ※「小説家になろう」「カクヨム」からの転載です。朝7時・夜18時予約予定

  • 少し訳ありな時代物和風恋愛です。

    ♡12,100

    〇0

    歴史/時代・連載中・40話 北織 翼

    2020年8月3日更新

    時は江戸時代、関東の小藩・峰澤藩の領内で織りなされる男女の物語。 料理屋や蕎麦屋で下働きをしながら長屋で子供たちに学問を教えている町娘・紘子は、蕎麦屋の常連・清瀬重之介と知り合う。封建的で閉鎖的な世にありながら、重之介の前衛的で開放的な思想や言動に興味を持ち始めた矢先、紘子は料理屋で藩主の弟・清平従重と出会う。 傍若無人な振る舞いの陰に憂いと優しさを覗かせる従重、器用に距離を詰め紘子の心に踏み込んでくる重之介……彼らが関わり始めた事で、紘子の「過去」も動き出す―― ※この物語の中には、精神的または肉体的に苦痛を与えるといった暴力的表現や残酷な描写、または身体的接触を伴う性的描写が入るエピソードもたまにございます。目安としてはR15指定程度を想定しています。閲覧される方は何とぞご承知おき下さい。

  • 九州統一しました

    ♡366,700

    〇400

    歴史/時代・連載中・154話 那田野狐

    2020年8月3日更新

    信号が青に変わって横断歩道を渡っていた俺はトラックにはねられて死んだ。 つぎの瞬間に真っ白な世界に飛ばされて現れたのはギリシア神話に出てくるゼウスによく似た老人。 なんでも日本の戦国時代と日本のWeb小説がとても大好きな異世界の神さまだということ。 で、神さま。毛色の変わった戦国モノのWeb小説みたいな大河ドラマが視たくなったらしい。 小説でもなく漫画でもなく大河ドラマ。しかも台本なし。 そして白羽の矢を立てたのが、Web小説ではイマイチ人気の低い毛利元就(神さま調べ)。 毛利元就に転生でないのは、勢力が拡大したとき元就では自由度がなくなるからだそうだ。 よく意味が解らない・・・

  • なんちゃって大正ロマン妖怪アクション

    ♡10,600

    〇0

    歴史/時代・連載中・4話 中華鍋

    2020年8月3日更新

    「人の言葉を喋るの!?」 山奥の田舎から養父に言われ帝都にやって来た少女真白は、貸本屋で黒猫に出会う。 「君の面倒を見るのが私の役目だ」と人語を操る猫に戸惑いつつも、妖怪や桜の精霊など帝都で様々な出会いを真白は果たしていく。 そんな中、ある日出会った【軍服の君】に真白は恋をして――? 黒猫と少女が織りなすなんちゃって大正ロマンファンタジー

  • 笑い、恋愛要素ありの和風ファンタジー戦記

    ♡2,200

    〇0

    歴史/時代・連載中・34話 ひーさん

    2020年8月3日更新

    魑魅魍魎が跳梁跋扈する世の中、ある時、その魑魅魍魎を率いる鬼と呼ばれる一族が人間が住む各地を征服し始め、人間たちは絶滅寸前まで追い詰められたという。 そんな時、不思議な力を持つ使いの者が現れ、生き残り全員に使いの獣を授けこう言った。 『その獣はお前たちが望む手段になるものだ。共に歩み、鬼と魑魅魍魎に対抗するといい・・』 幾月か使いの者から手ほどきを受け、使いの獣を使役できるようになった。そして、それが鬼と魑魅魍魎への強力な対抗手段となり、それから数百年後、人間は絶滅寸前から魑魅魍魎達に拮抗する国力をつけるまで成長した。 そして、鬼龍達若者の物語が今ここに始まる・・・

  • 信長信照伝はホントにいた史実の人です。

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・8話 牛一・冬星明

    2020年8月3日更新

    気が付くと戦国時代? 人間万事塞翁が馬が座右の銘な魯鈍な人は戸惑った。 生活は最低・最悪。 それでもこの世界ではマシな部類という。 織田信照は信秀の10男だ。 10男って、がんばり過ぎでしょう。 もうギャグでしかない。 信秀の子と言えば、織田信長。 第6天魔王の弟という恐怖なポジションだ。 魔王と対峙しながら魯鈍な人は生活改善にひた走る。 天下静謐を目指す信長とのんびりと暮らしたい魯鈍の人はやっていけるのだろうか? 美男子カップルが取り成す、戦国トンチコメディーのはじまりだ。 魯鈍の人は総押し、それとも総受けか?

  • 三国志×文官×異能×女武闘家

    ♡31,900

    〇500

    歴史/時代・連載中・116話 墨笑

    2020年8月3日更新

    三国時代の文官、許靖は瞳の奥に「天地」を見る。 「天地」にはその者の人格や能力、心が現れる。 許靖は瞳を見るだけでそれらを知ることできた。 この物語では許靖がその異能を駆使しつつ、戦乱に翻弄されながらも必死に生き抜いた生涯を描く。 中国各地を放浪し、蜀においては諸葛亮孔明に次ぐ官職を務めた文官の波乱万丈な人生。

  • 男か、女か。美しい少年宦官の行く末は。

    ♡33,600

    〇0

    歴史/時代・連載中・34話 戸谷真子

    2020年8月3日更新

    異国からの奴隷として東方の大国「偉」に献上された名もなき少年は、宦官(去勢された男性)・白木蓮(はく・もくれん)として後宮で生きてゆくことになった。 十三歳になるころ、男性でもなく女性でもないとされる宦官の自分に、木蓮は戸惑いを隠せなくなってゆく。 第二皇子・風鳴や美しい妃候補たちとの関わりの中で、木蓮は自分の性をどのように受け止めてゆくのだろうか。

  • なろうさん版とは一部展開を変えてあります

    ♡47,200

    〇6,700

    歴史/時代・連載中・44話 但尾逆浦

    2020年8月3日更新

    皇紀2127年、帝国暦に直しては77年。上御霊の戦いから始まった応仁の乱により嘉吉の乱からひび割れを見せ始めた室町幕府はついに決壊した。戦いは十一年は続き、諸将が疲れ果てた末に自然消滅したそれは日本の秩序をガタガタに崩壊させた。が、その秩序は早い段階に於いて応急処置とでもいうべき治療を受けて復旧することになる。 垣屋続成。奇しくも応仁の乱より十五年たった後に生誕した彼はある記憶をも兼ね備えていた。……十数代は枝分かれした後の、ある子孫の記憶である。 これは、ある逆浦転生者が図らずも天下統一に乗り出し、成功してしまい、そして海外に乗り出すまでの物語である。 彼はまず、隣国を平定し、続いて謀将を滅ぼし、都に上洛した。そして旧来の既得権益層に喧嘩を売るや否や、一向宗や日蓮宗など危険な宗教の叛乱を撲滅、ついには弓馬の将にも拘わらず上級貴族となる。だが、そんなことで彼を飼い慣らすことなどできようはずもなかった。次々と発明を行うにあたり、喧嘩を売られた旧来の既得権益層は完全に疑心暗鬼に陥る。そして、彼が西国の平定戦に向かっている最中にそれは起きる。宗教、旧戦勝派閥、そして続成の伸長を差別的な目で睨み付けていた他の上級貴族の連合造反である。しかし、彼にも味方は存在した。中央政府首班である将軍と、彼の旧主であり旧敗戦派閥の首魁でもあった勢力である。そして彼は賭けに勝ち、走り出した。図書館を創設したり回教徒と出会ったりしたのもこの時期であった。 延徳九年、皇紀に直しては2157年、垣屋続成はついに四海を統一した。応仁の乱よりおよそ20年程度しか経っていないそれは良く言えば傷口の早期治療、悪く言えば現状の追認に近かった。だが、続成の発想はひと味違った。なんと、四海統一祝賀会の場に於いて天下切り取り勝手の号令を発布。これが何を意味するのかは諸説あるが、続成の存念はより多くの日本人町を海外に作り、日系人の地位向上並びに日本語の世界共通語化といったあたりにあった。むろん、本人は富良東大陸への遠征準備を整え、大陸の皇帝になる予定であったが如何せん彼は若すぎた。嫡子すらまだできていない。ひとまずは四海の安定と内治に励む必要があり、諸侯に於いてもせっかく沈静化した火の手を消すのに手一杯といったところであった。 ※あらすじは開発中のものです、内容とは大きく異ならないとは思いますが。※

  • その男の生きた時代を『戦国』と呼ぶ

    ♡100,100

    〇300

    歴史/時代・連載中・120話 藤瀬 慶久

    2020年8月3日更新

    ある日、目が覚めたら転生していた。 時は戦国乱世の真っただ中。 織田信長が生まれる十六年前。管領細川家の家督を巡り、『両細川の乱』の最中にある日本で一人の転生者が六角家の家督を継いだ。 後に近江六角佐々木氏の全盛期を築き上げ、天下人として畿内に覇を唱えた男。 その名は六角定頼 「これは……人生バラ色じゃあないか」 無敗の王者に転生した男は、明日をも知れぬ乱世の中にあって勝ち残り確定ルートにほくそ笑む。 舐めプで一生を送る事を決意した男には、果たして天下統一に乗り出す気はあるのか!? ※この小説は『小説家になろう』『カクヨム』『アルファポリス』『ノベルアップ+』に掲載しています。

  • 他力本願×最弱無双!戦国時代を旅しよう!

    ♡1,011,450

    〇13,991

    歴史/時代・連載中・139話 くろこん

    2020年8月2日更新

    『どうしてこうなった!?』 戦国時代 日本で起きた修羅の時代、私が知っている戦国時代では織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が世を終結させた。 だが、今私が生きている世の天下人は今川義元。 え、それ兄貴なんですけどぉぉぉぉぉ!? それに、なんだか私の知ってる歴史とは色々と違いすぎて... もう勘弁だ!なんだこの世界は! 権力争い?反乱のチャンス? 知るか!私は旅に出るぞぉぉ! 注・主人公今川輝宗はうどんが大好きです(露骨にノベラ賞に媚びていくスタイル) イラスト:ぴくる様 原作:くろこん

  • 本能寺の変の黒幕を転生者は知る

    ♡2,736,600

    〇8,302

    歴史/時代・連載中・196話 吉良山猫

    2020年8月2日更新

    俺の名前は相良正樹しがないアラフォーのサラリーマンだが、歴史オタクであり、趣味は刀剣と城廻り、特技は合気道と居合だ。11月のある日いきなり上司に呼び出され成績不振で会社を首になってしまった。絶望の中で自分探しの旅に出て京都の二条城を見学している時に奇妙な足が三本ある鴉が現れた。何故かその鴉を追いかけているうちに旧二条城跡に迷い込んでしまった。そして運の悪いことに地面が崩落し、深い穴へ落下してしまった。どうやら大昔の井戸の様だ。手や足があらぬ方に曲がっており重傷だ。俺の人生もここまでの様だ…思えばついていない人生だった…死ぬ前に会社で片想いをしていた葵の顔が見たかった…目が慣れてきて、そこには髑髏と一振りの太刀があった。太刀は抜き身であったが古い物であるはずなのにその刀身は錆びていなかった。何処からともかく声が聞こえる『生きたいか?今のままではお主は死ぬ』頭を強く打っていることもあり、どうやら俺は致命傷らしい。『我の無念を晴らしてくれるのならばお前に生きるチャンスを与えよう』「生きたい!」『ならばそこにある星切の太刀で自らを貫け。さすれば道は開ける』どうせ死ぬのならと俺は唯一残った左手で星切りの太刀を握り自らを貫く。『頼んだぞ、我に代わり憎き明智と羽柴と徳川を討ち滅ぼしてくれ』そして俺の意識は深い闇に堕ちていくのであった。

  • 小説家たちの異能力バトル!

    ♡683,331

    〇19,319

    歴史/時代・連載中・122話 芥生夢子

    2020年8月2日更新

    【大正浪漫×文学×異能力バトル!】 原稿が欲しかっただけなのに、いつのまにか小説家たちの異能力バトルに巻き込まれることに! 舞台は大正時代。 初仕事の原稿依頼を成功させるため、張りきって東京までやってきた新人編集の主人公・虎丸。 謎に包まれた美貌の幻想文学作家・八雲に会えたはいいが、なぜか原稿と引き換えにあやかしと闘わされてしまう! 結局、五人の小説家が暮らす怪しい洋館に居候することになってしまった。 しかも、彼らの書く文字には不思議な力が宿っており、次々と怪現象が起こっていく── 文字と言葉の異能力を操る小説家たちの大正ファンタジー! ※イラストは神風銀さまに描いていただきました。(★のついた話が挿絵入り) ※実在する作家や作品の名称も登場しますが、ストーリーに絡むものはすべて架空です。 ※ノベプラ版は改稿が入っており、他サイトとは構成や呼称、表記など異なる部分があります。

  • 斧&鉈 VS 妖刀!!

    ♡8,400

    〇0

    歴史/時代・連載中・33話 木々暦

    2020年8月2日更新

    白髪狐目の小柄な青年ビゼンは、妖刀に取り憑かれた人斬りを斬る『人斬り斬り』。 両手に携えた斧と鉈を振るい、いざ異能を持つ人斬りたちに立ち向かえ! 東奔西走対妖刀復讐譚!! ここに開幕〜♪ ※小説家になろう様、カクヨム様にも投稿させて頂いています。