検索結果:1,099件

  • ローマ人は娯楽に飢えている

    よろしくおねがいします。

    600

    0


    2022年5月23日更新

    歴史上、派手な登場で度肝を抜いたのは、クレオパトラかも知れません。すでに二千年以上も前のエピソードでありながら、脚色も加えられてドラマティックな演出は群を抜き、カエサルのハートをものの見事に射貫いていますが、そこまでに至るまでの道のりは決して楽とは言えないようです。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 伏魔伝 ―108の魔星と安史の乱― 【必ず毎日20:00に更新します!】

    唐の世を駆け巡り、魔星を狩る一団の物語。

    6,300

    25


    2022年5月23日更新

    唐の時代で最も有名な玄宗皇帝と楊貴妃、そして「安史の乱」を渦中に、散らばった百八の魔星との戦いを描く物語。 魔星に殺されて仮蘇生した若者を始め、皇室から消された少女、書いた文字がそのまま実現する術の使い手、顔も身体も無い老道士、鋼の翼を持った鷹など、異才に満ちた面々が、大きな陰謀に巻き込まれていると知りつつ、それぞれの願いを果たすため、旅を共にする。 盛唐の終わりを飾った美女、英雄、悪漢も多数登場。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間22分

    この作品を読む

  • アフリカ人、北を征(ゆ)く ――異聞水戸黄門――

    水戸黄門に黒人の部下が?なんと史実です。

    81,700

    374


    2022年5月23日更新

    十七世紀後期、アフリカの希少部族、マヒ族は奴隷狩りによって滅ぼされた。 生き残ったマヒ族の若き狩人、デンババとカンガの二人はその特殊な能力を認められてオランダへ、さらにカピタンに転売されて日本へと連れてこられた。 江戸で黒人に興味を持った水戸光圀の手によって、彼らは水戸へと赴くこととなる。 だが、光圀には二人に目を付けた理由があった。 水戸藩が建造した巨船「快風丸」に乗せ、蝦夷地(北海道)へ向かわせるためだ。 「石狩アイヌの長老、ハウカセに会え」 それが二人に課せられた密命だった。 快風丸は一路、北へ。 石狩の奥地へ向かった二人は身に覚えのない罪でアイヌたちに捕えられる。 そんな二人を救ったのは「村はずれ」と呼ばれる二人の少女イリカとエマリヤだった。 私利私欲に走る次郎左にそそのかされた急進派のサマイカチは長老もろともデンババたちと少女二人を抹殺しようと謀る。 四人を襲う危機また危機! 決戦の時が迫る。 デンババたち二人は密命を果たせるのか。 命を狙われた少女たちの運命やいかに。 水戸と北海道を舞台に驚異のアフリカン・パワーが炸裂する! 寒山時代劇アワー・水戸黄門外伝第三弾! 異色のハードボイルド時代冒険活劇、堂々登場! 麺屋寒山、渾身の一品です。 とくとご賞味あれ。 ※基本毎週火曜・金曜更新予定。不定期の場合もあります。 ※表紙はファル様に頂きました。多謝!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間54分

    この作品を読む

  • 【無影剣 日影兵衛 刀狩り】

    時代小説・江戸時代・東海道・剣術・旅

    6,700

    50


    2022年5月23日更新

    無影剣 日影残真流免許皆伝、日影兵衛の編み出した我流の必殺剣は、その威力により己の刀も折り飛ばす 技に見合う刀をを求めて 日影兵衛、東海道を京へと旅をする

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間29分

    この作品を読む

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    2,639,876

    6,406


    2022年5月23日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29時間14分

    この作品を読む

  • 約束 3

    ノベプラ文芸部小説勉強会(仮)第3回お題

    700

    0


    2022年5月23日更新

    第1回お題に出したお話の続きです。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 純胤登場

    第3回勉強会参加作品です

    400

    0


    2022年5月23日更新

    「第3回勉強会」『キャラクター初登場時の描写の仕方』の参加作品です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 大杉の誓い~外交官・安達峰一郎青春譜~

    ある外交官の若き日を描いた青春小説です。

    850,128

    4,062


    2022年5月23日更新

    21世紀になってもなお、力による現状変更という大国の暴挙がまかり通る現実世界にあって、かつて、世界平和の理想実現に邁進し、全世界からその高潔な人品を称賛された日本人がいました。 彼は、幕末激動の明治2年、賊軍の地であった出羽国に誕生し、教育熱心な家族の愛情の中で成長していきます。 彼こそ、後にポーツマス日露講話条約の随行員として堪能なフランス語を駆使して講話締結に尽力し、第一次世界大戦後に成立した国際連盟の日本全権として活躍、その人格的高潔さは世界的にも称賛されて、アジア人として初の国際司法裁判所所長に満場一致で選出された、法学博士安達峰一郎です。 彼は恒久世界平和の理想を信じ、国際法に基づいた争いのない社会の実現を目指しました。彼こそが日本人として最初の、真の世界平和主義者でした。 力による秩序破壊がいまだに続く混沌とした21世紀、世界平和を目指した法律家としての彼の信念を育くんだ少年時代を振り返り、彼の原点に学ぶことが今こそ必要かもしれません。

    読了目安時間:11時間9分

    この作品を読む

  • 龍虎、東アジアを駆ける

    江戸時代、主流から追放された者達の逆襲譚

    217,071

    3,046


    2022年5月23日更新

    時は江戸時代、三代将軍家光の末期。 時代に取り残された浪人の多くが、幕府に対する不満を募らせていた。 そうした浪人を相手に軍学を教える由井正雪もまた倒幕を視野に入れた活動をしていた。 同じ時代、東アジアでは清によって明が滅亡したが、皇族の生き残りが有力者の庇護を受けて抵抗を続けていた。 国姓爺と称される鄭成功もまたそんな一人であり、日本とも縁のある彼をはじめね多くの者が江戸幕府に支援を求めていた。 こうした状況の中、幕府老中筆頭・松平信綱は一石二鳥の手を思いつき、実行に移す。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む

  • 千葉篤胤の時空憑依 ‐time possession‐

    源平合戦時代に憑依してご先祖へ加勢

    60,911

    330


    2022年5月23日更新

    主人公、千葉篤胤は普通の高校生。 ある朝起きたら平安末期のご先祖へ憑依する。 時代は治承・寿永の乱(源平合戦)が始まる一年ほど前。 千葉常胤をはじめとする千葉一族が篤胤と共に、源頼朝・後白河法皇・平清盛・源義経・源義仲・源信義・上総広常・北条時政・北条義時など時代の強者達と戦乱の渦の中を闘い突き進んでいく。

    読了目安時間:1時間36分

    この作品を読む

  • 平安時代にtwitterが有ったら……

    至尊の地位にあろうとも炎上

    500

    0


    2022年5月23日更新

    変な事書いて火達磨になっちまう皇族・貴族は結構居そう……。 「なろう」「カクヨム」「アルファポリス」「pixiv」「Novel Days」「ノベリズム」「GALLERIA」「ノベルアップ+」に同じモノを投稿しています。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 輝鑑

    斯くして、彼は聖なる理想郷へと突き進む!

    940,100

    9,944


    2022年5月23日更新

    輝鑑読みの講談師、語るに曰く。 時は神武天皇即位紀元に直して2142年。但馬に稀代の英傑が生まれようとしていた。 男の名は、垣屋続成。彼はのちに大陸の皇帝にまで上り詰める伝説の大英雄であった。 だが、その続成とて当初から英傑であったわけではない。彼もまた、幼少から無敵の軍神というわけではなかった。 だがそれでも、彼は最強と言いうる名将であった。 今宵は、彼の前半生を彩る一級史料を紐解いてみたいと思う。 その、書の名は「輝鑑」。自叙伝に近い体裁を取ったその書は、公的記録であると同時に、一級史料に相応しいだけの確たる反証を受け止められる名著である。何せ、ツッコミどころが物語という体裁を取ったことと続成特有の方言は多少なりとも誇張されているのではないかというところだけであったというのだから、推して知るべしである。 そしてこの輝鑑に乗せられた垣屋続成の前半生は、おおよそ現在の我々からは知る術のない、波乱に満ちたものであった。齢八十を超え、畳の上で死したとは到底思えない、危難の連続であった。 それでは皆様、お立ち会い。初代富良東皇帝にして、かの伝説の聖君の一生を語ろうぞ! ※作者からのお知らせ※ ……大仰な前置きが面倒だったら「第壹(1)章:文明十六年、冬」から読んで前書きは飛ばしてもいいからね?特に支障は無いから。 HJ2021後期の〆も発表されたので、近いうちに伸ばし伸ばしになっていた完結捺印するかもね。あ、HAPPYUFOPARTY2021までは一応捺しませんけど。 続編はじめました→[story:888953852]

    読了目安時間:25時間22分

    この作品を読む

  • 飛鳥大戦

    どう見ても歴史ものです。

    8,450

    0


    2022年5月22日更新

    ノベプラ文芸部第一回勉強会(仮)二週目の参加作品です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 戦国夜話 ドラゴンVSフェニックス

    よろしくお願いします

    92,026

    1,085


    2022年5月22日更新

    戦国時代で最強とうたわれた武将、越後の龍( ドラゴン )・上杉輝虎ちゃんと、戦国時代きっての最弱大名でありながら、領民や部下に支えられ、何度ボコられても復活する不死鳥( フェニックス )のような小田氏治。何の因果か、はたまた運命か?この二人が今、なし崩しに激突する! 戦国時代で異彩を放った、最強と最弱の二人がいかに「 山王堂合戦 」で八時間もの激闘を繰り広げ、雌雄を決していったかを綴って参ります。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間30分

    この作品を読む

  • 南溟の晩鐘

    「鉄底海峡の砲撃戦」続編

    1,100

    0


    2022年5月22日更新

    戦艦大和以下、水上砲戦部隊の活躍によって勝利を収めた第三次ソロモン海戦。 その後も、日本海軍はルンガ沖海戦などでの勝利を続ける。 そして、第三次ソロモン海戦から二ヶ月後の一九四三年一月、日本海軍は南太平洋全域での通商破壊作戦「い号作戦」を発令。 これによって、南太平洋のアメリカ軍はさらなる窮地に陥った。 ガダルカナルに残る三万名の海兵隊将兵を救うため、南太平洋方面軍司令ウィリアム・F・ハルゼー提督は再度のガダルカナル突入作戦を決意する。 迎撃するは、第三次ソロモン海戦での殊勲艦夕立を始めとする日本海軍の精鋭水雷戦隊。 今再び、鉄底海峡で死闘の幕が上がる。 (本作は、「小説家になろう」様にて掲載した作品を分割して転載したものとなります。)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間42分

    この作品を読む

  • 群青の雲

    頃は幕末 絵描きの話をしよう

    6,100

    150


    2022年5月22日更新

    幕藩体制の弱体化と矛盾が誰の目にも明らかになってきた幕末。 絵師の少年に弟子入りした綾野(あやの)。 ふとしたきっかけで出会った少年からは、なにやら金儲けの匂いがする。取り入ろうと押しかけて行った先で目にした「やまと絵」に魅了され、本気で弟子入りを志願することになる。 少年は書を読み、絵を描くことが好きだった。 だが両親は狂言師になれという。初めは面白く思ったものの、やはり絵師の血はそれを許さなかった。 あちこちの寺で京狩野の家で、模写した絵巻は八十九巻を数える。 やがて少年が描き出したものは、「やまと絵」と言われる柔らかく艶(あで)やかな絵だった。 華やかな絵の世界とは逆に、時代は血の匂いに彩られる。 やがて彼らはそれに巻き込まれ苛烈な運命へと進んでいく。 絵師の少年は、当時衰退していた「やまと絵」を描き続けた。 綾野が共に生きた彼は、後の世で復古やまと絵の代表的絵師と呼ばれるようになる。 冷泉為恭(れいぜいためちか)。彼の美しい濃彩画は今も各地に残る。 ▽▽▽▽▽ 各話の後書きを脚注に使用しています。 読まなくても問題ありません。 ▽▽▽▽▽ 本文の右上「Aa設定」から縦組みを設定してくださると読みやすいかと思います。 よろしければお試しください。 ▽▽▽▽▽ 参考文献 本文末に掲載します。 ▽▽▽▽▽ 似非京言葉が出てきますが深読みするようなものではありません。 そのままの意味で捉えてください。でないと話が進まないので笑 言葉のおかしなところがあったら教えてください。よろしくお願いします(切実)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 大航海時代Ⅱ

    大航海時代を精一杯生きる男のリアル生涯

    254,500

    3,906


    2022年5月22日更新

    オスマン・トルコ帝国の首都イスタンブールで孤児として貧困の中に育った アル・ヴェザスはひょんな事から船を手に入れ、全世界を股にかけ交易商人 として羽ばたき始める。頃はオスマン・トルコ帝国の最大版図を築き上げた 壮麗帝ことスレイマン一世の治世であった。当初の目的を果たしたヴェザス はスレイマン一世の信頼を得て、新大陸上陸・占領の偉業を成し遂げる。

    読了目安時間:18時間5分

    この作品を読む

  • 南征

    台湾出兵に続きスペインと戦争に

    2,700

    25


    2022年5月22日更新

    1874年、台湾出兵に続きフィリピン懲罰が実施された。 訪欧使節団が補給に立ち寄った際に起きた皇族殿下への打擲事件への日本の抗議に対する回答が 「劣等人種が人間のような口を利くな」であったことから日本は戦争を決意した。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • ビスマルクの残光

    ヨーロッパの権謀術数の中で活躍する二人

    79,550

    278


    2022年5月22日更新

    時は戦間期ヨーロッパ。緊張する国家間を駆け巡り、外交交渉を行う者がいた。彼の名前は安芸峻一朗。日本人であり、周囲からは伯爵と呼ばれていた。そして彼は自らを『独立外交官』と称していた。一触即発の緊張が高まるこの世界で、随員であるナジェージュダ=名津=ベルナーシェクとの活躍により、次大戦を回避することができるのか?

    読了目安時間:1時間18分

    この作品を読む

  • 魯鈍の人(ロドンノヒト) ~信長の弟、信秀の十男と言われて~

    信長信照伝はホントにいた史実の人です。

    482,500

    47


    2022年5月22日更新

    気が付くと戦国時代? 人間万事塞翁が馬が座右の銘な魯鈍な人は戸惑った。 生活は最低・最悪。 それでもこの世界ではマシな部類という。 織田信照は信秀の10男だ。 10男って、がんばり過ぎでしょう。 もうギャグでしかない。 信秀の子と言えば、織田信長。 第6天魔王の弟という恐怖なポジションだ。 魔王と対峙しながら魯鈍な人は生活改善にひた走る。 天下静謐を目指す信長とのんびりと暮らしたい魯鈍の人はやっていけるのだろうか? 美男子コンビが取り成す、戦国トンチコメディーのはじまりだ。 魯鈍の人は総押し、それとも総受けか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:77時間22分

    この作品を読む

  • こがねの駒 ~ 江戸時代編 ~

    馬を育て、恋と愛を育む少女の物語

    6,500

    0


    2022年5月22日更新

    ときは、江戸時代に入ったばかりの頃。 下総国(現在の千葉県)に広大な馬の放牧場『四十里野』があった。 そこには『四十里野の野馬を 全部 野馬捕りする』と、夢を語る男がいた。 男は、夢を叶えることができるのか。 そして、その男の夢を支える少女がいた。 『四十里野』で馬を育てる少女が、恋と愛を育む物語。 ※ このお話は、歴史上の出来事を舞台背景として創作した、歴史フィクション小説です

    読了目安時間:53分

    この作品を読む

  • 国虎の楽隠居への野望・十七ヶ国版

    何となく書きたくなった作品。不定期です。

    472,900

    188


    2022年5月22日更新

    信長以前の戦国時代の畿内。 そこでは「両細川の乱」と呼ばれる、細川京兆家を巡る同族の血で血を洗う争いが続いていた。 勝者は細川 氏綱か? それとも三好 長慶か? いや、本当の勝者は陸の孤島とも言われる土佐国安芸の地に生を受けた現代からの転生者であった。 史実通りならば土佐の出来人、長宗我部 元親に踏み台とされる武将「安芸 国虎」。 運命に立ち向かわんと足掻いた結果、土佐は勿論西日本を席巻する勢力へと成り上がる。 もう一人の転生者、安田 親信がその偉業を裏から支えていた。 明日にも楽隠居をしたいと借金返済のために商いに精を出す安芸 国虎と、安芸 国虎に天下を取らせたいと暗躍する安田 親信。 結果、多くの人を巻き込み、人生を狂わせ、後へは引けない所へ引き摺られていく。 この話はそんな奇妙なコメディである。 設定はガバガバです。間違って書いている箇所もあるかも知れません。 特に序盤は有名武将は登場しません。 不定期更新。合間に書く作品なので更新は遅いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:16時間1分

    この作品を読む

  • 鉄紺たちが映すみち

    芸術家たちの、あの日の記憶

    6,800

    0


    2022年5月22日更新

    大戦間期ドイツ芸術非公式広告塔自創作【鉄紺は誰の夢を見る】より、記念日作品集。 2021年9月分より。 さて、あなたは誰の記憶を視る? ※こちらの作品はTwitterにて掲載したものに加筆をした作品です。TwitterID:@CMayuzumi_OD_WG

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

  • 生まれ変わったら曹昂だった。 前世の知識を活かして宛城の戦いで戦死しないで天寿を全うします

    曹昂生存していたらという話です

    12,435,428

    35,185


    2022年5月21日更新

    生まれた時から難病で|白河《しらかわ》|脩《しゅう》は成人まで生きられないと医者に診断されていた。 その為、毎日を病院で本を読んで過ごしていた。病状が悪化しあっけなく死んでしまう。 気が付くと自分が赤ん坊になっており、更に自分が曹操の息子の曹昂になった事に知る。 本を読んでいたので、自分が宛城の戦いで死ぬ事を知る。そんな未来を回避する為に前世の知識を活かして生き残る事を決める。 この話は三国志演義に準拠します。 参考文献 秘密三國志 著者陳舜臣 三國志 著者吉川英治 三国志 著者横山光輝

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:44時間8分

    この作品を読む

  • 徳川家光の従兄弟で母親ともども家康に殺された人の話

    ノベプラ文芸部第2回勉強会参加作です。

    6,100

    0


    2022年5月21日更新

    徳川家光の従兄弟で母親ともども家康に殺された人の話。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 魔都ロンドンをサムライ少女が駆け抜ける!

    3,138,967

    42,439


    2022年5月21日更新

    仏に逢えば仏を殺せという。 祖に逢えば祖を殺せという。 私はなにに逢い、なにを殺すのだろう。この煌びやかなガス灯の街で。 一九世紀末。戊辰戦争を戦い抜いた少女、奴奈川静が魔都ロンドンでヴァンパイアを斬る。 スチームパンク+剣戟アクションです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間9分

    この作品を読む

  • 前世の知識は預言なの?

    11世紀に転生&転性した藤堂あかりの活躍

    3,400

    30


    2022年5月21日更新

    “お、おちんちんがはえてるぅー” 農業高校の先生をしていた藤堂あかりが転生、それも男の子に転性! 昼でも明るく輝く新星とともに生まれ変わったら、預言者認定されてしまった彼の名はジャン=ステラ 生前好きだったポテトコーンピザを再び食べるために頑張ります 小説家になろう、カクヨムにも掲載しています

    読了目安時間:4時間25分

    この作品を読む

  • 針生堂奇譚

    日露戦争によりロシア革命が起きた世界

    2,600

    25


    2022年5月21日更新

    ポーツマスにおける日露会談はロシア側代表による一方的要求により不成立に終わる 戦争の早期終結は失敗し日本は動員限界を超え青息吐息であったが、ロシア側は日本の工作による民族自決運動により崩壊してしまった 日本はこれらの動きによりマスコミュニケーション[大衆対話]によるマスコントロール[大衆扇動]を国策に決めてしまう

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • 戦史としての足柄平野史

    戦史としての足柄平野史で遊びます。

    1,500

    0


    2022年5月21日更新

    よろしくお願いします。

    読了目安時間:1時間17分

    この作品を読む

  • 源氏弔合戦 ~鵺の怪~

    平安時代と現代が交錯する歴史ミステリー

    12,300

    20


    2022年5月21日更新

    源氏が好きで関連書を読んでいるうちに、歴史小説を書いてみたくなって、初挑戦しました。実はこれは2作目。1作目は壮大すぎて完結できず途中になっています^^; ちょっと無茶振りなところはあるかもしれませんが、ご容赦ください。 <あらすじ> 三島大翔は、東映京都スタジオに所属する俳優の卵。だが全くの無名で役者だけでは食べていけず、アルバイトを二つも掛け持ちする生活を送っていた。今年はちょうど源頼政公の八四〇回忌にあたり、ひょんなことから頼政の「鵺退治」を題材にした二時間ドラマに、頼政が最も信頼を寄せる家人、井早太役で出演することになった。頼政役は同じ事務所の大御所俳優、間宮礼史。そのマネージャー周子に頼まれ、京都のゆかりの地を巡りながら、鵺や頼政について調べてるうちに、その背景には、天皇の外戚を巡る藤原忠通・頼長兄弟の恐ろしい陰謀が隠されていることを知る。 一方平安時代、近衛天皇は毎晩恐ろしい物の怪の影に怯えていた。しかし忠通は、その物の怪が見えずに悩んでいた。祈祷しても一向に消えない物の怪に、とうとう痺れを切らした近衛天皇は「物の怪の正体を暴き退治せよ」と忠通に命じた。そこで白羽の矢が立ったのが、大江山の酒呑童子討伐や土蜘蛛退治の伝説で知られる、源頼光の子孫、源頼政だった。失敗すれば死罪は免れない。見えない敵に打つ手立てがなく、途方に暮れていた頼政は、早太の提案に乗り、神の教えに背くとんでもない方法で「鵺退治」に挑むことにしたのだった。 大翔は、礼史と周子とともに鵺の正体に迫っていくと、そこには『陰陽道信仰』や『古事記』の神話などが複雑に絡み合う、驚くべき真実があった。 頭はサル、体はタヌキ、尾はヘビ、手足はトラという鵺の本当の姿とは? 忠通が仕掛けた罠とは? そして、平氏を裏切った頼政の武勲を讃える話を『平家物語』に残した意味とは? 平安時代と現代が交錯する歴史ミステリー。

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む