あまあま

検索結果:18件

  • モブ令嬢の旦那様は主人公のライバルにもなれない当て馬だった件

    モブ令嬢の旦那様は当て馬キャラだった

    334,800

    14,500


    2021年5月3日更新

    没落寸前の貴族、エヴィデンシア伯爵家の令嬢、フローラ。 彼女の旦那様は、美少女アドベンチャーゲーム『白竜の愛し子』で、主人公の攻略対象であるヒロイン達に節操なく言い寄り、どのルートをたどっても主人公やそのライバル達に叩きのめされ破滅する当て馬、グラードルだった。 そう、フローラはゲーム中で、名前と遠目の後ろ姿しか登場しないというモブ嫁だったのだ。 彼女は、この世界で貴族にはまず現れない、農奴のごとき茶色の瞳と髪色を持つ令嬢で、農奴娘と蔑まれる存在だった。 婚姻の儀の当日、伯爵位を得るためだけに、嫌々結婚することを了承したという初対面の結婚相手グラードルは、フローラを見て驚きの表情を浮かべると、不思議な響きの言葉で呟いた。 「『おいおいマジかよ。コイツこんなに可愛い嫁もらってたのにあんなことやってたのか? えっ……もしかしてこの世界って美的感覚が違うのか!? ちょっとソバカスがあるけど、かわいいよなこの娘』」 これは、農奴娘と蔑まれる没落寸前の貴族令嬢フローラが、前世の意識が甦ったという旦那様と共に、破滅の運命を乗り越え幸せな未来をつかみ取る……そんなお話。 ※【本編完結いたしました】 この後、不定期掲載になりますが、脇のキャラクターたち視点のサイドストーりを投稿して行きます。 ※小説家になろう様、アルファポリス様、カクヨム様、ノベルバ様にも同時掲載させて頂いております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:33時間26分

    この作品を読む

  • 恋人のお嬢様は愛が重たい

    いちゃいちゃです。はい。

    8,700

    0


    2021年4月28日更新

    高校に入学した、主人公の榎本 遥樹。そこで会ったのはお嬢様の徳永 伽奈。なんやかんや付き合って、いちゃいちゃする話。最初は付き合ってません。10話以降で付き合ったりするんじゃないですか?(おい 更新はゆっくりです。クオリティ上げるためです。許して。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • シシハはライオン獣人です。 魔力も筋力もないと群れから追放されて、ママと一緒にサバンナでほのぼの暮らします。 病気のママを救うために努力していたらいつの間にか聖女になっていました!? でも魔法使えないよ! (小説家になろうでも掲載中)

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • 【短編】幼馴染に告白したらやべー特殊性癖を逆告白されて泣きそうです

    出オチラブコメ!!

    14,100

    0


    2021年4月10日更新

    学年一の美少女である幼馴染はかなりモテる。 しかし彼女は誰一人として相手にせず、「死んでから出直して来てください」とかなりの辛口対応をすることで有名だった。 そんな噂を知りつつ、玉砕覚悟で告白をしに挑んだ『僕』は……。 「あたしね……内臓デロデロのグロでゴアでスプラッタな人しか愛せないの!」 「……は?」 とんでもねー特殊性癖を、逆告白された。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • ラブリー、だけれどそこはかとなく不気味な

    私たちの朝はおはようのキスから始まります

    1,000

    0


    2021年4月2日更新

    3ヵ月前の夕方のこと、突然自宅に現れたその男性に、私は一目惚れをしてしまった、不甲斐なくもいちころで。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 可愛くて。 スタイルが良くて。 お尻が大きくて。 毎晩ベッドに忍び込んで癒してくれる同居人のくるみ。 そんな話を仲間内でしていて、幼馴染の紗雪《さゆき》に聞かれてからなんだか紗雪の様子がおかしい? 変な質問をしてくるし、『くるみ』のことをやたらとどんな子か聞いてくるし、なんだか前よりも距離が近くなったような気がする。 お弁当を作ってきてくれた? ああ、ありがとう。 えっ、くるみはお弁当を作ってくれないのかって? 作れるわけないじゃん! だってくるみはペットの『コーギー』のことだし!

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 元ヤン妻とサイエンティスト夫。

    少しでもお楽しみいただけますように♡

    4,200

    0


    2021年3月1日更新

    母子家庭で育った関係から、舐められないようにとヤンキー時代の長かった、根は心優しく愛らしい女性・東宮里奈と、研究職に就き、古い価値観の窮屈な家庭で育ち、今はその家と絶縁状態の、メガネ美形な東宮雅親。雅親はただひたすらに里奈命である。 ふたりは紆余曲折ありながらも夫婦となり、現在は日々、里奈がつっこんだり雅親がそれに対し愛で返したりしつつ幸せに暮らしている。 ある日雅親が、どうしてもふたりで行わなければならない実験の実験体になってくれないでしょうか、と里奈へ持ちかける。もともとモルモットはじめ動物がだいすきな里奈は、満を持して(?)了承するが……。 入れ替わるふたりと、それにより思い出されるつらい過去。ふたりは元に戻れるのかも併せてお楽しみいただけましたらうれしいです。 当作品は、普段は飄々とした雅親の真意も見え隠れする里奈視点の本編と、雅親視点の短編も添えさせていただき、二本立てで構成されています。 雅親視点の物語は、雅親から見た、里奈との馴れ初めを彼自作の小説、という形で進んでゆきます。こちらはとにかく大仰に書くことで、彼の里奈への愛が表現できたらいいなぁと思いながら、彼になりきって書かせていただきました。後半は現在の里奈さんも登場し、ふたりの遣り取りはほぼギャグへ振りきったつもりです。 ギャグ多めでサクッと読める夫婦のどたばたストーリー、重ね重ね、少しでもお楽しみいただけましたら幸いです!

    • 性的表現あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • いろいろあって美少女と同居することになりました

    可愛い美少女にめちゃくちゃ癒やされる!

    0

    0


    2021年1月10日更新

    8歳の二人の男女は、いつも一緒にいた。2人共、口にはしなかったものの、互いのことが大好きだった。ある日、男の子のほうが引っ越した。引っ越す前、2人はある約束をした。「大きくなったら結婚しよう」という約束を。 2人は、15歳になっても再会してはいなかった。 しかしついに、中学校の卒業式の日に遂に再会をはたす。しかし、男の子の方は何も覚えていなくて!?......。もう一度好きになってもらいたい美少女と、なんにも気づいていない少年の激あまラブコメディー!

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 【両片思い】で【三角関係】!? 幼馴染との約束を想うボクが、なぜか学園一の美少女なお嬢様と同棲することになった。

    両片思い+幼馴染+イチャラブ+甘々+お嬢

    146,900

    4,900


    2020年12月24日更新

    『ハルアキくん、大きくなったら結婚しに行くから待っててね』 『うん、ヒナちゃんが来るのをボクずっと待ってるから』 ボク――古賀春明は、幼い頃にかわした約束を今でもずっと大事に覚えていた。 いつヒナちゃんが帰って来てもいいように、それなりに頑張って生きてもきた。 そんなボクの前にある日突然、鴻池陽菜(こうのいけ・はるな)というお嬢さまが現れ、なぜか1か月間『お試しお付き合い』をすることに――!? ヒナちゃんとの淡い初恋の「思い出」と、陽菜と過ごす楽しい「今」に揺れるボクは、1か月後どんな選択をしているのだろうか――。 ーーーーーーーーー 「ハルアキくん♪ お・待・た・せ♪」 お洒落な私服に着替えた陽菜がぴょこっと顔を出した。 「えっと今、陽菜はどこから入ってきたの?」 「もちろん隣の部屋からですよ?」 「隣って確か陽菜の寝室だったよね?」 「いちいち廊下に出てから行き来するのでは同棲感がないので、わたしの部屋と寝室、そしてハルアキくんの部屋をつなげてもらったんです」 「ええっ!?」 慌てて陽菜が顔を出したドアから隣の部屋を覗き込むと、 「つ、繋がってる……!?」 「どうです? これで同棲の雰囲気が上がってきませんか?」

    読了目安時間:3時間2分

    この作品を読む

  • 「こんなの、ほだされないほうがどうかしてる」

    控えめな美少女JSがグイグイくるラブコメ

    8,590

    0


    2020年11月12日更新

    同じマンションに住む葛城さん家には、近隣でも評判の美少女小学生がいる。 彼女の名前は葛城このは(11)。 基本的に控えめで奥ゆかしい言動が特徴のこのはだが、なぜか俺に対してはグイグイ来る上に無駄に距離感が近い。 「秋くん、今日はそっちでご飯作っても良いですか? リクエストがあれば言ってくれると嬉しいです!」 「秋くん、アイロンものがあったら出しといてくださいね?」 「眠たいなら私が膝枕しましょうか? 今なら耳かきも付けちゃいますよ?」 「……秋くん……怖いので、手を握ってて欲しいです……」 成績優秀でスポーツも得意で社交性もあって家事も万能な小学生の全力アピールに日々癒されつつも悩む男子高校生(17)の年の差ラブコメ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間26分

    この作品を読む

  • 今日は私がお姉ちゃんっ!!

    ハグをすると入れ替わっちゃう姉妹の日常

    0

    0


    2020年11月3日更新

    中学校の入学式の時にお互い一目惚れしてから、ずっと声を掛けられず両片想いを続けていた沙希と侑希。春から二年生という四月の初め、二人は両親の再婚をきっかけに義理の姉妹に!! と言われても好きな人の前でなかなか素を出せない二人は、家族の証にハグをしてみることにしたが……。 とろ、とろ、とろ、とろ、とろ、とろ、りんっ♪ これは、ハグをして頭をぽんぽんするたびに「姉妹」が入れ替わる二人の、ちょっぴり甘い日常の欠片。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 完璧無比で幼馴染な風紀委員長様が不器用でポンコツなことを、嘘つきの僕だけが知っている!

    嘘つきな僕と残念な幼馴染のじれあま物語

    52,900

    155


    2020年9月11日更新

    画家を目指している『僕』こと『斎宮 雪春(いつき ゆきはる)』はオタクである。しかしそれを隠してただの地味な男子生徒を演じている――そう、幼馴染以外には。 そして幼馴染『雪染 蒼葉(ゆきぞめ あおば)』もまた、クールで容姿端麗、成績優秀、運動神経抜群と完璧無比さの裏に隠した不器用さとポンコツさを皆に隠している――そう、僕以外には。 互いの秘密を知っているが故に二人きりのときにだけは気を許す。 幼馴染ゆえに距離感が近く、なかなか両片想いしていることに気がついてくれない彼女になんとか自覚してもらいたい。 一方、彼女のほうも距離が近すぎて、異性として意識されていないだろうと思っていて……? お菓子のシェアは当たり前。あーんするのも当たり前。家が隣で一緒の登下校も当たり前。なにも言わなくても意思疎通ができてしまう。 でも、『まだ』付き合っていません! そんな二人の共通認識はただひとつ。 「報われなくてもいいから、ずっとそばにいたい」 これは、「早く付き合え!」「結構式場が来い!」「どうしてお前ら付き合ってないの!?」と言われる嘘つき男子とちょっと残念な少女のじれあまな恋物語。 *1話だけ先行公開! 本編は裏で書き溜めが完結次第投稿開始致します。ご了承くださいませ! *現在書き溜め20話目まで完了。

    読了目安時間:2時間53分

    この作品を読む

  • 史上最恐の魔王を嫁にしたら、純情JKだったので猫かわいがりします。

    勇者、魔王を溺愛する

    1,800

    0


    2020年8月31日更新

    「僕の、お嫁さんになってください!」 僕は勇者。魔王城で魔王・ゴルゴンギガーラをひとめ見るなり、僕は恋をしてしまった! 彼女に剣を突きつけるかわりに手を差し伸べ、プロポーズした僕。 彼女も僕の手をとってくれて、国に帰った僕らのふたり暮らしが始まったんだ。 じれキュンなふたりの、甘い新婚生活!

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • うしろの席の美少女が、僕をつかんで放さない

    小悪魔美少女のからかい接近術!

    4,900

    50


    2020年7月23日更新

    【あらすじ】 高校一年、入学して初っ端から友達作りに失敗した主人公、柚木。そして一週間もしないうちに後ろの席の美少女が柚木にかまうようになっていた。彼女の名前を彩香という。 彩香の印象は『もの静か』だが、その本性は小悪魔でいたずらっこ。実は超能力が使える。 彩香は、超能力で柚木のココロを読んで、いつも柚木をからかおうとする。接点を持とうとする。 柚木に対して『柚の居場所は私の横だけ』と言いつつ、その本心は『どこにも行かないで。一人にしないで』 超能力によるトラウマもあって、寂しがりやの彩香は柚木が自分の近くから消えることを嫌う。 だから、柚木をつかんだら放さない。一人になるのが怖いから。自分を受け入れてくれるのは、柚木だけだから。 いつも隣にいたくて、毎日柚木にお弁当を作ったり、体育のペアを組んだり、一緒に下校したり……。 柚木をからかったり、手の上で転がしたり……ときどき、逆にからかわれたりして、柚木との日常を楽しむ彩香。 柚木は、そんな彩香に『袖』だけじゃなくて、いつの間にかココロもつかまれていた。そしてあっと言う間に彩香へと引きずり込まれていく。 ココロのそこに芽生えたコイゴコロはだんだんと成長して……。 【注意事項】 ※この作品に『主人公かっこいい』を求めないでください。 ※この作品はファンタジーではありません。 ※この作品に超能力に関しての理屈はありません。 ※この作品に感動シーンはありません。 ※口から漏れるお砂糖の量が尋常でないかと思われます。読む前にお砂糖を吐き出すお皿をご用意ください。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:55分

    この作品を読む

  • ドライで無感情だった僕が、明るくて世話焼きな美少女にグイグイ絡まれた結果

    甘々でじれじれな純愛ストーリー

    249,600

    1,006


    2020年6月14日更新

    田舎の大学を休学し、東京で社畜ライフを送る主人公、望月治(おさむ)の隣室には、恐ろしいほど可憐な女子高生が住んでいる。 有村日和(ひより)との関わりは無に等しく、これからもお隣さん以上の関係になるはずがない、そう思っていた。 雨の降る公園で、傷だらけの子猫を不思議な力で癒す日和に遭遇するまでは。 「見られちゃったか」 「いや、見てない」 以来、日和にグイグイ絡まれるようになった治。 手料理を作りに来たり、映画に連行されたり、旅行に連れて行かれたり……ぎゅっとハグされたり。 ドライで現実主義者だった治は最初こそ冷たく接していたものの、明るくて優しい日和と過ごすうちに少しずつ心を開いていき──。 これは、趣味も性格も正反対だった2人の、心が触れ合うまでの物語。 ※本作はじれじれで甘々な純愛モノです。若干ファンタジー要素がありますが、あくまでも物語を甘くするためのトッピング(シロップ)です。 ◆こんな人にオススメ ・明るくて献身的な美少女に構われたい、甘やかされたい。 ・じれじれ甘々な正統派純愛が好き。 ・主人公とヒロインが少しずつ距離を縮めていくストーリーが好き。 ・シロップとはちみつをミックスしたような甘ったるい話が好き。 ・ハッピーエンドが大好き。 ノベプラ様にて現代恋愛日間ランキング1位。 小説家になろう様にて、現代恋愛日間ランキング2位を頂きました。

    読了目安時間:13時間46分

    この作品を読む

  • 世界一かわいい俺の幼馴染が、今日も可愛い

    甘くて甘い、クーデレ幼馴染とのラブコメ

    6,000

    0


    2020年4月11日更新

    ラノベ作家を目指す高校二年生、米倉 透(とおる)には成績優秀スポーツ万能クールでちょっぴり口が厳しい幼馴染、 浅倉 凛(りん)がいる。 俺は凛に絶賛片思い中だが幼馴染という距離感もあり行動に移せず悶々とする日々を送っていた。 しかしある日を境に凛がグイグイくるようになった。 映画に誘ってきたり、手作り料理を振舞ってくれたり、お家でぎゅーしてくれたり。 そんな日々を過ごすうちに今まで微動だにしなかった凛との距離が少しずつ縮まっていき──。 これは、素直じゃない幼馴染と織りなす甘くて焦れったいラブコメディ。 ◇『小説家になろう』様にて、日間・週間1位、月間2位(現代恋愛部門)を獲得。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • おっさんをたぶらかしてはいけません。

    クリスマスが今年もやってくる♪

    1,000

    0


    2019年12月24日更新

    藤原 雄勝(ふじわら おがつ)30歳(=彼女いない歴)は、バイト仲間の高校3年の虹里 琴音(にじさと ことね)に12月24日の夜に「買い物を手伝って欲しい」という連絡を受ける。なんだってクリスマスの夜に現役JKの呼び出しを受けるのかと不思議に思いながらも、その頼みを無下にも出来ず、待ち合わせ場所の駅前に向かう。しかし、付き合わせられた目的はショッピングだけが目的ではなかった。果たして、虹里の目的とは? まっすぐで無垢な女子高校生と、何かが抜け落ちているおっさんの一夜の物語。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 【完結】お月様にお願い! 〜 天然王女さまと発情狼のぜんぜんじれったくない恋のお話 〜

    満月になると発情するらしくて何かと大変な

    3,600

    5


    2019年8月29日更新

    発情狼と、男の子のことが全然分かってない天然王女様の、全然じれったくない恋の顛末 だまされて山奥の森に捨てられてしまった王女さま。助けてくれたのは人狼の少年。 でも満月になると発情するらしくて何かと大変なことに。 いちゃいちゃ・らぶらぶ・時々シリアス。肌色おおめな人外狼×王女の物語。性描写あり。 コンテスト用の長文あらすじ 宮廷の権力争いに巻き込まれ、だまされて人狼バルバロのすむ森に捨てられてしまった王女のシェリー。なんとか逃げ出したものの、人間の兵士が後を追いかけてくる。そこを助けてくれたのはバルバロの少年ルロイだった。 二人で洞窟に隠れて必死に息をひそめている時になんだか大変なことになりつつ… 最初はルロイのことを「森の魔物」だと思って、王女である自分の正体を明かすこともできずにいたシェリーだったが、裏表のない快活なルロイや、可愛らしい狼っこたち、村の仲間たちの親切に触れ、少しずつ心を開いていく。 だが、ルロイにはつらい過去があった。幼い頃、人間に奴隷として連れていかれ、閉じ込められていたのである。バルバロの王であるルロイの兄は、一族を苦しめてきた人間を憎み、シェリーを追い出すようルロイに命じる。 排斥の声があることを知り、シェリーは姿を消す。 後を追いかけるルロイ。 そのころ、シェリーを森へ追放した悪漢がバルバロの森を襲撃しようとしていた。逃げるシェリー。追いつめられる。 なんとかシェリーを助け出したルロイだったが… 人間の王女であることをルロイの前でばらされてしまう。 かつてルロイを奴隷として傷つけた国の王女だと。 ルロイは違う、と話す。それは違う。種族が違っていても、分かり合えるはずだと。 シェリーは村を出て行く、と皆の前で宣言する。別れるほかないのか。苦悩するルロイ。 シェリーは、問題を解決するために、とある方法を提案する。それは、とんでもない行動だった。 果たして、その行動とは!?

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間15分

    この作品を読む