あやかし

検索結果:109件

  • 伝播の向こう側

    都市伝説モチーフのおはなしです。

    2,500

    0


    2021年7月24日更新

    世の中には、知ってはいけない話がある。 しかし、それは事故と同じようなもので、ある日突然、避けようもなく耳に飛び込んでくるものだ。 彼女がその話を知ってしまったのは、単なる偶然か、それとも必然か。 雨の日にのみ現れる女の目的は、ただ1つだった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:53分

    この作品を読む

  • 【改稿版】名古屋錦町のあやかし料亭〜元あの世の獄卒猫の○○ごはん~

    あやかし料亭新スタート!

    12,800

    20


    2021年7月24日更新

    名古屋は錦町。 歓楽街で賑わうその街中には、裏通りが数多くある。その通りを越えれば、妖怪変幻や神々の行き交う世界​───通称・『界隈』と呼ばれる特別な空間へと足を運べてしまう。 だがそこは、飲食店や風俗店などが賑わうのは『あやかし』達も変わらず。そして、それらが雑居するとあるビルの一階にその店はあった。数名のカウンター席に、一組ほどの広さしかない座敷席のみの小料理屋。そこには、ちょっとした秘密がある。 店主が望んだ魂の片鱗とも言える『心の欠片』を引き出す客には、店主の本当の姿​──猫の顔が見えてしまうのだ。 これは元地獄の補佐官だった猫が経営する、名古屋の小料理屋さんのお話。地獄出身だからって、人間は食べませんよ?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間29分

    この作品を読む

  • あやかし温泉街、秋国

    ちょっとズレた日常を、あなたにも。

    675,815

    22,752


    2021年7月23日更新

    物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:32時間1分

    この作品を読む

  • 蒼頡の言霊

    江戸で最強の陰陽師が妖事件を次々解決!

    17,100

    0


    2021年7月22日更新

    江戸時代の陰陽師・蒼頡。かつて漢字を生み出した伝説の人物と同じ名を持つ彼は、筆をとり、和紙に言葉を記して文字に魂を入れ、自在に操る力を持っていた。時代は江戸時代初期。戦乱の世が終わり、徳川家康によって新たな時代が幕開けようとするその過渡期。そこに渦巻く妖、怨霊、もののけ、悪鬼、妖怪、魑魅魍魎。個性豊かな数々の式神たちとともに、巻き起こる様々な怪事件を陰陽師・蒼頡が解決する。爽快感溢れる、純和風ファンタジー。 【参考】 ★与次郎稲荷神社(Wikipedia) ★中国古典文学大系 抱朴子・列仙伝・神仙伝・山海経 第8巻 本田済・沢田瑞穂・高馬三良 訳 発行者 下中邦彦 株式会社 平凡社

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間37分

    この作品を読む

  • 夜桜は散るか、朽ちるか、狂い咲くか

    京都を舞台にした陰陽師バトルファンタジー

    15,675

    100


    2021年7月22日更新

    京都で独り暮らしをする大学生、月宮静夜は、《陰陽師協会》からの命令で、とある少女を保護することになった。 竜道院舞桜。14歳。中学三年生。京都の陰陽師たちを管理する《平安陰陽学会》の名門一族、竜道院家の娘。しかし、夜の大学に現れた彼女は、突然、妖の群れに命を狙われる。少女は、京都で禁忌とされる陰陽術・憑霊術に手を染めて、一門を破門された陰陽師だった。

    読了目安時間:19時間41分

    この作品を読む

  • 大正石華戀奇譚<二>

    大正時代が舞台のお話です。

    11,100

    0


    2021年7月22日更新

    大正の時代、華の帝都はある怪事件に揺れていた。 其の名も「血花事件」。 体中の血を抜き取られ、全身に血の様に紅い花を咲かせた遺体が相次いで見つかり大騒ぎとなっていた。 警察の捜査は後手に回り、人々は怯えながら日々を過ごしていた。 そんな帝都の一角にある見城診療所で働く看護婦の歌那(かな)は、優しい女医と先輩看護婦と、忙しくも充実した日々を送っていた。 目新しい事も、特別な事も必要ない。得る事が出来た穏やかで変わらぬ日常をこそ愛する日々。 けれど、歌那は思わぬ形で「血花事件」に関わる事になってしまう。 運命の夜、出会ったのは紅の髪と琥珀の瞳を持つ美しい青年。 それを契機に、歌那の日常は変わり始める。 美しいあやかし達との出会いを経て、帝都を揺るがす大事件へと繋がる運命の糸車は静かに回り始める――。 ※時代設定的に、現代では女性蔑視や差別など不適切とされる表現等がありますが、差別や偏見を肯定する意図はありません。 ※この作品は『カクヨム』『Novelism』『エブリスタ』様にも掲載しています。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • ととさまのしっぽ

    夏マラソン 打ち上げ花火

    1,000

    0


    2021年7月22日更新

    人間と恋をして隠れ里を追われた父を持つ、半妖の幼女のおはなし。両親を流行り病で失い、迎えにきた仙狐である祖母と暮らしはじめたユズ。 間に合わなかった。でも、それだけじゃない、ちょっと切ないほっこり和風ファンタジーです。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 打ち上げ花火のかけら

    お祭りの花火で不思議な体験をした少女の話

    100

    0


    2021年7月21日更新

    「私」の住む街には「打ち上げ花火のかけらに当たると良いことがある」という都市伝説がある。 お祭りに行けなかった「私」は不貞腐れて道を歩いていた。 すると打ち上げ花火が上がり……

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 見える彼 と 見えない彼女

    見える不幸を喜べ、見えぬ幸運を嘆け。

    4,600

    0


    2021年7月19日更新

    柵木秀生(まさきしゅうせい)には昔から常人には見えないものが見えた。 幽霊、悪霊、妖し。 だけど見えるだけで、祓ったりできるわけがない。 見えるだけで自分ではどうしようもない理不尽な存在に見て見ぬ振りをして生きていた。 だけどそんなある日、彼は、見えていないはずの才明寺希(さいみょうじまれ)が彼女の意図せず悪霊を祓う場面を目撃してしまう。 くっそ何番煎じのよくあるオカルト設定のよくある男女の話です。 最後までお付き合いくださると嬉しいです。 多分そんなに長くならないはず。

    読了目安時間:4時間29分

    この作品を読む

  • すべて世はこともなし

    年の差バディが織りなす、人と妖の縁と業

    0

    0


    2021年7月10日更新

    「カガリサツキ、お前は祓師に向いていない」 元気溌剌・勧善懲悪を絵に描いたような大学二年生・カガリは、新年度早々入ったゼミから戦力外通告される。しかしそれは妖を憎み、人間を嫌う院生・アシヤが毎年行う『洗礼』であった。 ドタバタな大学生活の中に巻き起こる、妖との出会い、人との出会い、そして別れ。凸凹な二人の運命は、奇しくも交わり、複雑に絡み合う。そしてそれは過去にまで及び、残酷な現実を突きつける……。 性格も価値観も真逆な二人は、相手、そして自分自身と向き合うことができるのか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 人でナシ

    我等人に有らず、人でナシに御座います

    104,450

    1,510


    2021年7月10日更新

    天界。そこには神と呼ばれる存在とその神に愛された一部の生き物が住んでいる。 だが、一方ではその天界の監獄、通称『天獄』という人の世界で人に危害を加えた者、災いをもたらした者が己の罪を償う為に気の遠くなる時間を過ごしていた。 神とは何か、人とは何か、そして人でナイ化け物とは何か・・・ それぞれの思いを胸に秘めて、今日も人でナシの一日が始まる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間21分

    この作品を読む

  • 蟲のまほろば

    和風ファンタジーアクション。初投稿です

    200

    0


    2021年7月8日更新

    現世と重なるもう一つの世界、『淀み』。 淀みから湧く化け物、”蟲”による怪異が多発する、弥の国。 そこに派遣された、”澄まし”の異能をもつ剣士たちの集団――『立花衆』。 彼らは弥の国を呑み込まんとする、神職たちの陰謀と対峙する。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 朽木堂奇談

    こんなお話があるのですよ

    600

    0


    2021年7月1日更新

    バスケ部のエース・岬七瀬(みさき ななせ)は、ケガで部活を休むことを余儀なくされ、退屈を持て余していた。 ひょんなことから、古書店の店主・朽木堂(くちきどう)に声をかけられ、彼の話を聞くことにする。 朽木堂は七瀬に、朽木市(くちきし)にまつわる怪異を語りはじめるが―― 「カクヨム」「NOVEL DAYS」「ノベルアップ+」「エブリスタ」などに投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • あやかし白狐~恭稲探偵事務所、真実の事件ファイルⅠ~

    初あやかし探偵ミステリ作品に挑戦

    18,650

    20


    2021年6月30日更新

    深夜二時。京都府京都市伏見区。 とある場所で、ある行動と暗号を解いた者だけが、リモートアプリ『sky blue』の裏ユーザーに繋がり、恭稲探偵事務所を訪れることが出来る。 裏ユーザーである恭稲探偵は美しい容姿をした青年だ。が、裏の顔は、人あらざるモノであり、闇を抱える癖者。 ある事件をきっかけに、恭稲探偵事務所に繋ぐ碧海聖花。 この世のモノとは思えない美しい探偵は微笑む。 そして、こういうのだ。 『ようこそ、恭稲探偵事務所へ。 さぁ。君が望む真実の扉を教えてくれないか? 私がその扉の鍵を開こう――』と。 この出会いは、 聖花に大きな事件と真実に誘うことを このときの聖花には知る由もないことだった―― ※エブリスタ様でも投稿しています 🎵〜〜〜🎵〜〜〜 Picrewの「おにいさんメーカー」でつくったよ! https://picrew.me/share?cd=mHDeokTYpj #Picrew #おにいさんメーカー

    読了目安時間:2時間43分

    この作品を読む

  • イケオジ神様たちに甘やかされて困っ……てません!

    ダメ(人間)にされちゃう……!

    6,400

    0


    2021年6月19日更新

    おひとり様ライフ謳歌中の河野彩綾(こうのさあや)は、酔った勢いで神様?にとんでもない願い事をしてしまう。 「イケオジを眺めて癒されたい!!!!」 翌朝目覚めた彩綾の部屋には、色香ダダ漏れのイケオジたちがいて……。 イケオジ神様たちに甘やかされる日々に困惑する彩綾が、ダメ人間にならないよう奮闘する新感覚?あやかしコメディ開幕です! ※R15(残酷描写)は保険です。 ※表紙イラストは、亜ヶ輪たもろ様に有償で描いていただきました!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • 妖怪井戸端会議

    妖怪だって、悩みがあるのです…。

    1,100

    0


    2021年6月17日更新

    夏といえば、お祭り、花火、海やプール...いろいろあるよね? みんなはもうどこかに遊びに行ったかな? 夏といえばもう一つ、怪談話...百物語...なんていうのもあるよね? 暑い夜に背筋が冷たくなるような怖い話も乙な物なのかもしれない...。 けど、そんな妖怪達にも悩みがあるようだよ?

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • びらん

    恨みは呪いへと変わる

    0

    0


    2021年6月12日更新

    巨大マンションに巣食う悪霊がいる。

    読了目安時間:1時間7分

    この作品を読む

  • 大正石華戀奇譚<一>

    大正時代が舞台。初連載です。

    28,500

    88


    2021年6月10日更新

    ――私は待つ、いつか訪れるその時を。 時は大正。処は日の本、華やぐ帝都。 珂祥伯爵家の長女・菫子(とうこ)は家族や使用人から疎まれ屋敷内で孤立し、女学校においても友もなく独り。 それもこれも、菫子を取り巻くある噂のせい。 『不幸の菫子様』と呼ばれるに至った過去の出来事の数々から、菫子は誰かと共に在る事、そして己の将来に対して諦観を以て生きていた。 心許せる者は、自分付の女中と、噂畏れぬただ一人の求婚者。 求婚者との縁組が正式に定まろうとしたその矢先、歯車は回り始める。 命の危機にさらされた菫子を救ったのは、どこか懐かしく美しい灰色の髪のあやかしで――。 そして、菫子を取り巻く運命は動き始める、真実へと至る悲哀の終焉へと。 ※時代設定的に、現代では女性蔑視や差別など不適切とされる表現等がありますが、差別や偏見を肯定する意図はありません。 ※この作品は『カクヨム』『Novelism』様にも掲載しています。

    読了目安時間:5時間5分

    この作品を読む

  • 旅人はキャンパス

    老人は旅人を通じて、何を見るか

    200

    0


    2021年6月4日更新

    偏屈で高名な画家の元に、顔のない旅人が訪れる ──

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 白い結婚のはずなのに ~昼間は手も繋がないクールな上司なのに、夢の中では激しく愛してくるなんて!?~

    そういうシーンは全部飛ばします

    12,350

    3


    2021年5月31日更新

    入社三年目のOL羽崎 咲(はねさき さき)がお見合いをした相手は上司の向坂 雅(むかいざか みやび)だった。咲はもともと雅に好意を抱いていたものの、好きな人がいると伝え聞いていたので思いを告げることはなく、上司と部下の関係から男女の付き合いに発展することはなかった。それは雅の側も同じであり、双方の想い人が自分であると、本人たちは気づいていなかった。 家同士のつきあいもあって、結婚するしかなくなったところ、好きな人がいるのなら、白い結婚にしようとの雅の提案があり、咲も同意した。お互いが両片思いであることに気づかない二人は、外でも家でも触れ合うこともなく、過ごしていった。 白い結婚に同意したのに、想い人と結婚できたことから触れ合いたいと思っているせいか、別の部屋で寝ているときに、咲の体はほてり、激しく愛し合う夢を毎日のように見た。夢を思い出して、顔を赤らめる咲に対して、雅の様子もどことなくおかしい。どうも、夢の内容を知っているようなそぶりを見せている。 実は彼は吸血鬼だったのだ。吸血鬼として、夢を自在に渡り歩く能力を利用し、咲を愛していたのだった。夢の中では自由に愛し合うことができるからと、会社で残業中に寝てしまったときも、セックスする夢を見る咲。夢の出来事を思い出して、雅に触れられたいと思い始める。だんだんと互いのことを現実でも手放せなくなり、咲は現実でも夫婦になりたいと思いを伝え、新婚旅行に行って願いを成就する約束をする。 しかし、雅がうかつに外で能力を使ったことで、雅は一族にとらわれ、罰を受けることになってしまう。 家でも会社でも雅を失い、気分も仕事運も低下していた咲であるが、雅を救うため、駆けて行った。 咲が雅の想い人だと勘違いしていた女性、向坂 花火(むかいざか はなび)の協力を得て、雅を取り戻した咲は、現実でも愛を実感する日々を過ごすのだった。 恋愛小説コンテスト参加作品です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:38分

    この作品を読む