あやかし

検索結果:94件

  • 真名を告げるもの

    異形と対峙する、現代ファンタジーホラー

    11,500

    0


    2021年4月14日更新

    謙介は物心ついた頃から己に付きまとう異形に悩まされていた。 高校二年に進級をした数日後、謙介は不思議な雰囲気を纏う下級生と出会う。彼は謙介に付きまとう異形を「近づくもの」と呼び、その対処法を教える代わりに己と主従の契約を結ぶことを提案してきた。 その日から、謙介はこの世ならざるものと対峙する日々を送ることになる。 怖いだけではない、書籍をめくるような長編現代ファンタジーホラー。

    読了目安時間:1時間29分

    この作品を読む

  • 八大地獄の除霊鬼

    桃太郎の次なる敵は、お供の犬・猿・雉

    25,300

    0


    2021年4月13日更新

    「桃太郎は、なぜ鬼に勝てたと思いますか?」 平凡な日常は、今まで見たことのない異形の怪異たちにあっさりと奪われてしまう。 動物のような見た目の怪異に襲われているところに現れたのは、近所のカフェ店員でイケメンと話題の彼。 彼は華奢で、女の子のような中性的な見た目には似つかわしくない釘バットを操り、私を助けてくれる。 桃太郎を恨む、お供の三匹。元神獣であり、現邪神である犬・猿・雉の脅威から私を守ってくれるのは、桃太郎に倒された鬼の子孫。 私を取り巻く環境は一気に変化し、それに戸惑いながらも八大地獄の名を持つ鬼たちと力を合わせ、敵へと立ち向かう。 別れと出会い、そして大切な人を救うために——。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間17分

    この作品を読む

  • 見える彼 と 見えない彼女

    見える不幸を喜べ、見えぬ幸運を嘆け。

    500

    0


    2021年4月12日更新

    柵木秀生(まさきしゅうせい)には昔から常人には見えないものが見えた。 幽霊、悪霊、妖し。 だけど見えるだけで、祓ったりできるわけがない。 見えるだけで自分ではどうしようもない理不尽な存在に見て見ぬ振りをして生きていた。 だけどそんなある日、彼は、見えていないはずの才明寺希(さいみょうじまれ)が彼女の意図せず悪霊を祓う場面を目撃してしまう。 くっそ何番煎じのよくあるオカルト設定のよくある男女の話です。 最後までお付き合いくださると嬉しいです。 多分そんなに長くならないはず。

    読了目安時間:2時間11分

    この作品を読む

  • 【改稿版】名古屋錦町のあやかし料亭〜元あの世の獄卒猫の○○ごはん~

    あやかし料亭新スタート!

    5,700

    0


    2021年4月11日更新

    名古屋は錦町。 歓楽街で賑わうその街中には、裏通りが数多くある。その通りを越えれば、妖怪変幻や神々の行き交う世界​───通称・『界隈』と呼ばれる特別な空間へと足を運べてしまう。 だがそこは、飲食店や風俗店などが賑わうのは『あやかし』達も変わらず。そして、それらが雑居するとあるビルの一階にその店はあった。数名のカウンター席に、一組ほどの広さしかない座敷席のみの小料理屋。そこには、ちょっとした秘密がある。 店主が望んだ魂の片鱗とも言える『心の欠片』を引き出す客には、店主の本当の姿​──猫の顔が見えてしまうのだ。 これは元地獄の補佐官だった猫が経営する、名古屋の小料理屋さんのお話。地獄出身だからって、人間は食べませんよ?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:46分

    この作品を読む

  • 蒼頡の言霊

    江戸時代の陰陽師 もののけ退治の話。

    2,700

    0


    2021年4月10日更新

    江戸時代の初め頃 もののけ退治で有名な陰陽師がいた。 【参考】 ★与次郎稲荷神社(Wikipedia) ★中国古典文学大系 抱朴子・列仙伝・神仙伝・山海経 第8巻 本田済・沢田瑞穂・高馬三良 訳 発行者 下中邦彦 株式会社 平凡社

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間41分

    この作品を読む

  • 祓い屋見習いと半妖の雪女

    現代ラブコメあやかしファンタジー

    155,000

    220


    2021年4月10日更新

    才色兼備、文武両道、まさに高嶺の花と呼ばれていた雪乃は高校受験に失敗した。 滑り止めで受かった高校で出会ったのは、その失敗要因の女装専門コスプレイヤー兼ゲーム実況者のレンレン。 見守るだけで良かったのに、些細なきっかけで、近づく二人の距離。 しかし、雪乃は普通の人間ではない。 そして、彼もまた、『祓い屋』という雪乃にとって、厄介な家業を継がなければならなかった。 決して許されない恋……かと思えば、どうやら彼には祓い屋の才能がないようで……? ちょっぴりホラーで、時に切ない、ラブコメ妖怪ファンタジーです。 ※北海道が舞台なので、少し方言が出てきます ※関連イラストもいくつかあります。イラスト集またはツイッターをご覧くださいませ

    読了目安時間:4時間16分

    この作品を読む

  • あやかし温泉街、秋国

    ちょっとズレた日常を、あなたにも。

    652,915

    22,742


    2021年4月9日更新

    物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:30時間29分

    この作品を読む

  • 夜桜は散るか、朽ちるか、狂い咲くか

    京都を舞台にした陰陽師バトルファンタジー

    15,475

    100


    2021年4月8日更新

    京都で独り暮らしをする大学生、月宮静夜は、《陰陽師協会》からの命令で、とある少女を保護することになった。 竜道院舞桜。14歳。中学三年生。京都の陰陽師たちを管理する《平安陰陽学会》の名門一族、竜道院家の娘。しかし、夜の大学に現れた彼女は、突然、妖の群れに命を狙われる。少女は、京都で禁忌とされる陰陽術・憑霊術に手を染めて、一門を破門された陰陽師だった。

    読了目安時間:18時間23分

    この作品を読む

  • 桜の朽木に虫の這うこと(零)

    人とはまことにくだらぬもの

    1,200

    0


    2021年4月8日更新

    時は戦国の世。 信州・戸隠の里で最強の忍びである龍影(りゅうえい)は、自身に次ぐ手練れの弟分・百鬼丸(ひゃっきまる)と幻王丸(げんおうまる)を連れ、野心を胸に抜け忍となる。 旅先で剣術家の秋月明之介(あきづき あきのすけ)とその弟子・葉月丸(はづきまる)、体術家の竹上宗次郎(たけがみ そうじろう)とその弟子・利平太(りへいた)と出会い、志を同じくする彼らは徒党を組むことになる。 さしあたって彼らは、大名の首を取って名を上げることを考え、頭角を現していた織田信長を狙うが、その人間力に圧倒され、お庭番に取り立てられる。 しかし大局を見据えた龍影は、明智光秀を扇動し、本能寺にて信長を暗殺する。 羽柴秀吉の裏切りにより追われる身となった彼らは死地に。 だがそこで、異界の支配者・魔王桜(まおうざくら)に遭遇する。 それにより異形の能力に目覚めた彼らは、秀吉を排除し、徳川家康を傀儡として、太平の世を影で操るため、秘密結社・龍影会(りゅうえいかい)を組織する。 「カクヨム」「NOVEL DAYS」「ノベルアップ+」「ライトーン」に投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • うたよみの貴公子姫

    怪異と対峙する男装の麗人、あるいは変人

    7,000

    0


    2021年3月30日更新

    謌によって森羅万象を操る「うたよみ」。日夜、皇都を怪異から護る彼らの力は、国の政に影響を及ぼすほど。 ここに、皇帝への輿入れを蹴ってうたよみを目指す一人の奇矯な女がいる。 男装の麗人となった彼女は宮中で雑務をこなしながら順調にうたよみへの道を歩み始める。が、その女、何かおかしい、どこか世間とズレている。しかも何やらきな臭い事件にも巻き込まれそうな気配。 天衣無縫な性格で周りを困惑させながら、規格外の謌の才能をもってマイペースに生きるうたよみ見習いと、その周りの人々の物語。 ※なろうとカクヨムにも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間14分

    この作品を読む

  • とべない天狗とひなの旅

    人とあやかし、心ふれあう物語

    98,900

    596


    2021年2月28日更新

    越後の山村で暮らす童女ヒナの前に、翼を失った天狗が落ちてきた。 人間嫌いで悪行の限りを尽してきた天狗、フェノエレーゼ。 主君サルタヒコの怒りを買って、翼を封じられたのです。 「心から人間に寄り添い助けろ。これ以上悪さをすると天狗に戻れなくなるぞ」 「なんで私が人間なんか助けなきゃいけないんだ!」 フェノエレーゼの事情を知って、ヒナは旅についていくことに決めました。 「へのえさん、わたしがんばってお手伝いするわ! やくにたちたい!」 フェノエレーゼはしかたなく、ヒナをオトモに旅に出た。 あんまり大丈夫じゃなさそうな組み合わせの旅はじまりです。 完結まで毎日連載しています 壱〜陸 越後(現・新潟県) 漆、捌 上野国(群馬県) 玖 武蔵国(埼玉県~東京都) 拾 甲斐国(山梨県) 拾壱 駿河国(静岡県) 拾弐 遠江国(静岡県西部) 結 三河国(愛知県) 絵・文 ちはやれいめい フェノエレーゼデザイン トトさん https://mypage.syosetu.com/432625/ ロゴデザイン・ロータスさん https://novelup.plus/user/971037561/profile 小説家になろうとアルファポリスでは終章連載中 参考文献 越後の民話 日本の民話3/水沢謙一 陰陽道とは何か/戸矢学 画図百鬼夜行全画集/鳥山石燕 日本の妖怪&都市伝説事典/ながたみかこ 日本の伝説西日本編/大川悦生 新潟県伝説集成上越編・中越編/小山直嗣 妖怪学入門/佐藤友之編 よくわかる日本刀/株式会社英和出版社発行 ふるさとの伝説日本発見/暁教育図書 図説日本の妖怪/監修・岩井宏貴 編・近藤雅樹 源氏物語絵巻五十四帖/監修船橋聖一・久松潜一 京都・社寺の昔ばなし/河野伸枝 日本のかたち五・民家/文・立松和平 写真・日竎貞夫 山と渓谷社 日本民家紀行/高井潔 図解日本史/成美堂出版 玉水物語/著者不明 酒呑童子神社に残る酒呑童子伝説看板より(こちらは本でなく立て札) 三国自然歩道を歩く人のために 三国峠の伝説/笛木大助 神社の解剖図鑑/米沢貴紀 日本貨幣カタログ2003/日本貨幣商協同組合 日本密教 その展開と美術/佐和隆研(NHKブックス) 北越雪譜/鈴木牧之 名著刊行会 滋賀むかし話おもしろ話 弘法大師さま四国ふしぎな昔話

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間6分

    この作品を読む

  • 人でナシ

    我等人に有らず、人でナシに御座います

    94,750

    1,510


    2021年2月28日更新

    天界。そこには神と呼ばれる存在とその神に愛された一部の生き物が住んでいる。 だが、一方ではその天界の監獄、通称『天獄』という人の世界で人に危害を加えた者、災いをもたらした者が己の罪を償う為に気の遠くなる時間を過ごしていた。 神とは何か、人とは何か、そして人でナイ化け物とは何か・・・ それぞれの思いを胸に秘めて、今日も人でナシの一日が始まる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間41分

    この作品を読む

  • 春待青は春を待っている

    あやかしだって、恋がしたい。

    2,000

    0


    2021年2月28日更新

    僕の幼馴染みである春待青は、ちょっとおかしい。美少女だけど、他人の名前は覚えないし空気は読めないし、あとなんか手から氷を出したりする。笑いとシリアス、あやかしてんこ盛りのドタバタラブコメディー!

    読了目安時間:3時間16分

    この作品を読む

  • ソロキャン男と猫憑き少女

    猫耳娘が魚を狙って現れる

    2,500

    0


    2021年2月28日更新

    久しぶりの連休に人里離れた入り江の防波堤にキャンプにやってきた男が釣りをしていると、魚を狙う黒猫のあやかしの少女が現れて一緒に釣りをすることになる。 少女は魚を狙う他にも何か目的があるようで男に付きまとうが、真意はよくわからず、そのまま夜を迎えて……

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 賽が舞う

    人に仇なすモノは何であろうと狩るだけだ

    30,850

    0


    2021年2月26日更新

    幼いころから人ならざるモノが見えていた主人公の宗介。 修学旅行に行ったとき、人ならざるモノに襲われあきらめかけたその時、同級生の甘楽に似た人に助けられる。 これまで逃げることしか考えていなかった宗介だったが、人ならざるモノに立ち向かう勇気を得る。 けれど、幼い頃から宗介の味方でいてくれた幼なじみの匠実の周りで不思議なことが起こり始める。 次第に様子がおかしくなる匠実。 匠実を守るべく立ち向かうがそこには……。

    読了目安時間:3時間51分

    この作品を読む

  • 逆衣町怪奇談集

    不思議な先生が語る不思議な町の噂話

    59,750

    170


    2021年2月13日更新

    逆衣町には蔵図書館と呼ばれる怪しい蔵がある。 今日も蔵図書館に集まった胡鶴、透真、凌の読書倶楽部の面々は、蔵図書館の主・藤丸鳴鶸に町の怪談話をねだるのであった。 語り言葉で綴られるホラー短編集。

    読了目安時間:3時間25分

    この作品を読む

  • 運は手ずから育てるもの

    2020年novelber参加作品

    100

    0


    2021年2月4日更新

    幸運をつかみたい人の話。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • こちら、あやかし相談所です -止まない雪編-

    土地神さまの特技は無茶ぶりです。

    4,000

    0


    2021年1月30日更新

    人と妖が共存する世界。 平和な田舎町で二人の住み込み助手とともに『あやかし相談所』を営む響也の元へ、今日も一つの依頼が届く。 しかし、今回の依頼はなんと――「雪を止ませてほしい」!? ・最後まで執筆済みです。1月30日まで毎日夜9時に更新されます!

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 一人じゃないぼく達

    面白いと思ってくれたら嬉しく思います

    1,500

    0


    2021年1月29日更新

    ぼくの父親は黒い羽根が生えている烏天狗だ。 ぼくの父親は寂しがりやでとっても優しくてとっても美人な可愛い人?妖怪?神様?だ。 大きな山とその周辺がぼくの父親の縄張りで神様として崇められている。 父親の近くには誰も居ない。 参拝に来る人は居るが、他のモノは誰も居ない。 父親には家族の様に親しい者達も居たがある事があって、みんなを拒絶している。 ある事があって寂しがりやな父親は一人になった。 ぼくは人だったけどある事のせいで人では無くなってしまった。 ある事のせいでぼくの肉体年齢は十歳で止まってしまった。 ぼくを見る人達の目は気味の悪い化け物を見ている様にぼくを見る。 ぼくは人に拒絶されて一人ボッチだった。 ぼくがいつも通り一人で居るとその日、少し遠くの方まで散歩していた父親がぼくを見つけた。 その日、寂しがりやな父親が一人ボッチのぼくを拐っていってくれた。 ぼくはもう一人じゃない。 寂しがりやな父親にもぼくが居る。 ぼくは一人ボッチのぼくを家族にしてくれて温もりをくれた父親に恩返しする為、父親の家族みたいな者達と父親の仲を戻してあげようと思うんだ。 アヤカシ達の力や解釈はオリジナルですのでご了承下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む

  • 天涯の記憶

    美しき鬼追師の退魔伝

    2,300

    0


    2021年1月29日更新

    アレデスカ、コレデスカ、ソレハナンデスカ (ハムレットの誤訳) 綾子から双子の姉を探す依頼を受けた鬼追師の姫緒(キオ)。 童謡とうりゃんせに隠された秘密を暴き、あやかしの企てを阻止しようとするが……。

    読了目安時間:6時間22分

    この作品を読む