あやかし

検索結果:36件

  • 不思議な先生が語る不思議な町の噂話

    ♡9,550

    〇0

    ホラー・連載中・19話 きざしよしと

    2019年10月16日更新

    逆衣町には蔵図書館と呼ばれる怪しい蔵がある。 今日も蔵図書館に集まった胡鶴、透真、凌の読書倶楽部の面々は、蔵図書館の主・藤丸鳴鶸に町の怪談話をねだるのであった。 語り言葉で綴られるホラー短編集。

  • 背負った誠の一文字に恥じぬように

    ♡100

    〇0

    歴史/時代・連載中・22話 氷月あや

    2019年10月16日更新

    アクションRPG風、異能バトルの殺伐系青春活劇、見参! 歴史小説の王道を今、鮮やかに描き直してみせましょう。 幕末、動乱の京都の治安維持を担った新撰組。 華やかな活躍の時間は、決して長くなかった。 武士の世の終わりは刻々と迫る。 それでもなお刀を手にし続ける。 これは滅びの武士の生き様。 誠心誠意、ただまっすぐに。 結核を病み、あやかしの力を借りる天才剣士、沖田総司。 あやかし狩りの力を持ち、目的を秘めるスパイ、斎藤一。 同い年に生まれた二人の、別々の道。 仇花よ、あでやかに咲き、潔く散れ。 2019.10.8-10.25 7:00更新 *** シリーズ/単独完結 どちらからでも、どちらかのみでも読めます 【京都・江戸編】誠心誠意、咲きて散れ 【会津戦争編】士魂の城よ、散らざる花よ

  • 八月の盆、現世で一生分泣こうじゃないか

    ♡4,600

    〇215

    現代ファンタジー・連載中・17話

    2019年10月16日更新

    黄泉の国の神々とあやかしに囲まれて生きる人の子、海斗。 育ての親は閻魔である。 ある日ふと、この黄泉の国にやってきた日のことを思い出した。 あの日から時は十二年が経ち、十九歳。大人になった海斗は再び現世に出向く。 一つ、恩を返したい人がいた。 想い一つ。悪鬼羅刹百鬼夜行。 今年の盆は、あやかしにとっても人にとっても特別な盆になる。 ―――――― 10/5 お知らせ 横読みしやすいように、全話行間修正を行いました エピソードタイトルも全話変更していますが、本文に改稿はありません

  • ずれてる部長のオカルト研究部へようこそ

    ♡47,300

    〇1,725

    ホラー・連載中・66話 あいうえおうり

    2019年10月15日更新

    そこの君、オカルト部へようこそ! 絶対入部するよな!? この町の不思議なこと怪奇なことを全て解決、 俺の呪術はキレキレだ! ねこむすめを従えて、オカルト調査に余念なし! 「落ち着きや、満夜、ひかれてんで。あとうちは満夜の手下じゃない」 「これが落ち着いていられるかぁ! 怪異に立ち向かうべくおまえのねこむすめパワーも全開だ!」 「それはやめてぇや」 平凡な高校生の芦屋満夜、でも平凡な性格じゃない彼は、 黒髪の美少女——クロネコに取り憑かれてねこむすめに変身する——を従えて、今日も平坂町の怪異に立ち向かう! イラスト:ろは様

  • お江戸風妖怪退治ライト時代劇ファンタジー

    ♡13,900

    〇918

    歴史/時代・連載中・15話 上原友里

    2019年10月15日更新

    あやかし、モノノケ、妖怪、幽霊。取り憑かれるなら何でもござれ。 兄と妹が、名も姿形も取っ替えて、あやかし蔓延る八百八町を妖刀片手に鬼退治。 近世じゃぱん風ライト時代劇ファンタジー。 本編 妖刀『古骨光月』の使い手、桜良兵之進《さくらひょうのしん》は、双子の妹、綺乃や、なぜか居候している謎の春画(薄い本)絵師、恋町春日とともに、道場を切り盛りして暮らしている。 というのは仮の姿。 本当は、兄の兵之進が妹の綺乃に、妹の綺乃が兄の兵之進にと、それぞれ変装し、入れ替わっているのである。 そこへ、おどろおどろしい筆致の瓦版が持ち込まれる。 友人の廻り同心、横井一磨(実はニンジャ)にどうしてもと(えっちなほんの代金と引き換えに)頼まれ、兵之進は物の怪退治に出かけるが。 番外編 てるてる坊主の妖怪、掃晴娘《そうせいじょう》に身体を乗っ取られてしまった兵之進。 恋町とともに自分自身を探しに秋の空。 夕暮れと、てるてる坊主。ちょっとだけラブラブなお話。 表紙フリー素材はジュエルセイバー様よりお借りしました。

  • あやかしの子供達と先生のほのぼの物語

    ♡4,550

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・4話 赤坂しぐれ(らぶもあい)

    2019年10月15日更新

    勤務先の学校を辞めさせられ無職となってしまった青年・嶋村太郎丸のもとに、ひとりの老人が訪れた。 「太郎丸殿に、わが妖ヶ原《あやかしがはら》小学校の先生になってもらいたいじゃ」 胡散臭い老人の言葉にどうするか迷う太郎丸だったが、何だかんだで見学に行ってみることを決心する。 が、次の瞬間。なんと老人は狸の化け物へと変貌してしまった。 慌てて逃げようとする太郎丸であったが、化け狸が作った妖ヶ原直通の穴に放り込まれてしまった。 そして、太郎丸は妖《あやかし》達が住む四国の秘境、妖ヶ原小学校の一年墓場組の担任となってしまうのであった。 本作はほのぼのだったり、時々はらはらだったりしますが、基本は妖の子供達と先生がわちゃわちゃとするハートフル物語です。 是非お楽しみください!

  • ちょっとズレた日常を、あなたにも。

    ♡307,290

    〇15,947

    現代ファンタジー・連載中・122話 桜乱捕り

    2019年10月15日更新

    物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。

  • 怪異に挑む、退魔師たちの物語。

    ♡12,330

    〇205

    現代ファンタジー・連載中・110話 永久島 群青

    2019年10月14日更新

    人の負の感情から生まれ、人間の心を喰らい、 霊魂を取り込んで暴走する怪異『あやかし』 それを退治する『退魔師』が暗躍する魔都、東京。 その中に『やおよろずリサーチ』という、 伝説とされた退魔師事務所があった。 今は亡き『最強の退魔師』と謳われた初代、 消えた『聡明の退魔師』と呼ばれた二代目。 英雄が消失した世界で、少年は立ち上がる。 あやかし、怪異の始祖、アンチギルド。 神宮空間、始祖の記憶、炎獄の神。エデン。 少年たちよ―― 悪意はびこり混沌極まる群雄割拠なこの時代を、 不屈の精神で駆け抜けろ――。 やおよろずリサーチ、開演!

  • 時代小説は最高のエンターテイメントだ!

    ♡20,701

    〇25

    歴史/時代・連載中・16話 筑前筑後

    2019年10月14日更新

    筑前筑後が贈る、時代小説短編集。 「巷説江戸演義」とは、筑前筑後オリジナル作品企画の作品群です。 どこから読んでも楽しめます。 作品の性質で、カテゴリーを分けています。 新作は、新作の区分に入っておりますのでご確認ください。

  • 1619年芳助は、妖相手に相手琵琶を引く

    ♡6,850

    〇80

    歴史/時代・連載中・22話 えん@雑記

    2019年10月13日更新

    ベン…… ベンベンベベン……。 力強い弦の音、聞こえるのは琵琶の音。 一人の男が唄いだす。 徳川が天下を治め早十数年、時は元和五年頃。(1619年) 琵琶弾き芳助、歳は二十二、細身の体。 ひびが入った丸眼鏡をかけ、古い琵琶を背にして旅をする。 琵琶の腕は三流以下の腕前で、故意か偶然か必然か、妖(あやかし)事件に巻き込まれ。 今日も今日とてふらふらと、あるものを探しねり歩く。 歩くのはいいが行き倒れ、気付くとそこは庄屋の家だった。 さてさて今宵のお話は……。 ベベン。

  • ロメロと佐保と、そして俺!

    ♡4,000

    〇0

    歴史/時代・完結済・4話 筑前筑後

    2019年10月13日更新

    全ては、天明八年六月二十四日に始まった。 壇ノ浦に生じた、大きな渦から〔あのお方〕が現世に復活した。 〔魔導維新〕 人間も、魔人も、妖鬼も、その日の出来事をそう呼ぶ。 魔によって、維を新たに導く――。 〔あのお方〕の力によって生まれた、この世ならざる妖鬼が、九州・中国・四国と次々に侵攻。 その圧倒的な力を前に幕府は会津へと後退し、人間世界の命運は風前の灯であった。 〔あのお方〕に支配された地域は、魔人と呼ばれる〔かつて生きていた者〕によって統治され、人間は奴隷であり、家畜であり、財産であり、食料と化していた。 しかし、人間も諦めたわけではなかった。 身分を越えて激しく抵抗を見せる者。幕府支配地域へ脱出する者。そして、魔人や妖鬼を専門に退治する〔狩り師〕も誕生した。 魔導維新は、多くの人の運命を、この国の未来も一変させた。 桶屋の市松。 江戸の片隅で桶を拵えていた男もまた、魔導維新によって狩り師となった。 「桶屋の市松 魔殺行~エド・オブ・ザ・デッド~」をノベプラオンリー版の為、大胆改稿! DAWN=夜明け。即ち、魔導維新は日本の夜明けとなるのか?或いは、日本の夜明けは来ないのか? illustration BY kimkimkaoruさん & いらすとや

  • ナンセンス文学風の口上やら物語やら。

    ♡0

    〇0

    ホラー・連載中・2話 末千屋 コイメ

    2019年10月10日更新

    オヤ、ひょっとして、ここへ来るのは初めてですか? ここは『人生劇場』。ちょっとした見世物小屋でございます。 長々と説明するのも面倒です。まずはちょっとお入りください。 入れば色々わかるものなのです。 サア、珍奇で滑稽なショーの幕開けです!

  • 少年陰陽師×美少女妖狐=おねショタもどき

    ♡2,200

    〇110

    現代ファンタジー・連載中・9話 洸夜

    2019年10月8日更新

    僕の名前は土御門晴明《つちみかどはるあき》。 由緒正しい陰陽師の家系に生まれた僕は、人の世に蔓延る妖怪《モノノケ》を退治する為、彼女であり最強の妖狐でもある葛葉《くずは》と一緒に、人間に害を及ぼす妖怪を退治する日々を送っているんだ。 ある日、僕は陰陽省長官、志摩庵十郎《しまあんじゅうろう》様に、謎の薬によって生み出された化け物が増えていることを聞かされる。 その薬は僕と同じ陰陽師が絡んでいるらしいんだけど……。 薬が出回っている場所を突き止めた僕たちは、潜入捜査を開始する。 って、本当にこんな格好をしないといけないの⁉︎ 平和な世の中を守る為、今日も僕は葛葉と妖怪を退治します。

  • ――すべてに抗え。生を望むのならば。

    ♡200

    〇5

    現代ファンタジー・連載中・6話 晶月翠羽

    2019年10月4日更新

    これは首都を舞台に紡がれる、もうひとつの石妖シリーズ。 全てを喪ってなお、戦う者たちの物語。 (R-15。同性同士の性描写、暴力描写、残酷描写を含みます)

  • 元気で快活な神様の眷属になりました。

    ♡2,850

    〇5

    現代ファンタジー・連載中・7話 次郎マコト

    2019年9月29日更新

    地元を遥か昔から治める女の神様の眷属になった主人公が、一緒にその神様と色んな経験をしていく話です。

  • 大賞用にコツコツと書いてます。

    ♡3,750

    〇105

    現代ファンタジー・連載中・18話 ななつ

    2019年9月21日更新

    冷たい雨のそぼ降る深夜に入った喫茶店。そこの掲示板に貼られていたイベント派遣会社のアルバイト募集広告。 時給と待遇が良く、興味半分で面接を受けてみることにした尊だったが……。 ※ホラーではありません

  • 近未来×京都×あやかし×鉱石のバトルFT

    ♡8,710

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・27話 晶月翠羽

    2019年9月18日更新

    2040年京都。界軸大災を経て世界のかたちは変わり、「マヨイゴ」と呼ばれる異形が全国で出没していた。 主人公 円 瑠花は【桜導】の一員としてそれらの存在と戦っていたが、【石妖】との出会いが新たな戦いを生む。 人とあやかしの狭間に立つ「ゆら」の者たちの近未来バトルFT、ここに開幕! (R-15要素は2章以降に予定されていますので一応タグをつけましたが一章時点ではない予定です)

  • 憂鬱シリーズ(仮)

    ♡700

    〇50

    現代ファンタジー・連載中・1話 赤坂時雨(らぶもあい)

    2019年9月12日更新

    とある地方にある小さな町、柏木町にその事務所は存在する。 事務所の名前は、『双神探偵事務所』。 探偵と言っても、なにも調査だけが生業ではない。 飼い猫の捜索から、地域の溝掃除まで請け負う、いわゆる何でも屋というものに近い。 双神探偵事務所には三人の従業員がいた。 所長である、双神甚五郎。 その相方の深見朱莉。 そして、見習い兼雑務係の藤田千尋。 ある日の事。 この日は依頼が一件しかなく、千尋はそんな業務日誌を眺めつつため息をついていた。 事件があればいいとは思わないけど、流石にこれは暇すぎる。 この事務所はなんでこんな状態でも経営が成り立つのだろうか? そんな疑問を浮かべていると、一人の男性が事務所を訪れた。 その男性の名前は、東郷利政。県警に勤める刑事だった。 東郷が持ち込んだ依頼。 それこそが、千尋にとっての日常と非日常の壁を打ち壊すものであった…… あやかし探偵双神甚五郎の憂鬱。あやかし好き、日常系が好き、おっさんが好きな方は是非お読みいただけたらと思います!! ※やぁ、またあったね。うん、そうなんだ、またなんだ。 プロローグ祭りってやつさ。許してくれとは言わない、仏の顔もサンドイッチマンっていうしね。 このプロローグはサービスだから安心してほしい。じゃぁ、読んでみようか(*´・ω・)

  • 童貞おっさん魔法使いのお話

    ♡1,400

    〇5

    現代ファンタジー・連載中・8話 すらいむ

    2019年9月5日更新

    うだつが上がらない底辺のサラリーマン、大田了(おおたりょう)。 彼女は勿論、女友達すら出来ずに無事(?)童貞のまま30歳の誕生日を迎えてしまう。 30歳まで童貞だったら魔法使いになれる──。 昔からネットで蔑称として言われていた状態にまさか自身がなってしまうとは思わず酷く落胆する。 しかし、もし本当に魔法が使えたら……? 酔った勢いと半ば自棄で呪文っぽい事を言ってみると突如、火の玉が出て住んでいるアパートを燃やしてしまう。 放火の疑いで警察に連行されそうになるが、その時ある人物が現れ待ったをかける。 聞くと魔法使いとしてスカウトしに来たらしい。 立場的には公務員に当たり、給料や待遇も良く二つ返事で転職を決意。 元ブラック社畜から魔法使いとしての第二の人生が始まろうとしていた――。

  • 憧れの美人上司はあやかし系でした

    ♡26,350

    〇3,305

    恋愛/ラブコメ・完結済・56話 蒼真まこ

    2019年8月31日更新

    田村草太は好きな人に弟扱いされ、フラレてばかり。 ある晩、憧れの上司である春野美冬の意外な姿を見てしまう。 美冬の首が、音もなくするすると伸びていくのだ──。 美冬は御先祖にろくろ首がいたために、自らもろくろ首体質のあやかし系上司だったのだ。 美冬の秘密を知ってしまった草太だったが、誰にもいえない秘密を抱えて必死に生きてきた 美冬を気の毒に思い、秘密を守りながら彼女を助けていこうと考える。 やがて本当の美冬の姿を知ることになり、憧れは本当の想いへと変わっていって…… 優しさだけがとりえの童顔青年草太と、先祖がえりでろくろ首体質の、あやかし系上司の美冬。 ふたりが織り成す、ちょっと奇怪で、もどかしいラブコメ系恋愛ファンタジーです。 ※夫婦(になる予定)によるラブコメがメインになりそうなので 念のため大人向け(性的表現あり)としましたが、保険です。 (キスシーンぐらいまでです) 一章は主人公の草太とヒロイン美冬の馴れ初め、二章からふたりのらぶらぶ度が 高まってきます。楽しんでいただけたら嬉しいです。 不器用でもどかしい二人のラブコメファンタジーが書きたくて、初挑戦で書いております。 ゆるく見守っていただけたら幸いです。 ノベルアップ+様の恋愛、ラブコメジャンルに面白い作品が沢山集まっているのを見て 私もお仲間に入れていただきたく、エブリスタ様で連載中の本作をこちらでも掲載させて いただくことにしました。どうぞよろしくお願い致します。 ☆エブリスタ様のあやかし特集に掲載されました。 ☆ご報告☆ ノベルアップ+小説大賞、恋愛ラブコメジャンルで一次選考を通過致しました。 応援して下さった方々、本当にありがとうございました。 なんとか書き上げられたのも応援があってこそです。 ありがとうございました。