お家騒動

検索結果:4件

  • ちゃんと幸せになれるからね

    ♡43,300

    〇2,450

    恋愛/ラブコメ・連載中・54話・87,171字 松本 せりか

    2021年2月28日更新

    このお話は『賢者の愚行 ~見た目は17歳、中身は12歳の悪役令嬢~+番外編2本』に出てくる三人のお姫様の側から、お姫様の一人称で書いたお話です。 色々、セリフとか微妙な展開が変わりましたが、あらすじだけは、変わって無いはずです。多分。 『見た目は17歳、中身は12歳の悪役令嬢』のみ異世界転移・悪役令嬢物で、後の二本は転生・転移の無い異世界物です。 【あらすじ】 ~見た目は17歳、中身は12歳の悪役令嬢~ 気が付いたら、乙女ゲームの世界にいた。 始まりは乙女ゲーム定番の悪役令嬢斬罪シーンから。 私は確か、このままでは成人まで生きられないと、手術台に上がったはず。なのに、なんで。 王宮の奥にいる賢者さまなら、何とかしてくれると思ったのに……。 泣き虫な主人公の成長物語です。(1話700~2000くらい) ~クリス王子殿下の縁談~ もう一人の賢者 ロザリー姫の恋 舞台は、ハーボルト王国 アルンティル王国から小さなお姫さまがやって来た。 クリス殿下のお嫁さんになる為に……。 賢者の器のクリスにとって最後の現世。 何やら軍事大国の陰謀ただよう、この縁談。 お互いの立場に戸惑いながらも、二人が歩み寄っていくお話……。 (ロザリーは、『アルンティル王国の王妃になった姫君の物語』のフレデリックの2歳上の姉君です) ~ピクトリアンからの姫君~ 舞台は、本編、悪役令嬢から13年後の、ハーボルト王国。 賢者の因縁深いピクトリアン王国から縁談話が舞い込んだ。 どの国も喉から手が出るほど、欲しがられる純血種の姫君。 「うちにだけは、この縁談。来ないと思っていたんだよね」 そう、クリスは言う。 どんな思惑があって、姫を寄越したのか、そしてこの姫の正体とは……。 読んで下さっている方には、感謝しかありません。

  • 日常系恋愛ファンタジー……多分。

    ♡44,600

    〇2,050

    異世界ファンタジー・連載中・78話・121,510字 松本 せりか

    2021年2月23日更新

    わたくしは、わたくしに生まれて良かったと思うわ。 わたくしで無いと、出会えなかった人、出会えなかった出来事が沢山あるのですもの。 生まれたときが、マイナスだからって何だというの。 生きているのでしょう? だったら、プラスに書き換えれば良いじゃない。 楽しみましょう。せっかく、ここにいるのだから。 あらすじ 『王妃候補のなり損ない、田舎に捨て置かれたご令嬢』の異名を持つマリー・ウィンゲート公爵令嬢。 片や『剣を振るわせれば、一振りで4~5人は斬り殺せる』という噂の剣豪指揮官エドマンド・マクファーレン辺境伯。 年の差は15歳。王妃様の命令で、報奨品としてエドマンドと婚約をすることになったマリー。 最初は、戸惑いつつも素朴で女性に対し不器用なエド様に惹かれ『いつか私が妻で良かったと思って頂けるように頑張るわ』という意気込みを見せるマリー。 そんなマリーをいつしか、切なく愛おしく想い包み込むように守りたいと思うエドマンド。 そんな中『お前、俺の女にならないか?』という大悪党があらわれる。 王妃様ですら、物事に素直に感謝できる心が愛しいと言われるマリーの、波乱万丈なおてんばライフ。 毎週火曜日 20時更新中。

  • 敵は身内にあり。

    ♡4,200

    〇0

    文芸/純文学・完結済・35話・116,326字 森のがねぶ.

    2020年5月23日更新

    幸福は、おれを無視して、どこかへ走り抜けていく。 年に数回の、跡継ぎのための祠の重要な神祀りをするために、分家の五百旗頭(いおきべ)屋敷を訪れた石倉良(いしくらりょう)は、思いもかけない人物に偶然にも出会い、一族の陰険なたくらみに気づいてしまう。 それは、はとこにあたり、石倉が後見人を務めていた人物、五百旗頭波留(いおきべはる)に、当人の意向を完全に無視した縁談をおしつけるための算段であった。 波留の成人にともない、後見から退いた石倉は、一族の内部で、波留もろとも自身を排除しようとする気配を感じ取っていた。 しかし、古くからの盟友、秋本太陽(あきもとたいよう)らの協力を得て、どうにか一つの大きなうねりを乗り切ろうと挑むのだが、五百旗頭家の人物は、一筋縄ではいかない者ばかり。波留のいとこにあたる、妻の眞波(まなみ)も、石倉の監視役でしかなく、愛のある生活とは程遠い。 旧華族の出でありながら、ひところすさまじい憂き目を見たために形成された石倉の人間というもののなりたち。 美しい洋館のなかに渦巻いていた憎しみ。どうあがいても得られぬ、家族というものへのつきぬ憧憬。 (小説家になろう様にも同タイトルで投稿しています)

  • もう、あれから十年経ったのよ――

    ♡12,100

    〇2

    ホラー・完結済・4話・3,560字 あい

    2019年10月16日更新

    忘れない。忘れられない。 あたしたちの恨みはね、時とともに薄らいだりはしないの。 永く、永く続くのよ―― ※某所に投稿したもの、そのまんま。 ※かぼのべらさんが欲しいばっかりに、ホラーで投稿w あんまり怖く無いですけどね……