お茶

検索結果:10件

  • 【星の魔術大綱】 -本格ミステリー冒険小説-

    彼は今日も酒の代わりにお茶を飲む

    103,837

    1,428


    2022年9月28日更新

    羊猿族の若き帝国魔術師《ショーン・ターナー》は、田舎町サウザスで治癒師として退屈な人生を送っていた。 ある朝、サウザス駅で、金の鰐の尻尾が吊るされて発見された。 尻尾の主である町長の姿は見つからない。 それは10年前、謎の少女《紅葉》が同じサウザス駅で吊るされて発見された事件と酷似していた。 ショーンは魔術大全書【星の魔術大綱】を片手に、紅葉とともに事件を解決をしに奔走する。 だが、それは大陸を取り巻く巨大な陰謀の序章に過ぎなかった── ◆第1章ー第3章は少し不穏な《日常編》 ◆第4章ー第9章は事件が起こり《ミステリー編》 ◆第10章ー第16章は魔術師による《魔術バトル編》 ◆第17章ー第24章は今までの一連の《事件の真相編》が展開します! こんな方にお薦め! ◆個性的なキャラが特徴を活かして活躍やバトルするのが好き ◆ミステリー要素のある冒険小説や魔術ファンタジーが好き ◆オープンワールドゲームの没入感やファンタジー世界の生活感が好き ◆ケモナー スピンオフ短編【ルドモンド大陸誌】もどうぞ。他サイトでも掲載中。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:10時間30分

    この作品を読む

  • 職業

    誰にでも秘密は有る

    5,800

    20


    2022年9月8日更新

    世界で一番安全な国、日本の中心都市、東京で出会った男女。 一方は自動車メーカーの社員、他方は客室乗務員。 互いに日本には何度か来たことが有るので、一緒に寿司を食べる事に何の躊躇も無かった。 しかし、この2人にはとんでもない裏の事情が有った。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • お茶でもいかが

    青春のお供にお茶でもいかが?

    1,500

    0


    2022年4月28日更新

    不思議な先輩と、先輩に振り回される私と、怒鳴り込んでくるタケセン。 青春のお供にお茶でもいかが? お題「お茶」の短編です。 他の小説投稿サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • フォルトゥナ

    なんてこともないつぶやき

    10,300

    0


    2021年11月20日更新

    星に願いを託して どうかたくさんの人と出会い 物語を通して 仲良くなれますよう 気軽にお立ち寄りくださいね。物語とちがってゆるく流れていきます。 ぜひ言の葉で縁を繋ぎましょう。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • ティータイム

    頬にかかる白い香りは 私を誘わせる

    100

    0


    2021年11月19日更新

    宙にさらされたスプーンに残った二雫 微かに震えてあなたを映す 頬にかかる白い香りは 私の手を取り誘わせた 「あなたと二人 どこか遠いところへ」

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • Café Chrysocolla

    カフェ・クリソコラ そこは小さな隠れ茶屋

    41,200

    190


    2021年9月7日更新

    春の昼下がり、あてのない旅の途中でふとビルの奥の通路に目が留まった。 抜け道だろうかと辿った先は時から忘れ去られたような光の中庭。誘われるように古い階段を上ると、そこには風通るテラスの隠れ茶屋が佇んでいた。 出迎えた気さくな女主人に誘われ一時の住み処とした旅人は、店を訪れる少し不思議な人たちと、ゆるやかな時を共にする。 不定期更新・重複掲載「カクヨム」「エブリスタ」「小説家になろう」

    読了目安時間:1時間37分

    この作品を読む

  • アフタヌーンの秘薬

    偽装婚約のオフィスラブです。

    0

    0


    2021年4月10日更新

    カフェ店員として働く梨香はある日突然現れた龍峯聡次郎という男に「婚約者のふりをしてほしい」と頼まれる。政略結婚を断るために自分で決めた婚約者がいる設定にしてほしいと言われる。 偽婚約者の契約をすれば謝礼をくれると言う話に、不審に思いつつも金銭的に余裕のない生活から抜け出すために聡次郎のお願いを引き受ける。 すると連れてこられたのは老舗お茶屋の『龍峯茶園』。聡次郎はここの専務だった。 聡次郎は政略結婚を押し通そうとする母親に抵抗するために日本茶とは関係のないカフェで働く梨香と結婚すると主張する。 老舗の龍峯茶園専務の婚約者になるためにはお茶も学んでもらわなければいけない、と聡次郎の母親に無理矢理働かされることに。今まで興味もなかった日本茶を扱う仕事に戸惑いつつも日本茶の魅力を学んでいく梨香。 契約を持ち掛けてきたのは聡次郎なのに梨香に厳しく接する態度にくじけそうになると、時には契約とは思えないほど婚約者らしく優しく触れてくる聡次郎に徐々に心を開いていく。 聡次郎にお茶を淹れること、共に過ごす時間が心地良くなってくる。 契約ではなくて本当に結婚しようと言われて心が揺れ、聡次郎との未来を真剣に考え始める。 お茶を扱う仕事の楽しさを知って、聡次郎との関係も順調な頃、聡次郎の本当の婚約者が現れる。龍峯茶園にとって文句のない婚約者に、聡次郎から身を引こうと決意する。 けれど聡次郎は梨香を婚約者に選んだのは単純な理由じゃない、一生そばに居たい、と梨香へ気持ちをぶつける。

    読了目安時間:4時間20分

    この作品を読む

  • 脳内会議

    サークルで映像化した作品を小説化。

    0

    0


    2021年3月19日更新

    人は1日のなかで数千回、数万回選択をする。 その選択は、あなた一人だけではなく、あなたの頭のなかの人たちが会議している。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 茶族の妖精、菓子を売る

    お茶と茶菓子で休憩を

    4,900

    0


    2020年12月30日更新

    焙煎し、渋みを持っていながらも香り豊かな紅茶 摘みたての、爽やかな若い香りを感じる緑茶 凛とした、控えめながらも気高い、淑女のような抹茶 多種多様なお茶がティーカップ一杯分 それと、あまぁいお菓子をひとつ それが一食分の食事である、とある妖精族 人は彼らを茶族と呼び、目にすることが稀な隣人として、親しくしてきた 茶族の少女、ミルはある日、集落の外れに倒れている人間の男を見つける 彼女は男を介抱し、その疲れと傷を癒す やがて目の覚めた男は、自身をピーターと名乗り、自国から亡命してきたことを明かす ピーターはミルの提案で、集落付近で喫茶店を開くことにした これは、茶族の少女、ミルと、訳ありの人間、ピーターの営む、香り豊かなお茶と甘くて時々しょっぱいお菓子でもてなす、人里離れた喫茶店の物語である

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 夜、お腹がぐーとなったなら

    おにぎりとおちゃぁぁとか

    5,100

    0


    2020年11月28日更新