お題フリー

検索結果:7件

  • 【BL】たとえ不老不死じゃなくても~イケメン魔道士たちの恋の攻防戦~

    ネコの妖精も大活躍な冒険ファンタジー

    3,000

    0


    2021年12月5日更新

    今は昔、一人の見習い水夫の身に起きた悲劇は実話なのか、もしくはただの伝説なのか。 ある小さな港町から夢と希望を心に抱いた青年が船長である父に従い、多くの船員とともに船旅に出た。 慣れた航路を使い予定通りに日程をこなしていた一行。 だが、どうしたことか、ある時から風がパタリと止み、船が全く進まなくなってしまった。 やがて明るく陽気だった船員たちの間に絶望感が漂い、多くの者が海に出たことを後悔し始める。 全ては無能な船長のせいだと父親を責められ、二羽の不吉な海鳥のせいだと殺気立ち、 追い詰められた青年は矢で海鳥を射殺してしまう。 そして、そんな青年の前に世にも怖ろしい異形が現れた。 それからおよそ千二百年後―― 黒魔道教会の若き魔道士ルジバ・シードは成人の儀を迎え、 仲間とともに酔っ払って帰宅すると奇妙な男と出会う。 ネコの妖精ケットドワーフを連れた根暗な印象を与える、 その男バシード・ジルに一目で惹かれたが、バシードは実は不老不死だった。 自身の出生の秘密もあって身勝手な黒の教皇に襲われ、 所属していた魔導士教会から逃走する身となったルジバと 行動を共にすることとなったバシードと。 逃避行の中で互いに惹かれ合っていくが、 好きだから抱き合いたいルジバと 好きだから抱くのが怖いバシードとの間でせめぎ合いがあって――? 不老不死のイケメン魔導士(攻)と顔はいいのに中味は天然残念系魔導士(受)の恋の行方はいかに。 出だしはゴシックホラー調ですが、 可愛らしいネコの妖精も大活躍なちょっと変わった冒険ファンタジー(R-15版)です。 ◆『BOYSFAN』BLコミック原作小説コンテスト「お題フリー」にてエントリー作品です。 (表紙:自力)

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間44分

    この作品を読む

  • 【BL】イケメンのバリタチに後ろを狙われています。~サンマイのオフーダ~

    逃げる者と追う者と大人のお道具物語♡

    2,100

    0


    2021年12月4日更新

    昔々、山寺の小僧が和尚にクリ拾いに行きたいと願い出た。 和尚は山には山姥(やまんば)がいるからダメだと反対したが、どうしても行きたいと駄々をこねる。 そこで山姥に会ったらこの札に願いを告げて逃げろと三枚の札を渡した。 小僧は案の定、山姥に出会い、食べられそうになる。 それをなんとか逃げ出すが山姥が鬼の形相で追いかけてくる。 小僧は和尚からもらった三枚の札を使って命からがら寺へと戻り、 怖ろしい山姥は和尚がやっつけたというお話。 それから時を遙かに超えたある現代―― 惑星探査士のコッゾゥーはキャプテン・オッショーが止めるにもかかわらず、 水陸両用のトラック型探査車で惑星クリヒーロイへと上陸した。 豊富な鉱石と資源に夢中になっているとある山中で悪天候に見舞われる。 計器が損傷して役に立たない中、見えてきた木造の家へと入るとそこには見たこともない美形が住んでいた。 だが、その謎めいたイケメン(ヤマンバー)は実はバリタチだったのだ。 まだ誰にも許したことのない後ろを狙われた、実は誇り高きバリタチのコッゾゥー。 ヤられてたまるかと隙を突いて逃げ出したが、 超絶美形がそれはそれは怖ろしいスペックを持った規格外ボディで追いかけてくる。 果たして、コッゾゥーは有能なAIサンマイのオフーダとともに無事に母船テーラへと戻って後ろを死守できるか。 そしてボスのオッショーはコッゾゥーを守れるのか。 ハラハラドキドキの攻防戦が楽しめる、エンターテイメント型エスエフBLファンタジー。 逃げる者と追う者と大人のお道具物語(R-15版)です。 ◆『BOYSFAN』BLコミック原作小説コンテスト「お題フリー」にてエントリー作品です。 (表紙:自力) ※少し変わってます。横書きの利点とエスエフBLファンタジーの醍醐味として、あえてアルファベットや英数字を使っていたりもします。ご了承下さい。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

  • 桜紅初恋(オウコウ・チューリエン)

    中華風ファンタジーです(BL)

    267,450

    1,037


    2021年12月3日更新

    【③お題フリー】 人間が住む下界と鬼族が住む鬼界の狭間に山があり、そこには鬼神と言える強い火鬼が、天上界の父である天上皇によって五百年封印されていた。 しかしある日、その封印した「六枚の神札の効力が弱まっている」との報告を受ける。 特にさしたる問題はない、天上皇が作りし神札は“こういった時のため”に厳重に保管されてある。ただ難点が一つ、天上皇は数年に数回ある深い眠りについていた。天上皇不在に近しい天上界は通常の任務に加え、天上皇の警護や周囲警備に慌ただしく手が足りない状況であった。 そこで神の階級で最も階位が高い上位神、豊かさと開花を司る男神――タリアがその任務を引き受けた。 丁度暇と言う事と下界が好きだったから、との簡単な理由だ。 天上皇に最も近いとされる上位神の彼の受任に、誰も異論はない。 彼は天上皇の作りし神札を手に、地上へと舞い降り立たのだった。 そしてとある村に降りたタリアの元に、若い武官が二名、護衛として降りてきた。 タリアは彼らと共に封印の確認に向かう。 その途中で、村人達が何やら騒いでいるところに遭遇した。 村人達は無抵抗な鬼の子供を襲っていた。 タリアが止めに入り、鬼の子供は無事だったが、何やら村の様子がおかしい。 一週間の雨、一週間で三人の女の子が死んだ。 狐族に目を付けられ、村人は餌にされていたのだ。 タリア達はその事実を知り、放っておけず、狐族と戦うことになった。 裏で糸を引いていたのは驚く事に、狐界で凶悪な三毒狐のひとり電蔵主庵だった。 彼は雷から生まれた雷狐だ。火鬼同様に自然が生んだ渾沌、神の天敵と呼ばれている。 タリアと鬼の少年焔は彼と対峙することとなった。 【『BOYSFAN』BLコミック原作小説コンテストの応募作品】 【表紙絵】てゅーま様 Twitter【https://twitter.com/00tuma00】 ※無断使用、転載はおやめください※

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間52分

    この作品を読む

  • Key to the Core

    BL means BeLoved

    100

    0


    2021年11月30日更新

    【BLコミック原作小説コンテスト 参加作品 お題フリー】 「おはよう。私のエンジェル」 そう言って、世界は私を呼び起こした。 「君の名はルージュ、その本質がエンジェル」 世界は私をそう定義した。絶望に支えられた魂こそが、自由への鍵であると。 「やあ。元気?」 彼はそう言って手招いた。 「僕と行く? それとも、そこに居る? 君が選んでよ、ルージュ」 迷わず腕を伸ばした。彼に向かって、真っ直ぐに。 「僕は、僕の終わりを見たいんだ。今はその旅の途中」 この先に別離があっても構わない。私が求めるのは、私がここに居る意味、その答え。一人でも探し出せると思うけど、独りでは辿り着けない心地がするのは、君のせいだ。 永遠の君と、有限の私。終わりがあると知りながら、それでも、この手を繋いでいてくれますか。 *** 主人公ルージュは創られた人として誕生した。人の体に宿された、絶望一色の魂。彼を創りし創造主は、奇跡の賜物として溺愛する。彼こそが、人に真の強さを与え解放させる救世主であると信じて。 魂に刻まれた使命、「絶望」を誕生のお礼として創造主に提案するルージュ。当然却下され、一人、部屋に残された。 そこへ現れる青年エール。窓の外からルージュを招き、外の世界へと誘うのだった。彼は機械仕掛けの生命体、ヒューマノイド。彼の製作者の意志を受け継ぎ、永遠を生きる定めにある。しかし当人は永遠には興味がなく、正しく「終わる」ため、その手段を探すための旅をしていた。 外界に求められるものと己が求めるもの。そこにある絶対的な乖離に惑いながらも、共に旅を続ける二人。 使命に答えはあるのだろうか。終わる手段に巡り会えあるのだろうか。 幸せに、なれるだろうか。 不安は尽きないけれど、君となら大丈夫。 たとえ全てに失敗しても、出逢えて良かったと、胸を張って言ってみせるから。 *** 2021.11.30時点で連載中(未完結)となります。 12月中旬目処に完結する予定ですので、最後までお楽しみ頂けますと幸いです。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 若葉雨とシンメトリー

    不思議なタイプの男の子

    0

    0


    2021年11月30日更新

    応募テーマ「お題フリー」 ここは無名の美術大学。 六月のキャンパスはさわやかな景色が広がっているが、俺の心はそうではない。 同じ芸術学部の美男子学生、神山礼に服や髪形を真似されて、俺、真田章弘は毎日困っている。 神山は人形のように美しく、女子学生にも人気がある。 こいつは先週俺が着ていた服とそっくりな恰好をして登校し、成績もほぼ同じ。 論文テーマまでかぶってしまう。 学内も俺たちの類似にざわつき始めているところだった。 俺のほうが神山の真似をしているとか、俺たちが付き合ってるとかのおかしな噂まで流れだし。 俺にとって神山礼は天敵そのものだった。 こいつは昼食のメニューまで俺とそっくり同じものを頼んできて、俺はとうとう神山に問いただす。 「なんで俺の真似をするんだ?」 「単純だよ。君みたいになりたいんだ」 どこかつかみどころのない神山。 俺の真似をすることを『真田学』と称し、ずかずかと俺の心に介入してくる。 それでも短編映画をきっかけにそれなりに会話するようになり、メッセージIDの交換もした。 神山は市内の遊園地で子供のころに友人一同に置き去りにされた思い出と、美術を志したきっかけを話してくれる。 こいつの感性を一つ一つ知るたびに、俺たちの距離は近づいていった。 だが俺たちの交流が進むにつれて、神山が学校に来なくなっていく。 そして、ある事件が起きる。 神山が父親をバットで殴り学校で騒ぎになると、そのまま行方をくらましたのだ。 俺はあいつを探しに雨の街に出た。 思い出の遊園地をさまよう神山を見つけた俺は……。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • tear lie

    BLっていいですよね(´﹃`)

    1,700

    0


    2021年11月22日更新

    高校2年生の川崎美琴は、内気な文学少年。 日頃から酷いいじめを受けていて、傷が耐えない生活を送っていた。 そんなある日、美琴の担任である宮木宗夜が救いの手を差し伸べた。 それから、美琴と宗夜は徐々に心を通わせていき、危険ながらも幸せな生活を送る2人。 でも、宗夜には秘密があって……。 「先生、僕のこと子ども扱いしないでください」 これは、生徒×教師の切ない恋の物語。 この小説は、私が初めて書くBL小説です。 今までは、BLは漫画や小説で読んできました。BLは、NLでは味わえない、同性愛を題材としたからこその切なさ、心苦しさがあります。さらに、教師と生徒の禁断の恋愛といった要素も足すことで、読者様方により一層切ない気持ちになって頂きたいと思います。 さて、本小説の内容ですが、大まかな内容は上記のあらすじの通りになります。クラスの隅で、本を読んでいるようなひとりぼっちの男の子、それが川崎美琴という人物です。本作における主人公の1人となります。いじめは高校1年生から続いていて、無視をされる、物を隠されるのはもちろん殴られる、蹴られるなどの暴力を受けています。高校2年生となり、より一層 いじめはエスカレート、ついに美琴は不登校になってしまいます。そんな時、新任教師である宮木宗夜が現れ、美琴に希望を与えます。最初の頃、美琴が宗夜に抱いていたのは尊敬の心でしたが、それがだんだん恋へと成っていきます。宗夜も、美琴のことを好いており、恋は実るのですが、その後に待っていたのは残酷な運命でした。2人の結末がどうなってしまうのか、そこが見所です。 テーマはお題フリーにさせて頂きました。 出来ればどうぞ、お読みくださいませ。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 白タキと黒タキの物語(「幾枚もの写真」再録)咎人と神父【あっきコタロウさんのフリーイラストを借りてます】

    BLコンにエントリーします。

    500

    0


    2021年9月5日更新

    BLアンソロジーです。 お題フリーです。 「白タキと黒タキの物語」ドイツ国籍に入り、♂と♂のウェディングを計画する、内緒の職場カップルの白おと黒お。どちらが執事の様な黒タキシードを着てどちらが王子の様な白タキシードを着るのか?というオノロケ話。サラリーマンの時に考えていたお話です。此れでBLは書き納めです。ハッピーエンドです。しばらくカクヨムの「ドライヤーガン戦士③タカラ」「ドライヤーガン戦士④キヨラ」の設定に戻ります。 再録「幾枚もの写真」カメラ部の僕が捕らえた瞬間の写真には「禁断の恋」が写っていた。 美しく爽やかなサッカー少年に、出会ってしまった、被写体を探して見つからなくて、疲れていた写真部の主役の「最初で最後」の過ち。エゴで複雑骨折にあわされ、レイプされたサッカー少年は毅然として生きてゆこうとするが、サッカーが出来ない身体にされてしまったことを知り、絶望のあまり飛び降り自殺をする。写真部の主役に残されたのは幾枚の写真だけだった。 バットエンドです。 「咎人と神父」高校生の時から考えていた「新世紀エヴァンゲリオン(C)カラー・ガイナックス?」の原作に見えなくもないキリスト教徒の物語のアンソロジー最後の2話目です。罪の告解に教会を訪れ懺悔する咎人。だがその罪はあまりにも重すぎて罪を裁く立場にある神父を発狂させる。ゆえに堕ちて行く「十戒」すら守れない淫らな日々はつづく。だが、そこに愛は無かった。(1話目は「最後のキリスト教徒」というSFです。野いちごとベリーズカフェとカクヨムに掲載しています)バットエンドです。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む