きゅん

検索結果:5件

  • 恋がしたくなる言葉

    毎日、あなたに恋焦がれる

    1,028,431

    5,817


    2021年4月18日更新

    読むだけで、きゅんとしたり、恋がしたくなる短歌を毎日更新していきます。 読んだ人それぞれに思いを馳せて頂きたいので、短歌の説明などはあえて書きません 「詩/短歌」のジャンル別累計1位になりました!(2021年3月11日) 累計1位をとるために書いてきたので、とても嬉しいです。 応援してくれている方々、本当にありがとうございます。 これからも、きゅんとする言葉を紡いでいきます

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • この道を追いかけられたら

    他サイトのコンテスト用に書いたものです

    13,100

    60


    2021年3月1日更新

    三章で終わる短い短編です

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 『イベント事』がある日になると、突然妻がとびっきり甘えてくるようになりました

    夫婦の甘いラブストーリー

    232,211

    2,395


    2021年2月5日更新

    山本瑞貴(やまもと みずき)は、ある日突然妻である山本花音(やまもと かのん)に「足りない」と言われる。 彼は、何が足りないのか聞くと、彼女は「きゅんが足りない」と言い、「『イベント事』の日を作るからその日に私をきゅんとさせて」とさらに言う。 半ば強引に『イベント事』の日は始まっていき、彼は少し戸惑う。 でもそれよりも彼はなぜ彼女がそんなことを突然言い出したのか気になった。もしかしたら、その言葉の裏には、結婚生活になんらかの不安があるのではないかと考えた。 『イベント事』の日は、彼にとって驚きと発見の連続だった。今まで知らない彼女の顔や好きなことを知っていった。彼女は今までに甘えてきたことがなかったのに、べったり甘えてきた。さらに、きゅんとさせると、なぜか自分まで心が温かくなった。 そして、彼は『イベント事』の日を一緒にしていくうちに、自分は妻である彼女のことを今まであまり積極的に知ろうとしていなかったと気づく。彼女を知ることが、この「きゅんとさせて」と言った彼女の真意を知れるのではないかと考える。 何度も考え、彼は『特別ではないなんてない『日常』の時間を、二人で一緒に楽しみたい』という答えに辿り着く。 それを彼女に伝えると、「彼女は間違ってはいないけど、完全な正解ではない」と言う。彼女が「きゅんとさせて」と言った理由は三つあると言った。 それは、まず一つ目は彼の言った通り、特別ではないなんてない『日常』の時間を、二人で一緒に楽しみたいことだ。 次に二つ目は、もっと自分に甘えたり頼ってほしいということだ。 最後の三つ目は、二人に合う夫婦の形を見つけたいということだ。 彼は彼女が突然「きゅんとさせて」と言った理由も甘えてきた理由もわかり少しほっとする。でも夫婦のことまで考えていることには驚いた。でも、彼女のことを一途に愛しているから二人で夫婦の形を見つけることに賛同する。 そして、二人に合う夫婦の形を見つけるために、二人は行動し始める。 話し合いをすることでお互いに結婚に対する不安や悩みが出てきて、それを相手に伝え、二人は理解し力になろうとする。 そして、話し合いの末、『自分も、相手も幸せにし続ける努力をし、どんな時も一緒に楽しむことを忘れない夫婦』という夫婦の形を二人で見つけたのだった。

    読了目安時間:2時間42分

    この作品を読む

  • きゅん・アンサー

    きゅんとする瞬間〜ショートショート〜

    2,000

    0


    2020年11月5日更新

    きゅんとするセリフでのショートショート

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 54文字と140文字の物語

    あえて縛りをつけて書きます

    25,222

    170


    2020年10月13日更新

    54文字と140文字の物語をアップしていこうと思います。 この超短編は初の試みです。 温かく見守ってくれると嬉しいです

    読了目安時間:2分

    この作品を読む