ごはん

検索結果:14件

  • おいしいじかんの作り方!

    食育をテーマにした日常ごはん物語

    10,200

    25


    2023年1月11日更新

    小学6年生の遠野すずめはある日お母さんが足を骨折してしばらく台所に立てなくなる。お父さんは仕事が忙しくお母さんのお見舞いなどもあるため、買ってくることもできない。そのためすずめは自分が買い物にいって総菜などを買ってきて食卓に並べるようになる。最初はそれでもよかったのだが、どうしても母の味が恋しいと弟の鴻が泣き出したため自分が味噌汁を作るという。小学生でもわかる食育をテーマにした日常ごはん物語!

    読了目安時間:58分

    この作品を読む

  • 孤独な銀弾は、冷たい陽だまりに焦がれて

    交わってはいけないふたりの、不変の絆

    3,000

    75


    2022年11月30日更新

    ある目的を果たすためにだけ生きていた主人公〈空木櫂人/うつぎ・かいと〉は、毎日通うスーパーで顔を合わせる女性〈伊吹澪/いぶき・みお〉のことをなんとなく気にしていた。 ある日の夜、暗がりで男性と揉めていた澪を助けた櫂人は、その礼にと彼女の家に招かれ、彼女のとんでもない秘密を知ってしまう。しかし、櫂人もまた澪には話すことのできない秘密を持っていた。 人を喰らう吸血鬼と、それを討つ処刑人。決して交わってはならない二人が、お互いに正体を隠したまま絆を深め、しだいに惹かれあっていく。 しかし、とうとうその関係も限界を迎える時が来た。追い詰められてしまった中で、気持ちが通じ合った二人が迎える結末とは?

    読了目安時間:59分

    この作品を読む

  • 七夜の月 -心を見失った人間と、人間を捨てた料理上手なペット- 年末編

    年末はうどんだよね!ってことで。

    1,500

    0


    2021年12月27日更新

    七夜の月本編から、約一年。 七夜というペットから、宮ノ木葉月という人間に戻って初めての冬のこと。 葉月は初めての小料理屋でのおせちづくりのバイトで頭がいっぱいになり、同居人で大切な姉であるゆかりと過ごす大晦日の晩御飯のことをすっかり忘れていた。 「こたつに入ってテレビ見ながらご飯をわくわくしてるに違いない姉の期待を、裏切るわけにはいかない!」 数年の同居ですっかり胃袋を掴んでしまった責任を取るべく、葉月は思いを込めた晩御飯を作ることを決めたのだった。 * * * 七夜の月 -心を見失った人間と、人間を捨てた料理上手なペット-から約一年後。 大晦日の夜、少しだけ柔らかくなった二人と、あったかいごはんの物語。 「お待たせしちゃいましたね、どうぞ」 ----------------------------- 七夜の月 -心を見失った人間と、人間を捨てた料理上手なペット- 本編 https://novelup.plus/story/592000660

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • まんぷくシェアハウス

    おいしいごはんとあたたかな暮らし、ありま

    2,000

    0


    2021年10月12日更新

    「せいちゃん、それならうちに下宿したらいいよ!」 しがない小説家・綿貫正彦は行きつけの定食屋で働くお気に入りの店員・湯浅誠一郎が住処をなくしてやむなくバイトを辞めなければならないと聞き、自分の家に住まわせることに。 祖母の残した古い日本家屋に暮らす綿貫は、金はないが部屋だけはたっぷり余らせていたからだ。 誠一郎と綿貫は美味しいものを食べながら、手探りで同居生活を進めていく。するとそのうち、誠一郎の知人・春川泉や後輩・今井耕助もわけあって転がり込んできて… 凸凹な男四人が、飯と同居を通じて各々の悩みを解決したりしなかったりする話。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 樹雨家のちょっと変わってしまった日常

    いつもと違う星空。いつもと同じご飯。

    3,850

    0


    2021年8月23日更新

    〈あらすじ〉 山奥の引っ越し先で倒れていたぼろぼろの子供を助けたら、不思議な動物たちの住む森に家ごと飛ばされてしまった。あれ?これってもしかして異世界……?休暇を楽しみたかった兄妹と幼馴染が、減っていく食料を気にしながら美味しいご飯を食べて休暇を満喫したいお話。 ※チート、ハーレム、ゲーム要素のない異世界ものです 掲載先 「カクヨム」様 「ノベルアップ+」様 旧題:『家ごと世界の壁を越えたら、兄の現実逃避(料理)が加速した件について。』

    読了目安時間:2時間4分

    この作品を読む

  • ワルコフに気を付けない

    初作品なので拙いですがよろしくです♪

    100

    0


    2021年5月2日更新

    俺の名前は鋤灼(スキヤキ)。うまそうな名前ってよく言われる。 通称”ゲーマー特区”で、特別講座”VRエンジン概論”を受講中の高校生だ。 「鋤灼君、クエスト行きまぁしょぉう!(謎の美人講師/子供声)」 「ちょっと、鋤灼、アンタいつになったら、クライアントインストールするのよ(謎の男前系美少女)!」 「おう、鋤灼ホントだぜ。そろそろパーティー組もうぜー(すっげーイケメンの旧友)」 ハイテク満載ゲーマー特区の日常。突然襲ってくる謎の美少女&小鳥。謎の地下都市空間、謎のフルダイブRPG。そして――謎の宇宙服。 ※構想は2015年7月21日 10:02投稿のWEB漫画から。初投稿はシンゴジまえの2016年2月25日 07:20から。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間48分

    この作品を読む

  • Kitchen

    甘くて甘くておいしくて、時々苦い。

    0

    0


    2021年4月29日更新

    同棲している30代前半の「俺」と20代後半の「お前」がご飯を作って食べて、作って食べて、いちゃこらしているお話です。 BLなのでご注意を。

    読了目安時間:1時間47分

    この作品を読む

  • 曇り空の下で

    残された者たちへ

    100

    0


    2021年3月30日更新

  • アスカくんのきまぐれお料理レシピ

    きまぐれな料理のレシピ集です

    3,300

    60


    2021年3月21日更新

    料理、お菓子作りが好きです。 きまぐれに好きな料理のレシピを公開していきます。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • バクバク!!もぐもぐ!!あちあち!!うまうま!!!

    美味しいものをガッツガッツと食べるお話。

    11,475

    0


    2020年12月31日更新

    とあるところに、食欲が相当すさまじい一家がおったそうな~。 食欲魔人どもの胃袋を満たすために~てんてこ舞いの~奥さんが~おった~そうな~。 こちらは小説家になろうさんで発表済みの作品をまとめたものになります。不定期掲載します。

    読了目安時間:1時間16分

    この作品を読む

  • 七夜の月 -心を見失った人間と、人間を捨てた料理上手なペット-

    明日を向くのには、美味しいご飯ですよね?

    33,400

    10,000


    2020年9月9日更新

    日々業務で終電帰りが日常の『私』の家には、ペットがいる。 名前は七夜で、特技は料理。 丁子茶色の髪を持つ、かわいいって言葉がぴったりの『元』人間。 今日はどんなご飯を、『私』に出してくれるのだろうか? これは一人の心を見失った人間と、一匹の人間を捨てた料理上手なペットがそれぞれの想いを取り戻す物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間55分

    この作品を読む

  • ハラペコクリスティーヌの冒険日記

    「ヤバい!お腹すきました!」

    2,800

    0


    2020年7月29日更新

    ここに記すのは、七つの大罪のひとり。 ハラペコクリスティーヌこと私が書く日記です。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • イチャ飯~社畜にふるまう愛情ごはん~

    ヤンデレに愛されて夜も健やか

    39,000

    0


    2020年4月7日更新

    社畜を極めた25歳男子、一星(いっせい)。 疲れ果てて帰宅した彼を待ち受けていたのは、ぴかぴかの部屋とほかほかご飯と、ちょっぴり訳ありな美少女、ひかりでーー!? 「一星さん、コンビニで毎日しゃけおにぎり買ってますけど、朝ごはんがそれじゃ体に悪いですよ! だから、私がずーっと朝ごはん作ってあげますからね♥」 「また人のレシート漁ったなお前!?」 「うふ♥ あとモニタリングしてて気になったんですけど、夜中の歯ぎしりも寝相の悪さもひどいですよね……一星さんが熟睡できるように、精一杯ご奉仕しますっ!」 「だから、人の部屋にナチュラルに監視カメラつけるのやめてくんないかな!?」 愛が重すぎる美少女が作る、激ウマ癒やしご飯。 君は、その旨さにーー抗えるか。

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む

  • ずっと料理人として生きてきたけど、実は世界最強だったみたいです

    料理×飯うま×ファンタジー

    4,200

    0


    2019年8月2日更新

    料理人のハルは食材を瞬時に調理するスキルを持っていた。一瞬で野菜や肉、魚を部位ごとに思った通りに分解する便利なスキルだ。戦いに向いていないお料理便利スキルゆえに、ハルは冒険者を目指すのを諦めていた。そんなある日、とある事件に巻き込まれて己のスキルにモンスターを瞬殺する力が秘めていることが発覚した。 圧倒的な力を得た料理人が織りなす飯うま系最強ファンタジー

    読了目安時間:38分

    この作品を読む