ざまぁなし

検索結果:5件

  • アナザー・フロンティア・オンライン ~生産系スキルを極めたらチートなNPCを雇えるようになりました~

    NPCが無双するVRMMO

    1,181,460

    2,270


    2022年6月26日更新

    【書籍化しました。二巻まで発売中&コミカライズ公開中】 剣と魔法の世界をモチーフにしたフルダイブ型VRMMORPG「アナザー・フロンティア・オンライン」。 半年前の大型アップデートでクラン戦争と呼ばれるプレイヤーのチーム同士が戦うシステムが実装された。 生産系スキルしか持っていないハヤトは戦えないことを理由に所属していたクランを追い出されてしまう。 ハヤトは他のクランへ入ることもできず、自ら立ち上げたクランで仲間を募集しても集まらなかったが、高性能なAIが搭載されているNPC(ノンプレイヤーキャラクター)をクランのメンバーにできることに気づく。 ハヤトはNPC達と共に多額の賞金が得られるランキング上位を目指すのだった。 ※しばらくは毎週月曜日更新です。 ※小説家になろう様でも投稿しています

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:56時間57分

    この作品を読む

  • 悪逆の魔導書

    2022/5/9 完結しました

    184,500

    510


    2022年5月9日更新

    「当然よ。だって……あたしは、あなたのお母さんだもの」 少女は、少年に笑顔で語りかけた。 少年の名は、織部冬弥。少女の名は、イリス=フレーベル。 来年大学受験を控えた高校二年 織部冬弥は、不運な出来事で命を落とした。 時を同じくして、エルヴィン王国の士官学校に通うイリス=フレーベルは、ホムンクルスの製造に傾倒していた。 そして、ホムンクルスとして異世界に転生した織部冬弥との邂逅により、イリスの運命が回り始める。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」にも掲載してます。 本作は、三人称一視点です。 作中では極力、覚えるのに苦労する造語は出さないように努めてます。そのため作中専用の固有名詞がない代わりに、既存の名詞が多数あります。 異世界ファンタジーなので地名や国名等、世界観に関連する独自の名詞は必要最低限に留めてます。 作品の趣旨は、気軽に読めるエンターテイメントのつもりです。(地の文が多いくせに、何を言ってるのかと思いますが) 2022/05/20 一部の誤字脱字、ルビを修正しました。 サブタイトルの法則:主人公視点がある話は「」付き、他キャラの視点しかない話は「」無しとなります。(プロローグ、エピローグ除く) ※「」内の言葉は、作中の主人公のセリフ及びモノローグから抜粋したものをつけてます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:22時間22分

    この作品を読む

  • ぼくのお姉ちゃんは悪役令嬢

     ぼくはお姉ちゃんを『幸せ』にするんだ。

    8,500

    0


    2022年4月30日更新

    「ぼくからお姉ちゃんをとらないでください」 公爵家の嫡男として生まれたレオニートは、『前』の記憶を持っている。 それによると悪役令嬢の姉は、一年後に第二皇子から婚約破棄され修道院に送られてしまう。 ――ぼくがそれを回避して、お姉ちゃんを『幸せ』にするんだ。 レオが日々奮闘する中、とある美少女ヤニーナと出会う。 彼女はレオと同じ『前』を持つ『ヒロイン』だった。 「あたしの邪魔しないで!」 「ぼくに死ねってことですか?」 これは『ゲーム』の『シナリオ』であるとの観念に囚われるヤニーナ。 あくまでも立ち向かうべき『現実』だと言うレオ。 二人は互いに反目し悩みながらも、それぞれの『幸せ』の形を模索し、寄り添っていく。 ※ざまぁ要素はありません。 ※間接的な虐待描写、ほのめかし表現あり。 ※テンプレ要素を使った作品ですが、テンプレ通りに進みません。 ※完結済み、一日三話投稿、全二十四話。 ※他サイトにも投稿しています。

    読了目安時間:1時間42分

    この作品を読む

  • 忘れられ師の英雄譚 〜聖勇女パーティーに忘れられた男は、記憶に残らずとも彼女達を救う〜

    彼は忘れられていても、命を掛ける

    327,700

    17,250


    2022年4月15日更新

    異世界『フェルナード』。 剣と魔法の世界という言葉がよく似合うその世界には、噂になっているある冒険者がいた。 『忘れられ師《ロスト・ネーマー》』 その者と共に在ればパーティーは数々の成功を収めるが、その者をパーティーから追放すれば、一気に没落する。 まことしやかに囁かれるそんな噂。 しかし、幾つかのパーティーがそれを経験するものの、誰もその名前を覚えている者はいなかった。 新進気鋭のように湧いて出た若き貴族が率いた冒険者パーティーに、最上位であるSランクと謳われし、名だたる冒険者パーティー。 そして、魔王を倒した聖勇女パーティーもまた、忘れられ師《ロスト・ネーマー》と共に旅をし、その洗礼を浴びたのではと噂されているのだが。 実際彼女達は気づいていなかった。 共にパーティーとして行動していた青年、武芸者のカズトこそ、陰ながら彼女達に力を貸していた、忘れられ師《ロスト・ネーマー》であった事を。 ──魔王との決戦直前。 聖勇女パーティーより、優しき理由で追放されたカズトは、異世界転移の際に絆の女神より授かった力の代償となる呪いによって、彼女達の記憶から消え去った。 その後、彼の存在なしでも聖勇女パーティーは魔王を無事討伐したのだが……。 それから半年後。 ひとり冒険者として旅を続けていたカズトがマルベルの街にたどり着いた時、冒険者ギルドに貼られていたありえないクエストの存在を知る。 探しているのは忘れられ師《ロスト・ネーマー》。 そして依頼主は聖勇女パーティーの一人、カズトもよく知る相手、古龍術師のルッテ。 依頼内容すら分からないクエスト。 そのおかしなクエストに、カズトが手を出した時。彼は再び聖勇女パーティーとの数奇な運命を辿って行く──。 記憶から忘れ去られし男。 忘れられ師《ロスト・ネーマー》であるカズトと、そんな彼を追放し、彼との記憶を失ったたはずの聖勇女パーティーの面々。 奇しくも交わってしまった彼等は、一体どんな試練に立ち向かい、どのような未来を歩むのか。 聖勇女パーティーとの絆を信じ、仲間と思い続けた男の、絆と記憶の物語。今ここに開幕!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間42分

    この作品を読む

  • 異端者達は森の奥で新婚生活(仮)を送る

    恋人未満夫婦以上なおねショタです

    700

    0


    2021年2月5日更新

    異端な力を持つが故に冷遇されながら育った男の子と女性は2人ぼっちだった。 逃げ込んだ森の奥深くで守り神様と出逢い、2人は信者となることと引き換えに安息の地を得た。 異端な力よりも遥かに強い神の力を目の当たりにして、絶対的な保護者である守り神と共に過ごす日々に心地よさを感じる。 彼らの異端な力がどこから来たものなのか、守り神は何故守り神なのか、魔の大森林とは何か。 様々な謎を残したまま、2人はただそこで穏やかに暮らしたいと願う。 けれども、それは序章でしかなかった。 子供を拾い、エルフ達と交流し、神様達に興味を示される。 2人ぼっちだった世界が徐々に広がり、真実を知っても、その手は決して離せない。

    読了目安時間:7時間2分

    この作品を読む