ざまぁ

検索結果:167件

  • 拙くてすみません……

    ♡1,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・39話・92,806字 自由人

    2020年10月22日更新

    ~ 作者からのお願い ~ この物語はフィクションの創作物であり、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。現実と混同されることのないようにお願い致します。 ~ 簡単なあらすじ ~ どこにでも居る冴えない男である主人公【加藤 健】は、社畜としての日々を送っていたが、ある日、交通事故に巻き込まれ短い生涯に幕を閉じることになる。 目が覚めると辺り一面真っ白な世界。女神と名乗る女性から説明を受けるが、好みだった為についつい口説いてしまう。 そんなどこにでも居るような男が第2の人生として異世界へ転生し、封印された記憶の中にある生前の理不尽さに反応するトラウマを抱えつつも、思いのまま生きていくために日々を重ねていく物語。 基本的に主人公は好き勝手に生きていきます。どう行動するかはその時の気分次第。身内に甘くそれ以外には非情になることもある、そんな人柄です。 無自覚にハーレムを形成していきます。主人公が成人するまではショタとなりますので、抵抗のある方は読むのをお控えください。 色々と場面展開がおかしかったり、誤字脱字等ございますが何卒御容赦ください。 ★基本的に現実逃避のため自己満足で執筆しています。ブックマークして頂いたり、評価して頂いたりすると何かとやる気に繋がりますので、楽しんで頂けたなら是非ともよろしくお願い致します。レビューや感想も受け付けております。誤字や脱字報告も併せてお願い致します。

  • 婚約破棄されて魔王の溺愛で幸せになります

    ♡134,700

    〇5

    恋愛/ラブコメ・連載中・131話・174,328字 綾雅(りょうが)

    2020年10月22日更新

    【表紙イラスト】しょうが様(https://www.pixiv.net/users/291264) 公爵令嬢アゼリアは、婚約者である王太子ヨーゼフに婚約破棄を突きつけられた。理由は聖女エルザと結婚するためだという。人々の視線が集まる夜会でやらかした王太子に、彼女は満面の笑みで婚約関係を解消した。 王太子殿下――あなたが選んだ聖女様の意味をご存知なの? 美しいアゼリアを手放したことで、国は傾いていくが、王太子はいつ己の失態に気づけるのか。自由に羽ばたくアゼリアは、魔王の溺愛の中で幸せを掴む! 頭のゆるい王太子をぎゃふんと言わせる「ざまぁ」展開ありの、ハッピーエンド。 【同時掲載】アルファポリス、カクヨム、エブリスタ、小説家になろう、ノベルアップ+、NOVELISM 【更新頻度】1~2日に1回、11時

  • お兄ちゃん大好き幼児の奮闘記!

    ♡145,500

    〇150

    異世界ファンタジー・連載中・224話・773,862字 秋月真鳥

    2020年10月22日更新

    イデオンは血の繋がらない10歳年上の兄のオリヴェルが大好きだ。 しかし、イデオンの両親は家を乗っ取りたいがためにオリヴェルを亡き者にしようとしている。 オリヴェルは病弱で不治の病だと嘘を言う両親。 「おにーたん、すちの。とーたま、かーたま、わるいの」 イデオンは大好きなオリヴェルを救うために、妹のファンヌと協力して両親を追い詰めていく。 賢いけれど幼くか弱い弟が、血の繋がらない兄を幸せにするために両親をザマァする物語。 ※一章はざまぁ、二章からはプチざまぁを入れつつほのぼの日常です。 ※地味に子どもがチートです。 ※イデオンの、血の繋がらない兄のオリヴェルに対する、ボーイズラブ要素があるかもしれません。(保険) ※びっくりするくらいイデオンがゆっくりしか育たないので、なかなか恋愛に辿り着きません。 ※ほぼ子育てです。 表紙はひかげそうし様に描いていただきました。 小説家になろうサイト様にも投稿しています。

  • 2020年10月22日更新

    流星雨が降り注いだ夜、モンスターが徘徊するダンジョンが、世界中に出現した。 平和な日々は終わりを告げ、ダンジョンに潜り、モンスターを狩る事は、人々の義務となった。 最低ランクの能力しか持たない僕は、馬鹿にされながらも、強者の荷物持ちとして、ダンジョンに潜る日々を送っていた。 希望も何も無いそんな日々は、偶然手にした一枚の紙によって、終わりを告げた。 これは、最弱だった僕が、最強を超えて、二つの世界を救うまでの物語。 イラストは、ココナラのちろりるら様に描いて頂きました。 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムでも公開中

  • 未来の投資家の為の小説です。

    ♡0

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・3話・2,680字 ロン・イーラン

    2020年10月22日更新

    2020年3月、サラリーマン投資家の朱木 春雄(あかぎ はるお)はコロナショックによる株価暴落を的中させ僅か1日で100万円の収益を上げた。株価が下がると利益が出るインバースETFに賭け勝利したのだ。春雄は億トレーダーを目指し更にハイリスク・ハイリターンの相場にのめり込んで行く。あるサラリーマン投資家の勝利、敗北、その後を描く株小説。 全41話(毎日1話掲載、2020年11月下旬完結予定)

  • 2020年10月22日更新

    荷物持ちとして冒険者パーティに所属する、武器が大好きな少年、ルカ。 彼が持つユニークスキル〈アーマー・コミュニケーション〉は装備品と心を通わせることができるだけのいわゆる外れスキル。 スキルの不遇さと戦闘面での弱さから無能の烙印を押され、役立たず扱いの彼はある日、パーティのリーダーであるルシウスにボコボコにされ、ダンジョンの地下に突き落とされてしまう。 ダンジョン内にいるのは、自分よりもはるかに強いモンスターたち。絶体絶命の大ピンチの中、彼のスキル〈アーマー・コミュニケーション〉が覚醒する! なんとルカのスキルは、神器を美少女に変化させ、会話をすることができるものだった!ダンジョン内で発見したボロボロの神器『聖剣エルリーシャ』が、スキルの効果で美少女に変化。二人は意気投合し、ダンジョンからの脱出を決める。 神器であるエルリーシャの力で格上のモンスター相手に無双し、レベルアップの末、ルカはチート級の強さを手に入れる。強くなりすぎたルカは冒険者ギルドやそのほかの勢力に大きな影響を与えることに。自分を裏切ったかつての仲間たちを超え、最強の冒険者になるため。ルカは新たな神器を探し、さらなる強さを求める。 〈アーマー・コミュニケーション〉の能力によって美少女化する武器や、新しく出来た仲間たちと世界最強を目指す成り上がりストーリー。 小説家になろう様にも投稿しています。

  • 2020年10月22日更新

    両親に愛されなかった男、『三門 英雄』 事故により死亡した彼は転生先で『ラース=アーヴィング』として生を受けることになる。 すると今度はなんの運命のいたずらか、両親と兄に溺愛されることに。 ライルの家は貧乏だったが、優しい両親と兄は求めていた家庭の図式そのものであり一家四人は幸せに暮らしていた。 また、授かったスキル『超器用貧乏』は『ハズレ』であると陰口を叩かれていることを知っていたが、両親が気にしなかったのでまあいいかと気楽な毎日を過ごすラース。 ……しかしある時、元々父が領主だったことを知ることになる。 ――調査を重ね、現領主の罠で没落したのではないかと疑いをもったライルは、両親を領主へ戻すための行動を開始する。 実はとんでもないチートスキルの『超器用貧乏』を使い、様々な難問を解決していくライルがいつしか大賢者と呼ばれるようになるのはもう少し先の話――

  • 幼馴染よ、さようなら! 

    ♡45,200

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・240話・559,852字 東導 号

    2020年10月22日更新

    幼馴染よ、さようなら! パワハラ、モラハラ、さよ~ならっ!! 元冒険者クレメンテ・ジェラルディの一子ディーノは、父と共に引き取られたオベール辺境伯家で令嬢ステファニーに従者として仕えていた。しかしディーノの幼馴染みを自称するステファニーは怒らせると魔物オークをグーパン一発で倒す恐るべき美少女。そしてディーノに対する意味不明な片思いから意地悪、パワハラ、モラハラ猛爆の日々……ストレスと恐怖が頂点に達していたディーノであったが、父の死をきっかけに、オベール家を追放された。渡りに船とばかりに、ディーノは「ざまぁ」の置手紙を残し、ステファニーの下を旅立った。広大な未知の世界を見たい! 愛する真の『想い人』に巡り会いたい! 自分が何者なのか、何を成し得るのか? そして限界を突破出来るのか? いろいろ知りたい! こうして……新たな人生の旅に出たディーノの不思議な冒険が始まった。 いつもご愛読頂きありがとうございます。 ※当作品は皆様のご愛読と応援をモチベーションとして執筆しております。 宜しければ、ブックマーク及び、ポイントによる熱い応援を頂ければ励みとなります。 何卒宜しくお願い致します。

  • スチームパンク✕ファンタジー

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話・20,070字 StarFox

    2020年10月22日更新

    剣と魔法の中世と、スチームパンクな魔法科学が芽吹き始め、飛空艇や飛行船が大空を駆り、竜やアンデッド、エルフやドワーフもいるファンタジー世界。 アスカニア大陸に動乱を引き起こした『革命戦役』から十五年後。 アスカニア大陸最強の軍事大国バレンシュテット帝国の第二王子アレキサンダー・ヘーゲル・フォン・バレンシュテット(愛称アレク)は、日々、悪戯を繰り返して母親である皇妃ナナイの手を焼かせていた。 ある日、遂に父親である皇帝ラインハルトからその悪戯を咎められ、罰として士官学校を卒業するまで帝室を示すバレンシュテット姓を名乗ることを禁じられ、平民のアレキサンダー・ヘーゲルとしてバレンシュテット帝国軍士官学校中等部平民組へ入学することとなった。

  • 異世界に転生したけどモブキャラって……

    ♡8,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・25話・29,493字 ボルトコボルト

    2020年10月22日更新

    ソウタは憧れた異世界転移をしていた。しかし、転生先は勇者の隣に住むモブキャラ、俺TUEEEにはならず、魔法無しスキル無し、何の取り柄も力も無いソウタが、従魔の力で成り上がりざまぁしていく予定の物語。 従魔の登場はちょっと後になります。 ★打たれ弱いので批判はご遠慮ください 応援は是非お願いします。褒められれば伸びる子です。 カクヨム様にて先行掲載中、 続きが気になる方はどうぞ。

  • 無敵の空間魔法使いの冒険

    ♡2,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・25話・32,848字 ボルトコボルト

    2020年10月22日更新

    火・水・風・土の4属性魔法が幅を利かせる世界で、荷物運びしか出来ない空間魔法使いのポーターは、冒険者を夢見て過酷な労働条件で暮らす。 ある日「アイテムバッグを手に入れたから、君は首ね。」と雇われていたSランクパーティーから首を言い渡された。 途方に暮れたポーターだが、転生前の記憶を取り戻し、最強冒険者の道を歩む。 俺を売った父、奴隷扱いした商人、傷付けた貴族、捨てた冒険者パーティーに『ざまぁ』するんだぁ! ーーーーーーーーーーーーーーーー テンプレの物語です。 打たれ弱いので、批判はご遠慮ください。 カクヨム様に先行で連載中ですので、 続きが気になる方はどうぞ。

  • いつも大変お世話になっております。

    ♡800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話・9,118字 伊達サクット

    2020年10月21日更新

    表紙絵:主人公・ウィーナ(装備タイプB)(有料イラストオーダーサイト「skima」にて漉粋鹿様に依頼) ※本作は、元は「小説ストーリーテラー」(現在閉鎖)に掲載していたものです。 小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n4691ds/)、pixiv(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7001373)でも掲載しており、既に完結済みです。 また、カクヨム(https://kakuyomu.jp/works/1177354054934775296)でも並行して投下していきます。 ※掲載されている表紙・挿絵の画像は全て作者様から掲載許可を頂いております。誠にありがとうございます。 <あらすじ> 天界に住む勝利の女神・ウィーナは、下界の民に勝利と敗北を振り分けることにより、世の中を調和へ導く役目を持っていた。 しかし、ある時、下界に魔界を統べる握力大魔王が侵攻してきた際、ウィーナは下界に降り立ち、直接下界の民に加担して握力大魔王を滅ぼしてしまう。 神は直接人前に姿を現し、人に加担することを禁じられているため、ウィーナは天界の神々の決定により、罰として死者の魂が集う世界・冥界に追放された。 冥界に落とされたウィーナは、生活の糧として冥界に巣くう悪霊退治の仕事を始める。 それは、自らが敗北の運命を課して滅びていった無念の魂への贖罪も兼ねていた。 冥界に来て十年が経過し、彼女の組織は大きくなり、彼女の下で働きたいという多くの戦士達が集まっていた。そんなある日、冥界に、冥王すら敵わない過去最強の悪霊が出現することとなる――。 ※ざまぁ展開は第80話から――。

  • 魔王様、ムカつくゲス妹にざまぁする!

    ♡668

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話・23,077字 aki@riva

    2020年10月21日更新

    魔王ファリエッダは、双子の妹ファリアンヌの策略により友人シエラを惨殺され、さらに魔王の地位を剥奪される。その上婚約者である「魔勇者」ガルフェインに婚約破棄を言い渡され、奴隷に堕とされたあげく追放される。 追放先はオークラルド大監獄。そこで同じく奴隷である少年「ネリス」と出会う。ネリスはシエラの弟であり、勇者の素質を持っていた。 新たな魔王となった妹に復讐する為、ファリエッダは聖女アリエッタとなり、ネリスを勇者として育てる事を決意する。 表紙イラスト、および作中の挿絵はemma様です。

  • 2020年10月21日更新

    最弱の『Fランク』冒険者のティナ・フィルチュは、その料理の腕を買われて貴族に雇われることに。しかしその領地は過疎化の進行した貧乏領地だった! 領地の特産品を売り込んで領地おこしをしようとするティナの前に、先輩魔法使いや謎の原住民など数々の障害が立ち塞がる。そして、一流料理を王都のホテルに持ち込んだティナに告げられた思わぬダメ出しとは!? 戦闘は苦手だけど料理だけは得意な最弱冒険者が胃袋を掴んで世界を救う!? 飯テロなハートフルファンタジー! 異世界ファンタジージャンル別日間1位、週間1位、総合日間1位、週間2位獲得! 皆さま応援ありがとうございます!!

  • 亜人の少女と影男の復讐物語

    ♡92,500

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・48話・164,629字 カムクラ マカ

    2020年10月21日更新

    小さな村で仲間とともに平凡な日々を送っていた三つ目族のアルヘナ。 しかし、その平凡な日常は突如やって来た帝国の使者によって滅ぼされてしまうーーー。 たった一人の一族の生き残りになってしまったアルヘナは理不尽さに途方に暮れている。 そんなアルヘナに、彼女の命を救った謎の男ゼロがこう告げた。 「お前にはやらなければいけないことがある。……………それは、復讐だよ。」 その言葉を聞いたアルヘナは、故郷を滅ぼした帝国の使者を倒すべくゼロとともに復讐の旅へと出る。 一体、彼女の故郷はなぜ滅ぼされてしまったのか。 彼女は復讐を果たすことができるのか。 そして彼女が知ってしまった世界の真実とはーーー!?

  • 見た目幼女が巫女になって黒龍とイチャラブ

    ♡69,700

    〇100

    恋愛/ラブコメ・連載中・30話・61,651字 茄子

    2020年10月21日更新

    いつからか、私を呼ぶ声が聞こえているような気がしていた。 例えば夏祭りに幻想的に赤く灯る赤提灯を見た時、例えば秋の燃えるような紅葉の紅に目を奪われた時、例えば冬の白い雪の中に咲く椿の赤さに目が惹かれた時、呼び声は強くなるような気がする。 そしてある日、私は点滅する赤い工事のランプに惹かれてふらり、と道路に踊りでて車に跳ねられて、宙を舞い、地面に叩きつけられた。 けれど目覚めた時は病院ではなく、どこかのお堂のような場所で、六芒星の上に全裸で寝そべっていた。 恐怖に怯えていると、平安時代の陰陽師のような格好をした男が部屋に入って来て私に着物を与えてくれた。 そして告げられたのは私を龍神の巫女候補として召喚したのだと言う事。 正直「は?」という感じだけれども、他の同じように召喚された少女達と龍神の巫女と成る為の儀式を行う。 それぞれ龍神の巫女になっていく中、私は災いを呼ぶと言われている黒龍の巫女になってしまった。 黒龍の巫女になったと言うだけで、周囲から嫌厭され、隔離された生活が始まるが、龍神の巫女になった者は必ず都にある穢れが溜まっている場所に行き浄化をしなければいけないと言われ、私も行こうとするが、止められてしまった。 曰く、余計な事をして黒龍の穢れを広めるなという事なのだ。 他の少女達が毎日忙しく巫女業に勤しんでいる中、私は腫れものを扱うように、嫌悪感に満ちた視線を向けられ屋敷の中で一人過ごしている。 黒龍の巫女となったからと言って、一人用の局も与えられ、本当にやる事と言えば御簾や几帳の隙間から中庭にある紅葉の木を眺めるぐらい。 だって、本を読めと言われても、ミミズが這いずり回ったような字で、なんて書いてあるのかわからないし、誰かと和歌を交換しようにも、黒龍の巫女である私と交流を図りたいとする人なんていなかった。 退屈な時間を過ごしていると、ある日、紅葉の木の下に艶やかな長い黒髪の、血のように紅い瞳を持った男の人が立っているのに気が付いた。 どうせ誰も居ないのだし、と思って十二単の裾を持って中庭に下りてその人に近づいてみると、「譲羽」と親し気に名前を呼ばれた。 ああ、私はこの紅い瞳を知っている。

  • 本人の自覚無く復讐に為ってしまいます

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・21話・24,070字 心乃懐炉

    2020年10月21日更新

    マウラストーン公爵家のレオンハルトは異母兄弟7人の長男だったが 15歳成人の日に神からの贈り物である戦闘系能力のギフトをレオンだけ授からなかった だが同い歳の異母兄弟4人は聖騎士のギフト授かり 公爵で有る父はそれが許せず流刑地の島を領地として与えると称して追放してしまう それを見送る弟達も集団暴行で父親に加担しレオンをぞんざいに扱うのだった そんな彼を更なる悲劇が襲ったのだ 移動中のレオン達の馬車に大型の魔物であるハイオーク達が襲いかかった レオンにとって初めての魔物との戦いがハイオーク戦だった レオンが領地として赴任させられた島は岩礁地帯の一角で直径70メートル程の島だった ヤシの木が五六十本生えたこの島には流石に水等は一切無いのだ 水食糧の調達は如何に 追い詰められた主人公レオンハルトの逆転人生が今始まる *物語を早く進めるため多少は端折る部分も出て来ると思います 端折った部分は閑話等で補完出来ればと考えています

  • 追放少女が友達と学園生活を送る物語

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話・4,402字 リエル

    2020年10月20日更新

    ある貴族の家庭に、両親に嫌われ、存在をなかったことにされた少女が居た。彼女の名前は、ルーネルト・リーフィア。使用人と1人の姉を除き、嫌われていた彼女は、ある日、家から追放されてしまう。彼女を追放した父親は、「これでようやく邪魔者を消すことができた」と思っていたのだが、彼女には、ある秘密があった。彼女は、元は地球で暮らしていた、転生者だったのだ。 生まれた日から、酷い仕打ちをし続けられてきた彼女は、「おそらくこのままだと私は追放されて死んでしまう」そう考えていた。そして、家族にバレることがないよう、ある作戦を練っていたのだった…… ・この作品はアルファポリス・カクヨム・マグネットマクロリンクでも公開しています。

  • 2020年10月20日更新

    魔剣士アルヴィンは、ダンジョンでモンスターとの戦闘中に日本のサラリーマンだった前世の記憶を思い出す。社畜として辛い社会人生活を送っていたが、現在の救世主パーティーでも似たような立ち位置だったことに気づき、難癖をつけられて追放されたのをきっかけに、異世界社畜生活からおさらばして自由に生きようと決意する。一方、救世主パーティーはアルヴィンがいなくなって清々したと高笑い。新たなメンバーを加えて魔王討伐へ旅立った。 ――が、すべてをアルヴィン任せにしていた救世主パーティーのメンバーは知る由もなかった。魔物の討伐がうまくいっていたのは、アルヴィンが仕入れた確かな情報や装備があるからこそ可能だったことを。さらに、旅先で訪れた各都市の冒険者ギルド、商会、宿屋、武器・アイテム屋などなど、さまざまな場所で知らず知らずのうちに前世で培った《営業》スキルを駆使して交渉を続けていたアルヴィンが、本人も気づかぬうちにとんでもないコネクションを築き上げていたことを。そして、好き放題していた救世主パーティーには、徐々にそのツケが迫っていることを……。

  • 2020年10月20日更新

    魔物の力を着ぐるみとして纏い、魔物と戦う「着ぐるみ士」のジュリオは、勇者を擁するSランクパーティー「白き天剣」から追放される。 その理由は「着ぐるみを着ている姿が暑苦しい」という、なんとも理不尽なものだった。 同時に勇者パーティーのマスコット役をあてがわれ、ただの人気取りのために所属させられていたことも暴露されたジュリオは絶望。 逃げるように仲間の元を離れた彼が夜の山で一人うなだれていると、山中で暮らしていた巨大な狼と出会う。 リーアと名乗る狼と意気投合したジュリオは彼女に自分の着ぐるみになってもらい、心機一転再び頑張り直すことにした。 が、リーアは実は魔王の血を引くフェンリルの一族で、その着ぐるみを身に着けている間のジュリオには、規格外の最強ステータスと共に「あらゆる魔物に慕われる」スキルが備わることが判明。 着ぐるみ士兼調教士として活動を始めたジュリオと、力の大半を着ぐるみに変えてもなお強大な力を持つリーアは、自分を慕ってついてくる神獣や霊獣、魔物を引き連れて、自分を見捨てた「白き天剣」の面々を見返すことを決意するのだった。 ※カクヨム様、アルファポリス様、小説家になろう様、エブリスタ様、魔法のiらんど様、ノベリズム様でも並行して投稿しています。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054918950508 https://www.alphapolis.co.jp/novel/103558036/551405912 https://ncode.syosetu.com/n3644gl/ https://estar.jp/novels/25697863 https://maho.jp/works/15591074771453629824 https://novelism.jp/novel/sg4FyjR3Qw6n0PbZKkR7XQ/