じれったい

検索結果:5件

  • この道を追いかけられたら

    他サイトのコンテスト用に書いたものです

    13,600

    60


    2021年3月1日更新

    三章で終わる短い短編です

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 再会した幼馴染は☓☓オタクになっていました

    ☓☓オタクを攻略する方法を教えてください

    30,966

    0


    2020年7月13日更新

    小さい頃から幼なじみの黒炎(こくえん)くんのことが好きな朱里(あかり)。そんな彼は引っ越してしまい、気持ちは伝えられず。しかし、高校で再会することができ、それを喜ぶ朱里だったが、彼は以前とは変わっていて……。 だけど、黒炎くんのお家にお泊りしたり、遊園地では朱里にとっては驚くハプニングが!?二人の距離はどんどん近づいて……。イケメンの幼なじみにドキドキが止まらない!じれったい二人の恋の行方は……? ☆表紙絵は友人作。 ★エブリスタ、カクヨム、アルファポリス等にて同作品掲載中。

    読了目安時間:3時間53分

    この作品を読む

  • ちょっぴりダメな子供部屋お姉さんは、幼馴染の男の子と遊びたい 

    ダメなお姉さんは好きですか?

    900

    0


    2019年8月15日更新

    小笠原あきらの初恋は、小さな頃よく一緒に遊んでいた五つ上の幼馴染のお姉さん、須藤琴音だった。 誰が見ても美少女であり、あきらにとっては高嶺の花。年齢まで離れているからなおさらだ。 月日も経ち、関わりもなくなってきた頃、幼馴染のお姉さん「ことねーちゃん」こと須藤琴音は突然仕事を辞め、実家に帰ってきていた。 高校二年生になったあきらはひょんなことからまた昔のように遊ぶようになり、初恋の相手への恋心を再燃させる。 そこに琴音の親友や妹も混じり、女っ気のなかったあきらの周りには、いつの間にか女の子ばかりが集まるようになっていく。 これはちょっとダメな子供部屋おじさん――ならぬ【子供部屋お姉さん】とのちょっぴりえっちなラブコメ。

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • あの時、一番好きだった君に。

    過去と現在が織りなす片思い恋愛小説。

    810

    0


    2019年7月20日更新

    七原千景30歳。夫の尚宏、娘の夏乃と3人家族。フルタイムの仕事をしている。 今月から、新しく配属となったプロジェクト。そのプロジェクトで待っていたのは、以前バイトをしていたカフェで一緒に仕事をしていた、見覚えのある彼だった。 「もしかして、千景ちゃん?」 懐かしいその声に、昔の記憶が蘇る。 ──大学生活も残り2年になった頃、私は恋をしていた。 バイト先の1つ下の男の子『桐谷航河』は、私、『藤田千景』の思い人である。 あの時私は、彼の存在が一番で、何より大切な存在だったのだ。 付き合っているのかと勘違いする人が出るほど、私達は仲の良い2人であった。 大好きだった。愛していた。 例え、その恋が、実らなかった恋だとしても。 私は、確かに。『桐谷航河』に恋をしていたんだ。 ──昔好きだった彼と、数年越しに再会した千景。その彼とは、千景の結婚を機に連絡を取らなくなっていた。 昔好きだった彼が、昔と変わらぬ優しさのまま今目の前に現れる。 今と昔を重ね合わせては、その時の気持ちを思い出す千景。昔と扱いの変わらない航河は、一体、何を思い千景と接するのか。 ※現在と過去の回想が織りなす、甘くてほろ苦いラブストーリー。 ※クスリと笑える要素あり。 ※もどかしさ、焦ったさ多目。 ※彼女にいる男性に恋をします。NTR等の表現はありませんが、人によって考え方、行動、表現において不快となる部分が含まれる可能性がございます。ご注意ください。 ※泥沼化はしません故、悪しからず。 ※過度なアダルト要素、また恋愛につきグロ要素などは含まれておりませんが、日常であり得る下ネタ、アダルト表現、未成年の飲酒喫煙等の表現が含まれるため、R15としております。ご了承ください。 ※※※ Key Word※※※ 甘酸っぱい 片思い 両思い 夫婦 恋人 カップル 友達 友達以上恋人未満 じれったい 想像 男女 女主人公 昔話 デート いちゃいちゃ 甘々 ラブラブ 仲良し 男友達 女友達 NL 恋愛話 あまあま 涙 過去 思い出

    読了目安時間:2時間46分

    この作品を読む

  • 都合のいい男

    結ばれそうで結ばれない焦れ焦れな関係

    1,100

    0


    2019年5月17日更新

    幼馴染の小紅・小太郎は社会人になってもなんだかんだつきあいがある。 小紅の奔放な恋愛に、年中振り回されている小太郎は、今日もまた突然の呼び出しに仕方なく家を出て行くのであった。 中々距離が縮まらない両想いの二人。じれったいくらいに先に進まない、けれども離れることも無い。 気軽に読んでいただければと思います。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む