じんわり

検索結果:26件

  • ボク、女の子に生まれ変わったけど、元気です!

    略称「ぼくおん」。優しい世界

    101,951

    603


    2022年9月25日更新

    病弱ゆえ、十三歳の誕生日を前に、早世してしまった少年が、異世界で、元気あふれる猫耳少女、「アユム・トマルナー」として生まれ変わった! 文明は1980年代末期、文化は2020年以降な、そんな世界。 夢は、長生きすること! 元気の塊な健康オタク少女と化し、友人たちと、ほのぼのとした、でもときに切ない日常を繰り広げます! 前連載「猫耳幼女育児日記」(https://novelup.plus/story/372588888)にて、第一回ステキブンゲイマンガ原作大賞・読者賞受賞者が、新たな物語をお届けします!

    読了目安時間:3時間50分

    この作品を読む

  • 価値がつけられないほどの財産

    寂しがりで構ってちゃんの父が仕掛ける嘘

    2,000

    0


    2022年8月30日更新

    価値がつけられないほどの財産がある。 金庫の鍵を探し、中を確認するといい。 父が亡くなり、たった二行のメモが出てきた。 けれど、『たった二行』と言える内容ではない。 「何よ……これ」 「親父に財産なんてないだろ……」 姉と兄は困惑を込めた声を呟く。気持ちはわからなくもない。いや、大いにうなずける。 「でも。万が一があったらって思わないか?」

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 妖怪のお客さん

    天然ボケで貧乏な主人公が奇妙な日常を送る

    2,500

    0


    2022年8月23日更新

    霊感も何もない物書きの主人公。 条件最高のマンションに引っ越したけれど、そこはもちろんいわくつき。 それでも順応してしまう天然ボケは不思議な事にもあっさり順応してしまう。 そんな日常の話です。

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • ボクは星の子。

    小説家になろう・アルファポリス 掲載中

    1,500

    0


    2022年8月1日更新

    "流星に3回願いをかけると叶う" 本当にそうなのかな? 気になる?なら、かけてごらんよ。 ボクは宇宙からキミ達を眺めてるから。 現在アルファポリス様のほっこりじんわり大賞に参加しています。 お気に召しましたら是非コチラ(https://www.alphapolis.co.jp/novel/851127492/370647490)から投票お願いします! ※小説家になろうさんでも投稿しております。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 【短編】おひとりカプチーノ

    短編だと何故か真面目ぶるおもちさん、健在

    3,600

    0


    2022年7月3日更新

    諦念を覚えた青年と、奇癖を繰り返す老人による、不思議な物語。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • スーパーばあちゃんからスーパーじいちゃんへ

    #ゆるおはノベル 参加作品

    6,100

    30


    2022年4月18日更新

    #ゆるおはノベル 参加作品 良成の祖母は「スーパーばあちゃん」と呼ばれていた。 八十歳を超えても一人で海外旅行するようなアクティブなひと。 「命さえあればどうとでもなる」が口癖で、好きなことにいつもまっすぐな自慢の祖母。 ――そんな祖母が亡くなって一か月。 祖母あてに届いた手紙を手に、良成は飛行機を下りる。 好きなことに飛び込んでいく祖母。 好きなことを口にすることさえできない良成。 将来に悩む良成にスーパーばあちゃんが残したものとは……?

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 私はいま、恋をしている

    売れないアイドル。ここに再起を誓います。

    5,300

    0


    2022年3月11日更新

    アイドルグループ「サマーライド・ガールズ」のメンバーだった広瀬雪菜(ひろせゆきな)は、ある日突然解雇を通達されてしまう。 落胆し、ふさぎ込んだ彼女に話しかけてきたのは、由紀(ゆき)という名の若い女性だった。 ここから、雪菜の再生物語が始まる。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 雨、アメ、あめ

    雨嫌いな遥に起きた、不思議な物語。

    6,500

    0


    2022年1月24日更新

    僕は、雨が大嫌いだ。 大切な人を連れ去ってしまうから。 家で飼っていたポチが死んだ日も雨、幼馴染が僕の元から去った日も雨、親が死んだ日も雨。 「だから、僕は雨が大嫌いだ。」 ぽつり、呟いた声も雨音に消される。 ───── 《簡単なあらすじ》 雨に嫌な記憶しかない皐月 遥。そんな遥の前にある雨の日、一人の女子生徒が現れる。その人は雨宮 さらと名乗った。 遥はさらと話していくうちにだんだんと雨が好きになっていくのだった。 しかし、その楽しい日常も梅雨が始まると共に崩れ去る── ───── ※この話はフィクションです。 ※アルファポリス、カクヨムにも重複投稿しています。

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 【短編】体操おじさん覇権を握る

    おっさんよ、一花咲かせよ

    4,100

    65


    2021年12月30日更新

    某番組オーディションに、悪目立ちする人物が訪れた。イケメン俳優やモデルに混じり、だらしなく太りきった初老の男だ。明らかに不似合い、不採用確定。選考にも乗らないだろうその男は、やがて日本中に一大旋風を巻き起こす事になる。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 【短編】聖なる夜に導かれ

    笑いとジンワリ半々くらいです

    900

    0


    2021年12月7日更新

    年の瀬、特別な夜。本来なら交わることのなかった人生が、ささいな事件をキッカケに交差する。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 狼×願望×羊≒羊×願望×狼

    好きに生きるってむずかしい。それでも。

    1,400

    0


    2021年8月31日更新

    狼になりたい羊と、羊になりたい狼の話。 羊は狼の皮を被り、狼は羊の皮を被る。 それぞれが、それぞれの好きなように生きていくすこし悲しく、すこしほんわりした話。 好きに生きるってむずかしい。それでも、好きに生きるって大事なのかも。 ※他のサイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 死神王子のサラブレッド

    上手に走ることのできない人と馬の物語

    5,700

    0


    2021年7月19日更新

    馬鹿正直で要領の悪い七原旅人《ななはら・たびと》は社会での生きにくさから自殺を試みるも、一人の男に救出される。その男は「死神王子」とあだ名される地方競馬の馬主・神崎冬真《かんざき・とうま》だった。 地方競馬でも活躍することのできない末端の競走馬が食肉解体されることを知った旅人は、処分が決まった冬真の持ち馬・バグベアーを自身の姿に重ね、それを阻止しようと妨害する。見兼ねた冬真はバグベアーにもう一度チャンスを与える代わりに、旅人に厩務員としてバグベアーを管理することを提案する。次のレースで結果を出せなければ殺処分。新人厩務員としての悪戦苦闘の日々がはじまる。 ====================== 【表紙イラスト / 月野 芒様】

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 狐火の市 炭焼き小太郎編

    群馬弁です。故郷の言葉は少し照れ臭い

    900

    0


    2021年1月19日更新

    夏から秋にかけての新月の晩、お山に狐火が三つ灯ったら、それが市の立つ合図です。 作法は三つ。面をかぶって素顔を晒さないこと。提灯を持って歩いてゆくこと。そして、決して声を出さないこと。 守らなかったらどうなるかって? 行き着くことが出来ないか? 帰ることが出来ないか? それとも……。 ※不思議な物を売っている、あやかしたちの『狐火の市』を題材とした短編集です。昭和レトロとノスタルジックをどうぞ。 《お品書き》 ・僕と婆ちゃん編 京都弁 太一と、大好きなばぁちゃんのお話 ・姉妹編 広島弁 ミサキが行方不明の妹を探すために、狐火の市を目指すお話 ・猫又ニア編 新米猫又のニアが、妊娠中の飼い主ハルカのために、ひたすら頑張るお話 ・姉ちゃんの嫁入り編 博多弁 イツキと、歳の離れた姉ちゃんのお話 ・約束編 出雲弁 マサトとタク。幼い頃に交わした、大切な約束のお話です。 ・炭焼き小太郎 群馬弁 昭和よりも少し前のお話です。祖父から急遽炭焼き小屋を任された小太郎と、冬季休業中の狐火の市の面々のお話。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 狐火の市 姉ちゃんの嫁入り編

    狐火の市シリーズ第四弾は博多弁です!

    7,200

    20


    2021年1月15日更新

    夏から秋にかけての新月の晩、お山に狐火が三つ灯ったら、それが市の立つ合図です。 作法は三つ。面をかぶって素顔を晒さないこと。提灯を持って歩いてゆくこと。そして、決して声を出さないこと。 守らなかったらどうなるかって? 行き着くことが出来ないか? 帰ることが出来ないか? それとも……。 ※不思議な物を売っている、あやかしたちの『狐火の市』を題材とした短編集です。 夏の夜にぴったりの、昭和レトロとノスタルジックをどうぞ。 博多弁の監修 田中ヒロミチさん 《お品書き》 ・僕と婆ちゃん編 京都弁の少年太一と、大好きなばぁちゃんと狐火の市のお話 ・姉妹編 広島弁の少女ミサキが行方不明の妹を探すために、狐火の市を目指すお話 ・猫又ニア編 新米猫又のニアが、妊娠中の飼い主ハルカのために、ひたすら頑張るお話 ・姉ちゃんの嫁入り編 博多弁の少年イツキと、歳の離れた姉ちゃんのお話

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 狐火の市 約束編

    第五弾は出雲弁! 幼き日の約束の行方

    1,000

    0


    2020年12月23日更新

    『夏から秋にかけての新月の晩、お山に火の玉が浮かぶことがある。真っ暗な、人なんぞいるはずもねぇ山ん中だ。人間の仕業じゃねぇ。狐火ってヤツだ』 爺っちゃんの話はそげな風にはじまった。 たったひとつだった山の火は、ひとつ、またひとつと増えてゆく。三つの火が灯ったら、不思議な物が売っちょるいう狐火の市が立った合図なんだと。 欲しいもんがあるなら、行ってみるとええ。そりゃあタダじゃ手に入らん。大切な宝物と交換だ。 暗ぇ山道を、声を出さんと歩く勇気も必要だぞ。狐火の市へ行くには作法がある。 狐の面を被って行くこと。提灯を持って歩いて行くこと。決して喋っちゃなんねぇこと。 三つの作法を守れん奴は、狐火の市にはたどり着くことができん。 どうだ、行ってみてぇか?

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • ふたりのサンゴ

    いつかどこかのふたりのはなし。

    7,600

    0


    2020年12月15日更新

    ある小さな国の港町。怠け者のサンゴはいつも海を見ています。 そんな日常に、ふいに、とある少年が現れました。 自分と同じ、サンゴ、という名前の少年。 病気の少年の話す異国のお話に、どんどん夢中になるサンゴでしたが……。 この小説はカクヨム、小説家になろうにも掲載しています。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • オイラはブラックサンタクロース

    童話風クリスマス短編。読み聞かせにどーぞ

    2,100

    100


    2020年11月11日更新

    聖なるクリスマスイブの晩、孤高のクリぼっち黒サンタくんが、リア充に可愛いイタズラをして廻ります。 ほっこりじんわり、優しい気持ちになったら、早く寝ちゃって下さいね!

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 宇宙の子

    ほっこり児童書風ファンタジー

    1,700

    0


    2020年10月30日更新

    ぼくの村には宇宙人が住んでいる。 家族で宇宙旅行中に、宇宙船が壊れちゃったんだって。村はずれの広場に小さな宇宙船でフラフラ、ドカーンと不時着した。 お父さん宇宙人が救助を呼びに行って、お母さん宇宙人と子供宇宙人は、しばらくぼくらの村で暮らすことになった。 子供宇宙人の名前は『ジュラ』。 ぼくとジュラは友だちになった。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 嘘の先

    嘘の先に待ち受けるのは…

    1,300

    0


    2020年10月27日更新

    登場人物の名前すら出てこないショートストーリー 嘘の先に待ち受けるのは…

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • そとづら悪魔とビビりな天使〜本音を隠す者たち〜

    自分の全てを晒け出せる相手はいますか?

    37,300

    2,950


    2020年9月10日更新

    「誰にも迷惑かけてないから良いだろ?」 都内の私立高校に通う真黒 燈(マクロ アカシ)。 彼はアイドル顔負けのルックスを備え、社交的で生徒のみならず教師にも慕われている人気者。だがその実態は人を軽蔑することで自分の存在価値を見出す腹黒人間。 ある日ひょんなことから自殺をしようとしていた女性を助けてしまう。彼女は日比谷 ゆり(ヒビヤ ユリ)と名乗り、本性を表した彼に興味を持って……? 本音を隠す若者たちの群像劇。 この作品は「小説家になろう」の『そとづら悪魔とビビり天使』を大幅に改稿をしたものになります。 現在は非公開となっておりますが完結後こちらでも転載予定です。 また「アルファポリス」でも当作品を掲載しています。 表紙は大橋なずなさんからいただきました。Twitter:@oohasinazuna 無断転載はご遠慮下さい。

    読了目安時間:4時間20分

    この作品を読む

  • その花は、夜にこそ咲き、強く香る。

    第12回ドリーム小説大賞奨励賞受賞作品。

    312,305

    9,649


    2020年8月5日更新

    『なんで、アイツの顔見えるんだよ』 相貌失認(そうぼうしつにん)。 女性の顔だけ上手く認識できないという先天性の病を発症している少年、早坂翔(はやさかしょう)。 夏休みが終わった後の八月。彼の前に現れたのは、なぜか顔が見える女の子、水瀬茉莉(みなせまつり)だった。 他の女の子と違うという特異性から、次第に彼女に惹かれていく翔。 中学に進学したのち、クラスアート実行委員として再び一緒になった二人は、夜に芳香を強めるという匂蕃茉莉(においばんまつり)の花が咲き乱れる丘を題材にして作業にはいる。 ところが、クラスアートの完成も間近となったある日、水瀬が不登校に陥ってしまう。 それは、彼女がずっと隠し続けていた、心の傷が開いた瞬間だった。 ※第12回ドリーム小説大賞奨励賞受賞作品 ※表紙画像は、ミカスケ様のフリーアイコンを使わせて頂きました。 ※「交錯する想い」の挿絵として、テン(西湖鳴)様に頂いたファンアートを、「彼女を好きだ、と自覚したあの夜の記憶」の挿絵として、騰成様に頂いたファンアートを使わせて頂きました。ありがとうございました。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間2分

    この作品を読む

  • うちのお父さんは年に一度帰ってくる。

    お帰りなさい、お父さん。

    600

    0


    2020年6月23日更新

    お父さんは、年に一度しか会ってくれない──。 私はもっとお父さんと話がしたい。 私はもっとお父さんと遊びたい。 一緒にお酒が飲みたい。 思い出を作りたい。 ──親孝行がしたいんだ。 ※表紙のイラストはノーコピーライトガールのフリー素材をお借りしております。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • ミステリアスな転校生

    日常ミステリー

    2,100

    0


    2020年6月19日更新

    ある日、僕達のクラスにミステリアスな転校生がやって来た。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 麻薬と少女と呪いの指輪

    二人の少女の運命が、再び交錯する。

    33,650

    340


    2020年1月31日更新

    燃えるような赤い髪も。 綺麗な輝きを放つ翡翠色の瞳も。 全ては私の、憧れだった―― 魔法と錬金術によって栄えている島トリエスト。 その西方地域にあるエストリア王国の港街に、カノンという名の少女が住んでいた。彼女の夢は、魔法使いになることだった。そう――過去形だ。 閉ざされた自身の夢は、代わりに親友で『あった』少女が叶えていた。 魔法使いとして成功した少女、コノハ。 魔法使いになる夢を半ばで諦めた少女、カノン。 二人の少女の運命は、一つの指輪を切っ掛けとして、再び交錯することになる。 ※元々は、某ファンタジーTRPG用に書き下ろしたシナリオの小説化作品であり、最初期の作品の一つです。登場人物は大半が友人のプレイヤーキャラクターです。 そのままだと二次創作作品となってしまうため、世界観はオリジナルの物に差し替えています。 ※表紙画像は、うしお様のフリーアイコンを使わせて頂きました。

    読了目安時間:1時間0分

    この作品を読む

  • ご主人様、私もです

    滅びる人間と、それに仕えたドールたちの話

    1,000

    0


    2019年11月21日更新

    滅びる人間と、それに仕えたドールたち。 そんな世界の、ある人間とドールの話。 ※アイコンは、あままつ(https://twitter.com/ama_mt_)様のフリーアイコンを使用しています。 ※別サイトで行われていた「ドール」、「本」、「靴下」のお題を使用し、書いた短編です。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 冴えない俺と、ミライから来たあの娘

    第11回ドリーム小説大賞奨励賞受賞作品。

    96,950

    1,095


    2019年11月8日更新

    ──結ばれないとわかっていたのに、それでもあなたに恋をしました。 ルックスは平均点。営業成績は落第点。全てが凡庸なサラリーマン秋葉悟(あきばさとる)。クリスマスを控えたある夜、彼の元に葛見千花(くずみちか)と名乗る女子高生が現れる。 彼女は秋葉に、「私は未来からやって来たあなたの娘です。一週間だけ、ここに泊めて下さい」と告げた。 25歳の青年と、18歳の女子高生。時を超えて巡り会った親子は、一週間の共同生活を送ることになる。 クリスマスデート。二人で海を眺めて語り合う休日。一緒の布団で身を寄せ合い迎えた最後の一夜。夜明けとともに予告なく訪れた別れの先で、彼がたどり着いた結末とは? そして千花が戻ったミライの世界で彼女を待っていた物とは? これは、定められた運命と予定調和の中で揺れ動く、〝決して〟結ばれる事のない二人の恋の物語。 ※アルファポリス主催、第11回ドリーム小説大賞【奨励賞】受賞作品。 ※表紙用のイラストは、(SKIMA)を利用してmu様に描いて頂きました。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間17分

    この作品を読む