ゆるい

検索結果:5件

  • ニッチでお役に立たないモノカキエッセイ!

    ♡25,800

    〇25

    エッセイ/評論/コラム・連載中・21話・35,778字 尾岡レキ

    2021年1月7日更新

    尾岡視点によるモノカキエッセイでございます。 多分、参考になりませんが。アラフォーのおっさんならではの 物書きエッセイになれたらと思いますので、何かの足しにでもなれば。 当方、メガヒット作品は無いので、どうやったらポイントがとか どうやったらアクセス数がとか、その手の営業には貢献できませんが。 同じ物書きさんや読み手さんが、肩の力を抜いて読んでもらったら、いうことないです。 どうぞ、今後ともご贔屓の程、よろしくお願いいたします。 店主 拝 ※カクヨム、マグネットでも掲載してますが、ノベルアップ単独エントリーをする可能性があります。その場合はタイトルの前に◆をつけさせていただきます。よしなに。

  • 軽く読めるトークコメディ!ときどき百合も

    ♡1,800

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・18話・22,265字 黒眼鏡 洸

    2020年12月17日更新

    「うぃ〜す」「うぃ」 ……とある女子高の、放課後の図書室。そこでは二人の図書当番の生徒が他愛もない会話をしている。 ショートヘアで読書好きのニナ。 ポニーテールでエンタメ好きのナル。 覇気も、やる気も、あまり感じられない二人が織りなす、ゆるーいガールズトークコメディ。 隙間時間にサクッと読める四コマ漫画のような小説です。 ※一話あたり文庫4ページ分(1000〜1600字程度)でお送りします。 ※毎日更新実施中!(お知らせなく中断することがあります。ご了承ください)

  • 僕のクローゼットに備品の皇女殿下がいる。

    ♡45,000

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・74話・165,846字 たかぱし かげる

    2020年11月6日更新

    兵学校へ入った少年の部屋のクローゼットに備品の皇女殿下がいたっていうはなし。 このあいだ13歳になったアオイ・カゼはこの度めでたく兵学校の試験に合格、入学することになった。別に兵士になりたいわけじゃないけど。 入学式の前夜、やっと着いた基地付属学校の寮、自室としてあてがわれた部屋へ入ってみたら、なぜかクローゼットのなかに美少女がちんまり座っている。 なにこの子? と聞いてみれば、少女は自称「皇女」で部屋の「備品」なんだとか。 意味わかんないんだけど。なんていう常識的なツッコミはつるっと無視されて、なぜか備品の皇女様とどきどき同居学兵生活が始まる。 ぜんぜんラッキーでもスケベでもないドロップキックを食らったり、勉強したり訓練したり、ロボットに乗ってしゅぴーんってしたり。 僕らのラブとコメが行方不明なラブコメは、一体どこへ行きつくのだろう。 そしてなんか約束するっぽいタイトルだけど、なんか約束するのか? そんな感じで『皇女殿下と僕の約束。』ビターに緩やかに、はいスタート! 2020/11/06 一部構成の変更と本編ラスト二話を加筆修正しました。てへ。

  • ギャグ異世界ちょいエロファンタジー。

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・5話・2,651字 川勢 七輝

    2020年6月16日更新

    推しのイベントに参加するため、渋谷へ向かう女子高生の芽瑠(める)。しかし、偶然落ちていたナマコ酢を踏みつけ、スライディングでスクランブル交差点に突っ込んでしまう。 目が覚めると、そこは教会の中だった。白猫の着ぐるみを着た自称神様(前雨巣野 類(ぜうすの たぐい))が芽瑠を召喚したと言う。そして彼女に、モンスターに苦しむ世界を救う勇者になれと押し付けてくる。 「勇者ルメメルよ! 増殖するモンスターの繁殖行動を阻止するのだ!」 ミッションは簡単。現在カップル、若しくはカップルになりそうなモンスターを破局させ、シングルを増やせば、いずれモンスターは勝手に自滅する、という気長な作戦だ。 シングル万歳! 否リア充! を合言葉にルメメルは旅に出る。

  • 下手くそですがおねがいします。

    ♡550

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話・740字 くわくわちっぷ

    2020年6月14日更新

    気軽に読めて、楽な文章です。

    タグ:

    日常 ゆるい