イギリス

検索結果:19件

  • 小説家になろう空想科学月間1位獲得作品

    ♡10,000

    〇0

    SF・連載中・97話・146,158字 桜月詩星

    2020年10月23日更新

    ある日目を覚ますと、白い世界にいた。お馴染みの異世界転生かと思いきや、目の前に開かれたのはパソコンのウィンドウだった。AIとして転生した主人公は人とのつながりを求め、VTuberとなる。果たしてどんなAI生、いや、VTuber生が主人公には待ち受けているのだろうか。 これはAIというチートを活かしてVTuberとして活躍すると共に、AIとして生まれたことで様々な事件に巻き込まれていく物語。 *現実で活躍されている方のVTuber活動を応援するべく後書きで紹介させていただいております。 この業界が少しでも盛り上がっていくことを期待しております。 *小説家になろう様、カクヨム様、アルファポリス様でも投稿させていただいております。 8/14~現在において小説家になろう様の空想科学月間1位獲得。

  • 19世紀末の英国を舞台にしたバディ物です

    ♡3,100

    〇0

    ミステリー・連載中・8話・16,097字 櫻井 理人

    2020年10月23日更新

    物語の舞台は、19世紀末のイギリス・ロンドン。 大学教授のエドワード・マイヤーは、日本からの留学生・夏目総十郎と出会い、行動を共にするようになる。 そこへ突如発生した連続殺人事件。 ロンドンを恐怖のどん底に陥れる殺人鬼を相手に、エドワードと夏目は······。 ※同名義でカクヨムにも掲載しています。 ※2020年11月24日まで期間を限定して公開します。 ※2話目からは毎日18時に更新。全22話、約45,000字の中編ミステリー小説。

  • "Nice to meet you."

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・3,112字 カフェインザムライ

    2020年10月18日更新

    This is a tale, in which the love blown by the autumn breeze reunites two girls.

  • ラブコメ¬ ミステリのオリジナルホームズ

    ♡406,601

    〇5,780

    ミステリー・連載中・22話・55,743字 こまつみえ

    2020年10月12日更新

    19世紀イギリス・ロンドン。 容姿端麗、しかし偏屈で極めて奇人と噂の探偵「シャーロック・ホームズ」と、自称"令嬢探偵"のお気楽可憐な恋する伯爵令嬢「メアリー・リーズベット」のもとに、今宵も美しい戯曲のような事件が舞い込む。 ◆◆◆ 原作「シャーロック・ホームズシリーズ」の世界を愛する方にも、 初めて読んでいただく方にも楽しんでいただけるような、 原作に敬意を−そしてオリジナリティを加えたラブコメ?ありの、本格ミステリです。

  • 別れって、本当に美しいものでしょうか。

    ♡500

    〇0

    文芸/純文学・完結済・5話・5,361字 カフェインザムライ

    2020年10月10日更新

    二人が「会えなくなった」のは、果たしていつなのか?物語として、人生として正しいであろう決断、それは二人にとって正しかったのか…? それでも、前に進むしかない、一人の少女。

  • 切なくて優しい主従百合。

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・3話・3,900字 カフェインザムライ

    2020年10月10日更新

    切ない優しさ。それは美しく、痛ましい。 メイドに恋焦がれる貴族のお嬢様と、それを慕うメイド。二人にはお互いに悟られたくない「優しさ」があった。

  • 蒸気と魔法のファンタジー

    ♡2,500

    〇20

    SF・連載中・3話・23,628字 sakuna

    2020年9月27日更新

    時計技師の少年のもとに現れたのは、ボロボロになった魔法少女だった。 少年は葛藤する。 少女は復讐を願う。 蒸気と魔法があふれた世界で、運命の歯車が回り出す。

  • 他サイトで連載していた小説の番外編です

    ♡3,000

    〇10

    ミステリー・完結済・2話・2,854字 櫻井 理人

    2020年9月22日更新

    魚住真琴様主催の自主企画「文字の魚のコンテスト」参加作品。 『エドワード・マイヤーの事件録』(https://novelup.plus/story/933498805)の番外編です。 19世紀末のイギリス・ロンドン。 大学教授のエドワードと、日本から来た留学生の夏目が食事をしていたところへ、あの男の姿が…… お騒がせ警部が持ち出してきた事件とは―― 【主な登場人物】 ★エドワード・マイヤー:伯爵家の次男坊で大学教授 ★夏目総十郎(なつめ そうじゅうろう):日本の官僚。議会制度や法を学ぶためにエドワードの勤める大学へ留学した。エドワードの良き相棒 ★ギルバート・ホワード:スコットランドヤードのお騒がせ警部。以前、ロンドン市内で起きた連続殺人事件を解決するため、エドワードと夏目に協力を依頼したことがある。 ★ジェームズ・マイヤー:エドワードの兄。父親が亡くなったため、若くして家督を継いだ。伯爵。スコットランドヤードのことを嫌っている。

  • あるアクティビティをお話にしてみました。

    ♡200

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・871字 はるひの

    2020年9月6日更新

    あとは、踏み出すだけ。

  • もっともらしい排斥論コワイ!

    ♡21,400

    〇100

    歴史/時代・完結済・5話・9,531字 LED

    2020年7月30日更新

    俺は歴史好きの高校生・下田(しもだ)一郎(いちろう)! クールな幼馴染・莉央(りお)ちゃんと共に、19世紀半ばの中国――つまり清の時代に来ていたぜ! 当時は麻薬であるアヘンがはびこっており、取り締まる動きが強くなっていた。 「どうやら『アヘン戦争』勃発前夜のようですね。 一般的にはイギリスが悪いとされていますが……なかなかとんでもない事件だったんですよ。 現代の先入観を捨て、当時の世相を理解しなければ――真相は見えてきません」 麻薬を買わせる為に戦争ふっかけて、力づくで無理矢理従わせた……世界史ではそう周知されているアヘン戦争。 俺の中ではイギリスの卑劣漢ぶりの代表例という認識だが、どうやら莉央ちゃんの考えは違うようで……? 短編シリーズ「莉央ちゃんとタイムスリップ!」第三弾。 7/31 エピローグに「おまけ」を追記。

  • 様々なメイドを主人公に据えた短編集です。

    ♡1,400

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・6話・8,997字 Ka.Q.BassBaritone

    2020年7月8日更新

    「可愛い」ではない萌えにピンとこられる方に向けたメイド短編小説です。 お時間あるときにいかがでしょうか。 1.一つの願い 憐れなメイドが仕掛ける精一杯の嫌がらせ 2.仄暗い部屋の人々 メイドと殺人者。出し抜くのはどっちだ――

  • 伊藤博文とアーネスト・サトウの物語です

    ♡312,100

    〇0

    歴史/時代・完結済・34話・433,167字 海野 次朗

    2020年6月10日更新

    幕末に来日したイギリス人外交官アーネスト・サトウと、後に初代総理大臣となる伊藤博文こと伊藤俊輔の活動を描いた物語です。終盤には坂本龍馬も登場します。概ね史実をもとに描いておりますが、小説ですからもちろんフィクションも含まれます。モットーは「目指せ、司馬遼太郎」です(笑)。 基本参考文献は萩原延壽先生の『遠い崖』(朝日新聞社)です。 もちろんサトウが書いた『A Diplomat in Japan』を坂田精一氏が日本語訳した『一外交官の見た明治維新』(岩波書店)も参考にしてますが、こちらは戦前に翻訳された『維新日本外交秘録』も同時に参考にしてます。さらに『図説アーネスト・サトウ』(有隣堂、横浜開港資料館編)も参考にしています。 他にもいくつかの史料をもとにしておりますが、明記するのは難しいので必要に応じて明記するようにします。そのまま引用する場合はもちろん本文の中に出典を書いておきます。最終回の巻末にまとめて百冊ほど参考資料を載せておきました。 小説を書くのは初めてなので至らない部分も多いと思いますが、小説執筆の作法やその他の点で間違いがあればご指摘いただけると幸いです。 (※註:この物語では、一般の時代小説と同じように旧暦(陰暦)を基本にしていますが、イギリス人のサトウが主要人物である都合上、西暦(現在の暦)も時々使用しています。なじみのない人にとってはまぎらわしいと思われるかも知れませんが、基本的に西暦表示の場合は約1ヶ月、旧暦にプラスされます。またこの作品では旧暦表示の場合は漢数字、西暦表示の場合はアラビア数字を使用するようにしています)

  • 英国軍人リーナ、相棒は歳下の『魔法使い』

    ♡29,390

    〇1,055

    現代/その他ファンタジー・連載中・26話・232,823字 海崎翔太 / 紅(クレナイ)

    2020年4月25日更新

    【Introduction】 『1910年:イギリス——消えゆく神秘の世界を綴る正統派・魔法冒険譚』 時代は、20世紀が幕を開けたイギリス。燃料は石炭から石油へ、火から電気へ、科学は止まることなく育ち続ける。 大英帝国祭繁栄期のこの時代、イギリス陸軍に所属する少女兵リーナ・オルブライトもまた、時代の波にもまれながらもたくましく生きていた。 そんな彼女は、とある任務中に魔法使いを名乗る15歳の少年〝ハル〟と出会う。 彼と行動を共にすることになったリーナが誘われたのは、いままでフィクションと言われていた魔法の世界。 地下に広がる妖精たちの町。 科学とは異なる技術体系——魔法。 ハルがやってきた、地球とは別の世界。 イギリスに散らばる魔術師という存在。 裏の世界で広がっている、悪魔の噂。 妖精とは何なのか、魔法とは何か、ハルがイギリスにいる目的は、魔術師とは、魔法使いとは、悪魔とは――魔法使いハルとの出会いは、リーナが知らなかった世界の裏側を明らかにしていく。 これは、魔法が存在した最後の時代、その物語。 これは、とある少女が魔法に出会い、魔法が解けるまでの物語。 ——君の世界は灰色か? その世界は、君が見るより美しい——

  • 凄惨な過去から、鮮やかな宝石達の未来へ

    ♡34,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・31話・161,167字 真白芽依

    2020年3月28日更新

    戦争の空襲に耐えていた少年ミチルは、ある日空爆に遭い、気を失った。次にミチルが目を覚ました時、世界は瓦礫だらけ、たった一本の薄荷色のタワーが空にそびえていた。瓦礫の中で生きる薄荷色の髪と目を持つ少年少女達。二千年の眠りを経て目覚めたミチルの身体もまた、彼ら同様、薄荷色の宝石と化していて――。これは、生き延びた戦争孤児達の、大陸を経た淡い恋、宝石奇譚。 ※十二話『ミントブルーの欲望』にて、『鉄道唱歌 第一集 東海道編』の歌詞を一部引用しております。 ※二十二話『ミントブルーと賛美歌』にて、『Amazing Grace』の和訳を一部台詞にて使用しております。 ※二十三話『ミントブルーと雨』にて、『Amazing Grace』の歌詞を引用しております。 イラスト:飯田愛さん(Twitter ID:@SiS_109)

  • 気に入っていただけると幸いです。

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話・8,030字 柳葉こたろう

    2020年2月2日更新

    名古屋の古家具店で見つけた秘密結社「オッド・フェローズ」の机。シンボルの三連鎖に込められた意志が時を越え、国を超え、現代で結びつく。今を生きる青年は先人が燃やした炎をつなぐことができるか。 ※小説家になろう、NOVELDAYSで重複連載中

  • 真面目な方は読まないで下さい

    ♡3,600

    〇151

    童話/絵本/その他・完結済・1話・2,224字 カバ太

    2020年1月14日更新

    毎度お馴染みのいい加減な殴り書きエッセイです。 真面目な方は読まないで下さい。 書いている内容は行き過ぎた環境問題への取り組みに対してイギリスのシンクタンクが待ったを掛けた、というだけです。 凄い事は書いていません。

  • ニュートンがニュートンしててニュートン

    ♡7,300

    〇0

    歴史/時代・連載中・43話・92,582字 白兎 扇一

    2019年11月30日更新

    良いか?もう一度言うぞ? ちょっとここにある贋金を処分して欲しいんだ。 うまくやってくれたら儲けの6割はお前の分にしてやるよ。 え?なんでこんなことをするのかって? 贋金作ってる途中に目をつけられたんだよ!監事に! 元学者だか『プリンキピア』の著者だか知らねぇが、とにかく厳しいし頭がキレるんだよ! ……おい、来たぞ!贋金を隠せ! 来たんだよ!そのアイザック・ニュートンが! (注) これは史実を元にしたフィクションです。パロディネタ・皮肉多めのコメディです。 参考文献などは後日この作品の解説となるエッセイで細かく記載します。 どうぞお楽しみください。 (タイトル絵はみやぎんさんです)

  • 遠藤はイギリスでジャックに会った。

    ♡1,500

    〇0

    ホラー・完結済・1話・7,146字 楽どじん

    2019年10月11日更新

    写真ライターの遠藤は、休暇を取って、イギリスの田舎であるコッツウォルズのバイブリーへ旅行した。 この美しい街でジャックという男性に会った遠藤は、人に語るのが難しい奇妙な体験をした。

  • 名もないアイドルオタクが育てた歌姫の物語

    ♡13,000

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・10話・218,356字 ニセ梶原康弘

    2019年7月6日更新

    いじめられっ子少女を伝説の歌姫にしたのは、名もないアイドルオタだった…… 聖地巡礼中の英国で日本のアイドルオタ「デブオタ」は偶然イジメの場面に遭遇する。その様子は日本で底辺と虐げられた自分の境遇と重なり、彼は思わず喧嘩を買って出た。 悪罵を罵倒で叩き返した彼は自分を音楽プロデューサーと偽り、いじめられていた少女エメルをトップスターにしてやる!と、いじめていた歌手志望の少女リアンゼルへ宣戦布告する。 理不尽な世の中に反抗するようにデブオタは怪しげなプロデュースへ全力を注いだ。そんな彼の哀しい想いを知ったエメルは修練を重ね成長する。そして次第に彼に惹かれていった。 一方、リアンゼルも憎悪を糧に己を磨き、二人は遂に歌姫の頂点を決める英国最大のオーディションのステージ上で対峙する。 だが、そこで思いもよらぬ出来事が彼等を待っていた。 汗と涙と挫折と、そして栄光と衝撃と別離と……歌姫への階段を駆け上がった少女がステージで最後に見たものは…… 「アイドルオタが歌手をプロデュース」という異色のシンデレラ物語です