ウイルス

検索結果:12件

  • 現実の疫病とは関係がありませんので。

    ♡2,400

    〇0

    ホラー・連載中・1話・1,475字 seabuki

    2020年9月24日更新

    イギリスの片田舎から始まった奇妙なパンデミック。WHOの命名をよそに「エポナ」として知られるようになったそのウイルスは、女性を中心に人間の生殖機能を破壊するとされパニックが巻き起こる。そんなある日、イラストレーター上がりの売れない小説家である「僕」は、繁華街の雑踏の中で奇妙なものを見た。顔全面をマスクで覆った女性、あるいは男性。日を追うにつれ、そのマスクをつけた人々は街中に数を増していく――

  • “生きている”ってなんですか?

    ♡1,000

    〇0

    SF・連載中・11話・27,596字 ゆずっこ

    2020年8月26日更新

    アンドロイドとアンドロイド化手術を受けた人間とが手を取り合って生きる世界。 そんな中でミスティ・グリムとバルバラ・フロウは生身の人間として闇の中を生きていた。 彼らの仕事は最近多発している「意思を持ったアンドロイドの回収」である。 回収し、破棄する。 しかしミスティは回収したアンドロイドを破棄せず、密かに収集していた。 彼はアンドロイドに執着していた。 アンドロイドも彼らと同じ生き物だと信じているから。 そんな彼らは桃色の髪をした一体のアンドロイドの回収任務を任されることに。 そのアンドロイドの感情が、その出会いが運命を走らせることに……。 アネン村には「壁の子」と呼ばれる子どもがいた。 村の外れにある森、その最奥に頂上が見えないほど大きな壁が存在する。 稀に森で見つかる身元不明の幼子。 アネン村の人々はその子どもを神様からの贈り物だと考え、村中で大切に育てている。 それが壁の子。 白茶の綺麗な髪を持つ子ども、ティフィン・ミットもそんな壁の子のひとり。 そんな彼らの元に新しい壁の子がやってきた。 ティフィンがテイラー・チャコルと名付け、育てることに。 それが最後の鍵だった。 歯車が回り出す。 軋むことなくゆっくりと。 真っ直ぐに闇へと向かって……。 一度は引き離されたふたつの世界。 二度と交わるはずのなかった世界。 交わり、絡み合い、融合する。 生も死もない世界の誕生の時がやってくる。 今作は小説家になろう様、アルファポリス様、ノベルバ様でも公開しています。

  • いつも、ガラス越しに伝えられることば

    ♡1,800

    〇10

    ミステリー・完結済・7話・6,807字 亨珈

    2020年7月31日更新

    ネットでまことしやかに広まっている、とある噂がある。 曰く、【H2Mrウィルスは、同性と性的接触が多い人ほど抗体がある】――誰がどんな根拠で呟いたのか、冗談だったのか悪意が在ったのか。今となっては元は判らないし、割り出したとして、真偽は判らない。少なくとも、一介の高校生でしかない俺たちには。 件のウイルスに罹患すると、【弾け】る。 そして、このウイルスの特効薬は、未だ開発されていない。 〈他所掲載済み作品に手を加えて投稿しております〉2016/1 web初出

  • 新型アデノウイルスはただの風邪という謎

    ♡300

    〇0

    ミステリー・完結済・1話・2,312字 坂崎文明

    2020年7月29日更新

    石田三成は東京都内の目黒の風呂無し安アパートで久々の休日を過ごしていた。 テレビを観ていた真田幸村が「新型アデノウイルスはただの風邪」というと都知事選の候補者がいるという話からウイルスに関する日常の謎が明らかになっていく。 【注意】この物語はあくまでフィクションです。 (参考リンク) ★【コロナはただの風邪】NHK政見放送 東京都知事選挙・国民主権党「平塚正幸」 ド正論です。 ■YouTube全動画・2020/6/24 https://youtu.be/RxXvEkkdxs8 まずは知る事から始めよう https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1007862992979364&id=268759603556377

  • ストレス発散してますか~!?

    ♡6,800

    〇0

    SF・連載中・4話・7,616字 因幡の白兎

    2020年7月28日更新

    小説じゃない!と思われるでしょうけど、自分は至って真剣に書いております(笑)

  • 大量の花粉が降り人間が樹木に変貌した。

    ♡287,260

    〇1,055

    現代/その他ファンタジー・完結済・60話・119,068字 田丸哲二

    2020年6月9日更新

    2021年世界的な異常気象で大量の花粉が日本に降り続き、不可思議な植物ウイルスの病気が蔓延した。原因不明の樹木のような死体が発生して蘇っていく。 それはある山里の森が死滅し、黒いツタに覆われた事により始まっていた。その森の奥深くには神の木として古くから崇めらる大樹があったが、それがある者により黒い種が植え付けられ、変色して落雷により倒れてしまう。 それから黒い森が山全体の広がってしまったのだ。自然界の人間に対する復讐なのか?それとも人間が招いた災厄なのか? 森を守っていたお婆ちゃん家族が中心になって、自然界を元に戻し人間を病魔から救うために立ち上がった。ジョディと呼ばれる森のクスノキから発生した白い花粉により、神の種と呼ばれる木霊の恩恵を受けた五人の子どもが選ばれて妖精の力が与えられた。 亡くなった母親からのプレゼントもあり、妖精たちの戦士は植物に変貌した人間に襲われながらも、この原因に関係していると思われる研究所へ向かう。これはその子どもたちと家族の冒険の物語である。

  • 処女作にして、初の完結作品です。

    ♡11,700

    〇250

    SF・完結済・27話・33,675字 夜凪 実琴

    2020年6月7日更新

    これは、心を持ったアンドロイドの執事と、半異形の少女が織り成す、少し切ない近未来のお話。 五年前、突如として世界に、感染者を自我の無い異形の怪物へと造り替えてしまう脅威のウイルスが発生した。 効果的なワクチンも無く、感染を防ぐ手立てすら無い……。 絶望の淵に立たされた人類は、地上を捨て、地下のシェルター街へと移住した。 舞台は、見捨てられた地上。 異形が徘徊する都市(まち)の外れに、ぽつりと一軒、大きな洋館が建っていた。 今や人気も無く寂れたその屋敷に、ひっそりと、置き去りにされたアンドロイドが一体。 ――人知れず、動き続けていた。 ------ 表紙は自作。 初めて完結させた思い入れの深い作品なので、沢山の方に読んで頂けたら嬉しいです。

  • 減少する人類と進歩したAI。楽園の行方は

    ♡27,900

    〇720

    SF・完結済・1話・8,380字 七星満実

    2020年5月11日更新

    時は24世紀。 世界規模で急速な少子高齢化が進む中、東南アジアで恐ろしい殺人ウイルスが発見される。ウイルスの猛威はとどまることを知らず、人類は減少の一途を辿っていた。 一方で、機械工学の飛躍的な進歩も見られていたのは、人類にとって明るいニュースだった。 ウイルスが蔓延する中、国際社会は手を取り合ってあらゆるインフラに人工知能が取り入れられ、やがて戦争というものは消え去った。 皮肉にもウイルスによって、人々は平和を手に入れたのだ。 そして、ここ日本に暮らしながら介護施設で働く、あるひとりの男性。 彼は、幼い頃母から聞かされた楽園、「エデン」に思いを馳せていたーー。 ※本作は、ノベルアッププラス様の「ロボット工学三原則短編コンテスト」参加作品です。

  • コロナに絡んで、政策の判断って難しいね

    ♡100

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・完結済・1話・2,173字 丸い円

    2020年5月1日更新

    新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が世界中で流行しています。SNSや報道を見ていて思うところがあったので文章にしたためました。政策の判断とはどうあるべきかについて述べています。内田樹氏の「コロナ後の世界」という文章が軸になっていますが、読んでいなくても全く問題はありません。【注】筆者はいかなる分野の専門家でもありません。

  • 普通の人々が悪魔に変わる時

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・1話・2,624字 阿賀沢 隼雄

    2020年3月2日更新

    時は3029年。 平和維持のため、鎖国を行い自分たちだけの世界を作っていた国日本。 そこで、突如と現れた人の体を変化させ、暴力的になるウイルスが蔓延した。 混乱し、不安になる国民たち。 そこには、一人の男の思惑があった。 犯罪者の視点で綴られるミステリー&SF小説。

  • pcなどに興味を持ってくれると嬉しいです

    ♡6,500

    〇0

    ブログ/活動報告・連載中・2話・1,169字 レイ

    2019年11月6日更新

    ハッカーとはコンピュータやネットワークに関する高度や知識や技術を持つ者を指す呼び名で、イメージ通りに悪意をもってコンピュータシステムへの侵入や攻撃などを行うハッカーは、「クラッカー」と言います。 このブログではコンピュータウイルスやマルウェアについて歴史を見ることで学んでいきます。

  • 覚醒者は立ち上がる!

    ♡200,965

    〇43,120

    SF・完結済・141話・138,969字 アキラル08・サバイバー

    2019年10月5日更新

    ダークSF作品です(oo;) 2008年6月13日クリーチャー災害発生。 瞬く間に日本列島はウイルスと地震で崩壊していく。 クリーチャーウイルスの暴走とバイオロイド計画を止めるために東雲有奈(シノノメユウナ)は立ち上がる。 クリーチャーとバイオロイドと時間断層が交錯する世界で生き残るのは誰か。 【序章】1~12ページ 〉主人公:東雲有奈 〉語り手:宝来瑞希 【第1章】13~25ページ 〉主人公:東雲有奈 〉語り手:宝来瑞希 【第1.5章】26~40ページ 〉主人公:キール/東雲有奈 〉語り手:宝来瑞希 【第2章/前半】41~68ページ 〉主人公:真田累 〉語り手:ルイ<ニヒマル> 【第2章/後半】69~141ページ 〉主人公:真田累、東雲有奈 〉語り手:ニヒマル、宝来瑞希 R1/10/4 第1回ノベプラ大賞1次予選通過。