エモい

検索結果:6件

  • 【二次創作】イケメン兄弟が南の島でサバイバル!? ~生活必需品は魔術で召喚できるので問題ありません!~

    熱狂的ファンによる渾身の【二次創作】!!

    5,600


    2022年7月21日更新

    ●この作品について この作品は、ノベルアップ+で連載中の『それは非売品です!~残念イケメン兄弟と不思議な店~』(白井銀歌様)を原作とした二次創作小説です。 二次創作のため、原作の設定とは異なる場合がございます。 ●原作について 『それは非売品です!~残念イケメン兄弟と不思議な店~』(白井銀歌様 作) https://novelup.plus/story/504207172 古今東西の不思議な話をモチーフに、コメディタッチで描かれる作品。 錬金術師の兄弟「アレク」と「ジェル」が営むアンティークショップを舞台に、クセの強いキャラたちが織り成す、にぎやかなドタバタコメディです。 ●作者 原作:白井銀歌 様 イラスト:白井銀歌 様 二次創作小説の文章とタイトルロゴ:ハルカ ※タイトルロゴの一部にシルエットAC様のフリー素材を加工して使用しています。 ※イラスト・文章・タイトルロゴとも、すべて原作者である白井銀歌様の許可を得て掲載しております。 ●登場人物紹介 ・アレク(アレクサンドル) 驚異的なフットワークの軽さで、いつも世界中を旅して回っている。 子ども向けアニメ「パン男ロボ」をこよなく愛する。 いつまでも少年の心を忘れない成人男性だが、いざという時は頼りになるお兄ちゃん。 ・ジェル(ジェルマン) アレクの弟。アンティークショップ「蜃気楼」の店主。 特技は錬金術と魔術。趣味は読書。筋金入りのインドア派。 とある出来事から、アレクとともに不老不死の体となる。 普段はアレクの世話に手を焼いているが、今回は事情が異なるようで……。

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • アイディール・アイドル・フェアリーテイル——とある少女がアイドルの頂きに辿り着くまでの物語——

    エモさと熱さに全振りしました!是非に!

    400

    0


    2022年2月7日更新

    「誰一人にだって負けたくない。——トップアイドルになるのは、私だ!」 負けず嫌いの正統派クール系アイドルと熱血青年マネージャーが織り成す、汗と涙と煌めきの青春スポ根アイドル物語。 エモさと熱さに全振りしましたので、お好きな方は是非どうぞ。アイドル×マネージャーだからこその、切なくじれったい恋愛模様もあります。

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • 女教師に叱られたが、サイコパスな僕には理解できない

    サイコパスVS熱血女教師 

    450

    0


    2021年11月5日更新

    感情希薄なサイコパスを相手に、果たして教師の熱い言葉は届くのか?

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 世界を孕んだ乙女は

    エモいの書きたくて頑張りました!

    23,100

    180


    2021年11月1日更新

    人類と魔族の戦乱が続く世界。 歴代最高の聖女と謳われた少女エルジーンは、【勇者】と共に人類連合軍の旗印として、長い時を戦い続けていた。 そして遂に敵軍の本拠地、【凶乱の魔王】ダルタフォレスの構える魔王城を包囲し、勝利まであと僅かというところまで迫っていた。 しかし総攻撃を仕掛けようと待機し、翌日に備えて束の間の休息に浸っていた人類連合軍の陣中から、人知れず聖女エルジーンが、魔王に攫われてしまった。 「其方に我が首を捧げよう」 予想だにしていなかった言葉に動揺する聖女エルジーン。 これは人魔の戦乱の最中で、魔王に見初められた一人の乙女の……その数奇な人生の物語だ。

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 二人はクサい仲

    エモい中学時代よ、よみがえれ!

    0

    0


    2020年8月12日更新

    やっぱり、あの時代が一番輝いていたな…… そりゃ、思い通りにいかなくて、悶々としたこともあったさ。でも、生きてるって実感があった。 アイツのこと、考えているだけでキュンってしちゃう…… そんな中学三年の一年間だった。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • モモ

    処女作です。

    1,000

    0


    2020年7月30日更新

    冴えないサラリーマンがデリヘル嬢に恋をする。 しかし、彼女の正体は…? 夏の夜、思いと思いが交差する。 そんなお話です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む