カクテル

検索結果:5件

  • 「空爆想定内。一気にどうぞ」

    ♡134,700

    〇2,290

    現代/青春ドラマ・連載中・52話 英 藤花(あや とうか)

    2020年7月3日更新

    目標を見失い、生きる意味が分からなくなった主人公、中川ユウは、あるきっかけで探偵事務所で働く事になる。 パートナーの杉田亮二に振り回されながらも、彼の自信を持った生き方に、改めて自分を省みる。 人は、何を目的として、生きる事を楽しいと思う事が出来るのだろうか。 彼らが集まるカクテルバーで、彼らが飲む物は、彼らを映し出す意味のあるカクテルだ。 蒸留酒はラテン語で『アクアヴィッテ』生命の水という。 『心が渇き過ぎちまった。ただの水じゃ足りないんだ』 過去に重い何かを抱えた亮二は、心の渇きを癒す為か、ウォッカを飲み続ける。 無色透明のその『水』に、ユウは色をつけてあげられるのか……? 本当の目的が明かされない依頼の調査を続ける内に、繋ぎ合わされていく人と人との接点。 そこで現れた同業者と、亮二の過去が絡み合っていた。 『違法調査に違法行為。それでもそれが正しいと、奴に言わせ続ける気か?』 探偵対探偵。勝つのはどっちだ。

  • 新宿の静かなバーで謎ときがはじまる。

    ♡15,900

    〇150

    ミステリー・完結済・4話 岩永和駿

    2020年6月22日更新

    ミステリー短編小説コンテスト応募作です。 僕こと小長井速人は、上司の黙っていれば美女と称されるすっぴんアラサー編集長富永詠美女史と、新宿の静かなバーで担当する作家の文学賞受賞のお祝いをしていた。 その席で作家の秋月先生がふと気になることがあると口にする。 お調子者の編集者と、美人編集長はその気になることの謎を解き明かすべく安楽椅子探偵に挑戦する。

  • 作者、下戸です。ごめんなさい。

    ♡5,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・41話 御手洗孝

    2020年5月7日更新

    お一人様限定のBAR。 そんな店にやってくるのは「苦」を抱えた「死」が目の前にぶら下がっている人々。 マスターの言葉にどう応え、行動するかは客しだい……。

  • 大人な会話を書きたかったねん…

    ♡0

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話 榊 凪

    2020年4月27日更新

    夜一人たたずむ男性は夜の桜を優雅に眺めてた

  • カクテルやバンドが好きな方におすすめです

    ♡3,850

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 櫻井 理人

    2019年6月18日更新

    大学の同級生・川島美奈から「雰囲気の良いバー」を教えてと言われた森山冬弥は、美奈を連れてとあるバーへと向かう。 2人がカウンターでカクテルを飲んでいると、その日に出番を控えたバンドのメンバーがやってきて……。 「気が付くと、俺はコイツにいつも振り回されっぱなし……何やってんだろうな、本当」(本文抜粋) ※カクヨムにも同名義で投稿している小説です。