カニバリズム

検索結果:18件

  • バイオレンスだしカニバリズム

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・2話 青井沙奏

    2020年8月13日更新

    暗殺家業を生業とする毒十家は、10の家の頂点に立つ毒の王を決める戦いをする。共喰いをして殺しあって、最後に残るものはあるのか。

  • 氷のように、美しい。

    ♡700

    〇0

    SF・連載中・32話 イオリミヤコ

    2020年8月13日更新

    氷の都トロイカ。そこは年間を通して雪と氷に覆われている、凍りついた街。永久凍土の上で繰り広げられる群像劇。残酷な舞台で踊る演者たちの欲望や狂気は、それはそれは色濃く混ざり合って、深く深く巨大な血溜まりへと注ぐ。この絶望が渦巻く深淵に、美しき未来など在りはしない。

  • うちの冷凍庫が閉まらない件について

    ♡19,200

    〇100

    ホラー・連載中・15話 菅野夜鷹

    2020年8月13日更新

    うちの冷凍庫が閉まらない。 中身を空っぽにしても、どうしても閉まらない。 ある日突然、冷凍庫だけ扉が閉まらなくなった。 おかげで、大好きなアイスクリームも、朝ごはんの冷凍うどんもダメになってしまった。 一度閉めても、いつの間にか、冷気が漏れ出している。 仕方無く諦めて日常を過ごしていると、ある日、いつの間にか冷凍庫が閉まっていて……

  • 覚めない悪酔(バッドトリップ)

    ♡900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・10話 枯干

    2020年7月22日更新

    この街には、人を縛る掟や法がない。 誘拐と殺害を繰り返す男。"薬屋"を経営する二人組。人肉を食らう女。そして、憎き親の毒殺計画を進める幼い少女。 この街で生活する彼等の日常と関わり合いを、それぞれの視点から描いていく。 (pixivにて連載してたものの再構成となっております。pixiv掲載中のものとはかなり展開の違う作品として書き進める予定です) ※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体名等とは一切関係御座いません。 ※本作には過激で残酷な表現をしている箇所があります。それを予めご理解の上、ご閲覧頂きますようお願い致します。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

  • 今は昔、人喰いの住まう山ありけり。

    ♡3,500

    〇0

    ホラー・連載中・17話 ちょろけ

    2020年7月17日更新

    ────今は昔、人里離れた山奥にこもれる娘があった。 その娘、人を喰らいて塚を守る、化生の類であった。──── 時は平安、鬼が神へと転じた由来ある塚を守り続ける娘、玉霧。 その正体は人の罪を食らうことで浄化し、神に魂を捧げる鬼女であった。 二百年の間、静かに人を食い殺していた彼女の毎日に、ある日変化が訪れる。 過去作投稿ですので至らない点多々ございますが、ゆるりやっていきます。 残酷描写、暴力描写、カニバリズム描写、差別的表現諸々ございますのでご注意ください。

  • 魔法を科学する異色のファンタジー!

    ♡11,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・22話 留確惨

    2020年7月12日更新

    世界を滅ぼした10の殺人兵器によって大きく文明が衰退した世界。 吸血鬼になりかけの少女エリゼは、『食い逃げ』という罪状でアバキリ監獄という北にある島の牢獄に収容されることになった。 その島の名はカナン島。 世界を滅ぼした殺人兵器の一つ『ネフィリム』の巣窟であり、未開拓の大自然と凶暴な猛獣に満ち溢れた人外魔境。死人が出るのは当たり前、生きて帰ってくる確率0%の別名『地獄』だった。 エリゼは収監された当日、突如として機屍兵が監獄に奇襲をかけ、圧倒的な力で殺戮を始め、エリゼはサングラス看守やほかの囚人たち『閃電の魔女』の異名を持つ少女レミエラと協力して何とか機屍兵を倒す。 だがその中には美少女/美少年の亡骸が入っていて、どうやらエリゼを蝕む『吸血鬼になる病』の真実を知っているようだった。 人間にもどる手がかりを掴むため、エリゼはその美少女/美少年と接触するが──────── 作品テーマは『ファンタジー作品に出てきそうなものを科学技術で再現したらどうなるんだろう?』 作者特有の悪ふざけが出ますが、そこはご勘弁を。あとヒロインの設定が大体変化球です。特にイリス。 名称の変更と、序盤のストーリーが少し変わりました。 機屍兵→ネフィリム。エリゼ収監からネフィリム戦が変更。

  • 魂を受け継ぎ、共に生きていく

    ♡23,000

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・35話 ひゐ(宵々屋)

    2020年7月5日更新

    【完結済】死者は燃やして、その魂を天に昇らせなければならない。そうしなければ、魂は凍りついて、永久にこの世界に閉じ込められてしまうから――。 魂までも凍りつくといわれる世界。オンレフ村でたった一人銀髪碧眼である少年ルチフは、育て親を失ったことでさらに孤独感に苛まれていた。だがある日村の外で、狼に襲われかけていた少女と出会う。ベアタと名乗った彼女は、どこから来たのか、何故村の外にいたのか、何も話したがらない。けれども彼女は、ルチフと同じく銀髪に青い瞳の持ち主だった。 全34話。本編文字数約12万字(ワードでの文字数)。 応援、ありがとうございます。大変励みになります。 ※カクヨムでも公開しています。

  • 特に何も深みはない、日常的な狂愛です。

    ♡2,800

    〇200

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 藍鼠

    2020年6月10日更新

    人間が強くなる為に違う種族と混ざり合い、何百年と経った日常の話。 蝶の要素を持つ「リギル」 鷹の要素を持つ「レオティガス」 これは恋人である二人の、日常的な話。

  • 広がる恐怖、迫りくる幼女

    ♡1,700

    〇0

    SF・完結済・1話 大神 唯真

    2020年5月24日更新

    20XX年、世界は幼女の恐怖に包まれた。 Perfect Apex Predator Virus ―― 通称PAPウイルスによって世界は破滅へと向かい始めた。 ※グロテスクなシーンがあります ※この作品は2020/05/17配信のにーしゅん様(@nii_shun0812)企画による短編です。お題は「大統領」「カニバリズム」「幼女」

  • 幼女を狙う怪しい影

    ♡2,200

    〇0

    ホラー・完結済・1話 ろき

    2020年5月19日更新

    冷酷な白人主義者で知られるバーンズ大統領唯一の孫娘、アリス。 彼女は黒人だったが、バーンズはアリスを溺愛していた。 アリスは七日後に開かれるバーンズ大統領とメアリー夫人の結婚記念日に手作りのハンバーガーをふるまうため、黒人ボディーガードのボブと共に準備を始める。 そこでボブはヴァルデガールの湖、と呼ばれる特殊な食材について語るのだが....../ 5000文字程度のサクッと読めるホラーです。

  • 見世物小屋のおはなし

    ♡1,000

    〇0

    ホラー・連載中・3話 末千屋 コイメ

    2020年3月8日更新

    ようこそいらしゃい。 ここは『人生劇場』。その名のままに、誰かの人生を観劇できる劇場。 本日の見世物は――……ああ、説明するよりも観ていったほうがいい。 どうぞごゆるりと。 路地裏の小さな劇場へようこそ。 あなたは運良く『人生劇場』を 観劇することになった。 ここでは、様々な人生の物語を 観劇することができる。 食べ物の物語、愉快な音楽隊の物語、聖女の物語。 他にも奇妙な物語を上演中。 どうぞごゆるりと。 珍奇で滑稽な見世物小屋の劇中劇。 ブラックユーモアあふれる不気味で愉快な連作ホラーメルヘン集。 ※作品サンプルです。 全文はBOOTHにて『夕焼けの里観光協会』『ヒトガタ遊戯』でどうぞ。

  • 今回も相変わらず食人系

    ♡300

    〇0

    ホラー・完結済・1話 雑務

    2020年3月7日更新

    突如現れた恋のライバル「後輩」。 好きな人をめぐって、試練に挑むことに。 だが、彼は特殊な嗜好を持っていて......? 全てに気づいた頃には、もう遅い! なんでもありのクッキングエンターテイメント!

  • 不定期更新です。

    ♡0

    〇0

    ホラー・連載中・3話 白真 玲珠

    2020年2月9日更新

    紅村真愛は、どこにでもいそうなごく普通の女子高生、ただ一つ彼女の愛の形を除いては…….

  • 絵描きの画力は上がるのか?

    ♡17,550

    〇0

    SF・完結済・1話 けっき

    2019年12月31日更新

    「画力向上を求める人に自分の遺体を食べてほしい」 神絵師の残した遺言にTwitterは大騒ぎ。 はたして画力は上がるのか? これまでに一番ご好評いただいた短編です。 ほかにも作品上げていきますのでよろしくお願いいたします。

  • 更新は不定期です(;´・ω・)

    ♡1,200

    〇0

    歴史/時代・連載中・7話 ℚℚ

    2019年10月4日更新

    惨たらしいのが苦手な方にはお勧めできません。 この話はルーマニアで実際に起きた悲劇を基にしたフィクションです。「子供を殺してはならない」ルーマニア初の大統領は、利益だけを追求し、自分勝手に政策を進めていく中で、不用意に子供を増やし、国民を貧困へと陥れていきます。そんな時代の中に生きる孤児院の子供たちを描いた作品です。 台本形式を混ぜたような書き方にしています。その辺ノールックな方はそのままお楽しみいただけるかと思いますが、もし読みにくければご指摘頂けると幸いです。

  • この腹を満たしたのは――――。

    ♡2,000

    〇0

    ホラー・完結済・1話 陸一じゅん

    2019年9月9日更新

    夏の最中に『あたし』は死んだ。登校日だった。……たぶん、転落死。 ニュースでいうには、体はまだ見つかっていないらしい。

  • ――そのシスターを知らない者はいなかった

    ♡300

    〇0

    ホラー・連載中・6話 末千屋 コイメ

    2019年8月14日更新

    清浄な者は足を踏み入れてはならない『不浄の森』。 その地の教会に女が棲み始めた。 女の名は、アビス・ラムレイ。 彼女は「混沌の奈落より来た」と言う。 ある時期を境に集落から人が次々に消えた。その度に穢れを 持つ集落の者が多くの食肉を届けに訪れる。 いつしか『不浄の森』の教会を訪れた者が姿を消すと噂が広まっていた。 男装の麗人イブ・ヘブンリーは真相を追究するため『不浄の森』の教会へ向かう。 果たして、噂の真相は……?

  • その能力は絶望の象徴か、それとも救いか。

    ♡2,600

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・5話 高柳神羅

    2019年6月13日更新

    世界を震撼させた魔王は、英雄たちの手によって討ち果たされた。 魔王がいなくなった後も世界各地を徘徊している魔物たち。それを駆除するために日々武器を手にして戦い続けている冒険者たち。現在の世の中は、彼らを中心に本当の平和へと向けて少しずつ形を変え始めている。 一流の冒険者になることを目標に、魔物が徘徊する街の外と冒険者ギルドを往復する毎日を送っていた十四歳の少年カムイ。ある日彼の目の前に、一人の青年が現れた。 青年の名はノエル。かつて魔王を討ち果たした英雄の一人であり『孤高の死神』の異名で冒険者の間では忌避されている男だった。 カムイはノエルに弟子入りを志願し、彼に付いて行こうと決意する。──そこで、知ることになる。ノエルの身に付き纏う悪しき噂の真相と、ノエルの身に宿った『魔王を討ち果たした能力』の秘密を。 これは、一人の少年が英雄の後継者となるまでの物語。