ギリシャ神話

検索結果:10件

  • 異種間+転生恋愛。わりとお仕事モノ。

    ♡22,500

    〇700

    現代/その他ファンタジー・連載中・46話・60,260字 シノノメ イヅル

    2020年12月5日更新

    武器商人、神崎有人は永遠の時を生きる青年――神である。 神崎は淋しさを紛らわすため、毎夜MMOに没頭していた。そこで出会った女性とは……。 時空を超えたミリタリーラブ浪漫!大立ち回りもあるよ! ※縦書き表示推奨 【長文あらすじは下~の方にあります】 趣味作。改稿しつつダラダラ転記します。 2012年初出。キャラ文芸的なカンジでしょうか。多分。 【長文あらすじ】 100年前、人間の妻と死に別れた戦神の男は、21世紀の日本で神崎と名乗り、兄の経営する民間軍事会社の社員として世界中の戦場で過ごしつつ、妻の転生を待っていた。しかし、なかなか地上に戻らない妻を待ちくたびれた神崎は、その寂しさをMMORPGで紛らわせていた。 ある春の頃。新規顧客の元へと送られた神崎の肩書きは、なんと「武器商人」だった。兄の経営する兵器会社の営業として中央アジアの新興国に赴任した神崎は、ヒマなデスクワークの合間、いつものMMOのプレイに興じていた。 ゲーム内で出会った女性プレイヤーに強く惹かれていく神崎。だがその女性は病気を患い長期入院をしていた。 いけないことと思いながら、伝手を使い、彼女の病状を知る神崎。臓器移植が間に合わなければ死んでしまう、と。 急ぎ海外から日本に戻った神崎の取った行動とは。 そして、赴任先で発生する事件のために、彼は戦場へと戻っていく。すがる彼女を置いて――。

  • 僕らはアンドロイド。でも、この愛は本物。

    ♡400

    〇0

    SF・連載中・7話・27,507字 綾崎暁登

    2020年11月27日更新

    西暦2504年、アステロイド・ベルト(火星と木星の間にある小惑星群)付近に位置するスペースコロニー(アストロメリア)は、戦争で疲弊したいくつかのコロニーを統合した衛星国家で、メトロポリス化していた。 この国の国家警察が所有するアンドロイド(オルフェ)は、テロ防止、治安維持を目的として産み出され、人間の下で不満を言うことなく働いていた。 ある日、火星のアンドロイド居住区からガイノイド(女性型アンドロイド)が逃げ出して、輸送船でアストロメリアに向かったという情報が入る。射殺を命じられたオルフェは、捜査をするうちにガイノイドを見つけ出す。しかし彼女と対峙した時、今までなかった感情らしきものが芽生え始めていた。 オルフェウスが死んだ妻エウリュディケを冥府から連れ戻そうとする、あの有名なギリシャ神話をモチーフとしたSF小説です。 この小説は他サイトでも公開しています。 エブリスタで新作限定ピックアップ11月12日号と未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン「終末/退廃/ディストピア」佳作に選ばれました。 新作限定ピックアップ11月12日号 https://estar.jp/selections/35 未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン「終末/退廃/ディストピア」 https://estar.jp/official_contests/156913 竣瀬さんに表紙を描いて頂きました。どうもありがとうございます!素晴らしいイラストや漫画を描かれる方なので、皆さんも是非見てください。最後に竣瀬さんのTwitterとInstagramのリンクを載せておきます。 https://mobile.twitter.com/shunseirasuto https://www.instagram.com/shunseirasuto/?hl=ja

  • 作品に登場する食べ物って気になるじゃん

    ♡3,000

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・完結済・1話・1,034字 海産物☆お米欲しい

    2020年11月10日更新

    スマゲのイベント中って、みんなツイッターとかにキャプ流したりイベント内容つぶやいたりしてるやん? そこに食べ物が出て来たらどう思う? 食べたくなるやん? でもって、イベントって腰据えてやるから、だいたい夜遅くになるやん? だからどうしても夜食になっちゃうやん? まあそういう話なんよ。 ※汎用の表紙画像をブログで配布しています。使ってね!→ 表紙配布中【禁断の夜食コン】イベント専用応援ブログ【素材置場】

  • 異世界恋愛ファンタジーです~

    ♡2,700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・107話・151,261字 森ののか

    2020年11月4日更新

    小国リデュレス王国の王女シェレネ・リーリアス。彼女は生まれた時から大国ディアネス神国の国王で闇の神のウィルフル・モートレックの聖なる妃となることが定められていた。14歳でディアネス神国に渡り、無意識の女神として、また国王の聖なる妃として過ごすシェレネだったが、小国出身の姫と侮られいつ裏切られるか分からない、という日々。無意識、無表情、無感情。あらゆる制約の中で死ねない命を抱えて生きる彼女は、今日も今日とて冷酷・非情・無慈悲と謳われる国王であり闇の神ウィルフル・モートレックに溺愛れる。

  • 第一部完結!愛と絆のレトロファンタジー!

    ♡257,800

    〇9,450

    異世界ファンタジー・完結済・77話・277,247字 陸一じゅん

    2020年10月31日更新

    国と国とを隔てる雲海を、飛鯨船(ひげいせん)が征するようになって幾星霜。 かつて、この世は一つきりで、神々の戦争で二十に切り分けられたというけれど、神様の名前なんて、魔法使い以外はもう誰も覚えていやしない。 そんな神秘の魔法使いの国だって、鎖国を解いてからは留学がトレンド。 アトラス神を先祖にいただく皇子アルヴィンもまた、異母兄姉にコンプレックスを持つ『特別になりたい少年』でしかなくって、けして『選ばれしもの』ではなかったのだ。 ーーーそう、その日までは。 多重海層世界。 世界を鳥瞰した学者たちは、列なる二十もの海と大地を、そう定義した。 魔女の予言が残った最下層、フェルヴィン皇国の末皇子アルヴィンは、優秀な異母兄姉の存在にコンプレックスを持つ14歳。 留学も失敗して鬱屈とした日々を送っていたある日、謎の一団に城が占拠され、囚われの身になってしまう。さらには、分身である魔人『ミケ』の命と、自らの頭蓋骨を盗まれてしまった。 冥界に堕ちんとしたそのとき、預言に従い『星』の宿命を負って蘇ったが、しかしその肉体は、神の炎に焼かれていてーーー。 自らの頭蓋骨をもって、人類根絶の使徒として甦った憧れの英雄ジーン・アトラスに対峙するアルヴィンは、肉を焼く灼銅の鎧と、獣の咆哮をもって立ち向かう。 一方そのころ。 市井では、やけに肝の据わった魔法使いの若者が途方に暮れていた。 「魔法使いの国行きの飛鯨船がサァ……そこらへんの丘で低空飛行してねえかなぁ……」 「そんな都合のいいこと、あるわけないじゃん」 やがて魔法使いサリーは、なし崩しに、皇子奪還に命をかける羽目になって……。 海外の児童ファンタジーみたいな王道ヒロイックサーガを意識しています。『人間讃歌』と『その血の運命』って感じの異世界ファンタジーです。 (テーマは、愛と絆と神話と魔法。あと少しの【メメントモリ(恐れず生きよ)】の精神。) (『昔読んだ海外児童書みたいなファンタジー読みたぁい!』から生まれた、泥臭いファンタジー活劇です。) (この世の神話を異世界で再構成。序盤はギリシャ神話がベースです) (テンプレも好きだけど、たまには王道もね! ) (☆が挿絵のあるページでふ)

  • ギリシア神話の星座ファンタジー

    ♡500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話・2,560字 瀬戸晴海

    2020年9月24日更新

    空に輝く星の中、考える星があった。 うお座、エロスは海を見ながら考える。

  • 「摂理」の彼岸より見る、「生」の曙光

    ♡102,940

    〇2,650

    文芸/純文学・連載中・51話・206,565字 八野 歩

    2020年9月6日更新

    「夢」に縛られた不老不死の人々『イモータル』が紡ぐ、古代から現代へとまたがる時を超えた群像劇。 それは定められた答えのない寓話。あるいは、摂理の彼岸より見える生の曙光。 ※こちらでは、明朝体縦書き表示向けに出力しています。 《あらすじ》 紀元前の古代ギリシャ。暁の浜辺で、物憂げな青年は不思議な赤毛の娘と出逢う。惹かれ合った二人は夜明け前の一時だけそこで会うようになり、次第に心を通わせていく。 時は下り現代のアメリカ。永遠の眠りに就いていたはずの『イモータル』の女が突然に覚醒する。再び目覚めた理由を探し求めながら、彼女は数奇な巡り合わせの中で異能の人々『ギフテッド』の若き娘に自らの不死の血を分けることになる。 ある賢人は若き娘に言う。不死の者達に安息が訪れるには、「満ちる」か「尽きる」か、二つに一つと。夢叶い満ちる者、夢破れ尽きる者。永遠の夢追い人となる定めの中でもがき続けてきたイモータルたちの終わらぬ夜は、東の水平線に新たな暁光を待つ。 永遠にも思える平穏な日常の中で、ひそかに暗い影が揺らぐ。各地の予言者達が世界の終焉を不吉に告げる中、過去と現在を伸びる二本の糸が時を越えて交わり、もつれ、やがて一つとなって未来を紡ぐ。

  • 世界の焼滅を防ぎたければ──抗え

    ♡11,223

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・13話・30,515字 しやぶ

    2020年8月13日更新

    アルビノの少女『アルテミシア』は孤児である。 彼女は十五歳になる年の元日──成人式の日に、神々から加護を授かった。 しかし本来祝福となる筈の加護は、彼女の運命を大きく狂わせることになる。 彼女の得た加護、それは『終わりの炎』 世界の全てを焼き滅ぼす力だった。 『炎』を恐れる神々に命を狙われることとなったアルテミシアは、同じ孤児院に住む家族である少年『エンデュミオン』 親友の『ユダ』と共に、炎を破壊し生き残る道を模索する。 『小説家になろう』『ハーメルン』にも投稿しています!

  • イカロスの翼が、融解する小説です。

    ♡200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話・1,150字 辻島 治

    2020年8月7日更新

    イカロスが太陽を愛し、溶けてゆく物語。

  • これは、実話に基づいてはおりません。

    ♡900

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・4話・8,696字 ラースフドリア

    2019年8月30日更新

    奴隷として王宮に連れて来られたバステト。バステトは奴隷の中でも美しいことで有名になった美少女だった。それを聞きつけた次期国王、ウプウアウトがバステトに会いに行く。 惹かれ合うウプウアウトだが、バステトは怖がって振り向かないようで?