クセのある登場人物

検索結果:1件

  • 【  章紋のトバサ  】 ~フランケンシュタインの魔女とおしゃべりなウサギ~

    紋章が彩るダークファンタジー・スリラー

    13,200

    10


    2022年8月19日更新

    ――創られた死体たちに、紋章を添えて―― 紋章と呼ばれる、機械の代わりに埋め込む魔力を持った技術。 その紋章の技術が発達した地方都市『鳥羽差市』で、女子中学生が姿を消した。 最後の目撃証言は、羊の紋章から繋がる「裏側の世界」。 10年前のバラバラ殺人事件から生まれた、「バフォメットの都市伝説」に出てくる世界……失踪してから1カ月経つまでは、住民の誰もがその考えを持っていなかった。 ――10年前の事件、知っているか?―― 女子中学生が姿を消してから1カ月後、『鳥羽差市』を囲む森の中に、奇妙な移住者が訪れる。 ひとりは缶コーヒー好きの自称箱入り娘“イザホ”、もうひとりはおしゃべりなウサギの“マウ”。 彼女たちの引っ越し理由は、自立をして母親を安心させるため。 そして、10年前にこの街で起きたバラバラ殺人事件を詳しく知ることで、自身の存在理由を確かめるためだ。 ……10年前と同じ空気が、鳥羽差市に広がっていることを知らずに。 ――ボクたちの新生活の場所をここにして、やっぱり正解だったみたいだね―― 鳥羽差市で待ち受けるのは、個性豊かな住民たちとの出会い。 街を愛する私立探偵、暗い顔の刑事、喋るマンション、忘れん坊の喫茶店店長、どこでも寝てしまう女子中学生…… そして、イザホを裏側の世界へと引きずり込み、命を狙う存在。 着々と進んでいく奇妙で狂気を感じる現代の事件。 次第に明らかになる、羊の頭の大男が起こした10年前の事件の真実…… 存在理由を求めた先にあるのは、敬意か? 再現か? 「カクヨム」「小説家になろう」「エブリスタ」「Nolaノベル」と重複投稿しています。 表紙は「夏野YOU霊」さんに書いて頂きました!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間0分

    この作品を読む