クビ

検索結果:3件

  • 【短編】スキル作成でたくさんのスキルを作って与えていたのに、クビにしてからそのありがたみを知っても、もう遅い。

    スキルが自分のものだとは思わないことだ

    1,000

    0


    2021年1月17日更新

    フィラカイトはスキルを作ることができるスキルを所有しているが、スキルをセットできるスキルスロットの空きがないため、スキルを作っても自分で使いうことができなかった。だから、クラン員にスキルを与え、レベルを上げてやることでクランに貢献していたのだが、ある日、フィラカイトは所属するクランのリーダーに呼び出され、クビと言われてしまう。 スキルを作るためには、多くの経験値を消費する。そのため、多くの経験値を得ていたフィラカイトは経験値酔いを起こす毎日を過ごしていた。クビを言い渡された時も経験値酔いによって、酷い状態のフィラカイトは反論するだけの元気がなく、素直にクビを受け入れた。 だが、クビを言い渡した側は知らなかった。フィラカイトがいるからスキルが管理されていたことに。フィラカイトがクランを追放されたことで、与えられたスキルが全て経験値に還元され、フィラカイトの元に戻ってしまったことを。 クビになって自分の可能性に気づいたフィラカイトと、フィラカイトの加護がなくなって落ちぶれていく者たち。その先に待つのは栄光、繁栄、それとも没落か。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • ねこみみメイドカレンちゃん

    貴方の物語の世界にもカレンは出張します。

    100

    0


    2020年9月24日更新

    「お前、大して役に立たないからクビな。契約更新はしない。」 ギルド内での言葉のため、パーティメンバーだけでなくギルド職員や他の冒険者達が聞いている中で唐突に言われた。 「魔物の解体やそれによって汚れた周囲の清掃なんて誰でも出来る。態々パーティ1枠使ってまでやる事じゃない。」 「その分、戦闘職や斥候職、魔法職や回復職を入れるか増やすかした方が良い。分け前も減るし人件費の無駄遣いだ。」 パーティのリーダーである聖戦士のカインがギルドで言い放つ。 賢者のモヨモトと聖女のエリザベスもそれに頷いている。 クビを言い渡された少女……ねこみみメイド服の少女・カレンは反抗もせず従った。 またクビか……と。 でもパーティもこれまでにクビにしたパーティ達も理解していない。 ねこみみメイド・カレンの持つ職業「メイドさん」が有能であることに。 料理と称しては魔物を料理し、掃除と称しては魔物を掃除し、裁縫と称しては魔物をさいほ……は無理があるが、地面に縫い付けたり繋ぎ合せたりと。 斬ったり、魔法のとばっちりで周辺の地形を変えたりする野蛮な職より、余程綺麗にスマートに魔物退治出来る事に。 メイドさんの一番の有能性、それは聖女なんて目じゃない程の「癒し」と「萌え」であることを。 そしてパーティをクビになったカレンは、これまでに貯めたお金と○○を使ってねこみみメイド喫茶を始める。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 寂びた甘さ

    3回目でバイトクビて!普通思わんやん!

    550

    0


    2019年8月26日更新

    バイトの面接を7回連続で落ちていた僕はやっとのことで受かったこのバイトを天職だと思っていた。ある日、大学から帰る途中の地下鉄で電話が鳴った。電話の内容は店に来てくれないかとのことだった。勤務日ではない日の店長からの呼び出しは僕の不安を加速させた。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む