クリーチャー

検索結果:6件

  • BACKWORKER'S ROCK

    バディ×アクション×クリーチャー

    461,410

    1,210


    2023年2月3日更新

    “メメント”と呼ばれる異形が闇に跋扈する世界。裏稼業〈異法者〉の青年エヴァン・ファブレルは、相棒レジーニとともに人知れずメメントと戦う日々を送っている。エヴァンはメメント討伐のために強化された戦闘員〈マキニアン〉だが、記憶の一部を失っていた。 ある日、メメントを任意に生み出している疑いのある無法集団が現れ、エヴァンとレジーニはその調査に乗り出す。集団の正体は脱走した囚人たちだと突き止めたが、そのリーダー格の男は過去のエヴァンを知るマキニアンだった。 洋画テイストの爽快バディ・アクション小説。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:28時間3分

    この作品を読む

  • #NegaResurrectionPLR

    イラストと短編小説によるSFホラーです。

    300

    0


    2022年9月6日更新

    「ネガリザレクションの読み方」 本作はバラバラになった物語の断片その1Pです。 物語たちは地続きになっていたり、分岐していたり、あるいはパラレル的な位置に存在している状態の物もあります。 皆さんはPageLReaderとなって各々の物語の繋がり関係性を想像し、繋ぎ合わせ、自分だけの物語を生み出してください。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • カカオティックラヴァーズ ~ショコラドールは✕✕を知らない~

    バレンタイン×研究員×ラブコメもどき

    142,961

    815


    2022年5月15日更新

    時羽研究所の生命科学部署にて、部長兼主任研究員を務める栗原梨花は、小さな猛獣であった。 ただそれは、かつての家庭環境の問題から、結婚、夫婦。 母親という存在に対して嫌悪するに至ったことに起因していた。 そんな栗原ではあるが、本能的に他人への興味を持ってしまう感情には抗いきれない。 それを、自らの胸中に渦巻く感情から無視出来ない事と知り。 普段からの落ち着きの無さも相まって、一人ジタバタとする。 そんな中、検査を依頼された新種の菌の扱いを誤り、事は思わぬものを生んでしまう。 猛獣的な栗原梨花と、面倒臭くも、どこか憎めない人間たちの群像劇を軸に展開する、前半ジタバタの、後半ドタバタな物語。 彼らは、災難の末に何を得るのか。 これは、誰かと向き合う前の。 自分と向き合う人々の話。 ※一部バイオレンス要素が入りそうなので、その部分は通常版とソフト版を分ける予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間59分

    この作品を読む

  • ここは、様々な思惑によって活動する秘密結社がうごめき、その野望を防ぐために様々なヒーローたちが日々活躍する世界。 そんな世界において、ある政令指定都市に存在する超大型アミューズメント施設。 『浜名湖弁天島ビーストシティー』。 その施設にはとある秘密がありました。 施設の一つに『バイオクリーチャー研究所』があり、改造人間たちが日々出入りしているというのです。 これはそんなアミューズメント施設を運営する企業の社長たちの、日々の業務の物語。 第四週のテーマは『アイスコーヒー』 ある日、『浜名湖弁天島ビーストシティー』運営会社社長“合成怪人 ビーストロード・キメラ二アン”はアミューズメント施設特集記事の紹介記事に目を通す。そうすると目が付くの自社の飲料記事には、紅茶商品の紹介記事ばかり。 彼は思った、じゃあコーヒーはどうなんだ? 質問をしてみると、帰ってきた返答は“普通”。これは良くない。 しかし彼は悩んだ。自分は紅茶党。コーヒーの事などちっとも分からない。 そんな彼は事態を打開すべく、イベントに打って出る。 『第一回 最強の能力は俺だ! 夏のアイスコーヒー選手権』に打って出る。 この小説は『夏の5題小説マラソン』の各お題をテーマとした“一話完結型の五話一組の作品”の第四話です。 勿論、一つのお話としてしっかり完結しております。 先週以前の作品にはリンクを張りましたので、何卒宜しくお願い致します。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • ここは、様々な思惑によって活動する秘密結社がうごめき、その野望を防ぐために様々なヒーローたちが日々活躍する世界。 そんな世界において、ある政令指定都市に存在する超大型アミューズメント施設。 『浜名湖弁天島ビーストシティー』。 その施設にはとある秘密がありました。 施設の一つに『バイオクリーチャー研究所』があり、改造人間たちが日々出入りしているというのです。 これはそんなアミューズメント施設を運営する企業の社長たちの、日々の業務の物語。 第三週のテーマは『浜辺の漂流物』 ある日、浜辺をランニングしていた“浜名湖弁天島ビーストシティー”運営会社社長は、海を漂流している物体を発見する。 それは何者かに敗れ傷だらけとなっていた怪人であった。 彼は怪人を救助するが、治療後その怪人が暴れだす。 はたして“浜名湖弁天島ビーストシティー”はお客様の安全を確保しつつ、暴れまわる怪人を鎮圧できるのか? この小説は『夏の5題小説マラソン』の各お題をテーマとした“一話完結型の五話一組の作品”の第三話です。 勿論、一つのお話としてしっかり完結しております。 先週、先々週の作品にはリンクを張りましたので、何卒宜しくお願い致します。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • さあさあ“ノベルアッププラス様”の面白い企画が始まりました。 その名も『夏の5題小説マラソン』。 ノスタルジックなイラストと、それに相応しいテーマたちが我ら作者に示されました。 第一回のテーマは『秘密基地』。 あらすじ ここは、様々な思惑によって活動する秘密結社がうごめき、その野望を防ぐために様々なヒーローたちが日々活躍する世界。 そんな世界において、ヒーローたちの活躍を再現する“特撮”はエンターテインメントとしてではなく、最新のニュースとしての側面を持っていました。 ある政令指定都市に存在する超大型アミューズメント施設。 『浜名湖弁天島ビーストシティー』。 その施設にはとある秘密がありました。 施設の一つに『バイオクリーチャー研究所』があり、改造人間たちが日々出入りしているというのです。 これはそんなアミューズメント施設を運営する企業の社長たちの、日々の業務の物語。 この小説は『夏の5題小説マラソン』の各お題をテーマとした“一話完結型の五話一組の作品”の第一話です。勿論、一つのお話としてしっかり完結しております。 運営さん、こんな形も許してください。お願いします。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む