クール

検索結果:6件

  • 12神の争覇は少女の戦いと共に革新する

    ♡14,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・40話・107,140字 戸﨑享

    2021年1月15日更新

    『彼女は恋をして、その恋のために命をかけてでも戦う』 万能粒子テイル。おとぎ話の名を冠するそれは、己の頭に浮かべる想像を現実で形とする機能をもつ万能粒子。人体の中で生成されているにも関わらず、これまで誰にも知覚されていなかった未知のエネルギー粒子だった。 万能粒子は人々の明日を拓く力となる。そう信じて、発見者はその粒子の存在を公表した。その馬鹿は分からなかったのだ。『想像を現実へと変える』力とは、世界を滅ぼし打る力そのもの、ファンタジーの世界にありがちな魔力よりも、たちが悪いものだと。 テイルの発見の後、100年続く暗黒時代の直前。その様子を語った最後の記録がある。 『この世界に神が生まれてしまった……。人間が太刀打ちできる存在じゃない! きっと、この国は神の支配する魔境になる』 ある島国は『倭』と呼び名を変え、予言通り、八百万の〈人〉が存在する魔境となった。 倭を分割して統べるのは2人の善神の末裔、2人の中立神の末裔、そして8人の邪神の末裔の12柱。彼らは人の形で生み出された現代の神〈現神人《あらがみびと》〉であり、通称〈人〉と呼ばれる存在。 善悪は人間側から見て判断されたものだ。彼らは配下の〈人〉と共に人間を支配下に置き、己の治世で倭を統一するために、相容れぬ他の神との戦いを続けている。 12の神の末裔たる〈人〉は、未だ他の神を殺すに至らず、天下統一を成し遂げてはいない。しかし、その均衡と安定は13番目に誕生する悪なる女神と、彼女と戦う紅色の英雄を中心に破られることになる。 『紅色に染まった蝶』――それは特異点たる少女の選択が歴史を動かす瞬間―― 〈人〉の管理する孤島で生まれ育った人間の少女、明奈。彼女もまた〈人〉のために尽くす存在となるはずだったが、明奈を臣下に迎えたのは〈人〉ではなく人間の少年2人だった。 彼らに特別な感情を抱き生きる意味を見つけた明奈は、主である少年の敵となった〈人〉、そして悪たる〈影〉との戦いへとその身を投じていくことになる。 彼女は知らない。己の恋がいかに重いものだったかを。そのために戦うと誓った彼女の決意と選択が『倭』の未来を変えることになると。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

  • 【BL】鈍感ショタ×クール眼鏡ショタ

    ♡5,000

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・1話・2,982字 ハルカ

    2020年12月20日更新

    いつも図書館で分厚い本を読んでいるオト。彼は誰よりもたくさんの知識を持っている。 そんな彼に、ある日、友達のエリクが声をかける。 「ねえ、薬を作るのを手伝って」 夜の草原、鬱蒼とした森、ドラゴンの棲む洞窟。 二人は薬の材料を求めて小さな冒険を始める。 ※全年齢向け。性的な描写はありません。 ※画像は「写真AC」様「イラストAC」様からお借りしているフリー素材を加工したものです。

  • 彼女の笑顔は人を殺す兵器だった

    ♡900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・14話・23,810字 一ツ木

    2020年12月9日更新

    17歳の広山ヒロは男子高校生。 勉強も運動もほどほど。 友達もほどほどにいて、好きな場所はゲーセン。 17歳の女子高生の相生哀(あいおいあい)は無口で無表情。長い黒髪が美しく、クールな性格でクラスでも人気がある。ヒロと同じクラス。 喜連川より子。16歳。無職。 金髪、低身長、痩せ型でV系ファッション、たくさんのピアスなど特徴もりもりの少女。表情豊かで、あるきっかけでヒロの事が気になっている。普段は駅向こうのゲーセンにいることが多い。 ある日、ヒロがよくいくゲーセンでゲームを探す中、相生哀が一人シューティングゲームを無表情でやっていた。そのあと、ある事件に巻き込まれたヒロは彼女の秘密を知ってしまう。 彼女たちの秘密。 感情攻撃。 感情で人を殺せるのだ。 同様の兵器を持った少女は相生哀、喜連川より子を含め、全員で4人。 この物語はそんな少女達のバトルロイヤル?に、巻き込まれるヒロの物語。恋愛系現代ファンタジー

  • クーデレは凶器

    ♡1,600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・84話・256,576字 アオカラ

    2020年11月4日更新

    御船和士(みふねあきと)は引っ越してきたばかりの新天地となる学校の体育館裏で、炭酸ジュースを飲みながら泣いている白刃美銀(しらはみしろ)を見かけてしまい、無視することができずに思わず声を掛けてしまう。彼女が同じクラスでしかも隣の席であることなど予測できずに。 偶然の出会いから一瞬で御船に惚れ込んでしまった白刃は、あの手この手で自身をストレートにアピールし、クールに攻めていく。その好意になかなか気付かない鈍感な主人公を相手するうちに、行為はどんどんエスカレートしていく。 料理を振る舞ったり、喫茶店デートをしたり、さらに同じマンションに住んでいる事を知ってからは通い妻をしたりなど。 周りから見れば「すでに付き合っている」や「弱みを握ってる」と噂されるほどのじれじれなカップル。片方が直線的で、片方が曲線的な男女。 しかし、二人の出会いには理由があり、一目惚れにもわけがあった。 お互いの距離が縮まり、恋を自覚し、家庭環境や過去を少しずつ知っていくことで、主人公とヒロインが持つ重要な秘密が明らかになっていく。 それは、御船和士の中に「第二の人格」がいることだった。 ただ一人を愛することを誓った少女が、過去と決別するクールラブコメディ。 超えられないトラウマは、ない。

  • 季節は秋へ。

    ♡7,200

    〇15

    文芸/純文学・完結済・1話・1,004字 井端茶漉

    2020年9月23日更新

    魚編の漢字はいっぱいあります。よく知っているものから、聞いたことのないものまで。タイトルの字、皆さんは読めますか? 私は知りませんでした。

  • 敵は身内にあり。

    ♡1,700

    〇0

    文芸/純文学・完結済・35話・116,326字 森のがねぶ.

    2020年5月23日更新

    幸福は、おれを無視して、どこかへ走り抜けていく。 年に数回の、跡継ぎのための祠の重要な神祀りをするために、分家の五百旗頭(いおきべ)屋敷を訪れた石倉良(いしくらりょう)は、思いもかけない人物に偶然にも出会い、一族の陰険なたくらみに気づいてしまう。 それは、はとこにあたり、石倉が後見人を務めていた人物、五百旗頭波留(いおきべはる)に、当人の意向を完全に無視した縁談をおしつけるための算段であった。 波留の成人にともない、後見から退いた石倉は、一族の内部で、波留もろとも自身を排除しようとする気配を感じ取っていた。 しかし、古くからの盟友、秋本太陽(あきもとたいよう)らの協力を得て、どうにか一つの大きなうねりを乗り切ろうと挑むのだが、五百旗頭家の人物は、一筋縄ではいかない者ばかり。波留のいとこにあたる、妻の眞波(まなみ)も、石倉の監視役でしかなく、愛のある生活とは程遠い。 旧華族の出でありながら、ひところすさまじい憂き目を見たために形成された石倉の人間というもののなりたち。 美しい洋館のなかに渦巻いていた憎しみ。どうあがいても得られぬ、家族というものへのつきぬ憧憬。 (小説家になろう様にも同タイトルで投稿しています)