グルメ

検索結果:153件

  • ホテルグルメはまかないさんから

    それはどこかにある日常

    134,300

    50


    2022年10月6日更新

    眞島怜は、ごく一般的な女子大生だった。 違う点があるとすれば、バイト内容。そこそこお高めのビジネスホテルの宴会部門スタッフであることだ。華やかに見えて、かなりの重労働。ヒールは低めでもパンプスを履いているせいか、脚が太めになるのがデメリットくらい。 そんな彼女の唯一の楽しみは……社員食堂で食べられる『まかない』だった。事務所の仕組みで、バイトでも500円を払えば社食チケットがもらえる。それで、少ないセットメニューを選んで食べられるのだ。 作るのは、こちらもバイトで働いている小森裕司。 二人の何気ない日常を綴る物語だ。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間4分

    この作品を読む

  • 戦うヒーローたちは小料理屋で大忙し! ~真面目な悪と不真面目な正義のバトル~

    ヒーローと悪の組織の戦いと料理の物語!

    10,600

    0


    2022年10月6日更新

    主人公、樹神 健(こだま たける)25歳。両親から受け継いだ小料理屋の“いつでも小料理屋”を経営している。その片手間に“戦士エコーズ”の4人のメンバーのリーダーとして、“悪の組織・デビルグリード”と戦っている。しかし、健とメンバーたちは“いつでも小料理屋”の売り上げのことばかりを気にして、戦いに身が入らない毎日だった。対する“悪の組織・デビルグリード”の頭領(とうりょう)と戦闘員は“戦士エコーズ”の動向を探るため常連客として“いつでも小料理屋”に潜入していた。それに対して、健たちは全く気が付いていなかった!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間3分

    この作品を読む

  • 食育勇者の三姉妹~美味しく楽しく食事ができれば、絶対できる最強奥義!~

    少女は食べて、強くなる!

    511,949

    1,115


    2022年10月6日更新

    ※夜中に見ると、お腹が絶大に空く危険性がございます。お気を付けくださいませ。 俺は引き籠りの男子高校生、天城 翔(あまぎ しょう)。コンビニへと昼飯を買いに行った帰りに異世界転移してしまった。 異世界の森で不思議な化け物に追い掛けられる最中、空腹で倒れていた女剣士に遭遇する。 持っていた弁当を食べさせると、彼女は突然人が変わったように化物へと立ち向かう。多彩で不思議で、強力な技の数々を駆使していった。 どうやら、彼女は食物の特徴、調理法、風習、言い伝え、イメージに関係して様々な攻撃ができるようになるらしい。 気が付くと、俺は何故か元の世界に戻っていて。元の暮らしをしているうちに二回目の異世界転移。また女剣士に逢うこととなる。 彼女の世界で紹介されたのが、森で逢った女剣士レディアを次女とする食育勇者の三姉妹。 三人は、この世界を支配する魔王を倒せる唯一の存在だったのだ。 魔王討伐を目指すため、俺は援護。三姉妹は化物を、食物が成せる奇跡の技で倒していく。 今話題、テイクアウトが炸裂! 時に涙あり笑いありの日帰りファンタジー! 表紙は海乃エメ様に描いていただきました。

    読了目安時間:23時間47分

    この作品を読む

  • 想ひ出のアヂサヰ亭

    大正時代の洋食屋で働く双子のお話です。

    38,800

    160


    2022年10月2日更新

    令和の大学生、平塚恭志は突然明治時代の少年の蕗谷恭介となってしまう。彼の双子の妹柊乃と母のそよを、何よりも自分の身を護る為この知らぬ明治時代の地で暮らす事になる。 歴史を変えないように、動き始める恭介。生活のため、アルバイトをしていた洋食屋の経験を生かして店を開こうと、先祖代々語られていた『宝の場所』を捜索すると、そこには―― 近所の陸軍駐屯地にいる、華族の薬研尊とその取り巻き達や常連たちとの、『アヂサヰ亭』での日々。恭介になった恭志は、現代に戻れるのか。その日を願いながら、恭介は柊乃と共に明治時代と大正時代に生きて『アヂサヰ亭』で料理を作る。 どこか懐かしく、愛おしい日々。思い出の、あの料理を―― この物語はフィクションです。時代考証など、調べられる範囲できちんと調べています。ですが、「当時生きてないと分からない事情」を「こうだ」と指摘するのはご遠慮ください。また主人公目線なので、主人公が分からない事は分からない。そう理解の上読んで下さるようお願いします。 表紙イラスト:カリカリ様 背景:黒獅様(pixiv) タイトルフレーム:きっち様(pixiv) 参考文献 日本陸軍の基礎知識(昭和生活編):藤田昌雄 写真で見る日本陸軍兵舎の生活:藤田昌雄 日本陸軍基礎知識 昭和の戦場編:藤田昌雄 値段の明治・大正・昭和風俗史(上・下):週刊朝日 三百六十五日毎日のお惣菜:桜井ちか子 洋食のおけいこ:メェリー・エム・ウヰルソン、大町禎子 明治大正史 世相篇:柳田 国男 鬼滅の刃をもっと楽しむための大正時代便覧:大正はいから同人会 食道楽:村井弦斎、村井米子

    読了目安時間:1時間50分

    この作品を読む

  • 営業部の阿志雄くんは総務部の穂堂さんに構われたい

    【リーマンBL】年下わんこ×年上敬語眼鏡

    1,440,000

    3,468


    2022年10月1日更新

    【2022/10/01 完結、全100話+番外編】 「オレと友だちになってくれませんか」 「いいですよ。君が本社の役に立つのなら」 【BOYSFANコン参加作】 東京支社から地方都市にある本社に転勤してきた営業部の阿志雄 真司(あしお しんじ)は、憧れの先輩が入れ替わりで転勤してしまった事実にショックを受ける。歓迎会でも悲しみを引き摺り、飲み過ぎて潰れてしまう。そんな彼をアパートまで送ってくれたのが総務部の穂堂 徹(ほどう とおる)だった。 翌日礼を言いに行った際に憧れの先輩・伊賀里(いがり)に似た部分を見つけ、穂堂と親しくなりたいと思うように。「仲良くなりたい」と申し出る阿志雄に、彼の事情を察した穂堂は「本社の役に立つのなら」と条件付きで了承する。阿志雄が伊賀里の代わりに穂堂を求めたように、穂堂も失った大切な人の代わりを別の人に求めているからだ。 部署も年齢も違う二人は仕事の合間に少しずつ交流を深めていく。しかし、穂堂が浮世離れしていてなかなかうまくいかない。同性の友人として焦ることなく少しずつ仲良くなっていければいいと考えていた阿志雄だが、穂堂が自分以外の誰かと親しくしている姿を見て思わず間に割って入ってしまう。 何故か年配社員や社長に可愛がられている穂堂。彼が本社にこだわる理由。それは彼の生い立ちに秘密があった。 都会にある二つの支社と地方都市にある本社。それぞれのトップの思惑とは。 部署と年齢、立場が違う二人の出会いと絆の物語。 *** 会社が舞台のリーマンBL。絡みは軽め、食事回多め。ちゃんとお仕事してるリーマンが読みたい方向けの作品。番外編を時々更新予定。

    読了目安時間:8時間10分

    この作品を読む

  • ヘタレの努力家

    もふもふ+飯+脳筋+ショタっ子=まったり

    28,900

    20


    2022年10月1日更新

    異世界、それは現代人が想像する空想の世界。 ハーレム、無双、農業、悪行、世界の征服……しかし、彼の望みは─── 「変わらねぇよ。幸せな家庭を持ちたい。それだけだ」 元社畜がかつてやれなかった事を己の拳でこじ開け、今度こそ幸せを掴めるのか…… 「ふにゅ?」 「なにこの毛玉」 獣人あり!ショタあり!厨二要素あり!未知の生物もいるよ。 幸せを求めるまったりSFファンタジー? 謎のもふもふ毛玉と元社畜のヘタレ青年の冒険記。 あなたの求める幸せはなんですか? 【注意】 主人公はハーレムしません。 チートひゃっはーしません。 幸せと癒しと飯を求めてます。 「とりあえず飯だな」 「ふにゅ!」 スマホで執筆してる為、パソコンの方は読み辛いかも知れませんがご了承下さい。 こちらの作品はノベプラ限定の加筆修正版となっております。 なろう版に話が追いつきましたのでなろう版と同じく毎週土曜日19時更新に切り替えさせて頂きます。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:17時間32分

    この作品を読む

  • 神龍転生~神龍に転生した僕の甘々甘やかされ生活~

    あっまあまに甘やかされるドラゴンのお話

    0

    0


    2022年9月29日更新

    社会人になり、一人称がオレから僕に代わり、僕がすっかり板についてきた頃、僕は大型のトラックに轢かれその生涯を閉じた。そして、気が付くとドラゴンとして異世界に転生していた。 そして、ある時――。 『お願い致します。どうか、わたくしにお力をお貸しください』 美少女の声にホイホイ釣られて、使い魔として召喚されてしまうのだった。 これは、ドラゴンに転生した僕が甘々に甘やかされるお話。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間1分

    この作品を読む

  • 代官坂のコロッケ

    ラブコメヒロインのおいしい作り方!

    138,410

    20


    2022年9月23日更新

    これまで書いてきたテーマ。 ・おいしいヒロインの作り方 ・書き方のスタイル ・主人公を考える ・ヒロインの描き方 ←イマココ ノベプラで密かにエッセイが流行っているという噂を聞いたので、書いてみることにしました。 特定のテーマはありませんが、おいしかった食べ物とか、創作論とか、アニメの感想とか、代官坂の『好き』が詰まった連載になる予定。 不定期更新です。 =========== エッセイなのに、登場人物紹介。 ・甘沼 若菜(あまぬま わかな):甘えっ子の後輩。無邪気なアタックの破壊力がハンパない。 ・姉崎 七海(あねさき ななみ):お姉様タイプの先輩。色々と誘惑してくるので油断できない。 ・聖護院 優衣(しょうごいん ゆい):聖少女と呼べるほど、気高く、本心がうかがい知れない同級生。 ・千同 美の里(せんどう みのり):少しずれたところがある同級生。でも根はとってもいい子。 ・恋隠 美冷(こいかくし みれい):やたら高飛車な態度で絡んでくる幼馴染。だが、時々真っ赤になっているのはなぜだ? ・謎の同級生 :代官坂に恋愛感情的なものは持っていない。しかし代官坂の心の声がわかってしまう。 =========== ※表紙イラストは、PhotoACのフリー素材写真を、VanceAIでイラスト変換した物です。

    読了目安時間:2時間49分

    この作品を読む

  • 最弱落ちこぼれ貴族テイマーは、最強魔物達の胃袋を掴んでいく

    ちょっと抜けている少女と魔物達の料理小説

    0

    0


    2022年9月22日更新

    主人公、フィシュル・レオニヲ・ロシュフ・スパイシーバは、魔王と王国の戦争に終止符打った英雄と呼ばれている冒険者の父と光魔法を使い公爵令嬢でありながら防衛線で治療を行っていた聖女と呼ばれている母の間に産まれた女の子。 そんな彼女を有望視していた貴族たちは、学園で知識も剣も魔法も平凡以下の成績を納め、数少ない光属性の魔法とは反対の闇属性を持って産まれ。学園でも才能がある場合に進む職業"テイマー"の道に嬉々として学んでいく彼女を"おかしくなった聖女の女"、"落ちこぼれの英雄の娘"と称し貴族世界は彼女の居場所を消した。 貴族社会に怒る父と母をなだめフィシュルは、冒険家になりたいことを両親に話す。父の冒険譚を聞いてきたフィシュルは広い世界と魔物に興味を持っていたからだ。 貴族社会で肩身の狭い思いをするよりフィシュルのやりたいことを思い切りやらせてやりたいと考えていた。両親はその話に賛成しフィシュルは冒険者として家を出た。だが本当の彼女は誰よりも冒険者の素質を持っておりテイマーとしての素質を持っていることを両親だけが家を出て羽ばたいていくフィシュルの背中を見つめていた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 桜國護衛隊の料理人?に就職します!?

    面接n度目の主人公が異世界で就職する話

    2,800

    0


    2022年9月13日更新

    人を幸せにする料理を作る人になりたい。 一人だけ就職がうまくいかず、卒業旅行に現を抜かす同期に羨ましさと嫉妬を抱く日々を主人公は過ごしていた。 就職疲れとコミュ障により人と話すことが面倒になった彼は、歩きスマホの操作による不注意で、線路に気付かず、飛び込みをしてしまう。 目が覚めると、白桃色の世界が広がる見たことのないところだった。 彼の前には、無数の桜を抱える巨木。 その時、銃弾が彼の横を走り去り、謎の集団に捕まってしまう。 集団の名は、桜國護衛隊(おうこくごえいたい)。桜國と呼ぶこの世界を護る組織である。 巨木がいた地域は立入禁止区域であり、主人公は不審人物として護衛隊が所属する基地に連行された。 尋問を受ける主人公は、就職活動をしていただけで気が付いたらそこにいたと説明するが、隊員たちは納得しなかった。 昼時に、部下が尋問室へ食事を運びに来ると、その質素さに隊員らは「まだか」とため息をつく。 委託業者が集団食中毒を引き起こした為、他に調理ができるものがいなかった。 その為、レトルト食品を何日も食していた。 食に困っている隊員たちを見て、主人公は本当に調理関係の就職活動をしていたと身の潔白を証明する為、料理を作らせてほしいと懇願する。 不審がる隊員たちだったが、立会いの下で作れと命令を出し、万が一、事故が起きれば即刻処刑と言い下す。 男だらけの基地に合う料理ー--こんな状況下だったが、主人公は「料理人」のゾーンに入ったのであった。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • Messhiyah!~菜食料理の寡隠堂

    菜食料理の寡隠堂にいらっシャローム!

    98,100

    187


    2022年9月2日更新

    桃園詩恵は高校一年生。高校受験のストレスで増えた体重をもとに戻そうと、ダイエットのために菜食料理の店『寡隠堂』を訪れる。そこの店長は、旧約聖書に伝わるアダムとイブの長男:カインだった! 不老不死である彼の目標は、菜食料理で神様に認められること。そんなカインと彼の料理に心を打たれた詩恵は、『寡隠堂』でバイトを始めた。だけどそこにやってくるお客様は――。 ※第一部完結済、第二部からでも読める構成になっています!

    読了目安時間:5時間7分

    この作品を読む

  • スイーツクラフター~現代(お菓子)知識で異世界渡世~

    パティシエ目線で異世界ファンタジー

    300

    1


    2022年9月1日更新

    一人に一つ、『才能』という異能が手に入る異世界。 そんな世界に平凡なパティシエが転生する事に。 魔法に憧れ、異世界の職業に興味を持ちつつ、心の底では菓子を愛する主人公。 そんな彼が手にした『才能』は……『お菓子屋(パティスリー)』。 『勇者』に『村長』その他諸々の才能に開花した友達達は、皆別々の道に歩み始めた。 けれどいつか、再び運命が重なり合い―――― なんだかんだでお菓子作りの宿命を背負わされた、一人のパティシエのお話。 勇者だったり魔王だったり、ファンタジー要素強め。 お菓子作りの描写は減らして、明日ドヤれる豆知識程度に。 パティシエ目線でファンタジー、してみませんか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • 殺し屋、鎖に繋いだ嫁の為にメシを作る

    暗殺者 ✕ 夫婦 ✕ グルメ

    1,000

    0


    2022年8月31日更新

    何の因果か殺し屋稼業。 結婚したはいいけれど、家に帰れば愛する嫁は冷たい言葉で出迎える。 その上、食事は毎回店屋物。 料理なんてした事ないけど、ならば嫁が笑顔になるご飯を作ろうではないか。 殺し屋✕夫婦✕グルメが、いざ開幕――!! ※他サイト様でも公開しております。 ※全10話です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間12分

    この作品を読む

  • 異界転生譚シールド・アンド・マジック

    なろうからの転載です。

    9,900

    0


    2022年8月28日更新

    古槍 紙月(ふるやり しづき)二十二歳。男性。大学生。趣味は資格取得とMMORPG。そんなどこにでもいそうな経歴の持ち主である紙月は、ある日突然、見知らぬ世界で目覚めるや化け物に襲われることに。 MMO内の相棒であったMETOの助けもあり、ゲームの魔法を使って化け物を退ける紙月たち。どうやら彼らはゲームの体で異世界に飛ばされてしまったらしい。 一息ついてお互いを確認してみれば、紙月は女性キャラクターを使っていたからか女性……ではなくなんと女装していた。 そして相棒のMETOこと衛藤未来はなんと小学生。 女装ハイエルフとケモ耳小学生の凸凹コンビは、ファンタジーな異世界で冒険屋として生計を立てていくことになるが、そのデビューからチートなスキルで大物退治を繰り広げてしまい、一躍時の人に。 森の魔女と盾の騎士として有名になった二人は、ファンタジー世界を楽しみながら冒険を繰り広げていくことになる。 紙月は保護者精神を発揮し、未来は未来でひ弱な紙月を守ろうとする。 二人の間で揺れ動くキモチの行方とは。 女装ハイエルフママ男子とケモ耳小学生の異色の異世界ファンタジー冒険譚はどこへ向かうのか。 ハーメルンでも連載中!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21時間56分

    この作品を読む

  • リーリス・レポート ~人外グルメ録~

    生きる糧は皆同じ。

    0

    0


    2022年8月25日更新

    どこかの世界、誰かが残した短編集。 知られざる名店、レストラン・リーリスの記録。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 蟲の声は聴こえない

    やや異世界ほのぼのファンタジーです。

    70,000

    180


    2022年8月22日更新

    街はずれの粉挽き小屋で暮らす、少年リコ。 育ての親である【じいちゃん】とふたり、おだやかな日常をおくっていた。 ある日、リコは森の中で言葉を話せない少女と出会う。 少女の言葉を探しに旅に出ると決めたリコは、 様々な出会いと別れをくり返しながら、東を目指す。 旅のなかで次々と明らかになる少女の言葉と、この世界の理の謎。 リコは、少女の言葉を見つけることができるのでしょうか? そして、この世界の緩やかな歪みに対峙した時に、何を思うのでしょうか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間19分

    この作品を読む

  • 【工事中】 (仮) モンスターを調理しておいしく食べる話 

    Web小説の処女作。4年目にして迷走中。

    38,300

    25


    2022年7月18日更新

    <あらすじ> 故郷で起きた魔力の暴走による空間のひずみ、時空のひびに中途半端に引っかかっている食堂があり、「異世界食堂」という。異世界から現代世界へ食堂ごと転移せざるを得なかった、四人は現代世界で、ジビエ料理が流行していることに気づく。そこで営業を決意する。店の奥には通常の人には見えない魔法陣が二つある。その部分だけ、故郷とつながっている。銀行と、食材通達人(ハンター)たちの協会(ギルド)につながっていた。現代世界と故郷でもある異世界を行き来したかったが、この現代世界には魔力素(マーナ)が極端に少なく、魔法が使えない状態であった。 ところがある事件を境に、故郷と同じぐらいの魔力素の濃度になる。その原因を探ろうとしていると、ここには存在しないハズのモンスターの目撃情報が相次ぐ。四人はやじ馬に混ざって様子を見にいくと、そこにあったものは時空門(ゲート)であった。四人の中で一番魔力が高いアルが人工的に築いたものだ、という。その日から少しずつ、異変に見舞われていく。アルが呪歌(じゅか)の標的にされたり、戦士のパタが死にかけたり、シェフ自身も過去に受けた腕の傷あとからくる痙攣に悩ませたりする。食材とお金専用に使っていた店の奥の魔法陣前には、小型のモンスターが出現していた。魔獣遣い(テイマーメイジ)のピットが使った魔法により、火事となる。店を再建後にはピットの消えた記憶の謎も判明していく。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間31分

    この作品を読む

  • 悪魔の和食

    スプラッタホラーです。会席料理とともに。

    9,600

    10


    2022年7月5日更新

    長らく世界各国の料理を食べ歩いてきたグルメたちが、久しぶりに和食を食べたいと日本にやって来た……。 ノベプラ完全改定版です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 異世界キャンプ ~チートはなくても美味しいものがあれば充分です~

    初投稿作品です! モンスター食べます!

    4,100

    0


    2022年6月29日更新

    「モンスターしか食べるものがないんだけど!」 ピクシーの[リリ]は叫ぶ。 しかし横にいるハイ・オークの少女[ラーナ]はジャイアントスコーピオンの脚をバキバキと齧りながら答えた。 「お金も、ご飯も無いんだからしょうがないじゃん? 美味しいよ?」 「ラーナには、いまさらって感じよね〜、あー牛食べたい! 牛!」 「牛革の革鎧なら探せばあるんじゃない?」 「っあ、それは良いです!」 真顔でラーナを静止したリリは、転移した時のことを思い返した。 ―――「今日は積んでるゲームでもやろうかなぁ」 スーツを投げ捨てた百合の目の前が急に真っ暗になった、暗闇の中で響く魔道士のしゃがれた声。その魔道士は説明一つせずに、百合を転移させるのであった。 それでも百合は「異世界ファンタジー、魔法に冒険! ワクワクしてきたわ!」っと気楽に前向きに考えていたのだか―――飛ばされた場所は「水も食料もない砂漠!? しかも体の小さな、ピクシーになってるじゃない!!」 絶望的な状況のなか百合は更なるトラブルに、見舞われる、空腹に倒れ死にかけている少女を見つけたのだ。 助けた少女の名は[ラーナ]ハイ・オークの旅人、少女は亡くなった母の日記を元に旅をしているらしい、運命を感じた百合は[リリ]と名前を変えラーナと共に旅をする。 目的はラーナのお手伝い、そして楽しい旅! 美味しい物を食べ、ファンタジーの綺麗な景色を見てみたい! ついでにあのクソ魔道士も一発ぶん殴ってやらなきゃね! チートなし! お金もなし! 戦いはしない! そんな怠惰なピクシー、リリ。 天涯孤独! 戦い大好き! 毒すら食べる! そんな豪快なオーク、ラーナ。 凸凹コンビはモンスターを狩り、理不尽なファンタジーの世界を、楽しく明るく旅をする。 ※この作品は、異世界ファンタジーシェアワールド『テラドラコニス』の世界観を元に書かれています※

    読了目安時間:9時間21分

    この作品を読む

  • ズボラ飯男と女戦闘員

    悪の戦闘員×静岡出身サラリーマン

    1,600

    0


    2022年6月27日更新

    世界征服を目論む悪の秘密結社『イーグルクロー』の女戦闘員C283号は、正義のヒーロー『オートマライダー』と戦い負傷する。手負いの彼女を介抱したのは、静岡県静岡市出身の会社員池ヶ谷渡だった。 大学時代に様々なズボラ飯を研究・開発した渡には、ひとつの強固な信念がある。「ズボラ飯は世界を制する! どんな衆でも俺のズボラ飯には敵わねぇら!」。ごくごく平凡な会社員だが、ことズボラ飯に関しては強烈な自信とプライドを持っている渡。彼曰く、ズボラ飯があればオートマライダーも簡単に屈服させられるという。 「誰でもできる簡単料理」がモットーの会社員と、そんな彼に恋してしまった女戦闘員の行く末は?

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • その白兎は大海原を跳ねる

    海賊少女と仲間たちの冒険譚

    595,150

    1,400


    2022年6月10日更新

    大海原の主役がまだ海賊だった頃、巷で噂になっている海賊がいた。その名は海賊"キラーラビット"。 その船長はとても海賊には見えない美少女。美しい白銀の髪とルビーのような赤い瞳を持つシャルル=キラーラビットだ。 彼女と共に白い特徴的な船体を持つ魔導帆船"ホワイトラビット号"を駆るのは、黒豹獣人や二足歩行の黒猫たち、妖艶な褐色のエルフ、ベテランの老海賊など多種多様な仲間たちだ。 そんな仲間たちと共に、時にお宝を求め大海原を暴れ回り、時に商人として荒稼ぐ。その最終目標は一族が残した秘宝を探すことだった。 この物語キャプテンシャルルと、彼女を取り巻く様々な人々による海洋ファンタジーである。 ※更新は月・水・金です。

    読了目安時間:16時間14分

    この作品を読む

  • 純喫茶ぎふまふ奇譚

    愉快な登場人物が広島弁で織り成すラブコメ

    1,200

    0


    2022年6月2日更新

    僕(伊藤山翔27歳)は、岡山県警の警察官。メンタルを弱らせて、2週間の休暇を取り、広島に帰郷。母になんと説明しようかと躊躇い、駅を降りると実家とは反対の方向に歩く。 自分が通っていた塾の建物が喫茶店になっていた。現れた美しい女店主(君島三佐子)に一目惚れをしてしまう。 実家に戻って母と話すうち、三佐子さんは、3年前から行方不明になっている弟(武瑠)の彼女であることが分かる。 僕は休暇中、喫茶店を手伝うことになる。工場長、技能実習生、郷土史会長、占い叔母さん、気の良い常連さんたちとの交流がある。 僕の気持ちはすぐにバレバレになる。三佐子さんにも伝わるが、武瑠の失踪で前に進めない状態。 僕は、三佐子さんが苦しくならない位置で、彼女を守っていこうと、心に誓う。 母は彼女に会いに行き、「あなたのせいだとは最初からこれっぽっちも思っていないから、自由に生きて」と伝える。母と三佐子さんは、料理談義で意気投合していく。

    読了目安時間:5時間3分

    この作品を読む

  • フローズン・ハードボイルド・エッグ

    ディストピア飯小説賞最終選考作

    5,200

    110


    2022年5月7日更新

    地球温暖化が進んでいた地球。ある日宇宙のどこかから異星人「熱食人ヒーティヴォア」がやってきたことで、地球は燃え尽きることなく今年も平凡な冬を満喫できている。 寒さに舌打ちするイマドキの平凡な高校生「ぼく」は、金魚鉢みたいなヘルメットの宇宙服を着こんだ熱食人の「先輩」と映画を観に行くことに。 ファミレスで向かい合う高校生と、金魚鉢頭の宇宙人。 冷めたドリアと灼熱の焼き石が並ぶテーブル。 ちぐはぐな二人が交わすのは、映画の感想に、進路相談に、ルームシェアの話。 これは、いつか星の海の端っこで、地球が凍り付いた堅ゆで卵になってしまうまでの、長い長い先送りの物語。 すこしふしぎな光景をやんわりとお届けする、SF青春短編。 これは2021年に集英社Webマガジンコバルトで募集された「ディストピア飯小説賞」応募作でした。 最終選考には残りましたが、残念ながら入選ならずでした。 ほのぼのお楽しみいただければ幸いです。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 百合ゲラー ~女子大生ルームメイトのゆったりまったり大阪生活(あと、ときどき超能力)~

    君は解けるか、百合生活ミステリー。

    29,500

    30


    2022年5月6日更新

    不完全燃焼の高校時代を引きずりつつも、大阪の大学に進学して心機一転、今は美味しいパン屋さんになるのが夢の桃子。 大阪の都心部に住んでいた祖母の面影が残る家で暮らし続けるあめり。 二人はひょんなことからルームメイトになり、コロナ禍の世の中にも不景気にも負けず、未来に夢を描いてゆったりまったり大学生活を満喫中。 そんな中、あめりから唐突に「あたし超能力あるねん」と言われた桃子は……?

    読了目安時間:2時間20分

    この作品を読む

  • 【コミカライズ決定!】追放されたやさぐれシェフと腹ペコ娘のしあわせご飯

    ちょこまか働くセラの可愛さをご堪能下さい

    126,100

    1,500


    2022年4月23日更新

    転移先の王様に嫌われたジローは極寒の地ザントに飛ばされ、女ばかりの修道院の料理番としてこき使われることとなった。 食材は足りないし、設備も整っていない。 料理人にとっては悪夢のような環境で、ジローはその力を発揮させていく。 誰もが見向きもしなかった食材の有効活用、斬新な料理法、修道院自体の経営力の底上げ。そして── 「うん決めたっ。セラがジローのお嫁さんになってあげるっ」 わずか10才のシスター見習いに見込まれてしまったジローの未来は果たして? ※最後はきっちりハッピーエンドです。

    読了目安時間:5時間9分

    この作品を読む

  • ボウモアと海

    お酒は味覚、嗅覚、知覚。

    80,300

    310


    2022年4月17日更新

    お酒は知れば知るほど美味しくなるらしい。だから今日も僕は高雄さんに聞きに行く。

    読了目安時間:13時間43分

    この作品を読む

  • マクドナルド備忘録。

    マクドナルドにまつわる与太話です。

    6,000

    0


    2022年4月9日更新

    福井県のとある「McDonald’s」を、人生の”セーブポイント”として利用するLv35の社会不適合者。郵便局で非正規社員として働く。 昔から人間関係が苦手で、器用に人生をこなせなかった。結果、大したスキルもなし、履歴書はボロボロに、友達すらもゼロ。もうあとは、死神の足音を待つだけ。 最近は余生を「McDonald's」での食事に懐古、それと妄想に費やしている。 思考では、文豪の語り口であるが、人前では未だにうまく喋れない。 「逃げ出す」コマンドに関しては、図らずして一級品である。

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • エッチなお姉さんからイケナイ誘惑

    至って健全ですが、不健全です。

    600

    0


    2022年4月4日更新

    神出鬼没なエッチなお姉さんが、様々な誘惑をしてくる…!! どんどん過激な内容になっていき…!?

    読了目安時間:1時間40分

    この作品を読む

  • 旅をする──ドラゴンの少女と巡る異世界

    異世界観光飯テロほのぼの二人旅

    608,500

    4,969


    2022年3月27日更新

    異世界転移した高校生男子とドラゴンの少女とのほのぼの飯テロ観光旅日記。 高校生の優也は、なぜか来てしまった異世界で、ずっと閉じ込められていたドラゴンの少女──シルと二人で旅をしている。 他のドラゴンを探すため──でも、この世界の言葉を知らない優也とシルの旅は、なかなかドラゴンに辿り着かない。 洞窟の中に森が広がる国、 大きな空飛ぶクジラの背中の上、 言葉も文化も違ういろいろな街を巡って、二人で観光をしたり美味しいものを食べたり。 狭い世界しか知らなかったシルは、旅の中で好きなものを見付けてゆく。 何をして良いかもわからなかった優也の世界は、人と出会って言葉を知って、広がってゆく。 そんな、ファンタジー異世界ふれあい街歩き。 -------- ※ 第一章はほとんど状況説明です。手取り早く旅番組をご期待の方は第二章からどうぞ。 ※ このお話には飯テロが含まれています。 ※ 主人公たちは、観光しかしません。 ※ 戦闘要素は多分ありません。 ※ 悪いことはあまり起こりません。 ※ 主人公は言語チート、ないです。ヒロインは主人公以外とは意思疎通できません。 ※ 主人公が本当に何もできません。 ※ ヒロインはドラゴンですが、人間の姿の時はほとんど人間と変わりません。尻尾とか角とか、ないです。 ※ ラブコメ・恋愛要素はぬるいです。 ◇◇◇ 一話2,000字〜3,000字くらいです。 カクヨム、小説家になろうでも投稿しています。

    読了目安時間:10時間8分

    この作品を読む

  • 「古き良き時代-ディストピアのカタストロフ飯」- 濃尾

    管理に抗い喰いたいものを喰う人々の物語。

    0

    0


    2022年3月19日更新

    産業革命から芽生えた科学文明は次世代へ次世代へと問題を先送りした末、21世紀末とうとう崩壊した。 しかし一世代をかけ、科学文明は復活した。 その復興前の数十年間を人々は「大崩壊後」と呼んだ。 「大崩壊後」の世界は人類にはあらゆるものが足りなかった。 とりわけ深刻だったのが食糧であった。 有機物は殆ど再生されて食糧になった。 必要最低限の栄養素とカロリーを摂取する行為、それが「食事」だった。 「大崩壊後」の世界では人は生きるために食べ、食べるために生きた。 現在、空腹を知らない無邪気な子供たちの歴史の学習において「大崩壊後」の食糧難の事情はそう語られている。 特にその画像は嘲笑の的である。 画像には「カタストロフ飯(カタスト飯)を食べる人々」とのキャプションがふられている。 豊かな文明が、文化が再度花開き、所謂、「カタスト飯」は消え去ったかに見えた。 しかし、「古き良きカタスト飯」を密やかに愛する人々が存在した…。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む