グルメ

検索結果:129件

  • 江戸に立つ、龍の麺

    令和から江戸時代へ、ラーメンのお話です

    387,223

    221


    2021年10月23日更新

    駿河国滝脇松平家小島藩の年寄本役であった柳橋弾正敬忠。主君である松平信義公の逝去に伴い、その役を潔く退き江戸の粗末な家での生活を開始する。しかし彼の本意は別なところにあった―――前世―――令和の時代の記憶を取り戻しこの江戸時代にはない『ラーメン』の味を作り上げようとする野望――― 転生グルメストリーが今幕を開ける――― ※この作品は『小説家になろう』『カクヨム』様にも掲載しております。

    読了目安時間:3時間11分

    この作品を読む

  • 営業部の阿志雄くんは総務部の穂堂さんに構われたい

    【リーマンBL】年下わんこ×年上敬語眼鏡

    182,300

    128


    2021年10月22日更新

    「オレと友だちになってくれませんか」 「いいですよ。君が本社の役に立つのなら」 【BOYSFANコン参加作、お題:リーマン】 東京支社から地方都市にある株式会社ケルスト本社に転勤してきた営業部の阿志雄 真司(あしお しんじ)は、憧れの先輩が入れ替わりで転勤してしまった事実にショックを受ける。歓迎会でも悲しみを引き摺り、飲み過ぎて潰れてしまう。そんな彼をアパートまで送ってくれたのが総務部の穂堂 徹(ほどう とおる)だった。 翌日礼を言いに行った際に憧れの先輩・伊賀里(いがり)に似た部分を見つけ、穂堂と親しくなりたいと思うように。「仲良くなりたい」と申し出る阿志雄に、彼の事情を察した穂堂は「本社の役に立つのなら」と条件付きで了承する。阿志雄が伊賀里の代わりに穂堂を求めたように、穂堂も失った大切な人の代わりを別の人に求めているからだ。 部署も年齢も違う二人は仕事の合間に少しずつ交流を深めていく。しかし、穂堂が浮世離れしていてなかなかうまくいかない。同性の友人として焦ることなく少しずつ仲良くなっていければいいと考えていた阿志雄だが、穂堂が自分以外の誰かと親しくしている姿を見て思わず間に割って入ってしまう。 何故か年配社員や社長に可愛がられている穂堂。彼が本社にこだわる理由。それは彼の生い立ちに秘密があった。 都会にある二つの支社と地方都市にある本社。それぞれのトップの思惑とは。 部署と年齢、立場が違う二人の出会いと絆の物語。 *** 会社が舞台のリーマンBL。絡みは軽め、何故か料理がよく出ます。ちゃんとお仕事してるリーマンが読みたい方向けの作品です。

    読了目安時間:1時間28分

    この作品を読む

  • 「悪いけど、婚約は破棄ってことで。親の決めた相手が、まさかこんなデブの男勝りって夢にも思わなかったからね。これだったら、妹のほうがいい。っていうわけでどうだい、きみ?」 ミヤビは実の両親が決めていた初対面の公爵子息に婚約破棄され、そのかわりに義妹が婚約者になった。そして、その婚約破棄がミヤビの人生をかえてしまう。 ぽっちゃり系ミヤビ・ロードはグルメと剣をこよなく愛する伯爵令嬢である。 ぽっちゃりというだけでなく、短髪、男装、男以上に男気のある性格。 同日の夜、ミヤビは義父母にでてゆくよう命じられる。 辺境にいる謎多き剣士と異名をもつ侯爵閣下へ嫁げばいいという提案付きで。 辺境の地に向かう途中で出会った盗賊の首領レオン、辺境の侯爵ボルト。 二人は、出会った瞬間にミヤビに魅入られてしまう。 しかし、それにまったく気がつかない鈍感なミヤビ。 この物語は、本当の家族をふくめてすべてをうしなった伯爵令嬢が、前向きに生きてゆく話。 そして、おっさん侯爵と盗賊の首領の恋の奮闘記。

    読了目安時間:1時間9分

    この作品を読む

  • その白兎は大海原を跳ねる

    海賊少女と仲間たちの冒険譚

    189,200

    395


    2021年10月22日更新

    大海原の主役がまだ海賊だった頃、巷で噂になっている海賊がいた。その名は海賊"キラーラビット"。 その船長はとても海賊には見えない美少女。美しい白銀の髪とルビーのような赤い瞳を持つシャルル=キラーラビットだ。 彼女と共に白い特徴的な船体を持つ魔導帆船"ホワイトラビット号"を駆るのは、黒豹獣人や二足歩行の黒猫たち、妖艶な褐色のエルフ、ベテランの老海賊など多種多様な仲間たちだ。 そんな仲間たちと共に、時にお宝を求め大海原を暴れ回り、時に商人として荒稼ぐ。その最終目標は一族が残した秘宝を探すことだった。 この物語キャプテンシャルルと、彼女を取り巻く様々な人々による海洋ファンタジーである。 ※更新は月・水・金です。

    読了目安時間:5時間28分

    この作品を読む

  • ボウモアと海

    お酒は味覚、嗅覚、知覚。

    28,700

    20


    2021年10月20日更新

    お酒は知れば知るほど美味しくなるらしい。だから今日も僕は高雄さんに聞きに行く。

    読了目安時間:8時間3分

    この作品を読む

  • Messhiyah!~菜食料理の寡隠堂

    菜食料理の寡隠堂にいらっシャローム!

    89,400

    187


    2021年10月20日更新

    桃園詩恵は高校一年生。高校受験のストレスで増えた体重をもとに戻そうと、ダイエットのために菜食料理の店『寡隠堂』を訪れる。そこの店長は、旧約聖書に伝わるアダムとイブの長男:カインだった! 不老不死である彼の目標は、菜食料理で神様に認められること。そんなカインと彼の料理に心を打たれた詩恵は、『寡隠堂』でバイトを始めた。だけどそこにやってくるお客様は――。 ※第一部完結済、第二部からでも読める構成になっています!

    読了目安時間:4時間45分

    この作品を読む

  • ジビエ料理は異世界食堂で (仮)

    異世界生活とグルメ、人間ドラマが多い話

    34,000

    15


    2021年10月19日更新

    <あらすじ> 故郷で起きた魔力の暴走による空間のひずみ、時空のひびに中途半端に引っかかっている食堂があり、「異世界食堂」という。異世界から現代世界へ食堂ごと転移せざるを得なかった、四人は現代世界で、ジビエ料理が流行していることに気づく。そこで営業を決意する。店の奥には通常の人には見えない魔法陣が二つある。その部分だけ、故郷とつながっている。銀行と、食材通達人(ハンター)たちの協会(ギルド)につながっていた。現代世界と故郷でもある異世界を行き来したかったが、この現代世界には魔力素(マーナ)が極端に少なく、魔法が使えない状態であった。 ところがある事件を境に、故郷と同じぐらいの魔力素の濃度になる。その原因を探ろうとしていると、ここには存在しないハズのモンスターの目撃情報が相次ぐ。四人はやじ馬に混ざって様子を見にいくと、そこにあったものは時空門(ゲート)であった。四人の中で一番魔力が高いアルが人工的に築いたものだ、という。その日から少しずつ、異変に見舞われていく。アルが呪歌(じゅか)の標的にされたり、戦士のパタが死にかけたり、シェフ自身も過去に受けた腕の傷あとからくる痙攣に悩ませたりする。食材とお金専用に使っていた店の奥の魔法陣前には、小型のモンスターが出現していた。魔獣遣い(テイマーメイジ)のピットが使った魔法により、火事となる。店を再建後にはピットの消えた記憶の謎も判明していく。 <紹介文> 作品構成:約15年前に思いついた話。 元々の原稿は、紙媒体(原稿用紙)です。web用に書き起こした物語になります。 ライトノベルの書き方などはすべて独学です。 他の小説投稿サイトにも投稿しています。 キャッチコピーは「ジビエやモンスター肉を美味しく食べる話と、それに関わる人々の話」です。 登場人物のフェイクドキュメント(エッセイ・日記)形式で話が進みます。 人生で初めてweb小説、しかも無謀にも長編にチャレンジした作品。 作品構成が下手なので読みにくいと思われますが読んでくださると嬉しいです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • 食育勇者の三姉妹~美味しく楽しく食事ができれば、絶対できる最強奥義!~

    少女は食べて、強くなる!

    130,700

    230


    2021年10月19日更新

    俺は引き籠りの高校二年生、天城 翔(あまぎ しょう)。コンビニへと昼飯を買いに行った帰りに異世界転移してしまった。 異世界の森で不思議な化け物に追い掛けられる最中、空腹で倒れていた女剣士に遭遇する。 持っていた弁当を食べさせると、彼女は突然人が変わったように化物へと立ち向かう。多彩で不思議で、強力な技の数々を駆使していった。 どうやら、彼女は食物の特徴、調理法、風習、言い伝え、イメージに関係して様々な攻撃ができるようになるらしい。 気が付くと、俺は何故か元の世界に戻っていて。元の暮らしをしているうちに二回目の異世界転移。また女剣士に逢うこととなる。 彼女の世界で紹介されたのが、森で逢った女剣士レディアを次女とする食育勇者の三姉妹。 三人は、この世界を支配する魔王を倒せる唯一の存在だったのだ。 魔王討伐を目指すため、俺は援護。三姉妹は化物を、食物が成せる奇跡の技で倒していく。 今話題、テイクアウトが炸裂! 時に涙あり笑いありの日帰りファンタジー!

    読了目安時間:5時間34分

    この作品を読む

  • ユーメシ! 〜ゲーム実況ユーチューバーの異世界メシテロ〜

    異世界転移先でのんびりご飯を食べる話

    22,300

    100


    2021年10月19日更新

    ゲーム実況ユーチューバーのキムラン(本名・木村セイヤ27歳)。 ある日突然異世界に転移した。 着るものもなくさまよっていたところを、幼女ミミ(5歳)に拾われ養われることに。 二人は料理をきっかけにだんだんと仲良くなっていく。 ご近所さんも料理好きな人ばかり。みんなでのんびり飯テロぐらし。 ゲーム実況ユーチューバー青年と、異世界の幼女の異界メシ物語ここに開幕。 この物語の主成分は、コメディ・おにロリ・おねショタ・飯テロです。 小説家になろうにも掲載しています こちらが後続なので、なろうのほうが話数が進んでおります

    読了目安時間:1時間15分

    この作品を読む

  • =番外編= 二人の食材調達人 (本編は「ジビエ料理は異世界食堂で (仮) 」)

    食材調達人の二人の話。本編もよろしく!

    6,300

    0


    2021年10月19日更新

    二人の食材調達人の日常。バトル多め。 <紹介文> 作品構成:約15年前に思いついた話。 元々の原稿は、紙媒体(原稿用紙)です。web用に書き起こした物語になります。 ライトノベルの書き方などはすべて独学です。 一度、他の小説投稿サイトにて公開していました。 本編のキャッチコピーは「ジビエやモンスター肉を美味しく食べる話と、それに関わる人々の話」です。 登場人物のフェイクドキュメント(エッセイ・日記)形式で話が進みます。 人生で初めてweb小説、しかも無謀にも長編にチャレンジした作品なので、作品構成がぐちゃぐちゃなので読みにくいと思われます。 ※ BL要素が少し入っております。BLが嫌い・苦手な方はご注意ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • 刑事のグルメ

    鈴本のスピンオフ作品です!ぜひ。

    0

    0


    2021年10月17日更新

    いつも黒の組織で活躍している鈴本は実は大のグルメらしい?! そんな鈴本の食事について行ってみました。 ※ちなみにこの小説の中で出てくる店の名前などは全てフィクションのものです(一応、店の名前は本当にある店を一部参考にしています)

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • ヘタレの努力家

    もふもふ+飯+脳筋+ショタっ子=まったり

    21,800

    10


    2021年10月16日更新

    異世界、それは現代人が想像する空想の世界。 ハーレム、無双、農業、悪行、世界の征服……しかし、彼の望みは─── 「変わらねぇよ。幸せな家庭を持ちたい。それだけだ」 元社畜がかつてやれなかった事を己の拳でこじ開け、今度こそ幸せを掴めるのか…… 「ふにゅ?」 「なにこの毛玉」 獣人あり!ショタあり!厨二要素あり!未知の生物もいるよ。 幸せを求めるまったりSFファンタジー? 謎のもふもふ毛玉と元社畜のヘタレ青年の冒険記。 あなたの求める幸せはなんですか? 【注意】 主人公はハーレムしません。 チートひゃっはーしません。 幸せと癒しと飯を求めてます。 「とりあえず飯だな」 「ふにゅ!」 スマホで執筆してる為、パソコンの方は読み辛いかも知れませんがご了承下さい。 こちらの作品はノベプラ限定の加筆修正版となっております。 なろう版に話が追いつきましたのでなろう版と同じく毎週土曜日19時更新に切り替えさせて頂きます。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:12時間48分

    この作品を読む

  • レモン味のラムネ

    レモンの形の奈津崎県!

    6,400

    0


    2021年10月14日更新

    会社勤めに疲れたサラリーマン・佐藤幾多郎は有給休暇を消化するため、京都に旅行に出かけたはずだった。 しかし行きの新幹線の車中で居眠りをして再び目が覚めたとき、見たことも聞いたことのない駅にたどり着いてしまう。

    読了目安時間:2時間42分

    この作品を読む

  • 至高の一人飲み

    お酒が好きです

    200

    0


    2021年10月6日更新

    今日はどの店に飲みに行こうか。 最近、そんなことばかり考えてしまう。 日本酒の銘柄が多い店、スパイスをピリリときかせたエスニック料理店、昔懐かしの洋食店もいい。 アラサーの男一匹、仲の良かった友人達は既に結婚し、趣味もなく、エンゲル係数だけがどんどん増えていってしまう。 しかし、男はその日々の暮らしにささやかな満足感を覚えていた。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 政治で呑め!宗教で喰え!!~政治的・宗教的グルメスポットガイド~

    政治的・宗教的グルメスポットガイド。

    500

    0


    2021年10月5日更新

    政治や宗教が絡む飲食店のグルメガイドと、それらの店への食べ歩き・飲み歩きにまつわるエッセイ。

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • 注文ができない料理店

    食への探求心

    37,100

    20


    2021年10月5日更新

    当店は「完全おまかせ、メニューは無い、ただ味は保証いたします……」 2021年:9/21 ジャンル別日間1位達成 表紙は美風慶伍 様【https://twitter.com/johfushi】より

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 旅をする──ドラゴンの少女と巡る異世界

    異世界観光飯テロほのぼの二人旅

    267,000

    1,173


    2021年10月3日更新

    異世界転移した高校生男子とドラゴンの少女とのほのぼの飯テロ観光旅日記。 高校生の優也は、なぜか来てしまった異世界で、ずっと閉じ込められていたドラゴンの少女──シルと二人で旅をしている。 他のドラゴンを探すため──でも、この世界の言葉を知らない優也とシルの旅は、なかなかドラゴンに辿り着かない。 洞窟の中に森が広がる国、 大きな空飛ぶクジラの背中の上、 言葉も文化も違ういろいろな街を巡って、二人で観光をしたり美味しいものを食べたり。 狭い世界しか知らなかったシルは、旅の中で好きなものを見付けてゆく。 何をして良いかもわからなかった優也の世界は、人と出会って言葉を知って、広がってゆく。 そんな、ファンタジー異世界ふれあい街歩き。 -------- ※ 第一章はほとんど状況説明です。手取り早く旅番組をご期待の方は第二章からどうぞ。 ※ このお話には飯テロが含まれています。 ※ 主人公たちは、観光しかしません。 ※ 戦闘要素は多分ありません。 ※ 悪いことはあまり起こりません。 ※ 主人公は言語チート、ないです。ヒロインは主人公以外とは意思疎通できません。 ※ 主人公が本当に何もできません。 ※ ヒロインはドラゴンですが、人間の姿の時はほとんど人間と変わりません。尻尾とか角とか、ないです。 ※ ラブコメ・恋愛要素はぬるいです。 ◇◇◇ 一話2,000字〜3,000字くらいです。 カクヨム、小説家になろうでも投稿しています。

    読了目安時間:7時間3分

    この作品を読む

  • 「裏の畑には「モンスター果樹園」がある。」ほか (仮) <タイトルで悩み中>

    これが異世界のフェイクドキュメントだ

    8,300

    0


    2021年9月29日更新

    異世界の住民の日記を読みたくありませんか? この物語は、フェイク・ドキュメント形式のライトノベルです。 ※ 「裏の畑には「モンスター果樹園」がある。」は2017年12月~2018年4月頃まで書いていた作品です。 ※ 2021年9月23日タイトルを元に戻しました。 (現在もタイトルに悩み中です) ※ 他のサイトにも投稿しています。 《注意事項》 この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在の人物・団体・名称等とは関係ありません。この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • 蟲の声は聴こえない

    やや異世界ほのぼのファンタジーです。

    43,800

    180


    2021年9月26日更新

    街はずれの粉挽き小屋で暮らす、少年リコ。 育ての親である【じいちゃん】とふたり、おだやかな日常をおくっていた。 ある日、リコは森の中で言葉を話せない少女と出会う。 少女の言葉を探しに旅に出ると決めたリコは、 様々な出会いと別れをくり返しながら、東を目指す。 旅のなかで次々と明らかになる少女の言葉と、この世界の理の謎。 リコは、少女の言葉を見つけることができるのでしょうか? そして、この世界の緩やかな歪みに対峙した時に、何を思うのでしょうか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間57分

    この作品を読む

  • ラーメン屋さん立て直し奮闘記

    ラーメン小説です。

    17,300

    未参加


    2021年9月25日更新

    ある日、ラーメン好きの高校生、鈴池伸一に、同じクラスの大泉弥生が声をかけてきた。 「鈴池くんって、ラーメンに詳しいんだよね? 仲のいいラーメン屋さんっている? よかったら紹介して欲しいんだけど」 弥生の目的は、自分の姉が経営するラーメン屋にお客さんが入らず、ピンチなので、人気のあるラーメンのつくり方を教えて欲しいというものだった。で、紹介してもらったラーメン屋の店主が笑って言う。 「だったら伸一くんに教わるといいよ。この店の売れているメニュー、ほとんど伸一くんが考えたものだから」 ということで、鈴池伸一が、大泉弥生の姉の、大泉皐月が経営するラーメン屋をテコ入れすることに。 「味以前の経営戦略として、チラシでお客さんをひきつけて、ポイントカードで強制的にリピーター化してもらいます」 「それってあざとい気がして」 「そういう言い方もできますけど、やらないのは愚かしいことなんです。それから味のアレンジですけど、いろいろ考えてきました。スープの試飲をしてもらえますか」 「あ、おいしい」 「これは、実はこれを使ったんですよ――」 次々にラーメンスープの味を向上化させる鈴池伸一。結果、店は大繁盛の大成功を収めた。 そしてべつの日。 「私と付き合って」 いきなり大泉弥生に告白される鈴池伸一。 「俺、そういうの、よくわからないんだけど」 「じゃ、今度は私がいろいろ教えてあげるわね。まずは告白にOKするのよ」 鈴池伸一のラーメン好き人生は、これから違う方向へ転がっていくことになりそうだった。 この話は最後まで書き上がっています。全62話。エタりません。

    読了目安時間:3時間54分

    この作品を読む