グロ注意

検索結果:11件

  • 終末街の無軌道少女隊

    この女達、危険につき……

    122,300

    17,551


    2021年12月3日更新

    これは一癖も二癖もある元女囚人達と、集団唯一の良心である一般人の少女が、何にも囚われず好き勝手に生きる新感覚日常物語である。 時をさかのぼること数年前、世界屈指の犯罪大都市に、突如として摩訶不思議な力を行使する異形の化物共が現れる。 囚人街と蔑まれた都市は、一夜にして終末街へと早変わりをした。 事態を重く見た時の政府はすぐさま軍隊を投入するも、じわじわ被害が拡大していく。 時を同じくして、各地から信じられない報告が相次いだ。なんと哀れな犠牲者達が再び起き上がり、仲間であるはずの人間を次々と襲い始めたというのだ。 ゾンビ症と後に呼ばれるこの出来事は、意思を持たぬはずの死体が空腹に突き動かされ、新鮮な人肉を求め彷徨い歩くという、未だかつて人類が経験した事の無い最悪の病魔の始まりだと判明する。 あまりの被害の大きさに、政府は即応集団のみならず、各地方面軍を招集。次いで国際社会の呼びかけに応じる形で、多国籍連合軍を結成した。更には足りない人員を埋めるため、減刑を餌に囚人をボランティアと称し当該地域へ投入する事で、事態の収拾に当たっていた。 しかしなんの成果も挙げられず、ゆっくりとだが確実に被害地域は広がっていった。 押されつつも一進一退の攻防を続け約一月。遂に最終防衛ラインが都市外部へと差し掛かろうという所で、世界と都市の人々の運命を決定付ける、ある決断が下された。 化物の進行を止めるため、政府によって秘匿されていた独立特務機関である『九曜機関』の手によって、荒端境と呼ばれる大結界を使い、都市ごと化物とゾンビを隔離したのだ。数万人の生存者を残したままに。 その後すぐに、万が一に備え建てられた、通称『隔絶の城壁』で都市周囲を完全に封鎖。この壁によって化物の侵攻を防いでいると、表向きには発表されていた。 そして現在。都市に点在する生き残り達の集落から離れた、小高い丘の上にある豪邸。そこでは政府から見捨てられた数人の女囚人たちが、身を寄せ合って共に過ごしている。 様々な事情を抱える彼女達だが、今日も地獄の一丁目で、現状に折り合いをつけ生活しているのだった。 不幸と騒乱を、周囲にまき散らしながらであるが……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間3分

    この作品を読む

  • 寄生された魔女

    フジツボは検索するなよ。

    200

    0


    2021年11月7日更新

    読み切り1話完結。 魔女がフジツボに寄生されるだけ。ハッピーエンド。 ※検索注意 フジツボの画像は集合体恐怖症の人は見ちゃだめ。だいぶ簡単にしか描写してないけど、想像できないならその方がいいんや。それでも体調悪くなってもうたら、すぐに読むのやめような。おじちゃんとの約束やで。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • シャーデンフロイデ

    全身が蟲で出来た少女のお話。

    1,000

    0


    2021年9月6日更新

    幼き少女のシャオヤンは、生まれついたコンプレックスから人を遠ざけて暮らしていた。 それは「蟲で出来た肉体」というコンプレックス。 周囲から「気持ち悪い」と虐められるのは当たり前。人々から「蟲女」と蔑まれるシャオヤンは、人と暮らすのを諦めて、いつしか蟲を〝友達〟と認識するように。 幸せになってみたい。 平気な顔を取り繕う少女の本心に寄り添ったのは、〝親友〟という〝破壊者〟だった――。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 最期の晩餐

    初めて書いたオリジナル小説の手直し版。

    1,200

    0


    2021年8月26日更新

    猛吹雪に囲まれ孤立した小さな国。 「神様」が崇拝されるその国で、「神の使い」として人一倍大切に育てられてきたシエン。 今宵も彼は、歪な〝儀式〟に取り組むことになるのだが――。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 【これ】強制ひとりかくれんぼ【終わった】

    強制的なひとりかくれんぼをさせられる!?

    800

    0


    2021年8月2日更新

    終わった 今の自分が居る場所は襖で閉められてる押し入れの中だ アイツに睡眠薬を知らない間に飲まされて眠ってしまい気づいたらここに居た 別にアイツとは仲が良いというわけではない というかアイツは自分を嫌っている だからアイツが家に来た時から警戒していた 話があると言い家に上がり込むと話す前に喉を潤そうと言いアイツから飲み物をもらった 飲まないのも失礼だと思いながらも何が起きても良いように近くにあった物をアイツに気づかれないように服の中に隠した そして飲むと、、、この押し入れに入れられていた 体が動く前に目は覚ましていたのでアイツが何をやっていたのかは知っている アイツは自分に強制的に『ひとりかくれんぼ』をさせるつもりみたいだ 何の準備も無くひとりかくれんぼが起こってしまったら無事で済むはずがない 終わった そう思っていたら腹の辺りに服ではない物の感覚がした どうやらあの時、警戒してとっさに隠した物はアイツにバレずにすんだらしい 暗闇の中とっさに隠した物を探ってみるとスマホがあった 家族や知り合いに連絡を取ってみるが、、、全部エラーだった もう、心霊現象が始まってるのかも知れない もう駄目だと思ったその時、あることを思い出した 心霊現象や異空間、異世界に行っても唯一繋がるという『掲示板』を ※恋愛や姉妹 (シスコン)要素は二章から出てきます。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間8分

    この作品を読む

  • 蒼きいつかのエクスマキナ

    過去に投稿してた連載をリメイクしました!

    18,240

    40


    2021年2月28日更新

    主人公・上梨 空はごく普通の高校生――――だった。彼は不幸にも殺人鬼に殺害されてしてしまう……はずだったが、彼の死にたくない願望が叶い、【顕現者】として覚醒する。そして、空は顕現者の中でも【心人(エクス)】と呼ばれる存在であり、人類の味方である顕現者を蒐集した【組織】から命を狙われることに!?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間19分

    この作品を読む

  • 悪役たちの鎮魂歌

    童話大好きな人読んで―

    0

    0


    2021年1月24日更新

    童話の悪役の心の中を想像して書きました。 ちなみにグリム童話をモチーフにしています。 悪役が悪とは限らない!ということを言いたかったんです。 次はラプンツェルの魔女とかシンデレラの姉について書こうかなって思ってます。 グリム童話だと白雪姫をいじめたのは実の母ですが、それだと庇いようが無いので継母にしました。 MAGNET MACROLINKでも投稿中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 奴隷剣闘士で異世界転生者の俺が王女様に求婚されました!?

    悲恋ものです。読んでね〜。

    0

    0


    2020年10月12日更新

    奴隷剣闘士として闘技場で殺し合いを強いられていた徳武鋼太郎が、ある時少女を助けた。それから数週間立ったある日、彼の下に王国の第一王女が現れ……!?

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 流し人形

    一体、犯人は誰なのか・・・・・・

    3,500

    0


    2020年8月25日更新

    2014年(平成26年)5月7日、轟木町。とある県に位置するこの町は、最寄りの大型市街地からはそれなりに離れたところに位置しており、住人は千人ほどであった。この日、東京都内より一人の少年が、親に連れられて祖父母の住んでいた家がある轟木町を訪れた。少年の名前は、緑川修也。中学校に上がったばかりの13歳である。この日から一週間後の5月14日、この町特有のお祭りである「人形流し」と呼ばれるお祭りに参加するために轟木町を訪れたのだった。 ※毎週火曜・木曜・土曜更新 ※注意※ この作品はフィクションであり、実際の事件や犯罪、祭事、人物、団体などとは関係ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

  • グリムハンズ ~彩桜高校童話研究会活動録~

    ※グロ描写注意! グリム童話×異能バトル

    3,000

    0


    2020年5月26日更新

    ※本作は、残酷描写・暴力描写等の過激な表現が多く含まれているダーク異能ファンタジー作品です。 そういった描写が苦手な方は、ご注意ください。 高校生の少女『沙月エリカ』は、クラスメイトから〝人殺し〟と呼ばれている。エリカの両親や親戚が次々に惨殺される中、たった一人生き延び続けたため、連続殺人犯なのではないかと疑われているのだ。 人生に絶望していたエリカは、ある日、担任の如月正太郎から世界の真実を教えられる。 1908年、突如地球上に未知のエネルギー〝揺蕩う力〟が出現する。 揺蕩う力は、人類の負の感情と誰もが知っている著名な物語の影響を受け、物語を模した醜い怪物『ワード』が誕生した。 時同じくして物語を模した能力を持つ異能者『グリムハンズ』が現れ、人類の歴史の裏でグリムハンズとワードは100年もの間、人知れず熾烈な戦いを続けていた。 エリカ自身も無自覚なグリムハンズであり、ワードに襲われた際、能力が暴走してしまったのだ。 真実に絶望するエリカだったが、罪を償うため、ワードと戦うことを決意し、正太郎がグリムハンズを集めるために作った部活『童話研究会』に入部。自分と同じく心に深い傷を負った仲間と共に、ワードとの血生臭い死闘を繰り広げていく。 【参考文献】グリム兄弟(1999)『完訳 グリム童話Ⅰ さようなら魔法使いのお婆さん 』(関 敬吾・川端豊彦=訳)KADOKAWA.

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間56分

    この作品を読む

  • 絡み合う人非人

    主人公は最低だけど温かい目で見てあげて。

    3,100

    5


    2019年10月21日更新

    私が病院で再会した弟の誠は、事故で手足を失い芋虫のごとき浅ましい姿に変わり果てていた。医師への懇願や必死の祈りも虚しく、誠の容態は悪化していき、とうとう視力や声まで失ってしまう。 絶望にくれる私に医師の助手が、先生は弟さんをモルモットにしていると打ち明けた。医師は超能力研究の権威でもあり、資質のある人間から身体機能を奪い続けることで潜在能力を引き出そうとしているというのだ。憤怒に燃えた私は医師への報復を止める術を持たなかった……。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む