ゲイ

検索結果:9件

  • 足りない僕をアイシテよ?

    中卒でゲイの世界に飛び込んだ男の娘の話。

    4,700

    10


    2021年10月27日更新

    「ねー晶ァあんたさあ、男でしょ? 体売るのに特にデメリットないんだから稼いできてよ」 全ては母親のこの一言から始まった。 宮下晶。 後にゲイの世界で春を売り、ドラァグクイーンとなり、ゲイ雑誌の表紙を飾る事になる男の名。 中学卒業と同時に親に捨てられた晶は、自分がゲイであるという事の自覚も薄いまま夜の世界に飛び込む。 全ては生きていく為に。全ては親に復讐する為に。 自作「はっちゃん」「「ついてない」男」に登場するバーのママ(グラーニェ)の若い頃の話しです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 僕は処女だ。

    コメントお願いします!!

    3,700

    0


    2021年10月11日更新

    なんで女に生まれたんだろう。 なんで男だと思うんだろう。 女を抱けない。 男に抱いてもらえない。 僕は、処女だ。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 「ついてない」男。

    女→男になった画家が生き方にあがく物語。

    23,500

    71


    2021年10月7日更新

    「本物の男になれないのなら、僕がこの世の中のいる意味はないのだろうか」 FTM(女→男になった人)でゲイの瀬戸旭は苦悩し続けていた。 本物になりたいという事と、画家になりたいという2つの願望があった。 ある時、瀬戸旭はスランプを脱する為にゲイバー「グラーニェ」に向かい、そこで二人の同性愛者のカップルに出会い 流れで二人の家で飲み直す事に。 荒木拓哉と三木春光。二人はパートナーシップ制度を利用して結婚をし共に生活をしていた。 そんな二人と話しているうちに、春光と旭は共に同じ美大の先輩と後輩にあたる事が判明する。 「大学のよしみだし、敬語じゃなくてもいいよ。ふつーに友達って感覚でいいから」 同じ画家同士の交流が始まる。 ※同性愛の描写を含みます。BLなどが苦手な方はご注意ください。 自作小説「はっちゃん。」に登場したキャラクターも登場します 続編的な側面もありますので、前作を読んだ方も楽しめます。 表紙は自作です。 不定期更新

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間9分

    この作品を読む

  • 僕が喰らった物語と僕を喰らった男たち

    男と男のセックスのリアルを描く

    6,200

    0


    2021年8月20日更新

    ■月1更新 次回は8月20日(金)公開予定 ――――――――――――――― サラリーマン、政治家、フリーター、外国にルーツを持つ人、ろう者、同世代から、50代のおじさんまで。 男を抱く男といえど、様々な背景の基に様々な文脈を生き、様々な欲望を抱えている。 東京近辺に住む20代後半のゲイ男性が、 19歳からのセックスを巡る記憶にもとづいて、 出会った街から相手の息遣いまでを詳細に描いていく、事実に基づいた小説です。 人間臭くて、淋しくて、欲深い。 男と男の性のリアルをぜひ、覗きに来てください。 今までのあらすじはこちら https://note.com/k_zochiku/n/n4c41d122daad

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間35分

    この作品を読む

  • 神の肉聲

    電波系やばめの塩味噌小説。

    100

    0


    2021年7月20日更新

    12歳の時の神秘的な体験で、「私は神である」と悟った鳥飼茂雄。それ以来、預言者・るいま、詩人・東馬、ごろつき・健介らとの交友が、茂雄を変えていく。神と人との間の仲介者となった茂雄は統合失調症と診断されたが、正しい診断はパラノイアだった。そして、神の聲が聴こえはじめ……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 七転罵倒

    転、転、転…

    2,400

    0


    2021年1月5日更新

  • あなたが好きだと言ったそれに僕はなりたい

    親子のボーイズラブモノです。

    700

    0


    2020年7月13日更新

    叔父や叔母は後悔していないだろうか。僕のために稼ぐことを、ごはんを作ることを、休みには僕と密にかかわるということを。たまには思春期の僕に頭を抱えることもあるかもしれない。たいして思春期らしさを出してはいないつもりだけど、かえってそれに頭を抱えていることもあるかもしれない。僕にはわからないことがたくさんある。叔父と叔母にとっても、僕はわからない存在なのだろう。例えば、それ自体が、喜びだということはあるだろうか。一体、親とはどういうものだろうか。そういうものだろうか。僕がそんなことを考えるのは驕りだろうか。来年、僕は十六になる。あの家を出るかどうか、ということを、頻繁に考えるようになった。この機会を逃すと、次の機会は三年後までやってこない。勿論、誰一人として頼る親族は他にはいない。あの時、受け入れてくれたのは、叔父夫婦だけだったから。だから、いざとなれば一人で生きていくしかない。きっと、僕はここにいるというとことが、ひどく下手くそなのだと思う。無邪気に過ごすことも、何も知らない顔でいることも、ただ狡く生き続けることも、どれも僕にとっては難しい。――本文より 叔父を「大人の男性」と割り切ることもできず、「父親」として信頼することにも引け目を感じる。僕は彼をどのように好きなのだろう? わか っているんだ。一歩間違えれば、この関係性は崩壊してしまうだろう。両親の他界で叔父夫婦と暮らす「悠斗」は叔父との関係性に思い悩んでいた。叔父の席に座ることで想像する眼差し、同級生の早熟な言葉づかいやイントネーションのあざとさ、まるで生き物のように頻発する地震、それぞれに対して心は揺れ動き、悠斗の疑念は振幅を増していく。 書籍「片方だけおっぱい」「#裏アカ女子」をAmazonで発売中!

    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 俺と親父の異世界物語【転生そして性転】

    まだ誰も見たことのない異世界を。

    28,600

    100


    2019年11月6日更新

    高校の卒業と大学の合格祝いを兼ねて熱海に父と子で旅行へ行く事になる。 だが、その旅行の本当の目的は父、武史がある秘密を息子の拓也に打ち明ける為だった。 そして、熱海に向かう途中で2人の乗っていた車は事故に遭い、目を覚ました拓也の目の前には……。 *この物語は、笑いあり、下ネタあり、美少女あり、冒険あり、時には感動もあり! つまりなんでもありのギャグストーリーとなっています。 普通の異世界チーレムに飽きたって方、ちょっと息抜きにふざけた作品は如何でしょうか? そして本作は作者が全力でふざけて書いています。 下ネタも多数ありますので、苦手な方はご遠慮ください。 挿絵は0516さんから描いていただきました。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間46分

    この作品を読む

  • 真面目な人は絶対に読んではいけないLGBTレポート。百合の花は強烈な棘付だった。

    絶対に真面目に読まないで下さい。

    19,100

    1


    2019年7月9日更新

    これは、物凄く不真面目なLGBTの体験談レポートです。有識者の方は絶対に読まないで下さい。 洒落の分かる方のみ、内容を笑い飛ばせる方のみがお読み下さい。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む