コボルト

検索結果:5件

  • 2020年10月26日更新

    ブラック企業勤務の主人公、幻中茶助(まもなかちゃすけ)は休日に最新MMORPG【エリアクエスト】を起動した。 するとその瞬間、茶助の元に【エリアクエスト】のモンスターであるゴブリンが現れた。 茶助は突如現れたゴブリンに恐怖を抱きながらも戦いに挑む。 ゴブリンは想像以上に素早い速い動きで茶助を翻弄する。 しかし茶助はなんとかゴブリンの体を両手で捕まえると今度は思い切った行動に出る。 ぶちぶちぶち。 「うえっ……。まっず」 なんと、茶助は捕まえたゴブリンの首筋に噛み付くとそのままそれを食い千切ったのだ。 口の中に広がるゴブリンの味に不快感を感じていると茶助の頭に聞き覚えのない声が響く。 『スキル:モンスターイーターを取得しました。捕食した対象からアビリティポイント、スキルポイント、経験値の一部を吸収しました。又、対象が持つスキルの吸収には失敗しました。レベルアップしました。』 敵を喰う事で強くなるチートスキル《モンスターイーター》でこの改変した世界を攻略する冒険はこうして幕を開けるのだった。

  • 江戸時代? の大江戸にコボルトあり

    ♡358,100

    〇200

    歴史/時代・連載中・81話・210,075字 風楼

    2020年10月22日更新

    時は貞享、天下の名君、徳川綱吉の時代。 空が割れて異界の門が開かれる。 門より溢れし犬小人の「こぼると」を一目見た綱吉は深く愛し、直ちに保護せよとの命を発す。 以後もえるふ、どわあふなどが次々に現れ、綱吉はこぼるとと同様に友好関係を築くことに注力す。 ―――そうして異界の知識と技術を得ることになった江戸の世は、異界の力による文明開化を迎えることになる。 それから時が流れて、享保。 八代将軍徳川吉宗の時代となり、江戸の世は飢え知らず、病知らずの太平の世を謳歌していた。 ……が、それはあくまで江戸の世だけの話。 海の向こうにある諸外国は、異界文明と接触したことによる混乱と対立と、異界からの侵攻を受けて大いに荒れてしまっていた。 そんな状況を打破すべく将軍吉宗は、海を渡っての平和を主眼とした介入を決意し、その為の技術と資源を得る為に、異界の門の残滓である『異界迷宮(ダンジョン)』の攻略の命を発す。 その命を拝領することになった御庭番であり武芸百般に通じていた『犬界(いぬかい) 狼月(ろうが)』は親友であるコボルト『ポチ』と共にダンジョンに挑むことになるのだった。 ※他サイトでも掲載しています。

  • 少女は、まだ神の御姿を知らぬまま。

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・27話・160,244字 化野知希

    2020年3月30日更新

    「生きて。」 皇国から侵略される北国、ウォーフナルタ。ハインは草人と同盟軍をなし侵略に抗う。だが奮闘する彼の前に現れたのは、皇国の切札たる伏竜将がひとり、“黄銅の騎士”だった。 ところ同じくして、ロスコーは鎖に繋がれ、男たちに犯されていた。人狼に堕ち、暴走した彼女を助けたのは、一人の少女だった――。 一巻と二巻の内容を公開していますが、BOOTHにて同人誌版も通販しています。 (一部、表現が異なる場合がございます。) https://looshee.booth.pm/items/1638468 https://looshee.booth.pm/items/1638493 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 表紙は川途ふみさん(Twitter:@Kawazu___Fumi)に描いていただき、使用許諾を得ています。

  • コボルトの騎士は、悪徳の泥から剣を執る。

    ♡6,000

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・18話・84,636字 化野知希

    2020年1月28日更新

    「運命を掌握せよ。」 犬人の騎士ハインは、クレリックの少女ルオッサとともにドラウフゲンガーの地を訪れる。 神隠しのうわさ漂うその地には、“竜の刻印”に運命を捻じ曲げられたものたちが集う。 幼きものたちが犯され、蹂躙され、あるべき運命は歪む。 ハインの信念は、悪徳を砕くに至るか――。 一巻と二巻の内容を公開していますが、BOOTHにて同人誌版も通販しています。 (一部、表現が異なる場合がございます。) https://looshee.booth.pm/items/1638468 https://looshee.booth.pm/items/1638493 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 表紙は川途ふみさん(Twitter:@Kawazu___Fumi)に描いていただき、使用許諾を得ています。

  • 異世界ファンタジーの宇宙戦争

    ♡800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・41話・100,290字 たかぽん

    2019年8月29日更新

    かつて中世ヨーロッパのような異世界「ミックスワールド」があった。 そこに人間は存在せず、代わりに存在しているのはエルフ、ドワーフ、ドラゴニュート、ハーフリングなどの亜人達。 剣もあり、魔法もありのファンタジーな世界だった。 だが、時代が進んでいくにつれ、異世界の科学技術が進歩し、中世ファンタジーの世界は終わりを告げた。 現実の地球と一緒でミックスワールドには工場ができ、革命が起き、大戦を経験し…… やがて文明レベルは地球の現代をも通り越し、亜人達は宇宙へと飛び出す時代になっていた。 これはチートも転生もスキルもステータスもない、しかし技術を持った亜人達の"宇宙戦争"の物語である。